• 「夢」と「ゆめ」と「ドリーム」の違いにみる日米中の文化の違い


    「ねずラジ」は、筆者が12年にわたって書き綴ってきたブログの記事4000本の中から、選りすぐりの記事をベースに対談形式でお届けするラジオ番組です。もちろん、ただ過去記事を読み上げるだけでなく、その都度補足しながら、より理解が深まるように話しています。意外と人気で、リスナーが多いのでびっくりしています。
    詳細はこちら→https://www.ishikikaikaku.jp/nezuraji/

    言葉は、たいせつなものです。
    日本語は、多様な文化を採り入れるのに際して、とても適した言語ですけれど、もとからの日本語の言葉の意味をしっかりとわきまえていないと、とんでもなくアコギな連中に引っかかってしまいます。
    日本人が日本語《国語》教育は、もっとしっかりしたものにしていく必要があると考えます。
    なぜなら日本人は日本語で思考するからです。

    20201130 小学國語
    画像出所=http://yosisi.sakura.ne.jp/sub1.htm
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    よく「夢を実現する」とか「夢をかなえる」といいますが、現代日本人にとって、「夢」というのは、どのような意味を持っているのでしょうか。
    実は日本語の夢、英語のドリーム、中国語の夢では、それぞれまったく意味が違います。
    そこで、今回は夢について考えてみたいと思います。

    英語で夢のことは「Dream」とされます。
    「Dream」の語源は古サクソン語の「drōm」で、「よろこび、楽しみ」を意味するのだそうです。
    アメリカ映画などで、よく「夢をかなえる」などと言いますが、それは語感としては「自分が楽しみにしている希望を実現することでよろこびを得る」という語感があるわけです。

    戦後は、なんでもかんでもアメリカさんの真似をすることが流行(はや)りですから、米国人なみに「君の夢を実現しよう!!」などと言われると、ついその気になってしまう人も結構あるようですが、では、日本語の「夢」には、どのような意味があるのでしょうか。

    まず漢字の「夢」は、「くさかんむり」の下に「目」を横にした字(これを横目といいます)があり、その下に「夜」という字の省略形の「タ」があります。
    つまり夜は暗いので、草の一本一本がよく見えない・・・というわけで、なんとなくボヤ〜ッとしていて、よくわからないものが「夢」です。
    眠っている間に見る夢は、観ているときははっきりしているつもりでも、目が覚めたら忘れてしまう。
    ですから中国語でも「夢」といえば、ひとことでいえば「よくわからない、もやっとしたもの」といった語感があります。

    夢に「にんべん」を付けると「儚(はかな)い」という字になりますが、これもまた中国漢字です。
    要するに、漢字の意味としては、「夢」は、よくわからないまま消えてしまうもののことを言います。
    この点が英語の「Dream」と異なるところです。
    なにせ消えてしまうものなのです。
    「よろこび」が消えてしまったら、たぶん、さびしいです。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク