• 相沢忠洋の磨製石器に学ぶ人間の強さ


    ▼11月15日ねずさんの出版記念会開催(於・靖国神社)
      お申込は→https://ssl.formman.com/form/pc/sA2GTYjfCudWZMJ4/


    「相澤君の一生は苦難の連続だった。
     アマチュアだからといってバカにされた。
     地元では、行商人のやっていることなど学問ではないとも言われ続けた。
     無理に無理を重ねた結果、このように寿命を縮めることとなってしまったのではないだろうか。」

    槍先形尖頭器


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    すごくひさしぶりになりますが、『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人・第一巻』から、相沢忠洋の磨製石器のお話を掲載したいと思います。
    なにかひとつのことを成し遂げるには、ものすごく大きな障害を克服していく必要があります。
    それは成し遂げようとするものが大きなものであればあるほど、障害も大きなものになる。
    ですから、あたりまえのことですが、何かを成し遂げようとするなら、覚悟がいります。
    そしていったん覚悟した以上、あとは突き進むしかない。
    では本文です。

    *********
    三万年前の磨製石器
    『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人・第一巻』より

    ▼日本で発見された人類最古の道具

    昭和二十四年に群馬県の赤城山麓で「槍先型尖頭器」と呼ばれる磨製石器が発見されました。
    薄緑色に透き通った黒曜石でできていて、中心には白雲のような筋状の模様が入り神秘的な美しさを放っています。
    トップの写真がそれです。
    長さ約七センチ、幅約三センチの、この小さな石器は、三万年前につくられたことが調査の結果わかりました。

    「磨製石器」というのは、石を打ち砕いた破片をそのまま利用した「打製石器」と違い、刃を鋭くするため磨きあげられていて、極めて鋭利で耐久性の高い石器です。
    つまり、人の手によって加工が施されているという意味で、人類最古の道具といっていいと思います。

    こうした磨製石器は、槍先型尖頭器の発掘以降、日本では関東・中部地方を中心に多数発見されましたが、海外ではオーストリアのヴォレンドルフ遺跡から出土した、二万五千年前の磨製石器があるのみです。
    つまり、日本より五千年も新しい時代のものというわけです。
    ほかにはロシアのコスチョンキ(約一万四千年前)、アフォントヴァゴラ(約二万年前)、オーストラリアのナワモイン(約二万千五百年前)、マランガンガー(約二万九千年前)などがありますが、いずれも人が石を磨いて作ったというより、はじめからその形になっている自然石を利用したものです。
    日本の加工技術は、なんと三万年の歴史があるのです。
    なんだか、技術大国日本を象徴したようなお話ですね。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク