• 日本の将来人口の予測と国家百年の大計


    国家百年の計と言いますが、本来国政というものは、桜を見る会が云々とか、もりそばがいいか、かけうどんにするかなどの議論はどうでもいいことで、100年、200年の将来を見越して、より住みよい国造りのために手を打っていくためのものです。
    「100年も先のことなど、俺はもう死んでいないから」などと言って、目先の欲得だけに終始するのは、子たちの未来を奪う、きわめて卑劣な振る舞いであることを、いまあらためて国民の常識とすべきではないかと思います。

    日本の人口予想(国土技術研究センター)
    20200920 日本の人口予想
    画像出所=http://www.jice.or.jp/knowledge/japan/commentary05
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    これから急成長が予想される業種に、解体業、および建設廃材の処理業があります。
    これまでは、都市部に次々とビルを建てることが世の中の中心でした。
    だから都市部はビルだらけになっているのですけれど、これからは地方分散と少子化の時代です。
    すると都市部の人口が減少をはじめる。
    さらに昨今はこのことにコロナが拍車をかけています。

    これがどのくらいのことかといえば、たとえば現在の東京の人口は東京23区だけでおよそ1000万人です。
    これが昼間人口になると(諸説ありますが)およそ1600万人になります。
    日本全国の人口の13%が23区内だけにいるわけです。ものすごいことです。

    ところがその東京は、ほんの100年前には人口が250万人でした。
    これは江戸時代からずっと同じだったのですが、逆に言えば東京はわずか100年で人口が6.4倍にもなったわけです。

    日本全体で見ますと、関ケ原の戦いの頃は、日本の人口はおよそ1200万人です。
    それが江戸時代の初期に大規模な新田開発が相次ぐことで食糧生産高が増加し、この結果江戸時代初期には人口がおよそ3000万人に増加しました。
    明治初期まで、この状態が続くのですが、明治から大正期にかけて、日本の国土が広がるとともに(大陸等への農業進出)人口が増加し、昭和の戦争前頃には人口8000万人。

    ところが日本がたまたま第一次世界大戦の直後のパリ講和会議で「人種の平等」などを言い出したために、欧米諸国から敵視されるようになり、ついに欧米諸国から「日本は大陸等の権益をすべて放棄して日本本土だけに戻れ」とまで言われてしまうようになります。

    けれどもそうなると、日本国内だけなら3000万人分の食料しか生産できないわけですから、当然、8000万人のうちの5000万人が飢えて死んでしまうことになる。
    それでは困るということで、乾坤一擲の大勝負に出たのが先の大戦でしたが、結果は敗戦となってしまいました。
    この結果、日本本土は、猛烈な食糧不足に陥ることになります。

    この状況を救ってくださったのが昭和天皇で、昭和天皇は自らの命をマッカーサーに差し出すことで、とにもかくにも国民が飢えないように食料供給を依願されました。
    マッカーサーは、この昭和天皇の行動に感動し、米国その他協力国から日本に大量の小麦や脱脂粉乳等を輸入してくれ、おかげで日本人は飢えから脱して、栄養状態を回復さることができるようになりました。

    GHQをやたらに敵視する向きもありますが(もちろん筆者もそういうことを書くことがありますが)、ものごとにはすべて功罪の両面があるわけで、もしGHQによる食料供給がなければ、日本人は、昭和20年代に5000万の人口を失った可能性が大といえます。
    先の大戦では、軍人の死者がおよそ250万人、民間人の死者がおよそ300万人、合わせて550万人の日本人の死者が出ました。

    それはとても残酷なことですし、悲しいことですが、仮にもし、日本占領時の日本への食料供給がなければ、我々日本人は、そこからさらに5000万人の命を、飢えによって、そして餓死は疫病を引き起こしますから、飢えと疫病によって失っていた可能性があるのです。

    戦争の終わった昭和20年代のみならず、昭和30年代においても、小学校の給食で、不味いコッペパンを食べ、粉っぽい脱脂粉乳を飲んだ記憶のある方は多いかと思いますが、子供が不味い不味いと言っていたあの給食がなければ、子らが生存できた可能性は極めて低かったといえるのです。

    米国も中共も等しく覇権主義だと言う方がいますが、なるほど米国にそういうところがあることは否定はしませんが、中共ならば絶対に行わない、敗戦国、占領国への食料供給と、これによる人口の保持といった行動は、間違いなく米国が神を信じ、人道を重んじるという国であることの明らかな証明であって、それをいたずらに、非道の国である中共と同一視するのは、いかがなものかと思います。


    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク