• 秋の七草と貧窮問答歌


    「トントントンガラリっと隣組」という発想は、何も隣近所のことだけでなく、大名同士、国司同士で、国を越え地域を越えて助け合いを行なっていこうという、我が国の国柄を示すものです。それこそ、災害列島で生き抜く生活の知恵であり、古くからの日本の知恵であったわけです。
    従って、国司は税を取りたてますが、税を払う側からしてみれば、これは災害保険のような意味を持ちます。災害や、これによる凶作などのとき、自分たちが払った何倍ものお米を支給してもらえるからです。その意味では、昔の国司というのは、災害対策保険事務所の所長さんみたいなものとさえ、いうことができるのです。

    20200830 秋の七草
    画像出所=https://ochirato.com/1164.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    七草(ななくさ)といえば、「春の七草」、「秋の七草」があります。
    「春の七草」は、雑煮に入れて食し、無病息災を祝います。
    「秋の七草」は、眺めて楽しみます。

    「秋の七草」には、万葉集に次の歌がありあります。

    【原文】
     [題詞] 山上<臣>憶良詠秋野花<歌>(山上憶良 万葉集 巻八)
     [其一] 秋野尓 咲有花乎 指折 可伎数者 七種花  [1537]
     [其二] 芽之花 乎花葛花 瞿麦之花 姫部志 又藤袴 朝皃之花 [1538]


    【訓読み】
     [其一] 秋の野に咲きある花を指折りて
         かき数へれば七種(ななくさ)の花
     [其二] 萩の花 尾花葛花 なでしこの花
         をみなへし また藤袴 朝顔の花


    【かな】
     [其一] あきののに さきあるはなを ゆびおりて
         かきかぞへれば ななくさのはな
     [其二] はぎのはな をばなくずはな なでしこのはな
         をみなへし またふぢはかま あさがほのはな



    現代語に直訳すると
    [其一] 秋の野に咲いている花を指折り数えると
        七種の花がありますな
    [其二] その七種とは萩の花、尾花(をばな)葛花(くずはな) なでしこの花 おみなえし、ふじばかま、あさがおの花です。

    といった感じになります。

    これが「秋の七草」で、特徴としては、山上憶良は花を、ただ植物ととらえているのではなく、人とともにある「生きた友」としてそれぞれの花を鑑賞していることです。

    花は「めでる」といいます。
    漢字で書いたら「愛でる」で、意味は「目で愛(め)でる」、つまり眺めて楽しみ、かつ「愛」は「おもひ、いとし」ですから、いとしく思う。
    花へのそんなやさしい気持ちや言葉遣いをしてきたのも、古くからの日本人の感性(かんせい)です。

    さらに山上憶良は、それらの花を「野に咲く花」と詠んでいます。
    つまり、自然の中で力強く咲き、生きている花と解しています。
    そこにある思いは、秋の花を通じて、いろいろな花がある、いろいろな人がいる。
    そのひとつひとつが美しいと感じる心です。



    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク