• 秀吉の朝鮮征伐は、秀吉が「明国と朝鮮半島で戦った」事件


    「秀吉の朝鮮征伐」という名が付いていますが、それは李氏朝鮮王国と秀吉が戦ったという意味ではない、という点に注意が必要です。
    秀吉が戦ったのは、あくまで明国であって、秀吉の軍が戦ったのもまた明国軍です。たまたまその場所が、明国の代官として李氏が君臨していた地域であったというだけのことです。要するに秀吉が戦ったのは、李氏朝鮮国軍ではなく、明国軍であったのです。
    このことはおおいに誤解されていることなので、あらためて強く申し上げておきたいと思います。

    20201115 倭城
    画像出所=http://www.iobtg.com/History2.htm
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    秀吉の朝鮮征伐がなぜ行われたのかについて書きたいと思います。
    以下の文は、『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人、第一巻』に掲載したものです。

    本に書いたこの記事は、もともと2012年7月にねずブロに書いた記事を元にしています。
    そしてこの時点で、秀吉の朝鮮出兵をスペインとの関係で説いたものは、他に全く見当たりませんでしたから、これはまったく新たな視点で説いた「ねず説」でした。
    けれど、その後、かなり勢いでこの話は浸透し、いまではごく一部の秀吉悪玉説に凝り固まった人たち以外の人たちにとっては、ほぼ常識化しつつあります。

    内容はすでにお読みになられた方も多いかと思いますが、大切なことを先にいくつか補足しておきます。
    「当時の明国も朝鮮半島も国民国家ではない」ということです。
    いまでも彼の国はそれに近い構造をもっていますが、国のボス(王)が国民を代表して国民のための統治をしているのではありません。
    簡単にいったら、日本でいえば暴力団の組長にすぎません。

    全国に多数の暴力団(軍閥)があり、それら軍閥を最大軍閥が取り仕切る。
    その最大軍閥は、Chinaにおいては遊牧民による外来王朝であり、朝鮮においてはその明王朝をバックにしたヤクザの軍閥が朝鮮王を名乗っていたにすぎません。
    こういう次第ですから、国の王に「庶民生活を豊かにし、国を栄えさせる」という概念は全くありません。
    ただ収奪するだけ、それが彼等の国の統治の姿でした。

    そのような具合でしたから、当然に国民というものも存在しません。
    そもそも半島貴族の両班までが人であり、一般庶民は人としてさえも認識されてません。
    人でないのですから、当然、国民ではありえないのです。

    つまり国王が国民として認識しているのは、周囲にいる貴族たちだけであって、一般の民衆は人ではない、ただの動く物体です。
    今風に言えば暴力団の組長にとっては、組員はその暴力団の構成員だけであって、他の一般の民衆は関係のない、ただの収奪対象でしかないのと同じことであったわけです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク