• 親が子を殺す時代、人のために自分が死ぬ時代


    「日本に誇りを持っていますか」と聞くと、
    学校の先生ですら
    「持ってどうするんですか?」と真顔で聞き返す。

    よく「日本は平和ボケ」などと言われますが、
    毎日のように親と子が殺し合う、
    この日本のどこが平和ですか?

    20180815 戦艦大和
    画像出所=http://jap-empire1947.blog.jp/archives/1016764661.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

     *

    9月10日、福井で女子高生の孫を祖父(86)が刺殺するという痛ましい事件が起こりました。
    同居していたとのこととですが、孫娘というのは、祖父からすれば、それこそ目に入れても痛くないほど可愛いものです。
    それを手に掛けるなど、まったく考えもつかないことです。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a820803b1884d7340762014166a6662d2cee90d2

    もともと我が国では、人のために自らの命を犠牲にすることはあっても、人の命を、それも自分の愛する者を手に掛けるなどということは、ありえない社会を築いてきました。
    それが戦後、やたらにこの手の親が子を殺すとか、孫を殺すとか、ありえない事件が続くようになりました。
    これは本当に悲しいことであるというだけでなく、そのようなことが現実に起きる社会というのは、その社会に大きな歪みがある、ということです。
    そしてその歪みとは、愛すること、そして人としての誇りを教えようとしない戦後教育にすべての原因があると思います。

    誇りというのは、アイデンティティのことです。
    アイデンティティとは、邦訳すれば、国民精神のことです。
    国民精神がしっかりと教育されると、人はより高い人生を生きた先人に学び、自らをそうした偉大な存在に近づけようとするようになります。
    また、人間ですから悪意を持つこともありますけれど、そのときにブレーキになるのもまた国民精神であり、厳しく、そして優しく生きた先人の精神です。

    以下の記事は、2012年の初掲載以降、毎年この時期に掲載させていただいている記事です。
    国民精神とはいかなるものか、故・八杉さんのお言葉から、何かを感じ取っていたけたら幸いに思います。
    本文とともに、最後に八杉さんの本件に関する動画をご紹介しますので、是非、そちらもご覧ください。

    =====
    【沈みゆく戦艦大和、1​7歳のあの日】
    http://1minute.raindrop.jp/?p=8807

    八杉康夫さん(戦艦大和語り部)
    致知2006年7月号特集「人学ばざれば道を知らず」より

    ****
    大和の後部が白煙を上げているのが私にも分かりました。
    なおも攻撃が続けられ、魚雷が的中した時は震度5にも感じられるほど激しく揺れました。
    次第に船は傾いていきます。

    砲術学校では、戦艦は15度傾いたら限界と習ってきましたが、25度、30度とどんどん傾いていきます。

    それでも、戦闘中は命令がない限り持ち場を離れることはできません。
    その時
    「総員、最上甲板へ」
    との命令が出ました。
    軍には「逃げる」という言葉はありませんが、これが事実上「逃げろ」という意味です。

    すでに大和は50度ほど傾いていましたが、この時初めて、「大和は沈没するのか」と思いました。
    それまでは本当に「不沈戦艦」だと思っていたのです。

    もう海に飛び込むしかない。

    そう思った時、衝撃的な光景を目の当たりにしました。



    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/8/15(土)靖国神社昇殿参拝
     https://www.facebook.com/events/2667848776866935/
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク