• 真の敵に気付いた世界


    日本としては、トランプ氏、バイデン氏どちらが勝とうが、やるべきことはひとつです。
    トランプ氏続投なら、軟着陸で、中共対策は米国に任せておくという選択が可能でしたが、バイデンとなると、米中が急接近することになります。
    当然、日本は知的財産権を含めて、あらゆる富を、これから中共に奪われていくことになります。
    これに対抗する道はひとつ。日英同盟の復活と、日本の軍事力の強化です。

    20201106 米大統領選挙の不正
    画像出所=https://ameblo.jp/ponio20/entry-12636127718.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    米国大統領選挙の結果は、まだ見えていません。
    突然バイデン票がどこからともなく湧いて出てきて、スイングステートでバイデンの勝利となりました。
    明らかな選挙不正です。

    トランプ氏は、それでも米国民の善意を信じて、公正な選挙を戦いました。
    けれど結果は、まだですが、現状のままではバイデンの勝利でしょう。

    バイデン氏は、史上最高の投票率と得票数で、米国史上最大の支持を自分は集めたのだと豪語しますが、選挙戦の様子は、トランプ氏の演説会には人が大勢集まったのに対し、バイデン氏の演説会にはほとんど人が集まっていません。その様子はまるで菅○人の演説会のような様子でした。

    また選挙前には、自分は共和党の支持であるとか、トランプ支持であると公言すると、家に石を投げられたり、暴力を振るわれたりという事件が多発していました。
    それでもトランプを応援するという人たちが、自衛のためにと、やむなく銃を買ったりしていました。
    またトランプが勝利となったときには、全米で同時多発的に暴動が起きることが予測されていました。
    このため、市街地の商店は、ガラスに板を打ち付けたりしていました。

    ところが報道は、あたかも最初からバイデン有利。
    しかもトランプ支持者が自衛のために銃を買うと、むしろトランプ支持者たちが暴動の主体であるかのような報道ぶり。
    いざ選挙になると、どこからともなく突然票が現れる。(トップの図)
    開票時には、民主党の開票者のところだけが板塀が貼られている等々、あまりにもあからさまな不正が行われました。
    開票所によっては、人口よりも多いバイデン得票の市があったとか。

    おもしろいことに、日本のメディアの報道も、あからさまなバイデン押しで一致していました。
    これだけ不正の証拠が揃っていても、それらを報道は一切公開せず、あたかもトランプ氏が、ただの悪あがきをしているかのような報道ぶりで、公正中立な報道など、大手メディアにはどこにもない、というのが現状です。

    このことは日米の報道を裏で操る者が、ひとつ穴の狢(ムジナ)であることを意味します。
    そのムジナは、これだけ多くのメディアを動かすわけですから、米国のジョージ・ソロスのような数名の大金持ちや、巷間言われているようなロックフェラー氏の陰謀論をはるかに越える、大掛かりな組織とカネを用いることができる者であることがあきらかです。

    その組織は、何十年もかけて日米の政財界に侵入し、そこでポストを得て力を付け、その者たちが途中で裏切らないように常時監視をし続けることが出来る組織です。
    そしてそこまでのことができる組織は、世界にはひとつしかありません。

    そういう意味からすると、これまで巷間言われてきた陰謀論などは、そうした世界的な工作活動から世間の耳目をそらすための偽情報であったといえるかもしれません。

    このことはトランプ陣営では、すでに予期していたことでしょうから、これから一斉に不正の糾弾が行われるものと思われます。
    米国に正義が戻るのか、それともこのまま中共のスパイ支配に甘んじて国ごと沈没するのか。
    いま世界は固唾を呑んで選挙後の行方を見ています。

    株式市場は、すでにこうなることは織り込み済みで、株価は世界同時値上げ傾向です。
    不正は正され、公正な取引が再開されると市場は踏んでいるのだろうと思います。
    ちなみにここまで露骨な不正を中共が仕掛けると、神々の怒りは近々三峡ダムに降りかかるかもしれません。

    日本としては、トランプ氏続投なら、軟着陸で、中共対策は米国に任せておくという選択が可能でしたが、バイデンとなると、米中が急接近することになります。
    当然、日本は知的財産権を含めて、あらゆる富を、これから中共に奪われていくことになります。

    これに対抗する道はひとつです。
    それは日英同盟の復活と、日本の軍事力の強化です。

    インド、マレーシア、シンガポール、香港は、イギリスの影響下にあります。
    日本は、台湾、ベトナム、インドネシア、タイ、オーストラリア、ラオス、カンボジア、タイ、モンゴル、ロシア等と結んで、中共包囲網を築いていく必要があります。
    フィリピンは米国が担当ですから、日米英の三国が、本来はしっかりと手を結んでいかなければならないのですが、バイデン米国では、あまり期待ができません。

    日本は英国および米国共和党と連携し、東亜の経済が中共汚染から脱皮できるよう努力していくことになります。

    今回、世界の人たちが、米国の大統領選挙を通じて、某自称大国のスパイ工作の恐ろしさに気付きました。
    世界の国々は、このままチャイナの軍門に降るのか、それとも自立自存の道を守るのか。
    いま各国は、メディアを奪われた状況で、この戦いが始まりました。
    これから世界は大きく変化していきます。

    このことは、日本が日本らしさを取り戻すチャンスです。

    お読みいただき、ありがとうございました。
    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行でした。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
    メールでお申し出ください。

    nezu3344@gmail.com

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク