• 黒船来航とペクサン砲


    当時の武士たちにとって、ペクサン砲がもたらす被害がどのようなものになるか。
    それは簡単に予測がつくことです。
    そして予測がついたなら、被害が発生する前に行動をしなければならない。
    それが武士の務めです。
    そのような武士が、庶民から見たときに、慌てふためいて「たった四杯で夜も眠れず」という狂歌になったくらいの衝撃を受けているのだし、それがペリー来航が特別な出来事になった理由です。
    事態が起きてから「たいへんだ、たいへんだ」と騒ぐのではなく、たいへんなことを予測して行動する。いまの日本のメディアとは真逆の姿がそこにあります。

    海軍用ペクサン砲、フランス国立海軍博物館
    ペクサン砲



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    ペリー来航といえば、幕末の黒船来航として、みなさまご承知おきのことと思います。

     太平の眠りを覚ます上喜撰
     たった四杯で夜も眠れず

    の狂歌は、学校の教科書でも紹介され、みなさまご存知のことです。
    黒船が来て、幕府から江戸の市民まで大騒ぎになったことを茶化して詠んだ歌ですが、この狂歌が紹介されるときは、必ず同時に、
    「当時の日本は遅れた国で、
     そこに黒船という強大な文明がやってきたから
     日本人は周章狼狽し。
     幕府もみっともなく慌てふためいた」
    と耳打ちされるわけです。
    何も知らない生徒や視聴者たちは、それでコロリと騙される、というわけです。
    けれど、
    1 ペリーが黒船でやってきたこと、
    2 日本中が大騒ぎになったこと
    は事実(史実)ですが、この「」の中の台詞は、ただの解釈であり、意図的に事実を捻じ曲げたものであり、極めて思想的な煽動性を持つ刷り込みです。

    なかには(どの本かは忘れましたが)、吉田松蔭が黒船に乗り込もうとしたシーンで、松蔭が、
    「私は、なぜあのような鉄の船が海に浮くのかを知りたいのだ。
     彼らの文明とはいかなるものなのか、
     是非、自分をあの船に乗せてもらいたい」
    と、黒船に乗り込もうとして幕府の官吏によって逮捕されたという描写がありました。
    要するに吉田松陰ほどの人物が、「鉄が海に浮くことが信じられない」というのですが、それはおもしろい描写ではあるけれど、ありえないことです。

    なぜって、江戸の昔といわず、もっと古い時代から、日本には鉄製のお鍋や、オカマがあったし、鍋もオカマも水に浮くことは、子供でも知る常識であったからです。
    それにそもそもペリーの座乗した船は木造艦です。

    また、鉄の船というのなら、黒船来航の300年も前に、織田信長が本願寺攻めを行った時に、木造船に鉄板を張った巨大戦艦を建造しています。

    蒸気エンジンに驚いたと書いた本もありましたが、蒸気エンジンが外交上どのような影響をもたらすのかとなると、その技術への驚きはあったかもしれないけれど、そうしたエンジンがあるということは、すでにそれ以前に、オランダから日本はちゃんと情報を入手しています。
    ですので、そのことが幕府を驚かしたということも、実は、あまり説得力を持たないのです。

    では、どうして幕府は、ペリーの黒船に、あれだけ大きな衝撃を受けたのかというと、実は答えは「大砲」にあります。


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク