• 信長、秀吉、家康の時代を俯瞰する


    「ねずラジ」は、筆者が12年にわたって書き綴ってきたブログの記事4000本の中から、選りすぐりの記事をベースに対談形式でお届けするラジオ番組です。もちろん、ただ過去記事を読み上げるだけでなく、その都度補足しながら、より理解が深まるように話しています。意外と人気で、リスナーが多いのでびっくりしています。
    詳細はこちら→https://www.ishikikaikaku.jp/nezuraji/

    歴史の見方というのは、いろいろなものがあります。
    決して、従来の見方を否定しているわけではなく、他にも上に述べたような見方もある、ということを申し上げています。
    複眼的思考によって、従来の価値観に縛られずに、自由に学問を追求することこそ、「よろこびあふれる楽しい国」の学問なのではないかと思います。

    20201125 信長秀吉家康
    画像出所=https://www.sengoku-battle-history.net/honnoujinohen-shinjitsu/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    拙著『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』に「信長と桶狭間の戦い」、「家康と関ケ原の戦い」のお話を書かせていただきました。

    今回はその「つながり」を概括してみたいと思います。
    信長、秀吉、家康と続く、この時代は、日本が日本らしさを取り戻していく上で、たいへん重要な時代でした。
    以下は、知っている話もたくさんあろうとは思いますが、同時に、新たな視点として気付かされる部分もあるのではないかと思います。

    歴史の見方や考え方は、様々なものがあります。
    事実はひとつであっても、それがなぜ起きたのか、どうしてそうなったのかは「人の解釈」によるからです。
    ですから、どのような見方をしたとしても、それは自由ですし、以下もそうしたたくさんの見方のひとつにすぎません。

    ただ、そうしたさまざまな見方を、複眼的に受け入れることで、物事をより幅広い視野で見ることができるようになるのではないかと思っています。
    たいせつなことは、歴史をどう見るかではなく、自分がどう生きるかにあります。
    歴史はそのための手がかりであり、訓練の場であるというのが、筆者の意見です。

     *

    信長は、織田信秀の息子で、幼名を吉法師(きっぽうし)と言いました。
    少年時代の信長(吉法師)は「大うつけ」と呼ばれた、早い話が大馬鹿者で、奇抜な服装をして、領内を駆け回り、奇行の目立つ子でした。

    父の信秀は、今川氏を破った豪勇で知られた人で、経済的にも軍事的にも成功し、またお伊勢様の式年遷宮に際して大枚を献上し、また朝廷へも内裏の修繕費を献上するなど、皇室尊崇の念の強い偉大な人でした。
    それだけに、嫡子の吉法師が、お家のことも、お国のことも何も考えない、いまでいう「できの悪い不良息子」であったことは、家臣一同の抱える大きな悩みのひとつとなっていました。
    「信長様の時代になったら、織田家もおしまい」
    これは、当時の家臣一同の、共通の思いであったようです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク