• 日本人の博愛・・・ロベルトソン号事件を題材に


    ▼11月15日ねずさんの出版記念会開催(於・靖国神社)
      お申込は→https://ssl.formman.com/form/pc/sA2GTYjfCudWZMJ4/


    「博愛(はくあい)」は、訓読みすると「ひろくあまねく、いとしくおもふ」です。
    「博」という字の訓読みは「ひろし・あまねく」です。
    たとえ自分が酷い目に遭わされたからといって、だから人を傷つけて良いことにはならない。
    どこまでも愛。
    それが日本人なのだと思います。

    ロベルトソン号の記念碑(宮古島)
    20181018 ロベルトソン号記念碑


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    戦前の尋常小学校の4年生の修身の教科書から、「ロベルトソン号事件」をご紹介したいと思います。

    ******
    尋常小學修身書 巻四
    第二十 博愛(はくあい)

    明治六年、はるばる支那へやってきたドイツの商船ロベルトソン号は、ある日、海上で大あらしにあいました。
    船は帆柱を吹き折られ、ボートを押し流され、荒れ狂う大波に三日三晩ゆられて、九州の南の宮古島の沖に吹き流されて来ました。
    しかし運悪く、暗礁に乗り上げてしまいました。船員たちは、波にさらわれまいと、こわれた船に一生懸命に取り付いて、助けを求めました。

    ロベルトソン号の難船を見つけた宮古島の見張りの者は、さっそく役人に知らせて、人々を呼び集めました。
    役人は、よりぬきの漕ぎ手や医者を連れて駆けつけ、村々の人たちと一緒に助け舟を出しました。
    しかしさかまく荒波を乗り越えて進むことは、どうしてもできません。
    そのうえ、やがて日はとっぷりと暮れました。
    人々は、仕方なく引き返しましたが、陸(おか)にかがり火をたいて、難船をした沖の人たちをはげましながら、夜を明かしました。

    あくる日は、風もおとろえ、波もいくらか静かになりました。
    島の人々は、
    「今日こそは」
    と勇み立ち、飲水や、かゆなどを用意して、大波の中へ乗り出しました。
    あぶない岩の間をくぐり、大波にゆり上げられゆり下げられながら、力の限り漕いで、やっとロベルトソン号にたどり着きました。
    そうして、身の危険も忘れて、疲れ切っている船員たちを、残らず助けて帰ってきました。
    危ない命を助けられた船員たちの喜びは、どんなであったでしょう。

    島の人々は、薬を飲ませたり、怪我の手当をしたりして、船員たちを介抱しました。
    しかし言葉が通じないため、どこの人だかわかりません。
    そこでいろいろの国の国旗を取り出して見せて、はじめてドイツの人であることがわかりました。

    その後一ヶ月あまりの間、親切に世話をしているうちに、みんな元気になりました。
    そこで船を貸して本国へ帰らせました。
    出発の日には、島の人々は、海岸に出て、鐘や太鼓をたたいて見送りました。
    役人たちは船に乗って水先を案内しながら、はるか沖合まで送って行きました。

    船員たちは、月日を重ねて無事に本国に帰り着きました。
    そうして、嬉しさのあまり、会う人ごとに、親切な日本人のことを話しました。
    そのことが、いつかドイツ皇帝に聞こえました。皇帝は島の人々の親切をたいそう喜んで、軍艦を送って宮古島に記念碑を建てさせられました。
    その記念碑は、いまもなお残って、ながくこの博愛の美談を伝えています。


    *******




    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 「柳川一件」という武家社会のたいせつな教訓


    ▼11月15日ねずさんの出版記念会開催(於・靖国神社)
      お申込は→https://ssl.formman.com/form/pc/sA2GTYjfCudWZMJ4/


    江戸の武家社会では、この事件を「柳川一件(やながわいっけん)」といって、学問が空理空論に走ることを戒めた事件として、大切な教訓とされました。
    いくら勉強ができてても、「民を靖んじる」という「施政の本義」を失っては、国民の生活を守ることはできないからです。

    20201030 天使と悪魔
    画像出所=http://oide43.com/and-devil-pretty/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    江戸時代の初め頃のことです。
    半島と国境を接する対馬藩は、島の田畑に限りがあるため、基本的に海洋からの漁労収入と、日本本土および朝鮮との交易が藩の財政と民政の柱になっていました。
    いまも対馬は韓国からの旅行者にたいへんな苦労をしていますが、昔はそれに武力行使が伴った分、より一層の気遣いがあったわけです。

    その対馬藩に李氏朝鮮が、
    「新しくできた徳川幕府に、
     秀吉の朝鮮征伐のときの捕虜を返還させよ」と言ってきたことがあります。

    対馬藩は李朝の主張を、江戸の幕府に伝えました。
    なぜならもし李朝が対馬に攻め込んできたら、刀伊の入寇や元寇の再来となるからです。
    島民は皆殺しにされ、女達は強姦され、裸にして軍船に吊るされ、食べ物にされてしまいます。

    ところが幕府は、この申し出をまったく相手にしませんでした。
    なぜなら幕府は、当時の半島を明国の一部と認識していたのです。
    国と国との交渉なら、明国が日本との交渉を求めるべきであって、李氏朝鮮がでしゃばることではない。

    このことは、たとえば日本政府が米国と交渉するのに、カリフォルニア州と直接交渉することなどありえないのと同じです。
    カリフォルニアの知事が、日本の領土に危害を加えると言ってきたのなら、文句を言う先は合衆国政府であって、カリフォルニア州ではない。
    さりとて合衆国政府が、そのようなカリフォルニア州知事の言うことを聞くはずもない。
    これと同じで、幕府は李朝の主張に対して、相手にしようがない。

    加えて、李朝の要求自体が筋が通りません。





    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 古きを訪ねて新しきを知る


    11月15日ねずさんの出版記念会(於・靖国神社)開催
      お申込は→https://ssl.formman.com/form/pc/sA2GTYjfCudWZMJ4/


    もしかすると日本の古典文化というのは、ある意味現代世界の最先端を行く文化といえるのではないか。古きを訪ねて新しきを知る《温故知新》とは孔子の言葉ですが、日本を取り戻すということは、もしかすると、おもいきって千年、二千年という古代にまでさかのぼったところにある智慧にこそあるのではないか。

    ブルーノ・タウト
    20201021 ブルーノ・タウト
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%88
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    東京・渋谷駅に忠犬ハチ公の銅像があります。
    かつて、このハチ公像を見て、涙を流した外国人がいました。
    名前を、ブルーノ・タウト(Bruno Julius Florian Taut)といいます。

    タウトは、大正13(1924)年から昭和6年(1931年)までの8年間に、日本で12,000軒もの住宅建築に関わり、昭和6年(1930年)には、ベルリン・シャルロッテンブルグ工科大学の教授に就任したヨーロッパを代表する世界的な建築家です。

    ところが彼は、ナチス秘密警察の追跡の手をのがれて、昭和8年に日本に逃避してきていました。
    このとき彼は、渋谷駅前で忠犬ハチ公の逸話を聞き、その素晴らしい話に感嘆しつつも、自身が残した実績と裏腹に、母国で社会的に抹殺された身であることを嘆き、涙を流したというわけです。

    そのタウトの書いた本に『日本美の再発見』という本があります。岩波新書の赤本です。
    桂離宮をはじめ,伊勢神宮,飛騨白川の農家および秋田の民家などの日本建築に「最大の単純の中の最大の芸術」の典型を見いだした、という内容の本です。

    この本を書いたのが、そのタウトです。
    渋谷駅を出たタウトは、その足で京都郊外にある桂離宮を訪れました。

    桂離宮は、江戸初期に後陽成天皇の弟の八条(のち桂)宮、智仁親王が造営した別荘です。
    源氏物語になぞらえた回遊式庭園や、書院、茶屋が、往時の姿のまま残っています。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 個人主義・国家主義・利己主義


    ▼11月15日ねずさんの出版記念会開催(於・靖国神社)
      お申込は→https://ssl.formman.com/form/pc/sA2GTYjfCudWZMJ4/


    我が国の歴史や、我が国のあり方を、歴史の浅い他の国と比肩したり、他の国を理想化したり、むやみに他国の文化ばかりを尊敬したりしても、それは詮無(せんな)きことです。
    むしろ、長い歳月営まれてきた日本的な形を学び、身に付けていくところに、明日への希望があります。
    なぜなら日本こそ、人類が生んだ至宝を実現できた唯一の国であったからです。
    このことはITがいくら進んだとしても、決して代わることがありません。
    なぜならコンピューターはいくら発達しても責任を取ることができないからです。

    20201005 利己主義
    画像出所=https://www.irasutoya.com/2017/06/blog-post_4.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    よく履き違えられていることに、個人主義と国家主義という言葉があります。

    個人主義は、いうまでもなく個人を中心に生きていこうという考え方です。
    国家主義は、国家意思を第一にする考え方です。

    そして実はこの両者は等しいものです。

    どういうことかというと、人間の体と同じです。
    人の体は、およそ36兆個の細胞でできているといわれています。

    そのひとつひとつの細胞の健康と、その個々の細胞の集合体である人体全体の健康は、相等しいものです。
    いくらひとつの細胞が元気でも、人体が死ねば終わりですし、人体が元気であっても細胞が癌化すればやはり寿命は縮みます。
    国家とは、個人の集合体なのですから、どちらが大事というものではなく、どちらもが大切なものなのです。
    至極、当然のことと思います。

    ところが近年の日本や米国では、個人主義を「利己主義」と履き違えている人が増えているといわれています。
    利己主義というのは、自己の利益を重視し、他者の利益を軽視、無視する考え方です。

    個人が利己主義であり、国家の権力者もまた利己主義、そして国家が利己主義であれば、個人も国家も共倒れになります。
    そしてこのとき、多くの罪なき国民が犠牲になることは、近現代の歴史が見事に証明しています。


     最新刊

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 外国や外地の文化を尊重した日本


    日本人にとって、外地は、満蒙から南太平洋の島々、東亜諸国を含めて、それぞれの国が持つ文化は、あくまでも尊重の対象であったということを、是非知っていただきたいと思います。
    このことは、諸外国が領土とした地域を完全支配下に置き、それら諸国の文化等を全否定したことと、まったく真逆の行動です。
    そして日本だけが、そうした真逆な行動をとったことで、いまなお日本が侵略したのだ、植民地支配下に置いたのだという風説がまかり通っているのは、とても残念なことです。

    20201028 オボ
    画像出所=https://c11quadrak.wixsite.com/riben-riben/blank-1/2017/02/06/%E5%86%85%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%81%B8%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F%E8%A9%B1%E2%91%A5
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    戦時中の国民学校(いまの小学校)5年生の国語教科書から、「草原のオボ」をご紹介します。
    モンゴルの大草原のお話です。
    小学校の教科書で扱われる物語は、歴史であったり地理であったりしますが、それらは身近な物語として紹介されます。
    戦時中の国語教科書に、このようにモンゴルの大平原の様子が挿入されたのは、戦前戦中の日本にとって、モンゴルの平原が身近な存在であったことを示します。

    そしてこの物語にあるような教えを受けた日本人にとって、外地は、満蒙から南太平洋の島々、東亜諸国を含めて、それぞれの国が持つ文化は、あくまでも尊重の対象であったということを、是非知っていただきたいと思います。

    このことは、諸外国が領土とした地域を完全支配下に置き、それら諸国の文化等を全否定したことと、まったく真逆の行動です。
    そして日本だけが、そうした真逆な行動をとったことで、いまなお日本が侵略したのだ、植民地支配下に置いたのだという風説がまかり通っているのは、とても残念なことです。

    *******
    草原のオボ
    (文部省・初等科国語五より)

    蒙古の大草原を旅する者は、あちこちにあるオボを目当てに歩いて行く。
    オボというのは、地の神をまつるために、蒙古人が供えた一種の土まんじゅうで、小高い岡に作られたり、泉のそばにもうけられたりする。
    その上に、楊(やなぎ)の枝をたばねて突きさしたのがあり、石ころを積み重ねたのがあり、柱を立てて、それに字を書いた旗を結びつけたのがある。

    文字通り大自然のふところに生まれ、そこで死んで行く蒙古人たちにとっては、天と地が生命の父であり、母である。
    おのずからこれにたよる心がわき、いつとはなしに信仰となって、このようなオボを作り、大地をまつるようになった。

    見渡すかぎり広々として、何一つ目にはいらない草原では、たとえ小さなオボでも、旅をする者には実に大きななぐさめであり、また心強い目じるしである。
    草原を海にたとえれば、オボはまさにその燈台である。
    旅に出かけて行く人が、オボの前を通る時には、
    「どうぞ、無事に旅をすることができますように」と祈り、またその帰りには、
    「おかげで、帰ることができました」と感謝の祈りをささげる。
    そのお礼のしるしとして、石ころ一つ積み重ねたり、楊の枝を立てたりするので、オボは、いつとはなしに少しずつ大きくなって行く。

    夏の初め、草原があざやかなみどりにおおわれるころ、オボの祭がもよおされる。
    この時は、遠いところからたくさんの人が集って来て、たいへんなにぎわいである。
    きのうまで木一本もなかったような草原に、たちまち町ができる。

    儀式は、夜明け前の暗いうちから行われる。
    まず僧の祈りに祭典が始り、火をたいたり、太鼓をたたいたり、ラッパを吹いたりする。
    参拝するものは、子ひつじの料理をあげたり、手製のチーズやバターなどを供えたりする。

    オボのそばには、馬や、牛や、ひつじなどがつながれる。
    これらの家畜は、神にささげるものとして、その年の春に生まれたものの中からえらばれたものである。
    僧は、この家畜の一頭一頭に祈りをささげ、喜びの歌を歌う。

    そのうちに東の地平線が白み、まもなく夜が明けて朝日ののぼるころには、もう儀式は終っている。
    式後、神に供えられていた馬や、牛や、ひつじなどは、それぞれ家畜の群にはなされる。
    一度こうしてオボの祭にえらばれた家畜は、決して売ったり、殺したり、乗用にしたりすることができないことになっている。

    余興として、勇ましい競馬があり、いかにも大陸的な蒙古ずもうが行われたりして、祭の気分は高まって行く。
    楽しいにぎやかな祭がすむと、みんなどこか遠いところへ散らばってしまう。
    それはちょうど、潮がさっと引いて行くようである。
    そうして、またもとのひっそりとした大草原にたちもどり、オボだけが大地にぽつんと残されるのである。

    *******


    お読みいただき、ありがとうございました。
    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行でした。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 三大神勅を学ぶ


    三大神勅とは、
    1 天壌無窮の神勅
    2 宝鏡奉斎の神勅
    3 斎庭稲穂の神勅
    の3つです。
    原文と読みを示します。
    できれば声に出して読んでみていただきたいところです。

    20201018 三大神勅
    画像出所=https://www.pinterest.jp/pin/291537775872818892/?nic_v2=1a668yKoA
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    日本の根幹にある形が「天皇の知らす国」です。
    この概念は、国家最高の存在を政治権力に置くのではなく、国家最高権威に置くという形を明確にしたものといえます。
    なぜそのような形が必要なのかといえば、権力は常に責任と等価の関係にあるべきものだからです。

    この一点を間違えると、「権力=暴力」という世界の歴史の古代社会ようになるし、「権力=身分」という中世や、「権力=お金」という近代のような社会に至ることになります。
    よく正義とか善悪とかいう用語が用いられますが、世の中は何が正しいかではなくて、「権力=お金」の社会なら、儲かるか儲からないかという損得が社会の根幹となります。

    この場合、儲かりさえすれば何をやっても構わないわけですから、民衆を騙し、扇動し、挙句の果てには戦争が行われることになります。
    右だ左だと対立や闘争が仕掛けられるのも、現代社会ならその根幹にあるのは損得勘定が根幹です。
    そして稼げば、巨大な権力を得たり、権力を思いのままに操って、自己の富をさらに増やそうとする。
    それが現代社会の世相の根幹です。

    こうした構図が、情報化の波に乗って、世界中で暴(あば)かれるようになりました。
    では「権力=お金」という構図の世界を、どのように変えたら良いのか。
    これについて、今はまだ百家争鳴の状況にあります。
    けれど世の中は確実に動きつつあります。

    世界が古代という時代を迎えるずっと以前、縄文時代の日本は、縄文時代1万4千年の長きにわたって、人が人を殺すことがない社会を形成してきました。
    ですから世界が「権力=暴力」であった古代においても日本では、暴力は許されないことであったし、むしろその古代において、「権力=責任」という姿が明確化された歴史を持ちます。

    そこで今回は、あらためて日本書紀にある「三大神勅(さんだいしんちょく)を学んでみたいと思います。


     最新刊

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本人の民度と品格


    政治が人を変え、国を変えることができるのは事実です。
    しかしその政治を変えるのは、国民の民度です。
    民度こそが、国を変え、人を良い方向に導く力です。
    その民度を持つことができるだけの力を、日本国民は持っています。
    いまそれが潜在的なものであると思っているのなら、大きな間違いです。
    すでに顕在化しています。

    20201017 家族
    画像出所=https://illust8.com/contents/8958
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    世界の歴史は、東洋史であれ西洋史であれ、支配者が敵対する者を征圧し、また粛清することが繰り返されてきた歴史です。
    征圧は、現在においても、たとえば香港での騒動にチャイナ共産党が武力征圧を行っていることにもあきらかなように、21世紀となった現在も続いています。

    なかには、泥縄式に国を奪うことで成立した国もあります。
    それがチャイナで、たとえば元が滅んで明になった14世紀、明が滅んで清になった17世紀は、いずれも疫病(ペストとされています)の大流行によって人口の大半が失われていました。

    これは、我々日本人には想像を絶するような事態で、14世紀に元が滅んだときは、1億2000万人あった人口が、いきなり2500万人にまで減っています。
    5人に4人が死んだわけで、ついに「こりゃたまらん」と元の皇帝らが、もといた北の平原に逃げ出し、誰もいなくなった大都(元の首都)を占領して打ち立てた国が明です。

    明は、疫病の中心地であった大都(いまの北京)を避けて、南京に首都を置くのですが、それでも15世紀のはじめには、北京に都を移します。
    ところがその北京で、17世紀にやはり疫病(これまたペスト)が大流行し、明国全土を覆ってしまう。
    これによって明は、9500万あった人口が2000万人にまで減少してしまいます。
    こうして誰もいなくなった北京に、北の奉天からやってきた女真族が打ち立てたのが清です。

    要するにこれらの王朝は、武力によって前政権を打倒したことに中国史ではなっていますが、実際には誰もいなくなった首都に入り込んで王位を簒奪(さんだつ)して成立した王朝であるわけです。
    そういう意味では、清を打倒した中華民国も、欧米列強によって疲弊して統治力を失った清にとって変わろうとした政権ですし、いまの中華人民共和国も、英米に見放されて資金力を失った(統治能力は最初からない)国民党を追い剥ぎして成立した国ということもできます。

    本来、疫病が流行しているときは、国をあげてその対策に乗り出す、あるいは君民一丸となって疫病と戦わなければなりません。
    それを、疫病による社会の混乱と人口の激減を奇貨として、強盗団を編成し、私欲を満たした挙げ句、ついには国まで奪うことで新国家が樹立されているわけです。
    あるいは疫病を外国からの侵逼(しんぴつ)難と捉えれば、やはり君民一丸となって対処しなければならないときに、強盗団を編成するなど、もってのほかといえることなのですけれど、そうした強盗団が国の始まりとなっているわけです。

    つまり国の成り立ちが、そもそも強盗団による犯罪行為によるわけですから、国自体が犯罪国家になってしまうし、国のトップが犯罪集団であれば、国民の生活は貧困のどん底にあえぐことになります。
    同様のケースは、お隣の半島の歴史にもみることができます。


     最新刊

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク