• 究極の防衛兵器


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX


    20210126 太古の地球
    画像出所=https://shin-honne.com/aji461/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    笹の才蔵(ささのさいぞう)の物語は、以前にも何度かこのブログでご紹介しています。
    要約を申し上げると、戦国時代のこと・・・・。
    可児才蔵(かにさいぞう)という宝蔵院流の槍(ヤリ)の名手がいて、戦(いくさ)の場では、討った敵将の数が多すぎて、首を腰にぶら下げきれないからと、戦(いくさ)の度に背中に笹(ささ)を背負って、自分が討ち取った敵将の首に、笹の葉を咥(くわ)えさせていた。
    そのため、ついたあだ名が「笹の才蔵(ささのさいぞう)」であったわけです。

    ある日、才蔵に試合を申し込む武者が現れる。
    有名な才蔵を倒して、自分の名を売ろうというわけです。
    日時が指定され、相手の武者が河原で待っていると、果たして笹の指物を背中に挿して甲冑(かっちゅう)で身を固めた才蔵がやってくる。
    そして才蔵の部下10名が鉄砲を持ち、火縄に火をつけて、後ろに控えるわけです。
    相手の武者は驚いて、
    「これは実戦ではない。試合だ」と抗議する。
    ところが才蔵、
    「俺の試合はすべてが実戦だ」と笑いながら答えましたとさ・・・というのが、このお話です。

    ちなみに可児才蔵、実在の人物で、亡くなったのが1613年、いまからおよそ400年前です。

    さて、実はこの才蔵の行動に、日本武道の極意があります。
    あるいは日本人らしさがあると言っても良いのです。

    どういうことかというと、西洋的な価値観ならば、リングの中で、一定のルールのもとでフェアに戦うのが格闘技です。
    ボクシング、レスリング、フェンシングといった武術から、野球やバレーボール、バスケットボール、などの団体種目に至るまで、すべて同じで、あくまで一定のルールがあって、そのなかでフェアに戦う。
    だから、日本武道である柔道や空手まで、体重別になったりします。

    ところが実戦にはルールも体重差もありません。
    たとえば、ラグビーは、比較的大柄で筋肉質な紳士のスポーツですけれど、相手チームが全員、身長3メートルを越え、体重も300キロを越えるような選手たちだったら、たぶん試合になりません。
    けれど実戦なら、そういうことは普通にあるわけです。

    先の大戦のときの日本人男子の平均身長は155cmです。
    対するアメリカ人の当時の平均身長は170センチ、身長の大きいことで有名なオランダ人は180センチでした。
    いわばゴリラと日本猿の戦いみたいなものですが、そんな中にあって、日本兵がもっとも得意としたのが、平手で対面して戦う白兵戦で、白兵戦なら負け知らずというのが、日本軍の誇りです。
    体重別どころか、実戦ではむしろ体の小さな方が強かったりしたのです。

    たとえば筋骨隆々の腕相撲チャンピオンと、普通にアームレスリング(腕相撲)で勝負したら、日本のどんな武人でも勝ち目はありません。
    ところが日本の武道家は、そんな筋骨隆々のチャンピオンを腕相撲で簡単に打ち負かします。

    どういうことかというと、力と力がただぶつかり合うスポーツ・ルールなら、まず華奢な日本人に勝ち目はありません。
    ところが、精力善用、相手が力を入れるなら、こちらは力を抜く。
    嘘みたいな話ですが、それで簡単に相手を抑え込んでしまことができたりします。

    純粋に力と力がぶつかり合う局面というのは、実生活ではまずありません。
    押せば引く、引けば押すの世の中で、むしろ相手が押してきたら、サラリと身をかわし、相手が引いたら、すかさず抑え込むというのが、実際の生活の知恵であり、日本武道の心得です。

    先日、ある人と話しているときに、スイスの民間防衛の話が出ました。
    けれどその人いわく、
    「なに古臭いこと言ってるんですか。
     国民皆兵なんてのは、先の大戦中の話です。
     技術は進歩してるんです。
     いまなら、もし日本が攻撃されたら、
     日本は地球そのものを滅ぼしてしまうようにしたら良いのです。
     日本の技術ならそれが可能です。
     そしてそんな技術を日本が持っていたら、
     日本を攻撃できる国は
     世界中からいなくなります。」


    おもわず「なるほど!」と膝を打ちました(笑)。

    では、尖閣などの洋上を蚕食されるような場合はどうするのでしょうか。
    漁船を装った軍用船で、実効支配してしまう。
    あるいは竹島のように、勝手に上陸して領土宣言してしまう。
    このようなものにどのように対処したら良いのでしょうか。

    答えはかんたんなことです。
    相手がコソコソと泥棒猫のようにやってくるのなら、こちらは堂々と、相手に数倍する圧倒的な火力で相手国の船舶等を叩けばよいのです。

    いまだに国内に、自衛隊や警察のことを、やたらに叩こうとする人たちがいます。
    自衛隊を叩くのは、日本が弱いほうが、日本を侵略しやすいと考えている他国からカネをもらっているからです。
    つまり売国奴です。
    警察を叩くのは、犯罪者のグループからカネをもらっているからです。
    つまり自衛隊や警察の威力を弱めようとするあらゆる力は、国民の目からみたら、反社会的組織や外国への利敵行為であり、売国奴の行う行為であるということを、私達は、あらためて知る必要があります。


    お読みいただき、ありがとうございました。
    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行でした。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
    メールでお申し出ください。

    nezu3344@gmail.com

     最新刊
     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

最新コメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク