• 現代日本型ストレス社会の原点は東京裁判にあり


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    抑圧は、ストレスを生み、ストレスはうつを生みます。
    現代日本がストレス社会だと言われている背景には、そういう嘘の刷り込みによる抑圧が、実は底にあったのです。
    そしてその嘘の刷り込みの出発点が、実は東京裁判にあった、というのが今日のお話です。

    20210325 東京裁判
    画像出所=https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65850
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    自虐史観の原点が東京裁判にあるということは、いまや多くの日本人の知るところです。
    東京裁判は、裁判の名を借りた茶番劇であったことは、いまや日本人なら誰もが知っています。
    しかしその茶番によって死刑執行まで行われました。
    このことは(結果として)戦勝国である米国にとって恥ずべき歴史の一幕です。
    ですから米国の学校では、ナチスドイツを裁いたニュルンベルク裁判は学校で教えるけれど、東京裁判は教えません。
    なぜなら東京裁判は、各論になればなるほど、日本の正当性が証明されてしまうからです。

    そもそも教育というのは、単に「1+1=2」を教えるものではありません。
    我々人類は、数十万年の時を経て、ようやく民主主義国家へとたどり着いたわけです。
    その大切さをきちんと教え育むのが、国家が行う教育です。

    もっとも民主主義の定義は、国によって違うようで、18日に米アラスカ州で会談したブリンケン米国務長官と楊潔篪(ヤン・ジエチー)中国共産党政治局員との会談では、楊氏が、
    「米国には米国流の民主主義があり、
     中国には中国流の民主主義がある」

    と発言して話題になりました。
    チャイナは共産党の一党独裁政権であり、党名通りの共産主義国であると思っていたのですが、どうやら彼らには共産主義こそが民主主義らしい(笑)
    その場には、チャイナの王毅外相もいましたが、チャイナでは、外相よりも楊政治局員の方が地位が上です。
    楊政治局員から見たら、外相などはただの使い捨ての駒でしかない。

    ちなみに、相手の言葉の意味そのものを真逆にすり替えて世の中を混乱させるのは、中共の日常的交渉手段で、ここで中共側の言葉のトリック「中国には中国流の民主主義がある」にひっかかると、以後の議論がどんどんおかしなものになります。
    あらゆる不正を行った挙げ句、自己の正当化をしてしまうのは、昔から、これはチャイナが共産主義国かどうかに限らず、彼らの国の権力にとっての習い性です。

    というより、彼らの社会においては、ひとたび「自分が悪うございました」と言うと、以後、未来永劫、すべての責任を押し付けられるのみならず、家族から親類縁者まで、自分の血筋の者は、全員その血が絶えるまで虐殺されきたという歴史を持ちます。
    ですからいかなる場合でも、自分の立場が絶対的に正しいという形を取ります。

    起きた事実が明らかにまずい状態にあるなら、それはなかったことにしてしまうし、なかったのだから、それは正しい判断であったことになるし、相手がより良い立場、より人々の共感を得れる立場にあれば、その相手の立場を、相手の言葉を用いて強引に自分の立場にすり替えてしまう。
    たいへんに悪質なものですが、彼らの社会では、歴史に明らかになったすくなくとも2500年以上、そうあることができる者だけが生き残ることができたのです。
    これは民族的伝統であり、習慣であり、習性です。

    もちろんこれには個体差があります。
    日本人でも、チャイニーズ同様のアコギな人はたくさんいます。
    逆にチャイニーズであっても、より良い日本人以上に、正しく生きようと努力している人もまた、たくさんいます。
    ですから上に述べたことは、あくまでも縮図としての政治的傾向性です。
    全員がそうだということではありません。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本人に日本語が通じない


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    責任ある社会人とって大切なことは、自分の頭で考え、行動し、同じ共同体の一員としてコミュニケーションをとることができることです。
    国家が行う教育はそのためにあります。
    それができない日本人が増えています。
    これは戦後の文科省の大罪です。

    20210308 国語
    画像出所=https://kyoiku.sho.jp/41127/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    最近の老人(主に70代以上)の方は、若者の話す日本語の単語の8割が理解できないという話があります。
    8割という数字の根拠になるものまでは知りませんし、興味もありませんが、若者言葉が年寄りの話す日本語と、かなり違ってきているというのは事実であろうと思います。

    代表的なものをいくつかあげてみたいと思います。
    店員「レジ袋はご利用ですか?」
    お客「はい、大丈夫です」
    (必要なのか必要でないのか、どっち!?)

    若者「最近さあ、この情報がバズってんだよね」
    老人「???」
    (バズるというのは、情報があっという間に広がることをいいます)

    老人「君たちは仲間同士なの?」
    若者「俺たちクラスタさ」
    老人「コロナですか?!」
    (クラスタは単に集合体とか仲間の意味で使われている)

    若者「みつです」
    老人「え、二人だよ?」
    (若者言葉で「みつです」は、距離が近いという意味)

    若者「今度の土日でおしゃピク行かない?」
    老人「それどこのお店?」
    (おしゃピクはおしゃれなピクニックの意味)

    早く帰ろうとする若者に
    老人「君、もう帰るのかい?」
    若者「今日はいえきゃんっす」
    老人「何のキャンセル?」
    (いえきゃんは、自宅でキャンプするという意味)

    若者「ちーぎゅう食べてえ」
    老人「和牛じゃないの?」
    (ちー牛は、チーズ牛丼の意味)

    老人「彼女はどうして泣いてるの?」
    若者「ぱおんですよ」
    (ぱおんは悲しみに沈んでいるという意味)

    若者「おじさん、すぱだりだよね〜」
    老人「うん。スパゲティ好きだよ」
    (すぱだりは、スーパーダーリンの意味)


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 共産政権の恐ろしさをウクライナに学ぶ


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    ちゃんとした歴史を学べば、真実が見えてきます。
    逆にいえば、ちゃんとした歴史をまなばせまいとする人たちが、どういう人たちかということも、おのずと明らかになるということです。

    20210308 ウクライナ
    画像出所=https://www.coindeskjapan.com/78945/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    ウクライナは、もともとはロシア発祥の地で、ヨーロッパの穀倉地帯と呼ばれる豊穣な土地です。
    ほとんどの国民は、敬虔なロシア正教の信徒です。

    そのウクライナに、旧ソ連の前身となる「ウクライナ社会主義ソビエト共和国」が誕生したのが、大正8(1919)年のことでした。
    旧ソビエト連邦というのは、このウクライナに出来た共和国に、大正11(1922)年になって「ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国」、そして「白ロシアソビエト社会主義共和国」等が合併し、出来上がった連邦国家です。

    下の写真は、帝政ロシア時代のウクライナ地方の絵葉書です。
    おそらく1921年頃のものであろうといわれています。
    つまり、ウクライナが、まだ共産圏に取り込まれて間もないころのものです。
    二人の女性は、とても暗い表情をしています。
    けれど、それでもまだこのときはお二人ともそれなりの体型をされています。
    つまり、食える状態にはあったことを示しています。

    ソ連に取り込まれたばかりのウクライナの農民
    ソ連に取り込まれたばかりのウクライナの農民


    この当時、旧ソ連の最大の外貨獲得手段が、ウクライナで産出される小麦でした。
    ただ、帝政ロシアの時代と、共産主義国であるソ連になってからでは、その輸出の仕方が、まるで違うものでした。
    第一に、農民の都合や天候など一切関係ない。
    クレムリンで政治が、これだけの収量を輸出に回すから国内で徴発せよと決めれば、その通りに徴発がなされるようになったのです。

    農作物というのは、天候によって毎年の収量は異なるものです。
    ところが共産主義というのは、なにごとも「政治主導」です。
    天候や農家の都合など関係ない。
    これが「政治主導」というものに内在する恐怖の一面です。

    当然、ウクライナの住民たちの生活は苦しいものとなります。
    ですから当時、ウクライナの民族主義者や、知識人、民主化推進の指導者たちは、さかんに政府批判を行いました。

    ところがここにも、共産主義の恐ろしさが発揮されます。
    ソ連政府は、こうしてソ連政府の行う徴発に抵抗したり、批判したりする者を、片端から逮捕、投獄しはじめたのです。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 桜花と野中五郎海軍大佐


    第81回 倭塾《本日》開催 令和3年3月21日(日)13:30開講 場所:東京・富岡八幡宮・婚儀殿


    「どいつもこいつも不適な面魂をしているナ。
     誠に頼もしいかぎりであ〜る。
     この飛行隊は日本一の飛行隊である事は間違いねぇ。
     何となれば隊長が日本一の飛行隊長だからであ~る。
     かく言う俺は何を隠そう、
     海内無双の弓取り、海軍少佐野中五郎であーる。
     かえりみれば一空開隊当初より、
     大小合戦合わせて二百五十余たび。
     いまだかって敵に後ろを見せたことはねぇ!」

    一式陸攻に懸吊された桜花
    一式陸攻に懸吊された桜花



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    3月21日は、一式陸上攻撃機搭載のロケット特攻機「桜花」による神雷桜花特別攻撃隊野中五郎大佐以下が九州沖に初出撃し、散華された日です。
    昭和20年(1945)のことでした。

    「桜花(おうか・桜花)」は、大東亜戦争の末期に実戦に投入されたロケットエンジンを搭載した特攻専用機です(写真)。
    世界最先端のロケットエンジン搭載の飛行機でしたが、当時の技術では、まだ自力で離陸することができませんでした。
    なので一式陸攻の下に吊るされて敵地まで飛び、上空で親機から切り離されたあと、ロケットを噴射して、一直線に敵艦に向かって突撃する仕様でした。

    搭載する爆弾は、1200kg爆弾です。
    通常の航空機による特攻の5倍近い威力の爆弾を搭載しました。
    「桜花」は、時速1040キロという音速に近いスピードで、一直線に敵艦に体当たり突撃します。
    成功すれば、その破壊力はすさまじいものです。まさに一撃必殺です。

    ところが搭載したロケットエンジンは、一瞬で燃料を燃やしつくしてしまいます。
    つまり、航続距離がない。
    桜花の航続距離は、わずか37kmです。
    30キロというのは、上空と海上とでは、最早目と鼻の先です。
    すぐそこに見える距離です。

    飛行機に乗って空港に着陸するとき、空港近くまで降りてきた飛行機から、付近にいる漁船などが見えますが、その距離がだいたい30キロです。
    そこまで近づいて、切り離されて、まっすぐに敵艦に向かうのです。

    桜花は、2トンを超える重量がありました。
    ですから、さしもの一式陸攻も、桜花を懸吊すると「飛ぶのがやっと」という状態になります。
    つまり速度が出ず、小回りもきかなくなります。

    ですから敵の戦闘機に襲われたらひとたまりもありません。
    桜花を懸吊した一式陸攻は、戦闘機であるゼロ戦に警護を固めてもらって、敵艦隊に近づきました。


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 十七条憲法第二条を読む


    第81回 倭塾開催 令和3年3月21日(日)13:30開講 場所:東京・富岡八幡宮・婚儀殿

    要するに第二条を要約すれば、
    「第一条の議論にあたっては、まず仏法僧を敬う心を持とう」
    もっというなら、
    「第一条の議論にあたっては、まず教養のある人間になろう!!」
    と述べているのです。
    これが十七条憲法の第二条です。

    20210216 聖徳太子



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    今回は、聖徳太子の十七条憲法の第二条を読みます。
    第一条はコチラです。

    第二条
     二曰
     篤敬三宝
     三宝者佛法僧也
     則四生之終帰
     万国之極宗
     何世何人 非貴是法
     人鮮尤悪 能教従之
     其不帰三宝 何以直枉。


    二にいわく。
    篤(あつ)く三宝(さんぼう)を敬(うやま)え
    三宝とは仏と法と僧なり。
    則(すなわ)ち四生(ししょう)の終帰
    万国の極宗(ごくしゅう)なり。
    何(いず)れの世、何れの人
    この法を貴ばざる。
    人(ひと)尤(はなは)だ悪(あ)しきもの鮮(すく)なし
    能(よ)く教うれば従う
    それ三宝に帰せずんば
    何をもちて枉(まが)るを直(ただ)さん


    《現代語訳》
    仏と法と僧とを篤(あつ)く敬いなさい。
    なぜならこれらは、あらゆる生命体の帰るべきところであり、万国のおおもとだからです。
    どのような世にあっても、どのような人であっても、この法を貴(たっと)ない者はありません。
    最初から極悪人など、あまりいないものです。
    よく教えれば、ちゃんと従うものです。
    では、どうやって教えるのかといえば、その根幹に仏法僧を置くことです。




     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 日本的議論のルール


    第81回 倭塾開催 令和3年3月21日(日)13:30開講 場所:東京・富岡八幡宮・婚儀殿

    お互いの言い分をちゃんと最後まで聞いて、その上で議論する。
    ただし、議論のための議論、すなわち屁理屈は認めない。
    また人格攻撃は行わない。
    議論は、あくまでその問題に限定して行う。
    ひとたび議論が決したら、あとで文句を言わない。
    これが日本的議論のルールです。

    20210319 堀秀政
    画像出所=https://app.k-server.info/history/hidemasa_meijin/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    豊臣秀吉にたいへん可愛がられた武将に堀秀政(ほりひでまさ)がいます。
    この堀秀政が福井県の北の庄の城主だったときのことです。
    城の門前に、一本の札が立てられました。
    内容は、秀政に対する批判の数々です。

    秀政の部下たちは怒ったそうです。
    「犯人を捜し出して厳重に処分すべし!」という声もありました。
    けれども、秀政は「やめろ。その札を持って来い」と命じました。

    そして大広間に家臣を集め、
    「お前たちに聞く。ここに書かれたことは偽りや虚言なのか、真実なのか、討論しよう」と部下たちに持ちかけたのです。
    どうなったのでしょうか?

    部下たちは、真剣な検討をはじめました。
    「これは書き手の勘違いだ」
    「これは言われる通りだ。城が悪い」
    一条ごとに率直な意見が交されました。

    すべての項目についての議論が終わったとき、それまで黙っていた秀政が言いました。
    「今の討論の結果を新しい立て札に書いて門の前に立てよ。書き手がどのような反応をするか見たい」

    一夜明けたとき、秀政が立てさせた札の前に、一枚の紙が貼ってありました。
    そこには、こう書かれていました。

    「おそれいりました。堀様はご名君です。どうぞいまのままのご政道をお続けください」


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 水師営の会見


    第81回 倭塾開催 令和3年3月21日(日)13:30開講 場所:東京・富岡八幡宮・婚儀殿

    私達日本人は、戦後、さまざまなものを手に入れました。
    そしてそれまでには考えられなかったような、すばらしく豊かで平和な日本を築き上げました。
    けれど、だからといって人として大切なことを忘れてしまったら、どうなるのでしょうか。
    人として大切なことを忘れてしまった人のことを、「人でなし」といいます
    豊かで平和でも、それが人でなしの国なら、そこは地獄と化すでしょう。
    そしてソドムやゴモラのように、神々は、そのような国をお許しにならない。

    20210317 水師営の会見
    画像出所=https://ameblo.jp/jtkh72tkr2co11tk317co/entry-12430736755.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    以下は「水師営(すいしえい)」という題で、かつての国民学校初等科6年(いまの小学6年生)の国語教科書に書かれた一文です。
    この文章を読んで、皆様は何をお感じになられるでしょうか。

    ********
    「水師営」
    国民学校初等科国語六

    明治38年1月5日午前11時・・・この時刻を以って、わが攻囲軍司令官乃木大将と、敵の司令官ステッセル将軍とが会見することになりました。
    会見所は、旅順から北西四キロばかりの地点、水師営の一民屋でした。
    附近の家屋という家屋は、両軍の砲弾のために、影も形もなくなっていました。
    この一民屋だけが残っていたのは、日 本軍がここを占領してから、直ちに野戦病院として使用し、屋根に大きな赤十字旗をひるがえ していたからでした。

    前日、壁に残っている弾のあとを、ともかくも新聞紙で張り、会見室に当てられた部屋には、大きな机を用意し、真白な布を掛けました。
    下見分をした乃木将軍は、陣中にふさわしい会見所の情景にほほ笑んだが、壁に張ってある新聞紙に、ふと目を注いで、
    「あの新聞紙を、白くぬっておくように」
    といいました。
    新聞紙は、露軍敗北の記事で満たされていたからです。

    さきに1月1日、ステッセル将軍は、わが激しい攻撃に守備しきれなくなって、ついに旅順開城を申し出て来ました。
    乃木将軍はこの旨を大本営に打電し、翌日、両軍代表は、旅順開城の談判をすませたのでした。


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

最新コメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク