• 相手には証拠を要求し、自分は憶測で語る人たち


    第83回 倭塾 5月23日(日)13:30より開催
    https://www.facebook.com/events/535392340770225


    疑問に思ったのなら、その反対陣営の主張と比較検討してみることです。
    そして相手にばかり証拠や根拠、論拠を要求する者があれば、それはたいていの場合、工作員か、工作員に理性を奪われた馬鹿者か、カネのために魂を売った馬鹿者です。
    そういうことを行う人のことを「悪魔界の人」といいます。

    20210501 バイキンマン
    画像出所=https://tr.twipple.jp/h/42/80/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3x%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%83%91%E3%83%B3%E5%B7%A5%E5%A0%B4.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    某大国にある世界最大のニュース番組制作局が、その国のトップを決める選挙に際して、
    「候補者A陣営が選挙の違反などを主張したら徹底的に証拠を要求しろ。
     候補者B陣営に関しては、憶測で全面的に擁護せよ」
    と命令をしていたことが、あるジャーナリストの取材によって明らかになりました。

    こうした、
    「相手には証拠を要求し、
     相手が証拠を示せば憶測でそれらを否定し、
     自分たちは、ただの憶測を一方的に垂れ流す」
    この手法は、政治工作や情報操作をしようとする人たちにとって、いわばセオリーとも呼べるものです。
    その背景にあるのは、多くの場合、ただの金儲けであり、特定の個人または集団にとっての利益であり、多くの人々に苦痛を与えるものです。

    要するに、自分たちは証拠不要で、憶測による発言を垂れ流し、盛大な露出効果で世論を、自分たちに有利なように操作する。
    一方で、相手に対しては、常に細かに証拠を要求し、憶測で非論理的に証拠不十分として、相手の発言の信頼性を否定し、世間に不信感を与え、あるいは情報の削除取消を要求する。

    逆に言えば、誰かの主張に対して、証拠を要求したり、発言に水をさして事を曖昧にし、発言の信憑性を削ごうとする行為を行う者がいれば、それは、工作員か、あるいはそんな工作員にすっかり洗脳されてしまった、哀れな人たちだ、ということです。

    こうした洗脳に引っかかっている人は、意外と多いものです。
    とりわけ、自分がエリートであるとか、自分は頭がよいと過信している人ほど、
    「証拠は?根拠は?」といった指摘は、いっけんすると冷静で客観的なものに見えますから、工作にひっかかりやすいのです。

    これは大切なことで、どなたかも書いておられましたけれど、「真実はひとつしかない」という言葉自体が嘘を含む洗脳用語です。
    どういうことかというと、事実はひとつしかないけれど、真実は幾通りも存在するのです。

    たとえば織田信長は、本能寺の変で、明智光秀に攻められて死んだとされています。
    すくなくとも、その事件後、440年経過しているのですから、信長がいま生きていないことは事実です。
    ただし、信長が本能寺で死んだかどうかは、「そう書いてある文献がある」というだけで、実際のところはわかりません。

    つまり事実は、事件後440年経過した現代において、織田信長が生きていない(死んでいる)こと、および、信長が本能寺で死んだと書いた文献史料がある、というだけのことです。これが事実です。

    では、実際には、そのとき何が起きていたのか。
    そして本当に信長は死んだのか、それとも生きていたのか。
    それらを、誰もが納得できるストーリーにするのが、歴史です。
    ストーリーは無限にあります。
    つまり真実とされる筋書きは、幾通りも描くことができるのです。

    大東亜戦争の緒戦において、日本海軍が真珠湾を攻撃したのは事実です。
    しかし、では何故日本海軍は真珠湾を攻撃したのか、を納得できるように筋道立てて記述するのが歴史です。
    その筋書きは幾通りにも書くことができます。
    つまり、真実は、幾通りもあるのです。

    そしてその記述をするためには、その信憑性を保つために、いくつもの証拠を積み上げる必要があります。
    しかし、そうして積み上げた証拠のひとつでも、「それは嘘だ、間違っている」と述べれば、その記述そのものを否定しさることができます。
    そして、その主張をしている人自体の信頼性を奪うことができます。

    そしてこれが工作活動のための手段になります。

    対立する主張を評価するに際しては、バランス感覚が必要です。
    一方の側には証拠を要求し、一方の側は憶測だけで証拠を必要としない、というのでは、バランスのとれた議論であるとは言い難い。あたりまえのことです。

    その「あたりまえ」に気付くことができるかどうかが、情報化社会におけるリテラシーです。

    「リテラシー(literacy)」というのは、事象や情報を正しく理解・分析・整理し、それを自分の言葉で表現したり、判断する能力のことをいいます。
    そしてこのときに、一番役にたつリテラシーのための技術(もしくは判断基準)になるものこそ、「双方の主張のバランスを測る」というものです。

    そして、相手にばかり証拠を要求する主張や、論理的に整合性のつかない主張と、もし疑問に思ったのなら、その反対陣営の主張と比較検討してみることです。
    そして相手にばかり証拠や根拠、論拠を要求する者があれば、それはたいていの場合、工作員か、思想的にかなり偏った人であると、見切るのが正解です。

    なぜなら、そういうことを行う人は、いわゆる「悪魔界の人」だからです。
    悪魔界の人には特徴があります。
    これについては、鶴見クリニック院長の鶴見隆史先生が、次のように述べています。
    (この論考は、月刊『玉響』2015年6月号P36に掲載されています)

    1 自分本位
    2 正義を装って周囲を巻き込み、集団を作って悪いことをする。
    3 欲望、特に金銭欲が異常なまでに強い
    4 嘘をつくことをなんとも思わない
    5 自分に不都合になると、必ず理屈に合わない難癖をつける

    6 驚くほど心の中が冷たい
    7 相手のちょっとした欠点をあげつらって仮借ない攻撃をする。
    8 しつこい
    9 問題を都合よくすり替える
    10 他人の不幸が喜び

    11 考えが表面的で深みが「全く」ない
    12 自分への反省がまったくない
    13 他人の悪口が大好き
    14 電話魔
    15 言葉遣いが汚い

    16 固定観念の塊
    17 ちょっと御しやすいとわかると、調子に乗って傲慢で支配的な態度に出る
    18 根本的に品格がない(下品)


    このような人は、悪魔的人間というより、人の皮をかぶったケモノでしかありません。
    そうした人とは、
      関わらない
      近づかない
      寄せ付けない
    ことです。



    お読みいただき、ありがとうございました。
    日本をかっこよく!! むすび大学。


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    nezu3344@gmail.com

     最新刊
     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク