• 今日は真珠湾攻撃があった日


    現在起きている米中の情況についても同じです。
    英仏独の軍隊もインド方面に展開を開始しています。
    日本には米軍基地があります。米中が戦争に突入した場合、日本が中立でいることはできません。
    日本は台中線線の最前線基地になります。
    それが何を意味しているのか、ただ感情的に反発しても何の解決にもなりません。
    「本質を考え、本質を見抜く思考」こそが、これからの日本を築く土台になるのだと思います。

    着底し傾いたアリゾナ
    戦艦アリゾナ



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    79年前の今日、真珠湾攻撃が行われました。
    戦後書かれた日米の戦争に関する記述は、内外を問わず、ほとんどが真珠湾事件から先の大戦が始まったとしています。
    加えて多くの日本人が、
    「第二次世界大戦が日本の真珠湾攻撃から始まった」と思っておいでの方も多いようで、これはすこし驚きでした。
    第二次世界大戦は昭和14年9月1日のドイツ軍によるポーランド侵攻が始まりです。
    真珠湾攻撃をはじめとした日本の第二次世界大戦参戦は、それから2年3ヶ月も経ったあとの昭和16年12月8日です。
    日本は戦争を始めたドイツと同盟関係にありましたが、当初は参戦さえもしていなかったのです。
    どれだけ日本が戦争を回避しようとしていたかがわかろうというものです。

    ところがそんな日本に対し、ABCD包囲網を始めとして、戦争を始めるようにとの国際圧力がかかりました。
    結果、日本は産業や軍事に欠かせない石油の禁輸措置にあい、やむなく開戦に打って出たわけです。
    理由は、インドネシアの油田です。

    この当時、インドネシアはいまのような独立国ではなく、オランダ領でした。
    そのオランダは、第二次世界大戦勃発後にドイツに占領されて、国を失いました。
    つまり当時にあって、オランダ領インドネシアは、すでにオランダが無くなって、実質的にドイツ領になっていたわけです。
    ところがそのインドネシアに、オランダ軍がそのまま駐留していました。

    日本はドイツとの同盟国でしたから、ドイツと連携をとって、インドネシアにいる旧オランダ軍を叩き、そこにある油田を日本の管轄下に置いたわけです。
    これが、第二次世界大戦への日本の参戦理由の最大のものです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク