• オーソリティと権威は違うもの


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    権威という言葉は、幕末に英語のオーソリティを翻訳してできた言葉です。
    しかし日本的な意味での権威を英語に訳すときには、これを英語の辞書に従ってオーソリティと書くと、意味がゆがみます。
    ですから、日本人が日本的価値観に目覚め、それを正確に、わかりやすく外国に向けて情報発信できるようになったときに、世界は、はじめて権力による支配に「待った」をかけることができるようになるといえるのです。
    これはものすごく重要なことです。

    20210422 笑顔家族
    画像出所=https://illust8.com/contents/9015
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    権力(パワー、Power)の構成要件は三つです。
     情報(インフォメーション)
     資金(ファンド)
     暴力(ゲバルト)

    人の集団内において、この3つのうちどれかひとつを握れば、かなりの力を発揮できるようになるし、二つ握れば権力の座を奪うことが可能です。
    そして三つ握れば、それはまぎれもない権力者です。

    西洋における世界観(これは宗教観と言っても良いのだけれど)は、世界には「主」がおわす、というものです。
    世界には主人がいて、世界は主人が所有している。
    主人はオーナーであり、最高権力者であり、人類とは異なる偉大な存在であり、人類は、その主のもとにあります。

    人類社会においては、主のもとにある者だけが「ヒューマン」です。
    主の下にない、他の神を信じる者は「ヒューマン」ではありません。

    また「ヒューマン」であっても、神に近い存在となれた者と、ヒューマンのままの者が存在します。
    労働は、神に与えられた人類の原罪ですから、労働をしない者、しなくても良い者は、より神に近い存在です。
    神から遠いものほど、きつい労働が課せられます。

    このことから、人類社会に階層が生まれます。
    トップにあるのが、主のもとにあって労働をしない者。
    次にあるのが、主のもとにあって労働をする者。
    その下にあるのが、主のもとにない、つまりヒューマンではない者。

    これが原点になり、ここから社会の細かな階層が生まれます。
    そして社会は、完全にピラミッド型の社会となります。

    ピラミッド型社会では、より上位の者が、より大きな権力を持ちます。
    つまりこの世は、一握りの「情報、資金、暴力」を支配した者によって、支配されることになります。
    そしてそうした社会構造にあっては、下の者たちは、上の階層の者たちのために働く、ただの働き蜂となります。

    以前にも書きましたが、世の中はすべて「ないものねだり」です。
    ですから、民主主義を理想とする社会は、実は少数の大金持ちに支配され、多くの民衆が隷属させられているという、支配被支配の社会であって、実はそこに民主主義はない。
    自由主義を理想とする社会に、自由はない。
    共産主義を理想とする社会に、平等はない。
    ないから、欲しがるのです。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 野菊の墓と心の襞(ひだ)のすれ違い


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    男と女は頭の構造が違います。
    だから葛藤があり、葛藤があるから小説の題材になり、人々の共感を得る。
    人々は、そんな葛藤の中で、持って生まれた魂を鍛え、訓練し、自分の魂をより高度なものに成長させる。
    それが魂がこの世に生かされている理由としてきたのが、日本の国柄であり国民性です。

    木下恵介監督『野菊の如き君なりき』より
    20151108 政夫と民子



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    伊藤左千夫の小説『野菊の墓』に、主人公の政夫と民子の次の会話があります。
    今回は、すこし詳しく考えてみたいと思います。

    会話の民子は17歳、政夫が15歳です。
    兄弟同然に育てられた二人は、互いに慕情を抱いています。
    二人は畑仕事に行く途中、道端に咲いている野菊を見つけます。

    **********

    「まア綺麗な野菊、
     政夫さん、私に半分おくれッたら。
     私ほんとうに野菊が好き」

    「僕はもとから野菊がだい好き。
     民さんも野菊が好き?」

    「私なんでも野菊の生れ返りよ。
     野菊の花を見ると
     身振いの出るほど好もしいの。
     どうしてこんなかと、自分でも思う位」

    「民さんはそんなに野菊が好き。
     道理でどうやら民さんは野菊のような人だ」

    民子は分けてやった半分の野菊を顔に押しあてて嬉しがった。
    二人は歩きだす。

    「政夫さん、私野菊の様だってどうしてですか」

    「さアどうしてということはないけど、
     民さんは何がなし野菊の様な風だからさ」

    「それで政夫さんは野菊が好きだって?」

    「僕大好きさ」


    *********

    と、こういう会話です。
    この小説は、小学校のときに読んで、また映画化もされています。
    下にYoutubeを貼りました。
    映画でも、この通りに描写されました。

    民子にしてみれば、
     政夫さんは野菊が好きだと言った。
     自分のことを野菊のような人だと言った。
     ということは、
     政夫さんは自分のことを好きだと言ってくれている・・・。

    と、このように思うから民子は、頬を赤らめながら、うつむいて黙ってしまうわけです。
    大好きな政夫さんが、間接的にせよ、自分のことを好きだと言ってくれたと感じたのです。

    女性の方なら、以上の意味は説明するまでもないことと思います。
    ところが、男にはこれがわからない。


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 感銘を受けた二冊の本


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    読んで、これは!と思えた2冊の本をご紹介します。
    どちらも、あっという間に読めてしまう本です。
    そしてどちらも、前向きな良い刺激を与えてくれる本です。

    20210420 一寸先は光です20210420 この国の希望のかたち



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    読んで、これは!と思えた2冊の本をご紹介します。
    どちらも、あっという間に読めてしまう本です。
    そしてどちらも、前向きな良い刺激を与えてくれる本です。

    1 『一寸先は光ですー風の時代の生き方へ』
       はせくらみゆき著 青林堂
    2 『この国の希望のかたち 新日本文明の可能性』
       伊勢雅臣著 グッドブックス


     *

    1 『一寸先は光ですー風の時代の生き方へ』
       はせくらみゆき著 青林堂


    ※この 『一寸先は光ですー風の時代の生き方へ』は、諸事情から発刊日が5月10日に延期になったと、本日(4月21日午後)出版社様から連絡が入りました。とても良い本ですので、みなさまぜひ、ご予約を。

    はせくらみゆきさんは、個人的に、本物の神様、もしくは本物の神様の依代となられておいでの方のように思っています。とにかく素敵な方で、我々を素敵な未来に導いてくださるような、そんな方です・・・などと書くと、まるでどっっかの宗教団体の勧誘のようですが(笑)、そんなふうに思えるほど、すごい方です。

    そのはせくらさんが、我々が住んでいる世界が、どのようになっているのかを、明るく、わかりやすく書き下ろしたのが、この本です。
    このように申し上げますと、「ああ、スピリチュアル系の本か」と思われるかもしれませんが、はせくらさんは、間違いなく、理系女子です(笑)。
    物理に関する造詣も、ものすごく深い。

    けれど、そういうことを、むつかしい数式で説明されても、我々にはチンプンカンプンですが、はせくらさんは、ものすごくわかりやすく、腑に落ちる形で我々に教えてくれます。

    特に最後の方にある、「日本語という宝」という章などは、まさに我が意を得たりという感じで、これはぜひ、みなさまにもお読みいただきたいと、推薦させていただく次第です。




    2 『この国の希望のかたち 新日本文明の可能性』
       伊勢雅臣著 グッドブックス


    伊勢さんといえば、経営学博士で、「国際派日本人養成講座」の編集長として、すでにご存知の方も多いかと思います。
    このブログでも、度々「国際派日本人養成講座」のメルマガの記事を引用させていただいています。

    その伊勢さんが、新たな日本建設に向けての具体的な指針となる本として、出されたのが、この本です。
    これは出版社であるグットブックスの企画の大勝利ともいえる本です。

    現状の問題点を鋭くえぐる、といった内容の本や講演会などは、数々あります。
    保守系のものもあれば、左系のものもあります。
    けれど、いずれもそこで行われていることの多くは、ただ問題を指摘するに留め、具体的な解決策を持ち合わせてはいません。

    まれに、田中角栄元総理の『日本列島改造論』のように、具体的な青写真を述べた本も出ますが、逆に「How」に寄りすぎてしまって、世の中の批判を被るという結果になってしまいました。
    「まれに」と書きましたが、日本を良くするための具体的な解決策を示した本というのは、実は、いまから49年も前に出された『日本列島改造論』以来、ほぼまったく出ていないと言っても過言ではないと思います。

    ところが、この『この国の希望のかたち 新日本文明の可能性』は、『〜改造論』のような「How」に偏らずに、今日本が抱える問題点と、その本質、解決の可能性と、実施の方向についてを、きわめて明瞭に示しているという点において、『改造論』以来、はじめて日本の新たな可能性を明示した本として、ある意味、歴史に残る名著といえる本であろうかと思います。

    筆者は、第4章の「新日本文明における農林水産業の再生」から読み始めたのですが、そうか!そういう方法があったんだ!と、まさに目を開かれる思いがしました。

    日本をなんとかしたいと思う方、これからの日本の可能性の中で、これからの人生にチャレンジしていこうと思われている方などに、必読の本です。





    お読みいただき、ありがとうございました。
    日本をかっこよく!! むすび大学。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。



     最新刊
     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • ブリコラージュとアブダクション


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    瞬間瞬間の問題解決をブリコラージュしていくと同時に、いま抱えている問題と、神話や古典や歴史などをクロスオーバーさせながら、アブダクションする。
    そうすることで、たいていの問題は、解決の糸口が見つかります。

    20210419 未来の日本
    画像出所=https://stage.st/articles/drmbA
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    ジャンボジェット機に限らず飛行機(たとえば羽田から沖縄に飛ぶ飛行機)には、一定の航路があるのだけれど、実は航路通りに飛ぶ飛行機はありません。
    その日、その時間によって、上空の気流は毎日全部違う。
    飛行機はその中を飛ぶから操縦士がいるのです。

    自動車の運転も同じです。
    高速道路を目的地に向かって走行しようにも、路面の微妙な変化によって、クルマは左右にぶれます。
    だからドライバーは、ハンドルを微妙に操作して、走行車両が車線からはみ出さないようにクルマを操作します。
    もっとも最近では、自動運転などが登場して、運転手が操作しなくても、ハンドル操作までクルマが勝手にやってくれるといったシステムも登場するようになりました。
    そうしたシステムが必要なのは、クルマは、操縦しなければ、目的地までたどり着くことができないからです。

    何かを成そうとするとき、一定の目標や目的地はあっても、物事が予定通りに進むことは、まず、ありません。
    早い話、子供の頃に、誰もが「夏休みの計画帳」なるものを作った記憶があろうかと思いますが、明治の学制が敷かれて以来、その「夏休みの計画帳」の通りに夏休みを過ごせた子供は、おそらく皆無です。

    かつてソ連が「経済五カ年計画」なるものを想定し、これによって大成功を治めたと宣伝した結果、主に左翼系の学者さんたちによって、企業においてもこうした「計画」が大事であり、長期五カ年計画、中期三年計画、当期経営計画なるものを作ることが、企業にとってあたりまえの常識であるかのように宣伝されたことがあります。

    けれど、時間と能力と経費をかけて、そんな計画書を作っても、そのとおりに実現できた会社は、世の中におそらく皆無です。
    もっとも、お金を貸す側の金融機関では、企業との力関係保持のために、なんだかんだと言って当該企業に経営計画書を作らせ、あとになって「計画通りになっていないではないか」といって、貸し渋りや貸し剥がしがいつでもできるようにしておく、という(ある意味、悪意での)意味で経営計画書なるものを要求するということは、よくありました。

    しかし冷静に見て、世の中に計画通りにピッタリとうまく行った会社など、(繰り返し申し上げますが)皆無だと、これはおそらく断言して間違いないと思います。

    とりわけ昨年以降は、コロナの影響によって、それ以前の経営計画書は、日本中の企業において、すべてゴハサンになりました。
    あるいはもっと以前なら、震災の被災地における企業の経営計画は、すべてゴハサンです。

    計画が不要だと申し上げているわけではありません。
    ある程度の計画は、目的地にたどり着くために必要だし、計画達成という目標のもとに、さまざまな準備や、達成のための活動が必要になることは事実です。

    申し上げたいのは、計画し、準備万端整えたうえで、実際の日々の活動は、常にブリコラージュ(Bricolage)による、ということです。
    多くの企業が、あるいは国が組織が個人が、ここを間違えることで失敗を繰り返しているといえる、ということです。
    計画に固執してしまうのです。

    昔、『踊る大捜査線』で、アオシマ君が、
    「事件は現場で起きているんだ!」
    という有名な決め台詞を吐いたことがありますが、まさに、そのことです。
    現場は、動いているのです。
    だから、軍隊でも、最前線に戦場指揮官がいるのです。

    碁でも将棋でも同じです。
    相手の出方次第で、当意即妙に打ち手を変化させていかなければ、絶対に勝つことはできません。
    特に、相手が強い場合なら、なおのことです。

    スポーツでも同じです。
    計画は必要です。
    しかし、計画通りにはなかなかいかないものです。

    そこでブリコラージュという考え方が出てきます。


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • オトナの学問


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    決して負けない。
    けっしてくじけない。
    それが神話の時代から続く日本人の精神であり、そのためにあるのが日本人にとってのオトナの学問です。
    私はそのように思っています。

    20210418 イザナギイザナミ
    画像出所=https://jun-tan.me/nihonshinwa-izanagi-izanami-kamisama/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    今回は「学問をするとはどういうことか」を考えてみたいと思います。
    まずはじめに明確にしておかなければならないことは、大人の学問と、小中学生の学問、幼児の学問は、「異なる」ということです。

    幼児の学問は、数の数え方とか、文字の読み方、書き方、そして何が正しいことなのかという価値観のもとになる神話教育などがその基礎となります。
    幼児と言ってあなどることなかれ。
    4〜5歳の子たちの暗記力、運動能力は、開発次第ではすさまじく、言語の取得から古文の丸暗記、教えかた次第では、大人顔負けのジャズやクラシックの演奏まで、幅広くこなさせることができます。
    そしてこの時期に学んだ価値観が、その人にとっての生涯の正義となります。

    小中教育では、さらにそれらの幅が広くなります。
    算数は数学となり、国語では単に読み書きだけでなく、その内容を理解して涙する感動する心を養うことができます。

    この時期から、理解度がテストで試されるようになります。
    江戸時代までの少年期教育が大きく変化したのがこの部分で、かつては試問と言って、先生の設問に答えて理解の程度を測るというものであったものが、明治以降には西洋式のテストにこれが替わりました。

    師匠の「試問」か、筆記試験(テスト)か。
    この違いは重要です。
    テストは、記憶力を試し、成績によって明確に生徒に順位を付けることができます。
    このことは、簡単に言えば、クイズに早くたくさん答えることができた者を成績上位とする、ということです。
    成績は客観的ですが、実は大事なことが抜けています。

    何が抜けているのかというと、ストーリーです。
    部品は、それを組み合わせて製品にしたときに、はじめて付加価値をもたらします。つまり、商品になります。
    商品にしたり、部品を組み合わせたりするプロセスが、ストーリーです。

    家を建てるとき、材木や大工道具がいくら正確に揃っていても、どういう家を建てるのかが決まっていなければ、家の建てようがありません。
    歴史でいえば、歴史上の事件名や人名をいくらたくさん覚えても、それらがどのように関連し、どのように歴史となっていったのかが理解されなければ、それは事件記録でしかなくて、歴史とは呼べません。

    部品の品質をあげるために、部品の品質を掘り下げることは大事ですが、いくら部品を掘り下げても、全体の組み立てラインがちゃんとできていなければ、自動車はできません。
    かろうじて理系が、戦後もその高度性を保つことができたのは、理系の場合、たとえば数学がそうですけれど、テストに「応用問題」を出すことができた。
    これが奏効したといえるかもしれません。
    なぜなら、応用問題を解くには、ストーリーが必要だからです。

    とりわけ戦後教育では、中学卒業者の集団就職の時代から大卒のホワイトカラーの時代に至る規格大量生産の時代の必要から、できるだけ均質性の高い卒業生であることが求められ、いまではすっかり、ただの記憶力のクイズに、素早く答えることができることが、あたかも学問であるかのような誤解が浸透するようになりました。

    これが高等教育になると、より顕著になります。
    もともと高等教育(いまの高校)は、中学までに、部品の作り方と、その組み合わせによる完成品の作り方を覚えたら、さらに高校では、その設計ができたり、あるいはもっと品質の良いものを組み立てたりという、応用力を養成するところでした。
    そもそも、昔は、15歳で元服で、オトナになったのです。
    ですから、高等教育は、大人向けの教育であったわけです。
    それがいまでは、小学校、中学校と、同じ子供向け教育が行われているだけです。

    大学になると、もっとたいへんです。
    明治の頃の帝大は、日本が西欧に追いつき追い越せのために、世界中から優秀な人材を集めて教授とし、世界最先端の教育を行った・・・つまり教育というより、大学の存在そのものに目的があったのです。
    ところが戦後の日本の大学は、旧帝大であっても、その目的性を失いました。
    私立大学も、本来は個性があり、建学の目的があったはずですが、いまではただのバイトのための休憩所になっています。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • マルかバツかではない、もうひとつの思考


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    たいせつなことは、どちらの解釈が正しいのか、といったマルかバツかにあるのではありません。必要なことは、何をたいせつにして生きるかであり、日々、より良い判断を積み重ねながら、よりよい未来を切り開くことです。

    20170403 待賢門院堀河
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    百人一首の80番に、待賢門院堀河(たいけんもんいんのほりかわ)の歌があります。

     ながからむ心も知らず黒髪の 
     乱れてけさはものをこそ思へ

    一般に、黒髪の乱れというのは、後朝(きぬぎぬ)といって、情事の翌朝のことを言います。
    ですからこの歌は、表面上は恋の歌であり、「黒髪の乱れて」というところに情事の後のエロティックな雰囲気が現れた歌であり、そんな髪を気にする女性ということで、百人一首の絵札では、待賢門院の堀河は、必ず手鏡を持った姿に描かれています。

    しかし、そうと決めつけるばかりが歌の鑑賞ではない、というのが今日のお話です。

    和歌を詠んだ歌人が、どのような思いでその歌を詠んだのか。
    本人に聞いてみなければ、そんなことはわかりません。
    けれど仮に本人に聞いてみたところで、人の心は十界互具(じゅっかいごく)といって、一瞬の中に三千の千々の思いがあるものです。
    言葉にできるのは、そのひとつにすぎず、ですから言葉はその人の一瞬の思いを述べるにとどまります。

    日本の和歌の文化のおもしろいのは、その千々に乱れる一瞬の思いを、言葉をできるだけすくなく削ぎ落としていくことによって、逆に、短い言葉の中に様々な思いを込めることに成功した文化である、という点です。
    ですから和歌の鑑賞は、読み方次第で、様々な解釈が可能になります。

    そして和歌というのは、歌人が、そのときの万感の思いを歌に託したものでもあるわけですから、鑑賞にあたっては、その歌人や、歌の背景を考えながら、鑑賞させていただくことになります。

    百人一首は、そうして過去に詠まれた様々な歌のなかから、藤原定家が百人の歌人の百首の歌を用いて、百首すべてで一首の歌になるように編纂した一大抒情詩とみることができます。
    そうであれば、この80番目に配置された歌は、百首全部の中のいち要素として配置されていることになります。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 特高警察を考える


    本日13時半から第82回 倭塾を開催します。
    詳細は↓から。
    https://nezu3344.com/blog-entry-4847.html


     人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。
     やはり向う三軒両隣(りょうどなり)にちらちらするただの人である。
     ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、
     越す国はあるまい。
     あれば人でなしの国へ行くばかりだ。
     人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。

    20210417 特高必携
    画像出所=https://www.kosho.or.jp/products/detail.php?product_id=294264516
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    ある書の序文をご紹介します。
    ちょっとお堅い文章ですが、短いので、是非ご一読なさってみてください。

    ======
    国家の進運は
    畢竟(ひっきょう)
    その国家本然(ほんねん)の
    独創的改革によって
    はじめて成就(じょうじゅ)し得(う)るものであって、
    決して模倣(もほう)によって
    招来(しょうらい)し得るものでない。

    日本には本来、
    建国の昔から貴き伝統があり、
    有難き国風がある。

    ロシアの真似も、
    英国の真似も、
    アメリカの真似も、

    すべてそれらは、
    この国風を長養(ちょうよう)する意味において摂取(せっしゅ)する場合においてのみ意義を発揮し得るのであって、
    単に模倣のための模倣は
    決して日本のためにならぬのである。

    その昔
    儒教仏教もこれが国風化したときに、
    はじめてそれは日本国家のものとなり得た事実に鑑(かんが)み、
    欧米舶来の新思想もまた、
    これを国風化して
    日本開展の一資料たらしむる覚悟が
    なければならぬのである。

    ======

    この文は、かつて特高(とっこう)と呼ばれた、特別高等警察官の職務手帳「特高必携」の冒頭序文にあるものです。(冒頭の写真)
    正式名称は、特別高等警察(とくべつこうとうけいさつ)といって、一般の警察機構が都道府県単位に独立した警察組織になっているのに対し、特高は内務省の直接指揮下にあり、全国規模で思想の取締を行いました。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク