• 梵字に親しむ 安田梵字教室



    人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


    20190903 梵字に親しむ
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。)


    梵字(ぼんじ)はインドで6世紀頃に用いられていたサンスクリット語を表記する文字です。
    日本には8世紀に遣唐使の帰りの船で渡来した鑑真(がんじん)や道璿(どうせん)らによってもたらされ、さらに平安時代に入って、最澄、空海らがこれを真言(しんごん)として普及したことから、広く一般に知られるようになりました。

    真言密教においては、梵字はひとつひとつの文字が諸仏を表すとされます。
    もともと日本語が、仮名文字を持っていて、一字一音一義といって、ひとつひとつの文字に意味があるとされる言語であることから、梵字はそうした日本の古くからの慣習に合わせて広く人々に受け入れられ、いまでも真言宗、天台宗、禅宗、曹洞宗のお寺などに行きますと、五重塔や梵字塔、扁額、御朱印帳などで、梵字は広く用いられています。

    この梵字について、このたび武道家であり、書家であり、國語問題協議會常任理事であられる安田倫子先生が『梵字に親しむ 安田梵字教室』という本を出されましたのでご紹介します。


    『梵字に親しむ 安田梵字教室』安田倫子著

    【目次内容】
    はじめに
    第一章 日本人のための梵字入門
      名前を梵字で書いてみよう
      自分の名前を梵字で書くと
      三尊帳の佛さまを書いてみよう
      五佛 金剛界と胎蔵界の佛さま
      よくみられる五輪塔/卒塔婆の梵字
      板碑の梵字
      御朱印にみられる梵字
      梵鐘の梵字
      梵字で書かれる曼荼羅の世界
      唐招提寺の団扇撒き
    第二章 知っておきたい梵単語小字典
    第三章 私たちを守って下さる梵字
      守護梵字とは
      干支による守護梵字
      毎日唱える年忌十三佛の御真言
      六観音の種子と御真言
      光明真言の世界
    第四章 安田梵字教室へようこそ
      あらためて梵字と密教について
      梵字の略歴
      梵字を書くということ
      梵字に親しむ
      真言暗唱による脳の活性化
      梵字を書くときの心得と手順
    資料編




    ちなみにこの本、Amazonの「オンデマンド (ペーパーバック)」という形式での書籍になります。
    この「オンデマンド (ペーパーバック)」というのは、本の内容データだけAmazonが保有し、注文がはいると都度Amazonが一冊一冊印刷して、購入者に送るという新しいシステムです。
    この方式ですと、すべてコンピューター管理で受注→印刷→発送までができてしまうので、バカでかい倉庫も、要員もいらず、またすでに絶版になっている本でも、入手し、読むことができます。
    その代わり本はすべてペーパーバックで、表紙のカバーとかはありませんし、ハードカバーの本もありません。

    ゆくゆくは将来的に、本はすべて電子レベル化していくと言われていますが、現段階ではどうしても紙媒体で本を読みたいというニーズがあり、これに答えてAmazonが開始したのが、この「オンデマンド (ペーパーバック)」サービスです。
    おかげで、私の百人一首の本も、Amazonの「オンデマンド (ペーパーバック)」でお求めいただけるようになりました。


    しかし、この手のサービスを、外資のAmazonにすべて奪われてしまったということは、日本としてはだらしのないことです。
    おそらくこのシステムを開発し、提供したのは、日本の企業だろうと思います。
    けれど、それを受け入れることができた企業が、米国のAmazonだったということです。
    日本企業にこれができなかったことは、たいへん残念に思います。

    Amazonが米国で法人登記したのは、1997年のことです。まだわずか23年しか経っていません。
    同じ時期に米国ではたくさんのIT企業が創業され、通販サイトも雨後の筍のように登場しました。
    そしてそのほとんどすべてが倒産していきました。

    Amazonは、そうしたIT企業の中で、もっとも成長が遅く、投資家からも5年は利益を出せないであろうと言われた、いわば成長性のもっとも低い会社として世の中に出ています。
    その代わり、もっとも先進的かつ安全な通販サイトを構築するとされました。
    結果、大成功を歌われた通販サイトが次々と倒産するなか、もっとも成長が鈍いと酷評されていたAmazonが、いまや世界のAmazonになったわけです。
    ちなみにAmazonの本拠はシアトルで、シアトルのオフィスの20%以上が、いまやAmazonの事務所なのだそうです。

    Amazonが設立されたのと同じ時期、日本はリーマンショックがあり、いわゆる金融不況に陥りました。
    金融機関がバタバタと倒産し、国内が猛烈な不況に陥る中、いまになって振り返ってみれば、当時政府がやっていたことは、日本国内に蓄積された富を、次々に外国に移転することでした。
    富が移転するということは、それだけ日本国内が貧しくなるということです。
    そして、日本中で、政治も経済も、叩きあい、つぶしあいが行われました。

    問題を解決する方法は、個人の場合と法人や国家規模など大きな集団の場合では、180度異なります。
    個人の場合、問題解決のための最終選択は、常に撤退です。
    集団の場合、問題解決のための最終選択は、常に拡大です。

    どういうことかというと、集団における問題解決は、かならず経済的優位・・・つまりお金がものをいうからです。
    これは要するに、集団の場合、資金がなければ何も解決できないことを意味します。
    叩いて資金を枯渇させれば、問題は実はますます拡大していきます。
    逆に、官民をあげて潤沢な利益の確保に乗り出せば、いまある問題は100%必ず解決します。

    梵字からずいぶんと脱線してしまいましたが、梵字は神様の文字です。
    神々の声はいま、日本にふたたび強さを求めているように思います。


    お読みいただき、ありがとうございました。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク