• 昭和天皇行幸


    それまで、東洋平和を願い、皇国不滅を信じていた人々は、価値観を根底から否定され、いかに生きるべきか、どう生きるべきかという規範も失なわれ、呆然(ぼうぜんと)と頽廃(たいはい)と恐怖と飢(う)えが人々を支配していました。
    その日本人が、ある事件をきっかけに、国土復興のために元気に立ち上がった。
    そのきっかけとなりましたのが、「昭和天皇の全国行幸」です。


    20181229 掛川西高校に行幸する昭和天皇
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    今年でちょうどまる10年。毎年ご紹介しているお話です。
    すでにお読みになられた方も多いかと思います。
    同じ話を何度も繰り返すのは、大切なことは何度でも読み返す必要があると思っているからです。

    クラシック音楽と同じです。
    クラシックは、同じ曲が様々な演奏家によって何百年も繰り返し演奏されますが、何度繰り返されても、飽きるということがない。
    筆者の場合、読書や映画鑑賞もそうで、良い本や良い映画は時間をおいて、繰り返し何度でも読んだり観たりします。
    そして読んだり観たりするたびに、新しい発見や気付きを得ます。
    人生を振り返ってみたとき、読書も乱読ですが、この「繰り返し」が結果として、いちばん役に立ったような気がします。

    この昭和天皇行幸のお話も、いま米国大統領選の問題から、世界の構造が激変していくという情況下において、私達にとって大切なことを教えてくれているように思います。

     *

    さて、昭和20年8月の終戦後のこと、当時の日本は未曾有の食料危機にありました。
    物価も高騰、食料の配給制度は人々の生活を賄(まかな)うに足りず、不衛生で暴力が支配する闇市があちこちに立ち並んでいました。

    それまで、東洋平和を願い、皇国不滅を信じていた人々は、価値観を根底から否定され、
    いかに生きるべきか、どう生きるべきかという規範も失なわれ、
    呆然(ぼうぜんと)と頽廃(たいはい)と恐怖と飢(う)えが人々を支配していました。

    その日本人が、ある事件をきっかけに、国土復興のために元気に立ち上がった。
    そのきっかけとなりましたのが、「昭和天皇の全国行幸」です。

    物語を通じて、混迷の時代に必要なものが明らかにされていきます。
    それは次のようなものです。
     1 伝統の重さと大切さ
     2 霊(ひ)
     3 勇気とやさしさ
     4 希望とあたたかさ
    こうしたことは、現代社会では「具体性がない」とか、「役に立たない」、「何を言っているのかわからない」などと言って、無視されがちなことです。
    現代社会では、根底よりもハウツーが優先するものと考えられているからです。
    けれど、それはまやかしであると申し上げたいと思います。
    なぜなら、ハウツーを教えるものは近年多いですが、ハウツーのマニュアル通りにやれば人生の成功が手に入れることができるほど、世の中は甘くない。
    結局の所、人生を拓くには、根底となるものを大切にしながら、中今(なかいま)に生きるしかないのだし、そもそもそうした根底にあるものを大切に生きることでしか、霊(ひ)が今生に生を受けた意味をまっとうできないのだと思います。

     *

    昭和天皇の行幸は、昭和21年の神奈川県を皮切りに、昭和29年の北海道まで、足かけ8年半にかけて行われました。
    全行程は3万3000km、総日数は165日です。

    実はこれはたいへんなことです。
    そもそも陛下の日常は、我々平民と違って休日がありません。
    一年365日、常に式典や祭事、他国の元首その他の訪問、政府決定の承認等があり、その数なんと年間約2000件を超えるご公務です。
    そうしたお忙しい日々を割いて、昭和天皇は、全国行幸(ぎょうこう)をなさいました。

    この行幸を始めるにあたり、陛下はその意義について次のように述べられています。

    「この戦争によって祖先からの領土を失い、
     国民の多くの生命を失い、
     たいへんな災厄を受けました。
     この際、わたしとしては、
     どうすればいいのかと考え、
     また退位も考えました。

     しかし、よくよく考えた末、
     この際は全国を隈なく歩いて、
     国民を慰め、励まし、
     また復興のために立ちあがらせる為の
     勇気を与えることが責任と思う。」



    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク