• 西洋と日本の男女観の違いのこと


    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆

    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』予約受付中。
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    美しさ、歌と音楽、賢(かしこ)さと狡(ずる)さと好奇心。これは人間にとっての災(わざわ)いだ・・・・。
    ギリシャ神話の女性観は、ちゃんと読んだらびっくりされるかもしれません。


    パンドラを造るヘパイストス
    《ジョン・D・バッテン〈パンドラの創造〉》
    20191127 パンドラを造るヘパイストス
    画像出所=https://artuk.org/discover/artists/batten-john-dickson-18601932
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    西洋文学では、女性についての描写は、やはり神話がもとになっているといわれています。
    西洋には様々な民族種族がありますが、殺し殺されの歴史の中で、それぞれの民族ごとにおそらくはあったであろう神話が失われ、結局、ルネッサンス時代に、ギリシャ・ローマの時代に帰れという文化運動の中で、彼らのとっての神話はギリシャ神話に依拠することになったといわれています。

    そしてそのギリシャ神話では、プロメテウスの犯した罪のために弟のエピメテウスがオリンポスを追放されて地上で人間とともに暮らすことになったとき、ゼウスが人間にも罰をあたえようとして何でも作れる鍛冶屋の神のヘパイストスに造らせたのが女性とされています。

    できあがった女性に、ゼウスは命を吹き込むのですが、このときゼウスは、女性に、
    「美しさ、歌と音楽、賢(かしこ)さと狡(ずる)さと好奇心」
    を与えます。
    そしてこのときのゼウスの言葉が、
    「これは人間にとっての災(わざわ)いだ」
    です。
    つまり女性は、災(わざわ)いである、というのが西洋における神話の立場です。

    このときに造られた「人間の女性」が、パンドラです。
    パンドラは、鍵のかかった箱を持たされて地上へと降ろされるのですが、これが「パンドラの箱」です。

    それまでの地上の人間の世界は、誰もが正直者で平和な社会だったのですが、地上でエピメテウスと出会い結婚したパンドラは、ある日、神に授けられた好奇心から、そのパンドラの箱を空けてしまいます。
    すると箱の中から、夜の女神ニクスの子供たちが飛び出します。
    その子供たちというのが、老い、病気、痛み、嘘、憎しみ、破滅であり、最後に争いの女神のエリスが高笑いとともに箱から飛び出していきます。
    こうして世界には混乱と戦乱、嘘や憎しみや病気や破滅が広がっていったとされています。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 公正誠実勇気高潔の日本の形



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    世の中には、言ったこと、約束したことさえも、言ってない、約束していないと嘘をつく国もあります。そのあきらかな嘘を、相手に配慮しながら婉曲に「嘘です」と言っている自国の政府と、どちらが正しいのかさえわからない報道をしている、おかしなメディアもあります。
    そんな日本から、一日も早く脱皮するには、日本人が覚醒していかなければならないと思います。


    20191126 勧進大相撲繁栄之図
    画像出所=https://suumo.jp/journal/2016/09/12/117828/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    江戸の寛政時代、相撲界を代表する名力士の雷電(らいでん)と、名横綱小野川の取組みで、雷電の寄りを土俵際こらえた小野川が、起死回生に雷電を土俵の外にうっちゃり、両者ともに土俵下に転落するという一番がありました。
    軍配は寄った雷電です。
    ところがこのとき、小野川を抱える久留米藩の藩士が、刀に手をかけて土俵に駆け上ると、
    「いまの一番は行司の差し違いで小野川の勝ちである。
     軍配を差し戻さなければ斬る」
    と行司を脅しました。

    さからえば行司はその場で斬り殺されます。
    会場に緊張が走りました。
    しんと静まり、みんなが固唾をのんで、行司の采配を待ちました。

    行司は軍配を手にすると、その抜刀した久留米藩士の前で高らかに、雷電の勝ち名乗りをあげました。
    それを聞いた観客は、大喝采。
    久留米藩士は、帰って行きました。

    たとえ体の小さな行司であろうと、たとえ抜身(ぬきみ)の刀を見せられようと、正しいと思うことには一歩も引かぬ。
    そういう気概と気迫を常識としていたのが、かつての日本人でした。

    こうした気概や気迫は、明治になってから政府が主導する脱亜入欧の世の中においても遺憾なく発揮されました。
    それが、いわゆる「明治の気骨」です。
    政治が何を言おうが、外国が何を言おうが、正しいと思うことには一歩も引かぬ。
    それが日本人の魂であったわけです。



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本を取り戻すために必要なこと


    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆

    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』予約受付中。
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    能力と行為が再検証され、新たな行為に向けて能力が育成されて、その能力が最大限に発揮されたとき、新たな世界が広がります。そのために必要なことは、日本の原点と原型がどのようなものであったのかを再確認していくことにあるのではないでしょうか。家の建替えと同じです。いまの家が老朽化したからと批判や文句ばかり言っていても何も変わらないのです。


    20191125 笑顔
    画像出所=https://discoveworld.com/japanese-sweden-racial-discrimination
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    今の日本の現状を憂う人はたくさんおいでになります。
    あきらめている人もいます。
    憂いを訴える人もいます。
    危機だと訴える人もいます。
    いまの日本が、どれだけ危険な情況にあるのかの情報を拡散しようとする人もいます。
    そうすることで問題意識を共有化し、なんとかして日本を少しでも住みよい、良い国にしていこうとしています。

    10年前の2009年に日本の心をつたえる会を立ち上げた頃もそうでした。
    この年の8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙で、民主党が政権第一党になり、鳩山由紀夫内閣が誕生しました。
    「もう時間がない。立ち上がろう!」
    当時、よくいわれた言葉です。

    けれどあれから10年。
    民主党内閣は、3年で政権の座を失い、自公連立政権の時代となり、安倍内閣は憲政史上最長内閣となったけれど、では日本は、良い方向、日本人にとって、日本が住みよい国に、災害に強い国になったかと問えば、みなさまの答えはいかがでしょうか。

    ひたすら危機を訴えても、議論になるのは盛り蕎麦かかけうどんか、あるいは桜を見るのは違法なのかといった、愚にもつかない議論ばかり。
    日本をとりまく外交上の危機、日本の産業の活性化、人々の所得の増加といった目先の問題のみならず、これからの高齢化の時代を、日本はどのように乗り越えていくのか、その高齢化の時代とともにやってくる人口減少の時代において、日本がどのようにして産業を守り、日本人の所得を増やし、福祉を充実させていくのか。
    教育をどのようにしていくのか。
    そういった本来、国政で行われるべき議論は、まるでほったらかしといっても良い情況が続いています。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 12月の伊勢・神話を体感する会へのお誘い


    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆

    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』予約受付中。
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    皆様には、本当に意味のある研修として、この研修をお勧めします。


    20191123 神話を体感する会
    画像出所=https://xn--eckaubhp5c.com/tour/3549/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    神谷宗幣さん主催の「神話を体感する会」が今年も開催されます。
    場所は伊勢の修養団で、12月16日〜17日の一泊二日研修です。

    今年の講師は、神谷宗幣さん、赤尾由美さん、小坂達也さん、寺岡賢さんです。

    昨年、この研修に参加させていただき、恥ずかしながら人生初の寒中水行(すいぎょう)の経験をさせていただきました。
    昔の武士は、寒中水行を経て、はじめて元服の資格を得ることができたといわれています。
    暗い中、お伊勢様を流れる五十鈴川に、ふんどし1枚で浸かります。
    西洋的価値観で言ったら、異常行動です。

    ところが「体験してみないとわからないこと」というのは、本当にあるものです。
    このときの水行で、驚く体験をしました。
    水行、すごい!と思いました。
    このときの衝撃があまりに凄かったことから、自分でも今年6月に仲間たちとともに、この修養団の研修を開催したくらいです。

    体感することは、ひとそれぞれ違うようです。
    けれど一様に皆様仰るのは、「またやりたい!」というものでした。

    自分がかつて在籍していた会社は、社長がたいへんな研修好きで、様々な研修道場や、企業研修の講師などを招き、毎年複数回の研修を経験してきました。
    そのなかで、本当に人生の役に立ったと感じることができた研修は、サラリーマン時代の「7つの習慣」の研修と、昨年と今年経験させていただいたこの伊勢の「神話を体感する」研修の2つです。

    神谷さんのHPから、この研修について書かれたものをコピペします。

    ****
    伊勢は
    「心の故郷(ふるさと)」
    「魂の源(みな)郷(もと)」
    とも呼ばれ
    我々の遠い祖先より
    あこがれ慕われてきた
    「祈り」の地であります。

    12月、伊勢の神宮においては
    月次(つきなみ)祭がとり行われます。

    この月次祭にあわせて
    特別講習会「神話を体感する会」を開催します。

    神宮の神域・神路山(かみじやま)より流れる五十鈴川で
    日本古来の修養法「禊(みそ)ぎ」の精神にて
    「水行」をおこない、
    身も心も清めて奉観いたします。

    夜の帳(とばり)の降りた
    千年木立の静寂のなか、
    神宮の杜(もり)にて
    太古より続けられてきた
    この尊いお祀(まつ)りは、
    魂の奥にねむる
    日本人の精神を呼び醒まします。

    またそのお祀りを
    より意味深いものにする講義を
    4名の講師から聞いていただきます。

    日本人の中に眠る大和魂を
    どうすれば呼び覚ますことができ、
    世の中のために働くことができるのか?

    日本の神話には
    どんなメッセージが込められているのか?

    また、日本はどんな國體を持った国なのか?

    自然との対話や歴史の中から、
    自分の天命をどう見つけていくのか?

    神宮、皇室、天皇とは
    我々にとってどんな存在か?
    先人はどんな想いで
    これらを守り続けてきたのか?

    伊勢という地で、
    これほどの短時間で
    たくさんの体験と学びができる研修は
    他になかなか見つからないでしょう。

    体験、学び、そして仲間づくりにご参加ください。
    来る前の自分とは
    また違う自分になって
    帰っていただけると思います。


    *****

    「来る前の自分とはまた違う自分になって帰っていただける」・・・これは本当です。

    研修ツアーの概要、スケジュール、申込みフォームなどは、HPを御覧ください。
     ↓↓↓↓↓↓
    https://xn--eckaubhp5c.com/tour/3549/


    ※なお、今年12月のこの研修に私は他の予定と重なってしまい参加できませんが、来年はまた参加させていただこうと思っています。
    皆様には、本当に意味のある研修として、この研修をお勧めします。

    小名木善行 拝


    お読みいただき、ありがとうございました。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
    メールでお申し出ください。

    nezu3344@gmail.com


    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 万葉集とその時代


    ◆ニュース◆
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』予約受付中。
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    日本は、独自の気高い文化を育成していきました。
    そしてそれが、あたりまえの日本人の常識となったとき、日本は、日本人というひとつの民族国家となっていったわけです。このとき万葉集の果たした役割は、とてつもなく大きかったと思います。そしてそれこそが、万葉集がいまなお人々から愛される理由です。


    20191123 大和絵
    画像出所=https://www.tnm.jp/modules/r_collection/index.php?controller=dtl&colid=A12091
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    国内に、敵対し国を破壊し治安を脅かす不届きかつ不逞な勢力があったとき、これを政治が駆逐するのは世界の常識です。
    政治そのものが、国民に背を向けたものであれば、なおさらです。
    国は平気で警察や軍を動員して、平和や安全や豊かさを望む国民を粛清していきます。
    なかには、若い女性を警察が逮捕して繰り返し強姦するといったことも、世界では起こります。
    残念なことですが、世界は恐ろしいところでもあるのです。

    では日本ではどうでしょう。
    いま多くの日本人が、日本に巣食う悪魔のような人たちに、大きな怒(いか)りを覚えています。
    書店で、そうした人や国を特集した書籍が売上の上位となるのも、おそらくはそのためであろうと思います。

    けれど、だからといって非合法にそうした人たちを日本国内で虐殺したり、それこそ口蹄疫(こうていえき)事件などのときの牛や豚のように殺処分したり、酷い拷問を科したり、それこそ警察によって強制強姦をしたりすることを望むような日本人は、すくなくとも生粋の日本人のなかには、誰一人いないと思います。

    「罪を憎んで人を憎まず」は、孔子の『孔叢子・刑論』にある言葉ですが、まさしく日本人は、その言葉を額面通りに理解しています。
    どこかの国では、「罪を憎んで人を憎まないから殺してしまう」ということがなかば公然と行われていることを考えれば、日本人がいかに正しい道を得ようと生きる国民であるかがわかろうというものです。

    では、日本が大きな敗戦を経由して、政体がひっくり返りそうなくらいの大きな事態が起きたときはどうでしょうか。
    私達は、先の大戦のときに、これを経験しています。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 戦かったらお腹が空いた


    20191123 万葉集表紙1200
    ◆ニュース◆

    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』予約受付中。
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    戦争は、私は絶対にいけない。平和が大切だ、平和を志向することが正義だというのなら、対立ではなく、相手に尊敬と敬意を払い、自分もまた尊敬され、敬意を払われるように成長していかなければなりません。
    そしてそういう努力をしてきた歴史が古代の日本にあるのなら、その歴史や精神をしっかりと学ぶことは、自分自身が成長する鍵であり、対立をなくし共存共栄を図る知恵であり、平和のための真実の道といえるのではないでしょうか。


    20191118 神武天皇
    画像出所=https://blog.goo.ne.jp/magohati35/e/607580197bc1d02deb77132076ee2259
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    古事記に、神武天皇が兄師木(えしき)、弟師木(おとしき)を討(う)ったときの歌があります。
    次の歌です。

    楯並(たてなめ)て 伊那佐(いなさ)の山の
    木(こ)の間(ま)よも い行(ゆ)き守(まも)らひ
    戦(たたか)へば 我はや飢(ゑ)ぬ
    島(しま)つ鳥(とり) 宇養(うかひ)が伴(とも)
    いま助(す)けに来(こ)ね


    《原文》
    多多那米弖 伊那佐能夜麻能 たてなめて いなさのやまの
    許能麻用母 伊由岐麻毛良比 このまよも いゆきまもらひ
    多多加閇婆 和礼波夜恵奴  たたかへば われはやゑぬ
    志麻都登理 宇上加比賀登母 しまつとり う かひがとも
    伊麻須気尓許泥 いますけにこね


    《現代語訳》
    盾を並べて伊那佐の山の
    樹木の間にまで行って見守り戦って
    はやくもお腹が空いてきた
    島にいる鵜飼(うかい)の友よ
    すぐに助けに来てくださいな


    実はここに、我が国建国の原点となるたいせつな謎が隠されています。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 奇跡の将軍・樋口季一郎陸軍中将に学ぶ


    ◆ニュース◆
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』予約受付中。
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    樋口季一郎のことを、「旧軍の関係者であるから評価すべきではない」という人がいました。
    旧軍の関係者であろうがなかろうが、立派な行為は、しっかりと学ぶべきものです。


    晩年の樋口季一郎元陸軍中将
    20191121 晩年の樋口季一郎
    画像出所=https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/20190125-OYT8T50003/3/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    樋口季一郎陸軍中将は、オトポール事件で2万人のユダヤ人の命を救い、アリューシャン諸島で孤軍となったキスカ島守備隊の奇跡の撤退を成功させ、千島列島の占守島の戦いを指揮して北海道の500万の人口を守った昭和の名将です。

    1 樋口季一郎中将

    樋口季一郎は明治21(1888)年兵庫県三原郡本庄村上本庄の廻船問屋で、大地主の奥濱久八の元に長男として生まれました。
    ところが廻船問屋は、明治になって蒸気船に押されて衰退。
    家業が衰退に向かった結果、11歳のときには両親が離婚。
    母・まつの実家に引き取られてすごしました。

    樋口季一郎は優秀な子でした。
    三原高等小学校、私立尋常中学鳳鳴義塾を経て、18歳で岐阜県大垣市歩行町の樋口家の養子になり、大正7(1918)年、陸軍大学を卒業しています。
    卒業後、ウラジオストックとハバロフスクに勤務した後、駐在武官としてポーランドに赴任しました。

    ウラジオストックとハバロフスク時代は、多くのロシア人と親交を結ぶと同時に、ロシア文学も熱心に学びました。
    このときにトルストイのアンナ・カレーニナの全訳にも取り組んでいます。

    またこの時期、ロシア人の先生に師事してピアノもマスターしました。
    大正14(1925)年に赴任したポーランドのワルシャワでは、夫人とともに社交ダンスを習得し、ヨーロッパ社交界デビューを果たしてもいます。
    下の動画にもご出演いただいている樋口季一郎のお孫さんの隆一氏は、日本を代表する音楽学者のひとりですが、これもまた樋口季一郎の血筋のなせるわざなのかもと思ったりします。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク