• 諭吉の「学問のすゝめ」についてまで嘘を教えてきた戦後日本


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』明日発売。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazon1位(古代日本史)です。


    諭吉が「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と、人類の平等を説いているかのように教えるのは、これは情報の切り取りによる情報の《意図的な》誤誘導というものです。「人は誰しも天賦の才があり、あらゆるものを持っているのだから、それを引き出すのが教育であり、価値観を押し付けるのはよくない」などというのは、左の人の常套文句です。
    しかし、仮に天賦の才があったとしても、人が生まれながらに境遇その他に差異がある。これは客観的事実です。そうであれば、努力することしか人がその差を埋める手段はない。そして努力することが大事だというのは、これこそまさに価値観です。それはむしろ「押し付けるべきこと」です。


    若き日の福沢諭吉
    若き日の福沢諭吉-1



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    福沢諭吉の格言として有名な言葉に、
    「天は人の上に人をつくらず人の下に人をつくらず」があります。
    諭吉の「学問のすすめ」の冒頭に出て来る言葉で、およそいまの日本人なら、誰もが聞いた事のある、日本人の常識となっている言葉です。

    意味は、
    「天は人々に、
     みな生まれながらにして貴賤(きせん)上下の差別なく、
     自由自在、互いに人の妨げをなさず、
     おのおのが安楽にこの世をれるようにしている」
    というものです。
    これは「学問のすゝめ」の「天は人の上に・・・」に続けて、諭吉自身がそのように書いていることです。

    戦後教育では、この諭吉の「天は人の上に・・・」の言葉だけを切り取って、
    「人にも職にも、上下なんかないのですよ。
     だから人はみな平等なのですよ」
    と教えます。
    メディアも同じです。

    ところが・・・・です。
    実際に福沢諭吉の「学問のすゝめ」を読んでみると、諭吉は、冒頭のこの言葉の後から、すぐにこのことを否定しているのです。
    ちょっと読んでみます。

    「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと一般にはいわれるけれど、
     現実に世間をみれば、
     かしこい人もあれば、おろかな人もある。
     貧しい人もいるし、富める人もいる。
     生まれたときから貴人もあれば、
     最初から卑しい身分で生まれて来る人もいる。
     その様子はまるで雲と泥の違いと同じです。」
    と、このように諭吉は書いています。

    要するに諭吉は、世間一般では「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずみたいなことをいうけれど、現実はちがっているではないか。人は生まれたときから決定的な差があるじゃないか」と説いているのです。
    だからこそ、
     学問が大事なのだ。
     知的武装が大事なのだ。
     すこしでも賢くなれるように
     努力することが大事なのだ。
    というのが諭吉の「学問のすゝめ」の論旨なのです。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク