• 平安初期の大騒動「薬子の変」を学ぶ


    薬は苦いものです。もっというなら薬は毒の一種であるともいえます。体の健康を取り戻すために、人は薬と言う名の毒を飲んで健康を得るわけです。
    薬子は、平安時代の初期において、まさにその毒となることによって、日本を正常化させました。そうすることで350年の泰平を開きました。これはとてもすごいことだし、私たちがもっとも感謝すべきことであると思います。
    薬子を毒婦として、おもしろおかしく描いた作品や、歴史の紹介者は多いです。
    けれども大切なことは「学びと感謝」にあるのです。

    20200629 薬子の変
    画像出所=https://bushoojapan.com/jphistory/kodai/2020/03/06/108032
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    このお話は、去る6月29日の有料メルマガに掲載したお話です。
    このメルマガは、週一回平日の月曜日のみの配信ですが、どちらかというとねずさんの活動支援的な意味合いが強いものです。
    もしよろしければ、購読していただければと思います。
    ▼メルマガ登録は↓から。
    https://www.mag2.com/m/0001335031

    さて本題です。

    平安時代といえば、平和と安定の時代であり、日本の歴史を代表する教養と文化の時代であったとされます。
    それもそのはず。
    平安京遷都が794年。
    鎌倉時代の始まりが1192年。
    そこまで398年ですが、この中の810年の薬子(くすこ)の変で、藤原仲成(ふじわらのなかなり)が射殺されてから、1156年の保元の乱で源為義が処刑されるまで、346年間にわたって律令制に基づく死刑の執行なかったのが平安時代であったのです。

    では、その薬子の変とは、いかなるものであったのでしょうか。

    まず平安京(京都)への遷都を行ったのが代50代桓武天皇(かんむてんのう)です。
    その息子で次の第51代天皇となられたのが、平城天皇(へいぜいてんのう)です。

    その平城天皇が、まだ皇太子だった頃のお名前が安殿(あて)親王に、娘を妃(ひん)として差し出したのが、藤原縄主の妻で、5人の子持ちの母、藤原薬子(ふじわらのくすこ)です。

    藤原薬子は、このとき娘がまだ幼かったことから、娘の付添いで宮中に出入りするようになるのですが、なんとこの母の藤原薬子が、安殿親王と深い仲になってしまうのです。
    正式に妃として迎えた娘がいながら、その母親と不倫関係となる。
    さすがに父である桓武天皇も、これはマズイだろうと思し召されておわされるということで、結果として藤原薬子は宮中から追放されてしまいます。

    男女の情というのは、周囲が反対し、さらには無理やり引き離されたりすると、余計に燃え上がるものです。
    806年に桓武天皇が数え年70歳で崩御なされ、安殿親王が第51代平城天皇として践祚(*1)されます。
     (*1) 践祚というのは、践が位につくこと、祚が皇位を表します。
    そして皇位に就かれた平城天皇(もとの安殿親王)は、早々に藤原薬子を宮中に呼び戻し、薬子を尚侍(ないしのかみ)という宮中女官の高官として取り立て、さらに薬子の夫の中納言藤原縄主を大宰府に飛ばしてしまいます。

    さて、ここからが問題です。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 災害は予防によって対処する


    天然の災害対策も、疫病対策も、それが起きてから対策をとるのでは遅い。災害も疫病も、何年かおきには必ず起こります。起こるとわかっているなら、平素から対策のために、あらゆる手段を講じていかなければなりません。もちろん日頃から対策に勤めることは、平時からみた目線では、社会的な無駄に見えるかも知れない。けれど被害が現実のものになってからでは取り返しがつかないのです。
    そういう意味で、コロナ問題はこれまでの、
    「無駄を排した平時を前提として効率社会」から、
    「無駄と思われても安全と安心を優先する社会」へという、大きな変化をもたらしました。
    このことは神々からの大切な教えであると思います。

    20200403 新型コロナウイルス
    画像出所=https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2020/04/20200402_01.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



     武漢コロナが世界中に猛威をふるっていますが、このような大規模な感染症のことを昔は疫病(えきびょう)といいます。
    疫病には、コロナ以外にも、たとえばペスト、天然痘、コレラ、赤痢、らい病などがあります。
    人類史を考えるとき、忘れてはならないのがこの疫病の蔓延(まんえん)です。

     たとえば14世紀に元が滅んで明になったとき、元の人口はおよそ1億3千万だったものが、およそ3千万人に減っています。その原因が疫病です。人口の8割が失われたのです。
    この人口の急減によって元は滅んで北方の遊牧生活に帰り、その後に王朝を築いたのが明(みん)王朝です。

     歴史は繰り返します。
     17世紀には、その明が滅びて、清の大帝国が生まれました。このとき9千万人いた明の人口は、わずか2460万人にまで減っています。人口の7割が失われたのです。

     14世紀のときも、17世紀のときも、これだけの死者が出ると、もはや食料の生産もままならず、生き残った人々は、安全と食べ物を求めて北方に移動して、北方遊牧民の土地を奪います。
    すると遊牧地を奪われた北方遊牧民たちが怒って中原に攻め込みます。それが新たな王朝が築かれた実際の理由です。

     チャイナの歴史はこの繰り返しといえます。
    これを易姓革命(えきせいかくめい)と言います。
    「天命が革(あらた)まり、皇帝の姓が易(か)わる」という意味です。
    大昔はウイルスの存在なんてわかりませんから、それだけ大きな被害が出たとき「きっと天帝がお怒(いか)りなのだ」と考える他なかったし、疫病の後に新たな王朝が誕生すれば、それをもって「天命があらたまった」と考える他なかったのです。

     そしてこの14世紀、17世紀のどちらにおいても、このチャイナ発の感染は遠くヨーロッパにまで及んでいます。
    そして疫病は、ヨーロッパで毎度人口の6割を失わせました。
    有名なヨーロッパの黒死病の流行です。黒死病とはペストのことです。

     ところがユーラシア大陸でこれだけ猛威をふるった疫病ですが、日本には感染がほとんど広がっていません。
    14世紀の疫病のときは日本は南北朝時代ですが、この時代については太平記に詳しく描かれていますけれど、その記述の中に疫病は出てきません。
    それどころか感染症によって甚大(じんだい)な人口の減少そのものが、まったく発生していません。
    元の末期頃の時代には、倭寇が大陸の沿岸部に達していたことが歴史に記録されていますから、チャイナと日本は、なんらかの人的交流があったわけですけれど、それでも疫病が日本に達することがなかったのです。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 七夕(たなばた)のお話


    異なるものが、渾然一体となって、最後にはみんなが楽しむ「七夕祭り」にまでなってしまうのは、これまたたいへんに日本的な話で、どうして仏教と神道といった異なるものが日本では一体化してしまうのかというと、それは「みんなにとって楽しいことは共有しようではないか」という、これまた日本的思考があるからです。
    我が国は、どこまでも民衆が天子様の「おほみたから」である国です。

    20200627 七夕
    画像出所=https://www.pixivision.net/ja/stories/2614
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    今日は七夕(たなばた)です。

    七夕といえば、ご存知の通り、織姫と牽牛が一年に一度、天の川を渡って逢うことが許された日です。
    これは、梁の時代の殷芸(いんうん)の書いた物語で、概略以下のものです。

     天の河の東に織女有り。天帝の子なり。
     年々に機を動かす労役につき、
     雲錦の天衣を織り、
     容貌を整える暇なし。
     天帝その独居を憐れみて、
     河西の牽牛郎に嫁すことを許す。
     嫁してのち機織りを廃すれば、
     天帝怒りて河東に帰る命をくだし、
     一年一度会うことを許す。

    旧暦の7月はじめ、これはちょうど、いまでいったら8月半ばのお盆の頃にあたるのですが、この時期、琴座のベガ(織り姫星)と鷲座のアルタイル(彦星・牽牛星)が、天の川を挟んでよく光ることから、このような物語がチャイナで生まれたのだそうです。
    そしてこの物語が仏教とともに日本に伝わり、実はここからがとても面白いのですが、これが日本の古くからある「棚機(たなばた)」と呼ばれる神事と重なることで、いまの「七夕(たなばた)」となりました。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 報恩感謝の心と奥村五百子


     『私達日本婦人は軍隊のおかげで安全に暮らしていられるのだから、その報恩的義務として私達婦人の手で愛国婦人会を起こして国家のためにつくしたい』と述べた奥村五百子のこの精神は、仁徳天皇の慈悲の心に触れた当時の民衆が、天皇への報恩感謝の心を忘れずに、皇居の修復事業等に尽くしたことにつながります。そしてこの報恩感謝の精神は、我が国男子の国を護る精神でもあります。
     欲望と支配のために暴虐を働き、正規軍と警察とヤクザと暴徒とが同じものになって、弱者を蹂躙する国と、感謝の心をもって互いにしっかりとできる最善を尽くしていこうとする国。この両者のパラダイムの違いは、必ず大きな結果の違いとなって現れるのです。

    奥村五百子
    20200627 奥村五百子
    画像出所=https://style.nikkei.com/article/DGXMZO92024480U5A920C1TY5000/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    義和団事件(1900年)といえば、日本の柴五郎中佐が大活躍をし、これが後の日英同盟の基礎になったこと、あるいはこの事件後の処置を取り決めた北京議定書の発効によって我が国がPKOとして軍隊をチャイナに派遣するきっかけになったことなどを、以前にご紹介させていただきました。

    ところがもうひとつ、義和団事件が招いた大きな出来事があります。
    それが「愛国婦人会」の設立です。
    愛国婦人会というのは、戦前に国軍の兵士たちへの救護等を行うために結成された団体です。
    そしてこの団体は、我が国において女性が組織した最初の代表的団体でもあります。

    そしてこの団体の会員数は、1937年には311万人に達していました。
    ちなみにいまの自民党の党員数がおよそ100万人、共産党が20万人、維新の会が2万人です。
    そうしてみると戦前における311万人というのが、いかに大きな勢力であったかがわかろうかと思います。
    また1920年には、会長に実践女子大学の設立者である下田歌子が就任しています。

    この愛国婦人会に魂を吹き込んだのは、近衛篤麿(このえあつまろ)公《近衛文麿の父親》と第一回愛国婦人会会長の岩倉久子夫人であり、これを大成させたのは、閑院宮(かんいんのみや)と同妃両殿下の直接関節の厚いご援助の力です。
    そしてこの会が隆盛できたのには、その主唱者である奥村五百子(おくむらいおこ)女史が、斃れてのち已(や)むの覚悟で奮闘努力したことがあげられます。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本建国の理由がすごかった!


    世界中、どこの国にあっても、歴史にある王朝は征服と征圧の歴史です。
    けれど天然の災害が多発する我が国では、はじめから助け合うこと、民衆こそを大切な宝とすることが、建国の経緯と理念です。
    これは素晴らしいことだと思います。

    紀元祭《橿原神宮》
    20200626 紀元祭
    画像出所=http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/01jinja/03east_area/kashiharajingu/event/4mneikar2h/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    世界中どこの国でも、学校で自分たちの住む国の建国の歴史や建国宣言の内容を教えます。
    あたりまえのことです。
    国があるから学校があるのだし、いざというときの行政サービスも受けることができるのです。
    国は自分たちの所属する共同体そのものなのですから、その国の建国の歴史や経緯、また建国の理念などを教えることは、国家として当然のことでもあります。

    チャイナやコリアのように、たとえその建国の経緯や理念が荒唐無稽な絵空事であっても、彼らは彼らなりに、最低限の建国の歴史や経緯や理念をしっかりと学校で教えています。
    もちろん米国でも建国の歴史や理念を教えます。
    なるほど米国の独立宣言を諳(そら)んじることができる人は少ないかもしれないけれど、米国が独立戦争を行ったこと、その独立戦争に勝利して独立宣言を行ったという事実は、米国人なら誰でも知っていることです。
    米国人でなくても、日本人でも常識として知っていることです。

    世界にはオリンピックに参加する国が206ヶ国ありますが、そのどの国においても建国の歴史や建国宣言の内容を教えます。
    しかし戦後教育を受けてきた日本人で、日本建国の経緯や歴史、あるいは建国の詔(みことのり)を学校で教わった記憶を持つ方はいるのでしょうか。

    日本は教育を憲法で義務化している国です。
    国家の行政機関として文部科学省もあります。
    日本という国があるから憲法があり文部科学省もあるのです。
    ところが憲法で義務化している小中学校で我が国の建国の経緯や理念、あるいは建国宣言を、その文部科学省の所轄する小中の学習指導要項に教えなさいという記述はどこにもありません。
    教科書にも書かれていません。
    それは、文科省とはいったいどこの国の教育監督庁なのかと思ってしまうほどです。

    さらに教育関係者のなかには、日本は戦後に大日本帝国から日本国という「別な国」になったのだと言う人も居ます。
    さらには建国者である神武天皇の存在そのものを否定したり、あるいは建国の理念にまで出鱈目を吹聴している人さえもいます。
    かなしいことだと思います。

    そこで神武天皇の建国の詔(みことのり)がどのようなものであったのか。
    これを日本書紀に書かれた原文からちゃんと読んでみたいと思います。
    原文と読み下し文を掲載します。もし周囲の環境が許すなら、ぜひ、声に出して読んでみていただければと思います。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 和気広虫(わけのひろむし)のお話


    いまの日本には、まるで道鏡気取りで、あたかも天下を取った気でいる日本人のような顔をして日本語を話し日本国籍を持っているけれど日本人ではない人たちがいます。
    しかし腐った魚は腐った魚でしかないのです。
    私達は粛々と、本来あるべき日本に向けて、駒を一歩一歩進めていくだけです。
    そしてそれが最後には、勝者となるのです。
    なぜならそれこそが神々の御意思であり、人類社会の正しい道であるからです。

    和気広虫
    20191004 和気広虫
    画像出所=https://matome.naver.jp/odai/2134726464996516101/2134727176597471903
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    和気広虫(わけのひろむし)は、備前国の藤野郡の生まれで、後に京の都を開いた和気清麻呂(わけのきよまろ)の姉です。
    長じて従五位下の葛井戸主(ふじのへぬし)に嫁ぎました。
    広く漢学や仏教に通じて、貞淑のほまれたかい婦人です。

    孝謙天皇は、深く広虫を信愛され、正六位下に叙せられました。
    その孝謙天皇が落飾(らくしょく・髪をおとして仏門にはいること)されたとき、広虫もまた剃髪(ていはつ)して法弟子となり、このとき上皇から法均(ほうきん)という名を賜り、進守太夫(しんしゅたゆう)の尼位(にゐ)を授けられています。

    天平宝字(てんぴょうほうじ)8年(764)9月、藤原仲麻呂の乱があり、数百人が反徒として捕らえられて斬に処せられようとしたとき、法均尼が彼らの命乞いを天皇に上奏し、これによって375人が死を減ぜられて流刑に処せらました。
    その後、法均尼は、凶事が続いたことによって生じた孤児たち80余人を自宅に収容し、自らこれを一手に救養し、ことごとく養子を称してねんごろに撫育(ぶいく)しました。
    天皇は、深くその徳行を嘉(よみ)とされ、姓を葛木首(かつらぎのおびと)と賜われ、神護景雲2年(768)には、従四位の封戸(ふこ)と、位禄、位田を賜りました。

    さてこの頃、僧道鏡(どうきょう)は、君寵(くんちょう)を恃(たの)んで、出入りに警蹕(けいひつ・天皇の出入に際して、先払いが掛け声を掛けること)して、天皇と同じ輿(こし)を真似し、法王を自称してついに天皇の位を伺おうとしていました。

    天皇は、法均尼を宇佐八幡宮に遣(つか)わす神夢を得られるのですが、女性の身で遠路は耐え難いであろうと案じられ、弟の和気清麻呂を姉に代えて宇佐に遣わすことになりました。
    出立に先立ち、法均尼は、身を以て皇位を護り奉るべしと、弟を激励しました。
    清麻呂は敢然(かんぜん)と立って宇佐に至り、

    「わが国家は、開闢(かいびゃく)よりこのかた君臣が定まっている。
     臣をもって君と為すこと、
     いまだ之(これ)有らざるなり。
     天津日嗣(あまつひつぎ)は必ず皇緒(こうちょ)を立てよ。
     無道の人はよろしく早く掃除(はらいのぞ)くべし」

    との御神託を授かります。


    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 桂太郎の母と武家の女性たち


    明治以降の洋風化と、戦後のGHQによる統制で、日本は様々な大切な文化を失いました。
    昔に還ることばかりが良いこととは思いません。
    しかし、これからの日本を考えるとき、人々が立派に生きることができた社会が、どのような構造を持っていたのかをおさらいしてみることには、とても大きな意味があるといえるのではないでしょうか。

    桂太郎
    20160917 桂太郎
    画像出所=http://www.archives.go.jp/naj_news/03/kaou.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    桂太郎(かつらたろう)は、ペリーがやってくる少し前の1848年の生まれで、陸軍大将、第二代台湾総督、陸軍大臣、外務大臣などを歴任し、内閣総理大臣を三期勤めた人です。
    陸軍大臣のときに義和団事件を収め、日露戦争を勝利に導いた総理でもあります。

    この桂太郎が、ご自身の母について小文を残しています。
    素晴らしい内容ですので、ご紹介したいと思います。
    なお、原文は文語ですので、いつものねず式で現代語に訳しています。

     ***

    我が母のこと(原題「母」)

    私の母は、父と同じで、ものごとを耐え忍ぶ人でしたが、名誉を尊び、人後に落ちることを嫌う人でした。
    家は貧乏でしたが、母は、人を保護したり、人を救うことに、まったくためらわない人でもありました。
    子を教育するうえにおいても、
    「他の人に劣らないように心がけなさい
     たとえ飢渇におちいったとしても、
     決してきたない挙動をしないように」と教え、
    「常に、率先して人よりも抜きんでることを志しなさい」と諭されました。

    幼いころに、母がよく言われたことがあります。それは

    「おまえの両親は、おまえよりも先に死ぬのです。
     おまえに希(ねが)うことは、
     おまえが人らしい人として生きることです。
     おまえは桂の家を嗣(つ)ぐべき嫡子(ちゃくし)です。
     ですから私達は力のおよぶ限り、おまえに教育を施します。」


    というものでした。

    あるとき私が学塾から帰るとき、友人と喧嘩になりました。



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク