• 国ではなかった李氏朝鮮


     ねずブロのブログランキングの登録を、政治経済から日本史に変更しました。
     筆者がやろうとしていることは、歴史を通じた政治以前にある日本人の覚醒でにあります。これは常識を当てはめてみることで疑問点を洗い出し、真実を得ていくという問題解決の技法そのものです。
     これまで12年間、政治経済にジャンルを置いていたのですが、このカテゴリーにあるブログの多くが、批判や批評、つまり対立にあります。なるほど現状がだめで問題だらけであることは確かですが、さりとて、たいへんだ、たいへんだと騒いでばかりいても、何も変わりません。
     対立よりも共生、批判よりも学び。
     その姿勢は今後も変えるつもりはないし、そうしたブログが現状のジャンルにあるという必要もないのかなと考え、今回の変更に至りました。
     みなさまにおかれましては、相変わらずのご贔屓を賜われれば幸いに思います。
       小名木善行 拝


    明治の始めの頃です。日本を次のように言った国があります。
    「日本は無法の国である」
    「恥知らずである」
    「洋装洋服は、衣服容貌ともすでに日本人ではない」
    「(明治維新など)天下の笑うところである」
    150年前のことです。さて、これを言ったのはどこの国でしょうか。

    20201024 紅葉
    画像出所=https://www.jalan.net/news/article/280904/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    明治の始めの頃です。日本を次のように言った国があります。

    「日本は無法の国である」
    「恥知らずである」
    「洋装洋服は、衣服容貌ともすでに日本人ではない」
    「(明治維新など)天下の笑うところである」

    150年前のことです。さて、これを言ったのはどこの人たちでしょうか。

     *

    明治元年(1868年)に、日本は諸外国に使節を送り、明治新政府の樹立を告げて新たな国交と通商を求めました。
    これは新たにできた政府が当然行わなければならないことで、国家というものは、世界各国の承認を経て、はじめて独立した国家となり、またその政府がその国を代表することが承認されるからです。

    日本は、李氏朝鮮にも使節を送りました。
    もっとも使節となったのは対馬の宗氏です。
    このことはとても重要な点です。

    なぜなら、当時の李氏朝鮮は、国として認められていなかったからです。
    あくまで「李氏朝鮮は清国の一部」という認識です。
    だから使節も、日本国政府(明治新政府)が直接行うのではなく、対馬の宋氏に挨拶を委ねています。

    単に地理的要因から宋氏が派遣されたということではなく、相手が清国の一部だから、日本側も日本の一部である宋氏が挨拶に出向いたのです。
    繰り返しますが、李氏朝鮮は、当時の国際社会において「国」として認められていなかったのです。
    これを属国といいます。
    属国は属国であって、国ではありません。国のなかの一地方です。

    宋氏は明治新政府の親書である「皇政維新の書契」を持参しました。
    そして明治新政府共々、対馬も従来どおりの勘合貿易と海難事故による漁民や商人の漂流民の保護などを継続したいと朝鮮側の官吏に伝えました。

    ところが朝鮮側の外交官は、その親書を受け取ろうとしません。
    理由を尋ねると、文書の形式が礼義にかなっていない、印鑑がいけない、文字の位置が違う、「天皇」の「皇」という字がいけない、「天朝」という言葉も使ってはいけないなどと言う。

    そこで宋氏が、朝鮮通信使時代の朝鮮側の文書にも「天朝・皇朝・朝臣」という文字が使われてきたことを、証拠を示して追及すると、朝鮮の外交官は急に「病気」になって、話し合いを引き延ばしました。

    日本側は朝鮮側の主張に従って、哀れなほどに文書を何度となく書き直したりするのですが、交渉はまさに堂々巡りで、朝鮮側が前言を翻すことは日常茶飯事、その場限りの嘘やごまかしが幾度も繰り返されます。
    それでも日本側は、証拠を示しながら正論で馬鹿正直なほど辛抱強く交渉をし続けていました。

    そして明治9年に、ようやく「日朝修好条規」が結ばれました。
    実はこれまた世界史上、たいへん重要な意味を持ちます。
    なぜならこのとき世界ではじめて、日本が李氏朝鮮を「国」として認めてあげたことを意味するからです。
    朝鮮側の官吏たちも、これでようやくプライドを満足させて、交渉に応じました。

    ところが、この交渉にあたっていた朝鮮側の官吏たちは、朝鮮王の命令によって、
    「日本に対し私利を図るために
     不誠実な交渉をした」
    という理由で、全員、斬首刑となりました。

    なんとも理不尽な話のようですが、ところが、これまた当然のことです。
    なぜなら、李氏朝鮮が日本国と条約を結ぶということは、李氏朝鮮が清朝から独立をしたことを意味するからです。
    そんなことを清朝は李氏朝鮮に認めていません。
    ということは、これは重大な、李朝の清朝に対する反逆行為となるのです。
    ですから当時の李王が、朝鮮側の官吏たちを全員処刑したのは、実に筋の通った行いであったのです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク