• 現代日本型ストレス社会の原点は東京裁判にあり


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    抑圧は、ストレスを生み、ストレスはうつを生みます。
    現代日本がストレス社会だと言われている背景には、そういう嘘の刷り込みによる抑圧が、実は底にあったのです。
    そしてその嘘の刷り込みの出発点が、実は東京裁判にあった、というのが今日のお話です。

    20210325 東京裁判
    画像出所=https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65850
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    自虐史観の原点が東京裁判にあるということは、いまや多くの日本人の知るところです。
    東京裁判は、裁判の名を借りた茶番劇であったことは、いまや日本人なら誰もが知っています。
    しかしその茶番によって死刑執行まで行われました。
    このことは(結果として)戦勝国である米国にとって恥ずべき歴史の一幕です。
    ですから米国の学校では、ナチスドイツを裁いたニュルンベルク裁判は学校で教えるけれど、東京裁判は教えません。
    なぜなら東京裁判は、各論になればなるほど、日本の正当性が証明されてしまうからです。

    そもそも教育というのは、単に「1+1=2」を教えるものではありません。
    我々人類は、数十万年の時を経て、ようやく民主主義国家へとたどり着いたわけです。
    その大切さをきちんと教え育むのが、国家が行う教育です。

    もっとも民主主義の定義は、国によって違うようで、18日に米アラスカ州で会談したブリンケン米国務長官と楊潔篪(ヤン・ジエチー)中国共産党政治局員との会談では、楊氏が、
    「米国には米国流の民主主義があり、
     中国には中国流の民主主義がある」

    と発言して話題になりました。
    チャイナは共産党の一党独裁政権であり、党名通りの共産主義国であると思っていたのですが、どうやら彼らには共産主義こそが民主主義らしい(笑)
    その場には、チャイナの王毅外相もいましたが、チャイナでは、外相よりも楊政治局員の方が地位が上です。
    楊政治局員から見たら、外相などはただの使い捨ての駒でしかない。

    ちなみに、相手の言葉の意味そのものを真逆にすり替えて世の中を混乱させるのは、中共の日常的交渉手段で、ここで中共側の言葉のトリック「中国には中国流の民主主義がある」にひっかかると、以後の議論がどんどんおかしなものになります。
    あらゆる不正を行った挙げ句、自己の正当化をしてしまうのは、昔から、これはチャイナが共産主義国かどうかに限らず、彼らの国の権力にとっての習い性です。

    というより、彼らの社会においては、ひとたび「自分が悪うございました」と言うと、以後、未来永劫、すべての責任を押し付けられるのみならず、家族から親類縁者まで、自分の血筋の者は、全員その血が絶えるまで虐殺されきたという歴史を持ちます。
    ですからいかなる場合でも、自分の立場が絶対的に正しいという形を取ります。

    起きた事実が明らかにまずい状態にあるなら、それはなかったことにしてしまうし、なかったのだから、それは正しい判断であったことになるし、相手がより良い立場、より人々の共感を得れる立場にあれば、その相手の立場を、相手の言葉を用いて強引に自分の立場にすり替えてしまう。
    たいへんに悪質なものですが、彼らの社会では、歴史に明らかになったすくなくとも2500年以上、そうあることができる者だけが生き残ることができたのです。
    これは民族的伝統であり、習慣であり、習性です。

    もちろんこれには個体差があります。
    日本人でも、チャイニーズ同様のアコギな人はたくさんいます。
    逆にチャイニーズであっても、より良い日本人以上に、正しく生きようと努力している人もまた、たくさんいます。
    ですから上に述べたことは、あくまでも縮図としての政治的傾向性です。
    全員がそうだということではありません。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

最新コメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク