• 「JIN-仁-」と佐藤泰然


    21世紀となった昨今においても、国の制度は「西洋医学」でなければだめだ、というものになっています。
    しかし西洋医学に傾倒することで、医療費はうなぎのぼりに増加しています。
    一方、漢方医は、その根幹となる薬草が、ことごとくChina産になり、その安全性を疑問視する声もあります。
    日本の農業の振興にあたり、薬草の栽培は付加価値が高い分、利益も上がりやすいといえます。
    大切なことは、患者の健康と安全であって、いくら儲かるかではないはずです。
    日本の医療も、抜本的な見直しが必要な時期にきています。

    佐藤泰然
    20200614 佐藤泰然
    画像出所=https://www.juntendo.ac.jp/corp/history/president/successive.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    10年ほど前にテレビで放映された大沢たかお主演の「JIN-仁-」という連続ドラマが、いまアマゾンプライムや、Huluなどの動画サイトで見放題になっています。
    原作は村上もとか氏による連載漫画で、江戸時代にタイムスリップした現代の脳外科医が、江戸時代の終わり頃にタイムスリップして、そこで次々と難病を克服していくというストーリーです。

    テレビ放映の頃は、テレビはほとんど観ないし、だいたいドラマといっても近年は韓流マインドの日本人的精神性を失った栲衾(たくぶすま;うるさいばかりで意味がないこと)のような番組ばかりだし、原作のマンガが素晴らしくても、何故かドラマになった途端に、その原作の良さをまるで打ち消すようなツマラナイ番組になってしまっていることが多く、最後はただ残念な気持ちにしかならないので、当時も「JINー仁ー」は良い番組だとは聞いてはいたけれど、まったく観ませんでした。

    ところが神谷さんから勧められたアニメの「キングダム」がなかなか素晴らしく、これが映画化された劇場版の映画「キングダム」もまた原作に忠実で、一点を除いては、素晴らしい出来栄えで、特に驚いたのが王騎(おうき)という大将軍の役を大沢たかおさんが演じていて、これが見事な大将軍ぶりであったことから、同じく大沢たかおさん主演の「AI崩壊」、そして過去の作品の「JN-仁ー」を観たわけです。
    これがまた大感動!!
    特に「JIN-仁−」の出来栄えは、最高でした。
    いまは無料でネット視聴できますので、これは是非みなさんにもお薦めです。
    まったく毎回のドラマを観ながら、何回泣かされたことか。

    映画の「キングダム」で一点残念だったのは主人公の殺陣(たて)です。
    それ以外は、配役も、演技も、満点の娯楽映画でした。
    残念だった殺陣というのは、原作がマンガであり、大薙刀を一振りしたら人が木の葉のように舞ったりするのは、あきらかなパロディだから構わないのです。
    けれど、主人公が重たい大剣を持って、低い姿勢から大柄な相手に大上段に振りかぶって攻撃を仕掛けるというのは、これはありえません。
    低い姿勢からではモーションが大きくなりすぎて、動きを相手に悟られてしまうし、そもそも剣を持った姿勢がへっぴり腰では、剣の戦いにもなりません。

    実は日本の時代劇等の映画やドラマでは、まともな殺陣・・・つまり実際に使えるような殺陣は、GHQによって映像が禁止とされてきました。
    幼い頃から、ちゃんとした剣技を観て育つと、大きくなってから、頭の中に残っているその映像イメージから、それなりにまともな剣や拳を使えるようになってしまうからで、これも日本弱体化戦略のひとつとして行われてきたことなのですが、戦後75年以上経過して、いまだに娯楽映画の中にさえ、ありえないような殺陣しか許可にならないのかと、この部分だけは暗澹とした気持ちになってしまいました。

    さて、話が脱線しましたが、「JIN-仁−」のお話です。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク