• ブリコラージュとアブダクション


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    瞬間瞬間の問題解決をブリコラージュしていくと同時に、いま抱えている問題と、神話や古典や歴史などをクロスオーバーさせながら、アブダクションする。
    そうすることで、たいていの問題は、解決の糸口が見つかります。

    20210419 未来の日本
    画像出所=https://stage.st/articles/drmbA
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    ジャンボジェット機に限らず飛行機(たとえば羽田から沖縄に飛ぶ飛行機)には、一定の航路があるのだけれど、実は航路通りに飛ぶ飛行機はありません。
    その日、その時間によって、上空の気流は毎日全部違う。
    飛行機はその中を飛ぶから操縦士がいるのです。

    自動車の運転も同じです。
    高速道路を目的地に向かって走行しようにも、路面の微妙な変化によって、クルマは左右にぶれます。
    だからドライバーは、ハンドルを微妙に操作して、走行車両が車線からはみ出さないようにクルマを操作します。
    もっとも最近では、自動運転などが登場して、運転手が操作しなくても、ハンドル操作までクルマが勝手にやってくれるといったシステムも登場するようになりました。
    そうしたシステムが必要なのは、クルマは、操縦しなければ、目的地までたどり着くことができないからです。

    何かを成そうとするとき、一定の目標や目的地はあっても、物事が予定通りに進むことは、まず、ありません。
    早い話、子供の頃に、誰もが「夏休みの計画帳」なるものを作った記憶があろうかと思いますが、明治の学制が敷かれて以来、その「夏休みの計画帳」の通りに夏休みを過ごせた子供は、おそらく皆無です。

    かつてソ連が「経済五カ年計画」なるものを想定し、これによって大成功を治めたと宣伝した結果、主に左翼系の学者さんたちによって、企業においてもこうした「計画」が大事であり、長期五カ年計画、中期三年計画、当期経営計画なるものを作ることが、企業にとってあたりまえの常識であるかのように宣伝されたことがあります。

    けれど、時間と能力と経費をかけて、そんな計画書を作っても、そのとおりに実現できた会社は、世の中におそらく皆無です。
    もっとも、お金を貸す側の金融機関では、企業との力関係保持のために、なんだかんだと言って当該企業に経営計画書を作らせ、あとになって「計画通りになっていないではないか」といって、貸し渋りや貸し剥がしがいつでもできるようにしておく、という(ある意味、悪意での)意味で経営計画書なるものを要求するということは、よくありました。

    しかし冷静に見て、世の中に計画通りにピッタリとうまく行った会社など、(繰り返し申し上げますが)皆無だと、これはおそらく断言して間違いないと思います。

    とりわけ昨年以降は、コロナの影響によって、それ以前の経営計画書は、日本中の企業において、すべてゴハサンになりました。
    あるいはもっと以前なら、震災の被災地における企業の経営計画は、すべてゴハサンです。

    計画が不要だと申し上げているわけではありません。
    ある程度の計画は、目的地にたどり着くために必要だし、計画達成という目標のもとに、さまざまな準備や、達成のための活動が必要になることは事実です。

    申し上げたいのは、計画し、準備万端整えたうえで、実際の日々の活動は、常にブリコラージュ(Bricolage)による、ということです。
    多くの企業が、あるいは国が組織が個人が、ここを間違えることで失敗を繰り返しているといえる、ということです。
    計画に固執してしまうのです。

    昔、『踊る大捜査線』で、アオシマ君が、
    「事件は現場で起きているんだ!」
    という有名な決め台詞を吐いたことがありますが、まさに、そのことです。
    現場は、動いているのです。
    だから、軍隊でも、最前線に戦場指揮官がいるのです。

    碁でも将棋でも同じです。
    相手の出方次第で、当意即妙に打ち手を変化させていかなければ、絶対に勝つことはできません。
    特に、相手が強い場合なら、なおのことです。

    スポーツでも同じです。
    計画は必要です。
    しかし、計画通りにはなかなかいかないものです。

    そこでブリコラージュという考え方が出てきます。


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク