• 世界最長484日の漂流で起きたこととは


    ◆ニュース◆
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    人は魂の乗り物です。
    ですから人の道を外れた行動を取れば、それは魂の傷となり、来世にまで祟ることになります。小栗重吉が苦しい漂流生活において、人であることを保ち続けることができた背景には、こうした日本的死生観があります。
    いまも重大犯罪を犯す馬鹿者がいますが、本当は日本は、教育においてこうした魂とか御霊といった概念を、幼いうちにしっかりと教え込む必要があるのかもしれません。


    201911113 メデューズ号の筏
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%8F%B7%E3%81%AE%E7%AD%8F
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    上にある絵は、メデューズ号の筏(いかだ)といういう絵です。
    フランスロマン主義派の画家テオドール・ジェリコーの油絵で、パリのルーブル美術館に所蔵されています。
    写真をご覧になられた方も多いのではないかと思います。

    メデューズ号というのは、フランス海軍の小型戦艦です。
    40門の大砲を装備し、ナポレオン戦争でも活躍しました。
    この船が、文化13(1816)年、フランスから西アフリカのセネガルに向かう途中、操船を誤ってアルガン岩礁に乗り上げて座礁しました。
    このときメデューズ号には397人の乗員が乗っていたけれど、手持ちの救命ボートは6隻しかない。
    収容能力は250人です。

    そこで救命ボートに乗れない残り147人(男性146人、女性1人)について、船内の木材を使って筏(いかだ)を作り、これを救命ボートで曳航することにしました。
    海岸までは50キロです。

    ところが折からの強風のため、曳航用のロープが切れ、筏(いかだ)が漂流してしまう。
    そもそも曳航用に急造した筏(いかだ)です。
    筏(いかだ)には食料も水も、救援物資はほとんど積まれず、操舵や航海のための手段もありません。

    漂流を始めた筏(いかだ)では、まず士官と乗客、水兵と陸兵の間で争いが起こりました。
    そして漂流が始まった最初の夜の内に、20人が殺されてしまいます。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 奇跡の小麦と農林10号


    ◆ニュース◆
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    このお話も毎年掲載しているお話です。一連の事実から、私には神々の御意思というものが、本当に実在するように感じられてならないのです。是非、ご一読いただければと思います。


    20191112 麦畑
    画像出所=http://snufkin21.blog137.fc2.com/blog-entry-323.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    昨日の記事で大豆と満州のお話をさせていただいたので、今回は小麦のお話をしてみたいと思う。
    小麦は、米、トウモロコシと並ぶ世界三大穀物のひとつです。
    なかでもいちばん生産量(=消費量)が大きいのが小麦です。
    パンやパスタが主食となる欧米では、小麦は、国家の食糧自給のための最重要品目ですから、どこの国も小麦の生産は国が統括しています。

    国民あっての政府なのです。
    自国民の食を最優先するのは当然のことです。
    なぜなら国が管理し備蓄しなければ、万一の際に国民が飢えるからです。
    ですからいずれの国においても国内で生産された小麦は、まず自国で消費備蓄する分を政府が優先して確保し、余った分だけを輸出にまわします。

    ところが我が国では、戦前、全国どこにでもみられた麦畑は、いまではほとんど見かけません。
    自給率が百パーセントあった小麦は、いまでは年間消費量約600万トンのうち、90パーセントを輸入に頼っている有様です。
    輸入先は1位米国、2位カナダ、3位オーストラリアです。
    要するに我が国は大東亜戦争の戦勝国から小麦を買っているわけです。

    ただし我が国が連合国から小麦を「買えて」いるのは、彼らの国に余剰生産高があるからです。
    凶作となれば我が国に回される小麦は激減することになります。
    そしていま我が国が輸入している小麦は、実は日本生まれの小麦です。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 山本条太郎と満洲大豆のお話


    ◆ニュース◆
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    ビールを飲みながら、もやし炒(いた)めを食べながら、納豆ごはんを食べながら、豆腐をつつきながら、是非、ご友人やご家族の方々に、大豆と満洲のお話をしていただけたらと思う次第です。


    20191110 満洲大豆
    画像出所=https://twitter.com/m_uroko/status/882209257600327680
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    もともと何もない荒れ果てた荒野だった満洲が、なぜ日本が関与した時代から急激に発展したのでしょう。
    満洲について政治、軍事から語るものは多いが、経済の面から紐解(ひもと)いたものは少ないようなので、これについて考えてみます。
    その答えが大豆(だいず)にあります。

    きっかけは明治の中頃、商社マンとして満洲に一番乗りした山本条太郎(やまもとじょうたろう)にあります。
    後に満鉄総裁になった男です。
    彼は慶應三(1867)年生まれ、福井県旧御駕町出の元福井藩士の子です。
    明治十三 (1880)年、12歳で神田淡路町の共立学校(現・開成高校)に入学したのですが、病弱なため2年で中退しています。

    そして学問をあきらめ、三井洋行(現・三井物産)横浜支店に丁稚奉公(でっちぼうこう)に出ました。
    働き者で主人の覚(おぼ)えもめでたく、21歳のとき、選ばれて上海支店に転勤しました。
    ここでも彼は抜群の商才を買われています。

    明治二十三(1890)年、彼が23歳のとき、上海フランス租界(そか)の近くの交差点口に、三井支店長の社宅が建設されました。
    この建物は一万坪の土地に、三階建ての本館と別館、更に付属の建造物があり、広大な庭には池、温室、芝生の野球場と5面のテニスコートが作られ、正門から本館の玄関までには、実に百メートルの小道があり、樹齢30年以上の桜が280本も植えられていたそうです。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • インパールの戦いが我々にのこしたもの


    ◆ニュース◆
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    戦後左翼評論家の「ああだ、こうだ」のご託宣(せんたく)よりも、現実にあった歴史の事実に何が会ったのかをしっかりと見極めることの方が断然、真実に迫ることができるのではないでしょうか。


    20191110 インパール作戦
    画像出所=https://courrier.jp/news/archives/170766/?ate_cookie=1573379891
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    大東亜戦争の末期、昭和19年3月から6月にかけて、日本陸軍はビルマ(現在名ミャンマー)からインド北東部の要衝、インパールを攻略しようとして作戦を発起し、勇戦したが補給の不備で果たさず、空と地から英国軍の反攻を受けつつ退却しました。
    負傷し、飢えて衰弱した体でマラリアや赤痢に罹患し、退却途中で大半が力つきて、退路には延々と日本兵の腐乱死体や白骨が折り重なっていたことから「白骨街道」と呼ばれました。

    生還した兵の記録に次のようなものがあります。
     ***
    「白骨街道生死の境」小田敦巳

    「道ばたに腰掛けて休んでいる姿で
     小銃を肩にもたせかけている屍もある。
     手榴弾を抱いたまま爆死し、
     腸(はら)わたが飛び散り
     鮮血が流れ出したばかりのものもある。
     たいてい傍(かたわ)らに
     飯盒(はんごう)と水筒が置いてある。
     ガスが充満し、
     牛の腹のように膨れている屍(しかばね)も見た。
     地獄とは、まさにこんなところか。
     ・・・ その屍にも雨が降り注ぎ、
     私の心は冷たく震える。
     そのような姿で屍は道標(みちしるべ)となり、
     後続の我々を案内してくれる。
     屍を辿(たど)った方向が分かるのだ。
     皆これを白骨街道と呼んだ。
     屍の道標を頼りに歩いた。」


    英国軍はこの退路にもしばしば現れ、容赦(ようしゃ)なく銃弾を浴びせました。
    日本兵の死体のみならず、負傷し罹患して動けない兵をも、生死を問わずガソリンを掛けて焼いたといいます。
    こうした酸鼻な敗戦だから、作戦を指導した牟田口(むたぐち)中将は、戦後あらゆる罵声(ばせい)を浴びせられました。
    負ければ賊軍は世の習いです。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 元寇の真実を知ろう


    ◆ニュース◆
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    元寇において、日本は元を強大な国家と知って断固戦いました。そのおかげで、いまのわれわれがいます。
    先の大戦と同じです。
    私たちの祖先は、私たちの国を守るために、何十倍もの兵力を持つ相手と、必死に戦ったのです。


    20191110 元寇
    画像出所=https://y-ta.net/genkou-torikai/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    東北地方の山間部に、「モッコ」という言葉があります。
    「モッコ」というのは、ふるくから「この世の中で一番怖いもの」とされるもので、「何だかわからないけれども、とにかく一番怖いものなの」なのだそうです。
    その「モッコ」は、じつはモーコ(蒙古)のことだといわれています。
    元寇の恐怖が、東北の山の中で、いまでもこのような形で語り継がれています。
    それほどまでに蒙古襲来は、鎌倉時代における「恐怖のできごと」であったわけです。

    1268年、高麗(こうらい)の使いによってフビライの書簡が九州の太宰府にもたらされました。
    ちなみにフビライがこの書簡を書いたのは、実は1266年のことです。
    その書簡が高麗を経由して、ようやく太宰府に届くまで、なんと2年経過していました。
    どこで書簡が停滞していたかというと高麗、いまの韓国北朝鮮です。

    当時の高麗は元の属国でした。
    ですから蒙古と日本が戦争になると高麗は兵員や食糧を負担しなければなりません。
    事大主義で、ああでもないこうでもないと、高麗の国内でどうしようかとあれこれ議論やっている間に、2年が経ってしまったわけです。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 第66回「倭塾」開催のお知らせ



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    上村松篁 【春丘】
    20191108 上村松篁 春丘
    画像出所=https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r336409666
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    第66回倭塾は、新刊の予約開始を記念して「万葉集と日本の国柄」をテーマにお話をしたいと思います。
    開催場所は、江東区文化センターになります。

    倭塾(公開講座)は、大人から子供までどなたでもご参加いただける、ねずさんの私塾です。
    女性のご参加が多いのも、倭塾の特徴です。
    塾生としての登録が必要なわけでもなく、当日お越しいただければ、どなたでもご参加いただくことができます。

     *

    1 題 名 第66回 倭塾
    2 テーマ 万葉集と日本の国柄

    3 日 時  令和元年11月24日(日)18:30〜20:30
      開 場 18:00
      開 始 18:30
      終 了 20:30

    4 場 所  江東区文化センター 3F 第三研修室
      〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3

    5 講 師 小名木善行
    6 定 員 40名

    7 参加費
     (1) ご新規        2500円
     (2) 倭塾参加経験者    2000円
     (3) ご夫婦で参加 お二人で2000円
     ※事前振込は必要ありません。当日会場でお支払いください。
     (4) 未成年者          無料
      (5) ご家族お友達招待特典
       これまでに一度でも倭塾にご参加されたことの
       ある方が、倭塾初参加となるご家族・ご友人などを
       お連れになった場合、
       そのお連れの方を人数に関わりなく
       初回参加のみ無料とします。

    8 参加方法
      直接会場にご来場ください。

    9 懇親会はありません。

    10 Facebook参加ページ
      お手数ですがこのページの
      「参加」ボタンをクリックしてください。
      https://www.facebook.com/events/1200935093439011/

    お読みいただき、ありがとうございました。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • ニニギノミコトと神武創業


    ◆ニュース◆
    第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
    ○ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
    ○百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

     八紘(はちこふ)を掩(おほ)ひて
     宇(いえ)と為(な)さんこと
     亦(また)可(よ)からずや

    神武天皇のこの精神が、現代となってもなお燦然と輝きを放つのは、日本が災害列島であり、全国民が家族となって、互いに助け合っていかなければ、災害に対処できないという現実が、日本に存在しつづけるからなのです。


    20191107 ニニギノミコト
    画像出所=https://blog.goo.ne.jp/horinosuke/e/9cac10dada0cda1668f7efcdbfd99b0e
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    奈良時代の『日向国風土記』によると、高千穂に迩々芸命(ににぎのみこと)が天孫降臨されたとき、葦原中津国(あしはらのなかつくに)は暗闇に閉ざされていた。
    そこで迩々芸命が高天原から持参された稲穂を抜いて、そのモミ(種)を四方にまいたところ、たちまち中津国は光に満ちたと書かれています。
    そこでその地を「千穂(ちほ)の里」と名付けたといいます。

    神話の時代のことを、古代よりも古い時代ということで、祖代(そだい)と呼びますが、その祖代において、火山の噴火や、台風による水害、巨大地震といった天然の災害は、そのまま食糧危機に直結したことでしょう。
    人は、食料を得ることができる範囲内でしか生きることができません。
    縄文時代の人口は日本全土で26万人、平均寿命は24〜5歳だったと言われています。
    日本列島の環境からすれば、それ以上の人口も、あるいはもっと長生きすることも可能であったろうと思われるところ、それができなかった背景には、やはり天然の災害が大きな影響を及ぼしていたものと思われます。

    日本は四方を海に囲まれた国ですから、漁さえできれば、ある程度の災害があっても、食料を得ることができそうなものですが、それができなかった理由は3つあります。
    ひとつには食料が常温では長期の保管ができなかったこと。
    もうひとつは、災害によって働き手となる男子を失うと、たちまち家族が飢えることになったであろうこと。
    みっつめには、災害の後には、かならずといってよいほど、疫病が流行したことによります。



    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク