• 朝鮮通信使


    江戸時代に描かれた朝鮮通信使一行の図は、まことに豪勢な行列です。なぜ豪勢なのかといえば、朝鮮通信使が立派だったからではありません。幕府が彼らのために、莫大な予算を計上して通信使たちの行列を荘厳したからです。
    これまた世界ではありえないことです。普通は、訪問者の側が派手なパフォーマンスをして国威を示すものだからです。

    20191008 朝鮮通信使
    画像出所=https://www.lmaga.jp/news/2017/11/30972/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    《ご連絡》
    ○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
    新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
    ○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
    ○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



    室町時代から江戸時代にかけて、朝鮮からの特使(朝鮮通信使)が、都合12回来日しました。
    最終回の十二回目は、対馬に差し止めとなり、日本本土には来ていませんが、初回が正長2年(1429)で、最終回が江戸後期の文化八(1811)年です。

    当初の三回は、国交回復や捕虜返還交渉のためとされています。
    以降の9回は、いずれも新将軍就任の祝賀のための来日です。

    ちなみにこの朝鮮通信使について、最近の韓国の歴史教科書では、家康の開いた江戸幕府が超貧乏であったため李氏朝鮮の知恵と文化を欲しがり、日本から使節の派遣を申し出たと書かれているそうです。
    歴史ファンタジーもここまでくるともうお笑い草です。

    さらにまた、「だから朝鮮通信使を日本は国賓として迎えていた」とまで宣伝されているのだそうですが、たとえ相手がどのような国であれ、大勢を引き連れた外国からの使節であり、新将軍就任の祝賀使節ともなれば、日本がそれなりに国賓として処遇するのはあたりまえのことです。
    けれども、普通、祝賀の使節というのは、祝う側が資金を提供するものであって、祝ってもらう側に行列の資金を出してもらうものではありません。
    けれど朝鮮通信使については、お祝いのための行列と言いながら、その費用は全額日本側の出捐(しゅつえん)になっていました。

    また朝鮮通信使が「立派な使節であり、日本に歓迎されていた」というけれど、12回目の朝鮮通信使は、もう迷惑だから来なくて良いとばかり、朝鮮通信使は対馬で足止めになっています。
    来ていただいてありがたい、あるいはうれしい祝賀の使節なら、足止めにする必要はありません。

    その朝鮮通信使について、宝暦十四(1764)年の朝鮮通信使の記録が、いまに残っています。
    このときの朝鮮通信使は、徳川家治が第11代将軍に就任したことへの祝賀のための来日です。

    その通信使の一行の中に、金仁謙という者がいて、来日したときの模様を「日東壮遊歌」という本にして詳細に書き遺しています。
    希少本で、いまでは古本がすごい高値になっていますが、この本の中に、当時の朝鮮人官僚が見た率直な日本への感想が書かれています。
    そこには次のように書かれています。

    ********
    ▼1764年1月22日 大阪

    百万軒はあると思われる家の全ては「瓦の屋根」だ。凄い。
    大阪の富豪の家は「朝鮮の最大の豪邸」の十倍以上の広さで、 銅の屋根で、黄金の内装だ。
    この贅沢さは異常だ。
    都市の大きさは約40キロもあり、その全てが繁栄している。信じられない。

    チャイナの伝説に出てくる楽園とは、本当は大阪の事だった。
    世界にこのように素晴らしい都市が他にあるとは思えない。
    ソウルの繁華街の一万倍の発展だ。

    北京を見た通訳が通信使にいるが、「北京の繁栄も大阪には負ける」 と言っている。
    穢れた愚かな血を持つ、獣のような人間が中国の周の時代に、この土地にやってきた。
    そして二千年の間、平和に繁栄し、一つの姓(つまり天皇家)を存続させている。 嘆かわしく、恨めしい。




    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
    令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
    ○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
    ○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


    20191006 ねずラジ
    《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク