• 昭和恐慌と高橋財政


    個の時代に入ろうとしているときに、資本を配っても、その資本は一部の個の懐(ふところ)にしか入らない。全体の景気を上向かせる力にならないのです。

    そうではなくて、個の力を伸ばすこと。
    日本人ひとりひとりが、さまざまな分野で、世界に影響を与えることができるような人材に育っていくこと。
    財政はそのために出動すべきものであったこと。
    そういう時代の変化があることを、私たちはかつて大成功をおさめた高橋財政から学ぶべきなのだと思います。


    高橋是清
    高橋是清



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    この記事は11年前の平成21年(2009年)10月10日に公開したねずブロ記事の再掲です(すこし文章を読みやすいように修正しています)。
    当時、高橋是清はあまり注目を集めていなかったように思いますが、バブル崩壊から15年、デフレの波が押し寄せていることを誰もが実感し、一方でこの前の月に、メディアの圧倒的な賛意のもとに発足した鳩山内閣が、実はとんでもない亡国内閣であることが明らかになりつつあった時期にあたります。

    けれども、日本がデフレ経済で苦しんだのは、バブル崩壊後のことだけではなく、戦前の世界大恐慌のさなかにおいても同じでした。
    そしてそんな世界大恐慌の渦中にあって、一足早くデフレを抜け出したのが、当時の大日本帝国であり、その仕掛け人となったのが高橋是清であったわけです。

    そこで当時の本文を振り返って、あらためてこれからの日本や世界を考えてみたいと思います。

    *****
    昭和恐慌と高橋財政
    https://nezu3344.com/blog-entry-655.html

    大正7(1918)年に集結した第一次世界大戦は、わが国に大戦景気と呼ばれる大好況を招き、日本の経済は大発展を遂げました。
    ところが戦後欧州の製品がアジア市場に戻ってくると、戦後恐慌が発生し、これに関東大震災(1923年)が追い打ちをかけて、震災恐慌と呼ばれる深刻な不況が到来します。

    すでにこの時点で国内の銀行は不良債権問題で経営力を弱化させていました。
    ただでさえ弱っていた日本経済に、時の大蔵大臣の片岡直温(かたおか なおはる)が、
    「渡辺銀行がとうとう破綻いたしました」
    と失言してしまう。

    この結果、預金者が終業間際の東京渡辺銀行に殺到するという、取り付け騒ぎが起こり、銀行が次々休業に追い込まれる事態となりました。
    それが昭和2(1927)年の「昭和金融恐慌」です。

    このような状況下で、昭和4(1929)年、立憲民政党の浜口雄幸(はまぐち おさち)内閣が成立しました。
    浜口雄幸は、徹底した緊縮財政政策を図りました。
    政府の支出を大幅に削減し、国内景気対策のために必要な財政出動も、次々執行を停止しました。

    経済は、人の体でいったら血液です。
    血圧が下がり、瀕死の状態になった人体には輸血が必要です。
    これと同じで不況下では、積極的な財政出動(輸血)が必要でした。

    ところが浜口内閣は、産業合理化政策、軍事予算の削減を進めました。
    これによって中小企業の多くが倒産していきました。

    こうした状況の中で起ったのが、同じ年、昭和4(1929)年11月に起ったのニューヨーク・ウォール街の株価の大暴落です。
    この大暴落の影響は一瞬で世界に波及し、世界経済はいっきに沈滞化していきました(世界恐慌)。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク