• 清陽(すみてあきらか)


    つらいことがあっても、かなしいことがあっても、凹んでも、
    それでも清陽な心を失わない。
    それが人間です。
    だから、人はあたたかい。
    そう信じて、希望をもって中今(なかいま)を生きるとき、道は必ず開けてくる。

    20201220 上高地
    画像出所=https://www.nta.co.jp/media/tripa/articles/Z5ZoK
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    日本書紀の冒頭に「清陽」という文字が見られます。
    このように書いて「すみてあきらか」と読みます。
    「清(きよ)い」ことは大切です。
    だから、体のよごれを落とすためにお風呂に入ることが大切なように、魂のけがれを払うために神社に参拝したり、お祓いをしてもらったりすることもまた、とても大切なことです。

    けれど、
    日本書紀は、それだけではダメだ、と書いています。
    どういうことかというと、もうひとつ、
    「陽」でなければダメだ、と書いているのです。
    「陽」という字は、このようにかいて「あきらか」と読み下しますが、さらに「あかるい、ほがらか」といった意味を持ちます。

    つまり日本書紀は、清らかであるだけでなく、公明正大であること、そしてほがらかであること、陽気であることが大事だと書いているのです。
    どこに書かれているのかというと、それが、日本書紀のいちばんはじめです。

    いまはお正月、年のはじめです。
    そこで、この該当箇所を、皆様とご一緒に読んでみたいと思います。
    できれば、声に出してお読みいただくと、なお実感がわかるかと思います。

    いにしへの                古
    あめつちいまだ  わかれずに    天地未剖
    かげあきらかも  わかれずに    陰陽不分
    とりのこのごと  こんとんの     渾沌如鶏子
    ひろがるうみに  きざしあり     溟涬而含牙
    すみてあきらか  なるものは    及其清陽者
    うすくたなびき  あめとなり     薄靡而為天
    おもくてにごり  たるものは     重濁者
    つつひてつちと  なりにけり    淹滞而為地
    くはしきたへは  ひろがりて     精妙之合博易
    おもくにごるは  かたまりがたし  重濁之凝竭難

    ゆへにさきには  あめがなり    故天先成而
    のちにはつちが  さだまりぬ    地後定
    しかるののちに  かみなかになる 然後神聖生其中焉

    ゆへにいはくは  かひびくの     故曰開闢之
    はじめくにつち  うかぶのは     初洲壞浮漂
    うをのみずにて  あそぶがごとし  譬猶游魚之浮水上也

    このときあめと  つちのなか     于時天地之中
    あしかびのごと  なりますは     生一物状如葦牙
    すなはちかみと  なりたまひ     便化為神
    くにのとこたち  みこととまをす   号国常立尊

    つぎにはくにの  さつちのみこと  次国狭槌尊
    つぎにとよくむ  ぬのみこと     次豊斟渟尊
    このみはしらの  かみさまは     凡三神矣
    あめのみちにて  ひとりなす     乾道独化
    ゆゑにすめれる  をとことなれり  所以成此純男

    《現代語訳》
     大昔、天地がまだ分かれていなくて、陰陽もまた分かれていない混沌としたなかに、ほのかな兆(きざ)しがありました。その兆(きざ)しの中の清陽(すみてあきら)かなものが薄くたなびいて天となり、重くて濁(にご)っているものが、停滞して地(つち)になりました。美しく言いようもなく優れたものは広がりやすく、重くて濁ったものは固まりにくかったため、先に天が生まれ、後に地が定まりました。
     その後に、神聖なるものがあらわれました。これが天地開闢(てんちかいびゃく)のはじめです。この天地開闢のとき、はじめに州(す)が浮かび漂いました。それはまるで、魚が水の上で遊んでいるかのような様子でした。そしてこの天地の中に、葦(あし)のようにスクスクと育つものがありました。それはついには神となりたまいて、国之常立尊(くにのとこたちのみこと)と号しました。次には国狭槌尊(くにのさつちのみこと)、次には豊斟渟尊(とよくむぬのみこと)がお生まれになりました。
     この三柱の神様は、乾道(あめのみち)に独りで化(な)られた神様です。ですからこの三柱の神様は、純男(すめれるをとこ)の神と申します。


    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク