• 千年後の歴史教科書


    『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人・第一巻』が出たのはいまから7年前の、2013年11月のことです。7年前にこの本を出したときには、ここで論じた内容について、多くの方から疑問の声が寄せられました。そりゃそうです。いままで語られたきたことと、全然違った世の中にない歴史の見方を提示したのですから、賛否両論あるのは当然です。けれどあれからわずか7年で、ずいぶんとこの本で書いた内容が浸透してきたと感じています。
    だいたい世の中は、主流とされている議論はおおむね5年でメッキが剥がれ始め、20年経つと誰もそれを信じなくなると言われています。異端とされた説も、それが正しければ(あるいは真実を突いていれば)5年もするとだいぶ認知が広がり、20年もするとかなり常識化していきます。
    今回の内容も、おそらくこれから常識化していくものであると思っています。

    20201106 雲海
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B2%E6%B5%B7
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    ▼ 二十世紀における最大の出来事

    仮にいまから千年後の子供たちが、世界史の授業で二十世紀という時代を習うとします。
    そのとき、二十世紀を代表する最も大きな出来事は、いったい何だと教わるでしょうか。
    みなさんは、何だと思われますか?
    世界史──つまり人類史において、二十世紀を代表する最大の出来事とは・・・・?

    私は間違いなく、「植民地支配の終焉」を挙げることになるだろうと思います。
    人が人を差別する時代、しかもそれを国家ぐるみ、民族ぐるみで人種差別し収奪した時代、これがはじまったのは、十六世紀の大航海時代から以降のことです。
    もちろん古代においても奴隷支配という植民地の原型はありましたが、対等に戦い、勝負した結果、支配する者と支配される者に別れ、歴史においてその地位が度々逆転した中世以前の戦勝国による支配と、大航海時代以降の国家ぐるみ、民族ぐるみで人種そのものを差別し搾取した「植民地支配」とでは、その規模も内容もまるで異なっています。

    十六世紀以降、アジアやアフリカの有色人種諸国は白人が入植する植民地となり、現地の人々は収奪され、家畜のように扱われ、そして愚民化政策によってただ隷属するだけの民族に仕立て上げられていきました。
    当時の白人たちにとって、被植民者である現地のカラード(有色人種)は、人間ではありませんでした。
    これは誤解されている方もいらっしゃるのですが、人間として扱わなかっただけでなく、そもそも白人たちは有色人種を人類とは別の種類の生き物──つまり獣であると認識していたのです。

    有名な話ですが、植民地においては、白人の娘さんが部屋で着替えているところに、有色人種の男性(奴隷)が用事で入ってきても、娘さんは平気だったそうです。
    要するに室内に犬や猫が入ってきたのと、まるで同じだったのです。
    もちろん白人女性が着替えているところに、白人男性が入ってきたら、それはもう大騒ぎになります。

    こうした欧米列強による有色人種への植民地支配は、約五百年続いたのです。
    その間、何度かカラード(有色人種)による大規模な反乱なども起こっています。
    インドで1857年に起こったセポイの乱などもその一例です。暴動は白人たちの圧倒的火力の前に鎮圧され、首謀者たちは大砲の前に縛り付けられた状態で、大砲を発射され、五体をバラバラに飛ばされて処刑されました。
    なぜそのような残虐な方法で処刑できたのかといえば、有色人種は人間とみなされなかったからです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 勤労感謝の日と新嘗祭


    新作動画です。


    ただ父さんが働いているから、それに感謝する日なのだという文化なのか。
    それとも、古代から続く日本という国に感謝し、いま生かされていることに感謝し、陛下の祈りに感謝し、そしてより良い明日を願い、新たな出発の日とする文化なのか。
    どちらを好ましいとする国柄を築くかは、これからの日本人次第です。

    20181107 新嘗祭

    画像出所=https://www.sankei.com/life/news/171123/lif1711230028-n1.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    よく「祝祭日」という言葉が使われますが、戦後の法律には「祝日」はあっても「祭日」はありません。
    祭日は戦前戦中まで、明治41年皇室令第1号の「皇室祭祀令」によって定められた日のことで、この名称が簡略化されて「祭日」と一般に呼ばれていたものです。
    戦後はGHQによって「皇室祭祀令」が昭和22年に廃止され、同年付で「国民の祝日に関する法律」が施行されました。
    ですから法的な呼称としては、現代には「祭日」は存在しません。

    たとえばお正月の1月1日の元旦は、戦前の法律なら「四方節」、戦後は単に「元日」とされています。
    同様に戦前までの「新嘗祭(にいなめさい)」は、戦後の法によって「勤労感謝の日」とされているわけです。

    明日の11月23日は、その「勤労感謝の日」ですが、もともと「新嘗祭(にいなめさい)」の日です。
    ところが、どうしてこの日が「勤労感謝の日」と呼ばれるようになったのかというと、その理由が「新嘗祭だから」です。

    新嘗祭というのは、今年の新穀を天皇が新米を神々に捧げて饗応するという皇室催事です。
    歴史的には仁徳天皇が新嘗祭を執り行なったことがはじまりで、すでに1600年以上の伝統があります。
    そんじょそこいらの国の成立よりも、はるかに古い歴史があるのです。

    新嘗祭は、これに先立って10月17日に「神嘗祭(かんなめさい)」が、まず行われます。
    こちらは伊勢神宮で行われるもので、その年に収穫された新穀を天照大御神に捧げます。
    これを受けて、次いで今度は皇居で行われるのが、11月23日の「新嘗祭(にいなめさい)」です。

    「新嘗祭」では、天皇陛下が皇居内にある神嘉殿(しんかでん)という特別な御殿の中に篭もられ、そこに天照大御神をはじめ、天神地祇(てんじんちぎ)のすべての神々をそこにお招きされ、初穂お供えして、神々とともにこれをお召し上がりになられます。
    天神地祇とは、天つ神、国つ神のことです。

    すごいのは、この新嘗祭の慣例です。
    なんと、ご飯が柏(かしわ)の葉の上に盛られ、陛下は古代箸(こだいばし)でそのご飯をお召し上がりになられるのです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • インパールの戦いから我々が学ぶべきこと


    インパールの戦は、大戦末期、日本が英国軍にさんざんに負けた戦いであり、作戦を指揮した牟田口中将はこのため戦後、まさにボロカスに言われ続けました。
    なるほど、勝つか負けるかの軍事という見方では、そのように見えるのであろうと思います。
    また軍事の専門家の方の見方であれば、なぜ破れたのか、作戦のどこにどのような落とし穴があって敗戦に至ったのかは、重要な研究要素です。
    ただ、我々一般の日本人がインパールの戦いから学ぶべきことは、まったく別なところにあるように思うのです。
    それは、戦いに参加し、敗軍となった日本の兵隊さんたちの、あまりにも真面目で、あまりにもせつないものであった、その行動です。

    20201105 トンボの目
    画像出所=https://fumakilla.jp/foryourlife/1020/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    トンボの眼は、個眼というひとつひとつの目が集まってできているのだそうです。
    その眼の数は、トンボの種類によっても異なりますが、少ないトンボで1万個、多いものですと3万個にも達するそうです。

    トンボの眼のことを「複眼」といいます。
    世の中を見る時に、「単眼」で見るのか、それとも「複眼」で見るのか。
    単眼が、二眼になるだけで、物は立体的に見えます。
    「複眼」になったら、世界はいったいどのように見えるのでしょうか。
    これを「複眼的思考」と呼ぶことにします。

    今回も、昨日に引き続き『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人・第一巻』から、インパールの戦いをお送りします。
    インパールの戦は、大戦末期、日本が英国軍にさんざんに負けた戦いであり、作戦を指揮した牟田口中将はこのため戦後、まさにボロカスに言われ続けました。
    なるほど、勝つか負けるかの軍事という見方では、そのように見えるのであろうと思います。
    また軍事の専門家の方の見方であれば、なぜ破れたのか、作戦のどこにどのような落とし穴があって敗戦に至ったのかは、重要な研究要素です。
    ただ、我々一般の日本人がインパールの戦いから学ぶべきことは、まったく別なところにあるように思うのです。
    それは、戦いに参加し、敗軍となった日本の兵隊さんたちの、あまりにも真面目で、あまりにもせつないものであった、その行動です。

    なぜこのようなことを記事にするのかといえば、物事は一面的な見方ではいけないと思うからです。
    複眼的思考によって、物事を違う角度で考えてみる。
    するとそこから、いままで見えていなかった感動が、誇りが、次々とこぼれだすことがあります。
    これが日本の歴史の特徴です。
    諸外国のなかには「歴史認識」という虚構を通じてみなければ、恥ずかしくて生きていくことさえ難しくなってしまうような歴史を持った国や民族もあります。

    けれども日本の歴史はまったく逆です。
    標準化された「歴史認識」ではボロカスに言われていることでも、複眼的思考をもって歴史を振り返ると、そこにはまるで、トレジャーハンターが宝物を見つけたときのような衝撃と感動と日本人としての誇りをみることができます。




    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 蝿は金冠を選ばず


    木村重成が討死(うちじに)したとき、敵将の徳川家康は、「大切な国の宝を失った」と涙をこぼしたと伝えられています。蠅にわからなかった金冠の値打ちも、敵将の家康にはちゃんと伝わった。ちゃんとわかった。
    世の中、そんなものだと思います。
    わかる人にはわかる。わからない人には、永遠にわからない。わからなくても、きっと明日は晴れるし、きっとお天道様がまたのぼってくださる。それを信じて生きるのが、日本人なのだろうなと思います。

    木村長門守重成
    木村重成



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    男の嫉妬と、女の恨みほど恐ろしいものはないと、これは昔から言われることです。
    今日のお話は、そんな嫉妬を見事に跳ね返したという歴史話です。

    木村重成(きむらしげなり)と山添良寛(やまぞえりょうかん)のお話です。
    木村重成は、宮崎県宮崎市のあたりにかつてあった佐土原藩の出身で、豊臣秀頼の重臣だった人です。
    イメージ的には、戦国武将のキムタクといった感じかもしれません。

    色白でもの静か、誰からも好かれる好青年で、たいへんに品格のある武将だったといいます。
    だから大坂城内でも、たいへんに人気がありました。
    ただ豊臣秀頼の時代の若い武将ですから、戦場での実践経験がない。

    人柄が立派で、美男子、だけれども実戦経験がないということで、中には妬(ねた)む者もいました。
    要するに、男の嫉妬です。

    大坂城にいた、山添良寛(やまぞえりょうかん)という茶坊主もそのひとりでした。
    茶坊主といっても、良寛は腕っ節が強く五人力の力自慢です。
    常々から
    「まだ初陣の経験もない
     優男(やさおとこ)の
     木村重成なんぞ、
     ワシの手にかかれば、
     一発でのしてやる」
    と、はばかることなく公言していました。

    ある日、たまたま大坂城内の廊下で木村重成に出会った良寛は、わざと手にしたお茶を木村重成のハカマにひっかけました。
    「気をつけろい!」
    良寛が重成をにらみつけます。
    良寛にしてみれば、それで喧嘩になればしめたもの。
    人気者の木村重成を殴り倒せば、自分にハクがつくとでも考えたのでしょう。
    この手の身勝手な自己顕示欲を持つ者は、いつの時代にもいるものです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • なぜ東南アジアに白人国がないのでしょうか


    信長から秀吉の時代にかけての日本人は、この船に乗って、遠く越国(ベトナム)や、シャム(タイ)、ロッコン(マレーシア)、ルソン(フィリピン)、ジャワ(インドネシア)、天竺(インド)にまででかけ、そこで日本人町を作ったりもしていました。山田長政などが活躍した時代でもあります。
    そしてこの時代、スペイン、ポルトガルやイギリスなどが、南米と同様、東亜諸国への進出と傍若無人を働こうとしたのですが、これに対して倭人たち(日本人)が、敢然と挑み、彼らの不法行為を許しませんでした。
    そのおかげで私達はいまもなお、イエローのままでいるということを忘れてはいけません。日本人だけではありません。東南アジア諸国のほとんど全部がそうです。

    アルゼンチン・ブエノスアイレス
    20201109 ブエノスアイレス
    画像出所=https://commons.wikimedia.org/wiki/File:2011.10.16.123350_Flea_market_Defensa_San_Telmo_Buenos_Aires.jpg
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    以下は、11月2日の「ねずさんの有料メルマガ」に掲載した内容からの引用です。

    ******

    みなさんは、「なぜ東南アジアに白人国がないのか」と考えられたことはおありでしょうか。

    欧米による植民地支配が、東南アジア諸国よりも早い段階で行われたのは南米です。
    かつて南米には、スペイン、ポルトガルがやってきました。
    そしてアルゼンチンやウルグアイは、完全に白人だけの国家になりました。
    そこでは先住民の文明も、種も、痕跡さえなくなっています。
    そこでは先住民族たちが、ほぼ完ぺきに抹殺されました。

    同じ南米でも、エクアドルやペルー、ボリビアなどには、原住民系の顔立ちの人たちが数多くいます。
    けれど彼らは、支配階級が白人の純血種、そして先住民系の人たちは貧困な被支配層となっています。
    そして彼らは100%白人種との混血です。
    そして先住民たちが、かつてもっていた文明は、言語習俗習慣さえ、完全に喪失しています。

    では東南アジア諸国はどうでしょうか。
    不思議なことにアルゼンチンやウルグアイのように完全に白人だけの国になったところはありません。
    なぜでしょうか。

    実は理由があるのです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 常識を当てはめてみて疑問点を洗い出して真実を得る


    ただ悪口を言ったり、批判するだけでは、なんの生産性もありません。
    積極的に良いものを採り入れ、良い情報で自分の知性を肥やし、そうして育成した自分の知性で情報を取捨選択する。
    それが情報化社会において、もっとも必要な生き方なのではないかと思います。
    そのために、
    「常識を当てはめてみて疑問点を洗い出して真実を得る」

    20201118 笑顔
    画像出所=https://illust8.com/contents/8154
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    徳川家康は、どうして関ケ原の戦いを挑んだのか。
    これは『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』に書いたことですが、何度か申し上げましたように、これまでの通説は、家康の権力欲説、家康の器量説(=豊臣秀頼の無能説)というものばかりでした。

    けれどすこし考えてみれば、それらの説が「おかしい」ということは誰にでもわかることです。
    なぜなら当時のお大名はみんな独立採算ですし、戦に出れば、部下が死んだり怪我を負ったりするわけで、そうした部下への保障は大名主である大名の責任ですから、たいへんなコスト(リスク)がかかる。
    はたして爺さんが「ワシは征夷大将軍になりたのじゃあ!」とわめいたからといって、全国のお大名が、そんな耄碌爺さんのために、わざわざ関ケ原まで大軍を率いて歩いていって、わざわざ戦いに参加するでしょうか。

    あるいは豊臣秀頼の器量が足りなかったとしても、殿様というのはいわば責任職です。
    部下が優秀であれば政治はちゃんと行うことができるし、実際石田三成など有能な部下に秀頼は支えられていました。
    天下を治める器量というのなら、当時の毛利元就や伊達政宗、島津義弘なども、武勇。器量のいずれをとっても家康に遜色のない実力を兼ね備えています。何も家康だけに器量があるということでもない。

    つまり、これまで定説のようにされてきたことであったとしても、常識的に考えてみれば「おかしい」と思えることはいくらでもあるわけです。

    シルクロードも同じです。
    シルクロードを旅した中東の商人たちの主な交易物はガラス製品です。
    そんなガラス製品を、揺れるラクダの背中に積んで、しかも嵐の吹き荒れる砂漠を横断できるのでしょうか。

    関ケ原もそうですが、このような「素朴な疑問」が、実はいちばん大事と思うのです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 本当にあったイモムシを拝むアブナイ教団


    現代版のイモムシ教団の人たちは、論点のすり替えを行います。
    けれど、ほんのすこしだけ自分で頭を働かせてみれば、何が正しくて何が間違っているのかを、容易に推測することができます。
    これからの時代を生きる上で、このことはとても大切なことです。

    20201024 イモムシ教団
    画像出所=https://illust8.com/contents/8934
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    7世紀のあるとき、日本が大きく変質してしまいそうな事件が起こりました。
    それが「イモムシ教団事件」です。
    日本書紀に書かれています。
    日本人が現世利益のために「イモムシ」を信仰する国になりそうになった事件があったのです。

    それは、西暦644年(皇極天皇3年)・・・いまから1376年前のことでした。
    いまの静岡県の富士市か富士宮市のあたりに大生部多(おほふべの おほ)という者が現れて、ちょっと変わった種類の大きなイモムシを常世(とこよ)の神だと称して、イモムシ信仰の宗教団体を作り、
    「なんでも願いが叶う」
    と言って、信者に全財産を寄進させたのです。


     最新刊

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/867036783780708/
    2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
     https://www.facebook.com/events/269322421064039/
    2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
     https://www.facebook.com/events/337364737249840/



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク