• アフターコロナの新しい世界


    古事記に、イザナギとイザナミの別れのお話があります。妻であるイザナミは、火によって大切なところを焼かれ、黄泉の国へと旅立つのですが、これを文明として読むと、なかなかおもしろい。
    我々の文明は、縄文時代の土器やその後の鉄器、現代の自動車や兵器など、あらゆるものが火によって築かれた、いわば火の文明と呼べるものです。けれどその火によって我々は大切なものを失う。
    その失ったあとに、イザナギによる禊(みそぎ)が行われて、天照大御神がお生まれになる、つまり火の文明のあと、禊があり、その後に我々は新たな慈愛の文明を築くことになる、というわけです。
    それが「シラス文明」です。

    20200824 アフターコロナ
    画像出所=https://www.unifast.co.jp/with-corona/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    コロナがたいへんな騒動になっています。
    現時点で行われていることは、自衛策としての消毒などの徹底、人との接触の僅少化、手洗い、うがいの推進などです。
    これらはいずれも、コロナウイルスがいるかもしれない、という前提で行う受動的な対策といえます。
    けれどこれからは、さらに能動的な対策として、コロナに打ち勝つ強い体や、コロナに打ち勝つ栄養、コロナを入れない衛生環境の充実などが、おそらく盛んになってくるのであろうと思います。

    コロナという用語は、もともとは太陽の外層大気の最も外側にある耀(かがや)くガス層のことを言います。
    つまりコロナは、陽(ひ)であり、陽=霊(ひ)であり、霊(ひ)=火でもあるわけです。

    そうしたなかにあって、古事記におもしろい記述があります。
    イザナミは、火之迦具土神(火のかぐつちの神)を生むことで、大事な美蕃登(みほと)に火傷を負って病に伏し、お亡くなりになってしまったというお話です。

    ここでいう火之迦具土(ひのかぐつち)の迦具土は、単なる当て字であると古事記は注釈しているのですが、そうは言いながら、用いている「迦」という字が、実に興味深いのです。
    というのは、この「迦」という字は、梵字の「カ」を訳したものとして造られた漢字だからです。

    梵字の「カ」は、サンスクリット語の「クシティ・ガルバ」のことで、
     クシティが大地
     ガルバが子宮
    を意味します。
    つまり「大地の子宮」であり、大地の母ともいえるものです。

    このことを仏教用語で「地蔵」といいます。
    よく道端にあるお地蔵さんのことですが、
    「大地の子宮」=「大地のお蔵」というわけです。
    つまりお地蔵さんは、慈愛の象徴であるわけです。


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 戦わざれば亡国、戦うもまた亡国 永野修身元帥


    東京裁判において永野元帥はA級戦犯とされました。
    その永野元帥は、開戦に反対でした。ですから彼が東京裁判において「自分は当初から反対だった」と証言すれば、それは彼の裁判を、有利なものにする証言となったかもしれません。
    けれど彼は裁判を通じて、そうした「自らにとって有利になる弁明」を一切しませんでした。そればかりか「真珠湾攻撃の責任の一切は自らにある」と明言しました。戦死した山本長官らに真珠湾の責任を押しつけるような発言さえも一切しませんでした。
    その姿に、米国海軍大将のジェームズ・リチャードソンも、
    「マーシャル永野こそ真の武人である」と、惜しみない称賛を惜しみませんでした。

    20181122 永野修身
    画像出所=https://the-liberty.com/article.php?item_id=14764
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    この記事も、2011年以来、毎年この時期に掲載しているものです。
    この記事がもとになって、実は以前、ある女性とお会いしました。
    その女性は、戦後、高名な父のために、学校では教師から、職場でも上司からさんざんなイジメにあわれたそうです。
    だから「父を恨みました」とおっしゃいました。

    けれど職場を定年退職された後、海自の皆様からたくさんの励ましをいただき、そしてある日、ねずブロのこの記事にであわれたのだそうです。
    そして父がどのような思いで開戦の決断に至ったかを知ったとき、滂沱の涙が止まらなかったそうです。

    特に近現代史においては、このブログからそれぞれの直接のご子孫の方から、お手紙やメールをいただいたり、あるいは直接お会いすることになったりすることがあります。
    ブロガー冥利に尽きる瞬間です。
     
     *

    戦時中の元帥(げんすい)で海軍大将、第二十四代聯合艦隊(れんごうかんたい)長官、第三十八代海軍大臣、第十六代海軍軍令部(ぐんれいぶ)総長という「海軍の三長官全てを経験」した唯一の軍人が永野修身元帥です。

    よく「軍人は戦争好き」などという人がいますが、とんでもないことです。
    あたりまえのことですが、そのような好戦的な人物には、たとえ軍人とはいえ、人は誰もついていきません。
    そのような人物は、軍隊にあってもそもそも出世できません。

    なぜなら軍人は、戦いが始まれば、真っ先に死ぬ可能性が高い人たちだからです。
    その軍人たちには、妻もあれば子もいるのです。
    そして目の前で部下や戦友に死なれた悲しみを生涯背負うのです。
    諸外国のことは知りませんが、日本では古来、武人や軍人ほど戦いの厳しさを知っています。
    そして武士ほど、戦いの回避を願わない人はいなかったのです。


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 蹂躙されることのない国を築く


    ルール(rule)は、ラテン語の「rēgula」という単語が語源で「真っ直ぐな物差し」を意味する語で、語感としては「支配」の意味があります。
    日本に住む人なら、国籍の如何を問わず、日本のルールによって支配されなければなりません。
    なぜならそれが、日本に住む誰もが豊かさを享受し、安全と安心を手に入れて生活するために必要なことだからです。
    そして私達は、二度と日本だからといって、女子供が蹂躙されることのない国を築かなければなりません。

    芙蓉(ふよう)の花
    20200811 芙蓉の花
    画像出所=https://horti.jp/5110
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    ある本からの引用です。
    まずはお読みください。
    記述は昭和20年8月15日の出来事からです。
    (一部、名詞をブログ用に変えています。)

    ===========

    日本が負けたとはどういうことだろう。
    一人になっても戦うはずではなかったのか。
    そのために私達はあんなにも一生懸命薙刀(なぎなた)の練習をしたはずだ。
    負けたら玉砕のはずだ。
    負けて日本があるなんておかしい。
    12歳の少女の頭は大混乱してきた。
    私は妹を残して一人また外へと出ていった。

    「軍人の父はどうなるのだろう」
    「幼年学校の兄はどうなるのだろう」
    「この先、私達はどうなるのだろう」

    そんなことを考えながら歩いていた校庭の花壇に咲いていた芙蓉の花。
    午後の強い日差しを浴びながら、それは静かに咲いていた。
    花びらを淡いピンクに染めて、まるで夢のように優しくて美しかった。
    そして、このときの不気味なまでの鎮まり。
    8月15日の午後は、私の上で驚くほど静かに流れていった。

    しばらくして学校へ戻ってみると、責任者という感じの軍服姿の男性が全員になにやら小さな包みを渡し始めていた。

    「これはいったい何?」
    「青酸カリ」


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 今日は生麦事件があった日〜生麦事件と薩英戦争から学ぶこと


    生麦事件から薩英戦争への道筋に於いて、薩摩は断固として戦うという道を通しました。
    結果、軽々に賠償に応じた幕府は倒れました。
    及ばずながらも力一杯戦った薩摩は生残って維新の立役者となりました。
    いざというときに、戦う覚悟と実行を示すことは、わたしたちがこの世界を生きて行く上で、とても重要なことといえるのではないでしょうか。

    20190817 生麦事件
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E9%BA%A6%E4%BA%8B%E4%BB%B6
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    8月21日といえば「生麦事件(なまむぎじけん)」が起きた日です。
    (新暦ですと9月14日になります。)
    文久2年(1862)の出来事です。

    この事件は、江戸から京都に向かう薩摩藩の行列に、前方を横浜在住の英国人4人が乗馬のまま乗り入り、薩摩藩士がこれを静止したけれど、4人の英国人は馬上のままどんどん行列の中に侵入。
    やむなく警護役の薩摩藩士がこの4人を無礼討ちにし、1人が死亡、2人を負傷させたという事件です。

    この時代、王族や貴族のこうした隊列を荒らす行為は、一種のテロ行為に等しく、犯人はその場で全員現行犯で殺害されても仕方がないというのが世界の常識です。
    ですから薩摩藩の行為には国際社会において完全に正当性があり、本来ならこれを咎めることは誰にもできません。
    もっとわかりやすく言うならば、英国やフランスの貴族の行列に、もし日本人が乗馬したまま乗り入れれば、その場で射殺されるし、そのことによる苦情はどこからも決して来ることはありません。
    なぜならそれが当時の世界の常識であったからです。

    けれどもその逆は通用しない。
    力こそが正義の時代です。
    欧米列強には力があり、有色人種には彼らに匹敵する力がない。
    力がなければ、人とさえもみなされない。
    それが当時の世界の現実でした。

    ですから当時の英国人の感覚からすれば、
    「動物園で猿の行列を、おもしろいから車で横切ってみた。」
    それだけのことです。

    怒った猿が、横切った人を殺せば、襲った猿の側が「処分」されます。
    その意味では、現代も力の世界であることに、実はなんら違いがないといえるかもしれません。

    生麦事件後、英国は幕府に謝罪と賠償金10万ポンドの要求、薩摩藩に対しても犯人の処罰と賠償金2万5千ポンドを要求しています。
    「幕府は屈服して賠償金を支払い、
     薩摩は屈服を拒否したために薩英戦争が起き、結果敗北した」
    というのが戦後的歴史認識です。

    鹿児島の薩英戦争記念館でも、まさにそのような歴史認識での展示が行われています。
    それが汚鮮され政治的に変形された我が国の歴史学会の定説であり、司馬遼太郎の空想歴史小説に描かれたストーリーだからです。

    歴史とは、あくまで過去に起きた出来事を、時系列に沿って系統立てて再現可能性がマックスになるようにストーリー化する学問です。
    政治は都合が優先しますが、歴史は事実が優先します。
    出来上がったストーリーに、再現可能性があるかないか。
    それこそが歴史が科学であるのか、政治であるのかの違いです。

    薩英戦争で英国が勝ったというなら、なぜ英国は薩摩への上陸さえできず、横浜に撤退したのでしょうか。
    撤退したというのならば、それは勝利をあきらめた=敗退したということではないでしょうか。


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/8/15(土)靖国神社昇殿参拝
     https://www.facebook.com/events/2667848776866935/
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 8月20日真岡郵便電信局事件


    毎年この時期には、本当なら真岡郵便局事件の映画をメディアで再放送し続けるべきだと思っています。
    犠牲になられた方々がおいでになったこと。
    そうした事実があったことを忘れないこと。
    共産主義の恐ろしさを知ること。
    そして二度とこのような悲惨な目に遭わないように、軍事力だけでなく外交力も合わせて、しっかりと国の護りを固めること。
    世界は、力こそが正義であり、その力には非道な暴力も含まれていることを忘れないためにです。

    20170819 セイシェル
    画像出所=http://honeymoon-collection.jp/area/indian_ocean/seychelles.php
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    事件が起きた真岡町は、かつて樺太にあった町です。
    樺太は魚のようなカタチをしていますが、その南半分は日本の領土です。
    「いまなお日本の領土」であって、「ロシアの不法占領」が続いているところです。
    北方領土を、国境の外側にある「外国」と思っていると、歴史を読み間違えます。
    そこはいまも昔も日本だからです。
    真岡町は、樺太の南側、つまり魚の尾ヒレのようになっているところの、付け根のあたりにあります。

    8月9日、いまはもう無くなった国であるソ連は、いきなり日ソ中立条約を破って満州、樺太、千島列島に攻め込みました。
    ソ連が動員した兵力は、戦車5千輌、兵力157万人という、気の遠くなるような戦力です。

    ちなみに日本は、真珠湾攻撃が対米宣戦布告の30分前に行われたことで「だまし討ちだ」米国に言われ、そのことを多くの日本人はいまだに申し訳なく思っているようです。
    しかし戦争は、宣戦布告などまったくなしに、突然開始されるものの方が、はるかに多いのです。
    アメリカにしても、建国以来200回にのぼる戦争を行っていますが、そのなかできちんと宣戦布告をして開戦したのは、たったの4回しかありません。
    むしろ世界では、宣戦布告がある方が、異例です。
    毎回キチンと宣戦布告をしながら戦いを行ってきたのは、近現代史の中では日本くらいなものです。

    ですからソ連が攻めてきたとき、はじめのうちは日本側は、攻めてきた相手が、どこの国かさえわかりませんでした。
    このため避難勧告も遅れ、樺太に「緊急疎開」の指示が出されたのは、ソ連侵攻から4日目、8月13日になってからです。

    そして二日後の8月15日の正午には玉音放送が流れています。
    日本は世界に向けて戦闘行動の終了を宣言しました。
    ところがソ連は、おかまいなしに侵攻してきました。


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/8/15(土)靖国神社昇殿参拝
     https://www.facebook.com/events/2667848776866935/
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 小園安名(こそのやすな)司令


    「頑固一徹」という言葉は、現代日本では最早死語であるかのようです。
    しかしかつての日本にはそういう人がたくさんいたし、その中でも司令となるような人は、まさに信念の人であったわけです。もちろん、そうでなければ人はついていきません。
    アメリカでも、ただ人のいいなりになったり、ペコペコと頭を下げるだけの男は、「腰抜け・チキン」と呼ばれて、嘘つきや、卑怯卑劣よりも軽蔑されます。
    みなさんは、以下のお話をどのようにお感じになるでしょうか。

    20170816 小園安名司令
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%9C%92%E5%AE%89%E5%90%8D
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    小園安名(こそのやすな)氏は、元大日本帝国海軍航空隊の大佐で、本土防衛にあたって帝都上空を守る日本海軍史上最強最精鋭の航空部隊であった海軍厚木三〇二航空隊の司令です。
    昭和20(1945)年8月15日の正午に玉音放送が流された後、小園安名司令は総員集合を命じました。
    このときの小園司令の訓示です。

    「降伏の勅命は、真の勅命ではない。
     ついに軍統帥部は敵の軍門に降った。
     日本政府はポツダム宣言を受諾した。
     ゆらい皇軍には必勝の信念があって、
     降伏の文字はない。
     よって敵司令官のもとに屈した降伏軍は、
     皇軍とみなすことはできない。
     日本の軍隊は解体したものと認める。
     ここにわれわれは部隊の独立を宣言し、
     徹底抗戦の火蓋を切る。
     今後は各自の自由な意志によって、
     国土を防衛する
     新たな国民的自衛戦争に移ったわけである。
     ゆえに諸君が小園と行動を共にするもしないも
     諸君の自由である。
     小園と共にあくまで戦わんとする者はとどまれ。
     しからざる者は自由に隊を離れて帰郷せよ。
     私は必勝を信じて最後まで戦う。」


    そして小園司令は、全員に向かって、
    「帰郷せんとする者、離れてよしっ!」
    と声をかけました。


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/8/15(土)靖国神社昇殿参拝
     https://www.facebook.com/events/2667848776866935/
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 愛しい人よ  時を超えてめぐり逢いたい


    コロナウイルスで、なかなか外出もままならない昨今、CDのアルバムや本で、心の浄化を是非。
    皆様には、拡散していただけるとうれしく思います。

    20200818 涼恵さん
    画像出所=https://iseshima.keizai.biz/headline/3432/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    なにやら衝撃的なタイトルになってしまいましたが、今回は、CD(アルバム)と、本のご紹介です。
    ご紹介する歌い手と著者は、故・新渡戸稲造博士の従姪(じゅうてつ)にあたる新渡戸涼恵さんです。
    涼恵さんは、ブラジルの生まれで、現在、小野八幡神社の現職の女性権禰宜(ごんねぎ)を勤められている方です。

    幼い頃から神社で育った彼女は、自然の語らいに耳を澄まし、言霊を唄う歌手であり、曲は洋楽器に琴、龍笛、神楽鈴を取り入れた独自の作詞作曲で、国内のみならず国外でも広く活動されています。

    平成18年の世界宗教平和会議(WRCP)の第8回世界大会では、小泉首相(当時)の前でオープニングソングを歌い、また平成19年にはニューヨークのカーネギーホール(NYC) でリサイタルを行って、まさに日本の神道の心で、スタンディングオベーションを受けています。
    また、母性に焦点をあてた独自の解釈で解説する「古事記」の講演会も開催されています。
    以前、倭塾にも来て歌っていただきました。

    今回発表されたニューアルバムの「楽園」では、編曲をインターネットで無料配信中のドラマ「JIN-仁-(2009~2011)」の音楽も手掛けた伊勢生まれの音楽家の長岡成貢が手掛けています。
    アルバムに収録されている『北斗七星』には、次の歌詞があります。

     愛しい人よ
     時を超えて
     めぐり逢いたい
     繋がりを
     育てて守ろう
     道は拓く
     辿り着ける
     約束の地へ
     未来を信じている

     遥か彼方
     光り示す北斗七星
     この闇を照らして
     未来へ
     希望抱いて
     絆 結ぶ
     生きとし生ける
     命を讃えている


    他にも、同曲の中に、

     まるで何もなくて
     すべてがあるかのように
     たったひとつだけの
     羽ばたきが風になる


    という歌詞があります。
    また、次の歌詞も素敵です。

     おいで この手繋いで
     見えないものも 見えるものも
     原子 分子 素粒子
     細かい 波動が伝える
     同じ ふるさと
     世界はあなたに歌っているの
     おいで この手繋いで
     見知らぬあなたは
     いつかの私
     私の今は
     未来の誰か
     織り重なるもの
     もう一人じゃない
     この声は ただの通り道
     世界はあなたに歌っているの


    コロナウィルスが蔓延する中でのリリースです。
    言霊の中に、大切な神々からのメッセージがあると思います。

    涼恵さんは、「なぜ神職が唄うのですか?」という問いに、
    「神職としても歌手としても、
     この世の中を祓い清めること。
     人々の心の不安や淀みを鎮めること。
     自分にとってこの活動は二足の草鞋ではなく、
     ひとつのことです」

    と述べられています。

    そして、
    「いまの日本に、自国を知り、優しさと誇りを取り戻せるように」
    「右でも左でもなく真っ直ぐに、
     ご先祖様、神様からいただいた命は
     地球の一部なんだってことを後世に伝えていきたい」

    と述べられます。

    日本古来の神道の心は、これからの世界において、最も重要なものであると思っています。
    その意味で、そうした神道のこころを、芸術として表現することは、世界に向けて、たいへん意味のあることであると思います。

    このアルバムは、Appleミュージックを契約されている方は、無料(基本料金の内)でダウンロードできます。

    楽園(通常盤)


    また本も出ています。
    こちらは神社新報に連載された記事をまとめたもので、以下の内容になっています。

    1 音は気配
    2 無意識にある所属感
    3 物に宿る魂
    4 敬う心
    5 神様との結びつき
    6 複雑さを楽しむ
    7 心を耕す
    8 曇りなき鏡のように
    9 日常の豊かさ
    10 かをりの記憶
    11 答え合わせの日々


    言霊の響き (神社新報ブックス)


    コロナウイルスで、なかなか外出もままならない昨今、CDのアルバムや本で、心の浄化を是非。
    皆様には、拡散していただけるとうれしく思います。



    また近く、「無観客ライブ」があります。
    ツイキャスからの配信です。
    これは当日に聴けなくても、チケットを購入してあれば2週間以内であれば見放題なのだそうです。
    私も申込みました。

    「涼恵 無観客Live配信〜闇に唄ふ〜」
    https://www.facebook.com/events/296894124876955/?ti=icl&__mref=mb
    時間 : 8月29日(土) 18:00〜
    料金 : ¥3.000
    < 出演 >
    唄 : 涼恵
    ピアノ : 友成好宏
    龍笛 : 木原良二

    スピリチュアル系の人たちの話では、コロナ後の時代は、人は昇華する人と、崩落していく人に二極分化していくといわれています。
    それが本当かどうかは、わかりませんが、ただいえることは、これまでの社会が地縁血縁職縁等のいずれの場合であっても、自分とはまったく趣味嗜好や思考方程式の異なる人たちとの縁が必ずあったのに対し、ネットを中心としたつながりにおいては、趣味嗜好や思考特性の合った人たちとのご縁が、より広く増加していくであろうということです。

    早い話、争いごとが好きな人であれば、そういう人たちとのご縁が広がっていくし、正しく生きることを選択したい人には、やはり同じように正しく行きたいと願う人たちとのご縁が広がる。
    つまり、自分の生命の立ち位置によって、縁する方向も人たちも、全然違ったものになっていくということです。
    「定性進化」という言葉がありますが、いちどひとつの方向に進化が始まると、サーベルタイガーのように、絶滅するまでその方向を極め続けることになるわけです。

    そうであれば、新しい社会を築くためには、まずは自分の生命を常に浄化しておくこと、これは神道でいえば「祓い」に相当します。
    さらに明るいこと、陽気なことが大事とは、日本書紀に書かれた「清陽(すみてあきらか)」です。
    より清く、ほがらかに。
    折を見て、常に自分をそのような方向にもっていくように心がけていくことが、大切なことだと思っています。

    そうした意味で、涼恵さんのCD、新書、コンサートを御案内させていただきました。

    お読みいただき、ありがとうございました。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行でした。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
    メールでお申し出ください。

    nezu3344@gmail.com

              
      

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク