• コロナを犯罪として暴こうとしている弁護士の動画


    米国の大統領選挙もそうですが、情報化社会の進展により、グローバル資本によって以前から大規模に行われていた世界規模での不正行為が、いま一気に暴かれようとしています。この不正がまかり通るならば、未来社会はほんの一部のエスタブリッシュメント族が支配し、圧倒的多くの人類は、単に家畜としてのみ扱われる未来となります。
    21世紀は民衆の世紀だと言われています。民衆の正義が必ず勝利すると信じています。なぜならそれが神々の希みであるからです。

    20201125 コロナ騒動
    画像出所=https://youtu.be/8MqjOAaUy5E
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    トップに有るのは、コロナに関する動画です。
    有志の方が日本語訳を付けてくださいました。
    その日本語の訳文をいただきましたので、当ブログに転載します。

    内容は、コロナ騒動が、一部の製薬会社や大学教授、投資家等の金儲けのために作り出された詐欺的行為にほかならないというものです。
    このことは文中で、
    1 パンデミックとするための定義が12年前に改訂されていた。
    2 その時点まではパンデミックとは、世界規模での病気の発生、重症患者数、及び死亡数増大となった場合のことを言った。
    3 ところが改訂により、重症患者数や死亡数の増加と関係なく「世界規模での病気発生」というだけでパンデミックと定義されるようになった。
    と説明されています。

    今年の始め、コロナ騒動が我が国で問題になりだした頃に、「夏場にはいったん騒動はおさまるが、12月から本格的な第二派がやってくる」と予測した記事を書きました。
    コロナ問題の本質は、政治問題であり、また一部の大金持ちの金儲けのための猿芝居でしかない。
    ですからコロナ自体は、感染しても重篤になることはない。
    けれど、12月には通常のインフルエンザが流行するから、これがコロナの変種だと騒がれて、ふたたびロックダウンのような非常事態規制が行われることになるであろう、と予測しました。

    要するに、コロナ問題の今年の春までの真相は、
    1 もともと米国で生物兵器として開発しようとしていた。
    2 けれど結果として人間の持つ免疫力の方が強くて開発自体が失敗に終わった。
    3 中共が米国の資金で武漢に研究所を設立した。
    4 その武漢研究所の体制があまりにルーズであったために、ウイルスが外部に漏れた。
    5 もともとたいして影響力のないウイルスにすぎなかったけれど、研究開発に失敗した米国の教授が、自分の行っていた研究が成功だったのだと言いたいがために、この問題を大きく取り上げた。
    6 これに感染拡大が起きれば大儲けできると考えた製薬会社が一役買った。
    7 中共の横暴への対策に、コロナ騒動が使えると判断した米国の一部の政治家が、これに便乗して騒ぎ出した。
    8 このためまたたくまに実際にはたいした害がないコロナウイルスが、大騒動へと発展した
    ・・・というものです。

    製薬会社は、コロナが世界的な大騒動になれば、ワクチンを売って大儲けできます。
    けれど果たしてそのワクチンが効果があるのかどうかは、必ずしも定かではないと言われています。
    むしろワクチンによって、眠気が覚めなくなったり、うつ病になったりといった副作用が指摘されています。
    ワクチン接種を受け入れるかどうかは、ひとりひとりの判断です。

    もうすぐ12月になりますが、12月になれば、毎年恒例のインフルエンザが流行を始めます。
    年末から来春にかけては、このインフルエンザが「コロナ第二波だ」といって、大々的に取り上げられて、世界各地でロックダウンが行われることになるものと思います。
    このことにより、中共政府はいよいよ追い詰められることになるでしょう。

    個人的には、外聞がありますから、外出時にはマスクは付けますが、コロナをまったく心配していません。
    むしろ、おかしなワクチンを飲まされることで、豚インフルエンザ騒動のときのワクチンのような重度のナルコレプシー(過眠症の一種)や、カタプレキシー(脱力発作)といった副作用に罹患することをおそれます。

    米国の大統領選挙もそうですが、情報化社会の進展により、グローバル資本によって以前から大規模に行われていた世界規模での不正行為が、いま一気に暴かれようとしています。
    この不正がまかり通るならば、未来社会はほんの一部のエスタブリッシュメント族が支配し、圧倒的多くの人類は、単に家畜としてのみ扱われる未来となります。

    21世紀は民衆の世紀だと言われています。
    筆者は、民衆の正義が必ず勝利すると信じています。
    なぜならそれが神々の希(のぞ)みであるからです。

    以下、この動画の日本語訳文を掲載します。
    動画でご覧いただいても、下の文章は同じものです。

    *******


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク