• 新しい時代の始まり


    第83回 倭塾 5月23日(日)13:30より開催
    https://www.facebook.com/events/535392340770225


    これまでとはまったく違う、新しい世界への入口とが開いています。
    これまであったものが崩れ、新しい時代が始まります。

    20210505 縄文文明
    画像出所=https://suwaarea-examine.com/jyoumon.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    1980年代、まさにバブルの絶頂期、ワンレン、ボディコン、お立ち台、ルンルン気分・・・。
    企業は求職者を求め、学生の青田買いのために学生のコンパに何百万円ものお金を出し、就職したてのOLさんたちが、こぞって海外旅行を楽しんだ時代。
    そして平成元(1989)年12月29日には、日経平均株価は38,957円44銭という、日本経済始まって以来の史上最高値をつけました。
    日本経済は、まさに我が世の春を謳歌していたし、日本経済は米国にも進出して、多くのハリウッド映画のスポンサーにもなっていました。

    そんな日本に、全米で反日運動が盛り上がりました。
    日本製のラジカセや自動車が壊され、「アメリカ人の魂を日本人に売るな!」と、さかんにキャンペーンが貼られました。

    ところがそのアメリカもハリウッドも、いまではすっかり中共マネーに汚染されています。
    しかも、そのことに対して、何の反対運動も起きないし、起きてもそれはまったく報道されません。

    幽霊の正体見たり枯れ尾花で、結局あのバブルの頃に、日本叩きに躍起になっていたのは、躍起になることのために裏でスポンサーが付いたからであり、また、金満大国となった日本から、お金を奪うためのキャンペーンであり、その裏には中凶がいたことは、いまとなっては明らかです。

    バブルが崩壊し、あれからもう32年。
    あれだけの繁栄を謳歌した日本が、なぜ、ここまでひどく落ち込んだ原因は、橋本龍太郎内閣が行った「不動産短期譲渡所得税」の課税であったと言われています。
    この課税によって、活気の溢れていた不動産市場はいっきに急ブレーキをかけることになり、前のめりになった市況は、不動産だけでなく、株価までも一気に崩落させ、日本は底知れない不況の時代へと突入させました。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク