• 山本権兵衛〜妻への愛と敬意


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    国も家族、社会も組織も家族です。ひとりひとりの愛、献身、思いやりの心、そういうものが国の柱、日本人の柱です。

    山本権兵衛
    20190515 山本権兵衛
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    先日、ある方と話していて、ひとつ気が付かせていただきました。
    それは、「ねずさんが他の歴史研究家や、古典文学研究家らと異なるのは、彼らが単に学問としての歴史や古典を説くのに対し、ねずさんはものすごく深い愛情をもって歴史や歴史上の人物、あるいは古典文学を説く。だけどねずさん自身は、自分自身のことを少しも愛していない」というご指摘でした。
    当たっているだけに、もう笑うしかない(笑)

    でも、古い奴だと思われるかもしれないけれど、本来、日本男児って、そんなもんだと思うのです。
    この世で一番キライなやつは誰かと問われれば自分自身だし、さんざん無茶をしてきたし、不器用だし、いつも誠実であり続けようと研鑽努力を重ねながら、最後はいつも失敗してきたし、嫌われたし、ろくなことはなかったし、いまさらなんで生きているのかわからないけれど、どうやらまだ息をしているらしいから、ろくでなしの自分を抱えて、それでも懲りずに誠実であろうと努力し続ける。
    どうしようもない。そうとしでしか生きられないから。そういう生き方しか知らないから。他の方法なんてわからないし、知ったところでどうせできないってわかっているから。

    今回ご紹介する山本権兵衛は、海軍出身で、日本の内閣総理大臣を二期(第16・22代)務められた方であり、戦後は、ずっと能無し総理という批判を受け続けた人物です。
    しかし彼は、若い頃は悪さばかりしていたけれど、長じてはどこまでも正直公正を貫こうとした一本気な人物です。だから個人的に、最も尊敬する歴史上の人物が誰かと聞かれれば、私は迷わず山本権兵衛と答えます。

    バカみたいに真っ直ぐに生き、戊辰戦争、西南戦争、日清日露戦争を戦い、関東大震災時の被災処理と復興を総理大臣として一手に引き受け、辞職後は元老に就任することを拒否して、妻とともに余生を送り、妻がこの世を去ると、あとを追うように自分もまたこの世に別れを告げています。

    そういう男が日本にはいたし、そういう男が生きることができた。
    私は、そういう男たちが生きることができる日本を取り戻したい。そういう男たちが立派に役割を果たして生きることができる世界にしていきたい・・・そんなふうにいつも思っています。

    ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人 第二巻』(2014年刊行)から、「山本権兵衛〜妻への愛と敬意」のお話をご紹介したいとおもいます。

    ▼武家の厳しい教育と実戦の体験

    戦前に第16代内閣総理大臣、第22代内閣総理大臣と、二度も総理を務めた人がいます。
    海軍大将の山本権兵衛です。
    薩摩藩士を経て海軍軍人となり、第二次山縣内閣で入閣、海軍大臣を八年間務め、日露戦争においては大臣として海軍を支え、日本海海戦を勝利に導いています。

    大国ロシアの南下政策によって日本に危機が迫る中、山本権兵衛は「ロシア海軍に必ず勝つ」という一点を目標に、海軍の大改革を行いました。
    その中で大抜擢されたのが、日本海海戦における司令長官東郷平八郎であり、参謀秋山真之であり、戦死して軍神となった広瀬武夫中佐でした。
    海軍といえば、昨今では海軍カレーが有名ですが、その海軍カレーを正式に採用したのも、実は、山本権兵衛です。

    山本権兵衛の父は、薩摩藩の槍術師範を務めていました。
    武家、しかも師範の家ですから、躾はとても厳しいものでした。
    彼が子供の頃の逸話があります。

    ある雪の降った朝のこと、権兵衛は庭で槍の稽古をしていました。
    雪の朝ですから、当然気温も低く寒いわけです。
    寒いですから、手がかじかみます。
    手がかじかんだら、稽古になりません。

    そこで権兵衛少年が、手にホウホウと息をかけていたのです。
    そこに槍術師範の父が家の中から現れました。
    父は、権兵衛の様子を見るや否や、裸足で庭に飛び下り権兵衛を怒鳴りつけました。
    「武士がそんなことで役に立つかっ!」
    戦いの場にあっては、寒いの熱いのと言っていられません。
    そして父は権兵衛の頭をつかむと、その頭を雪にねじこみました。

    山本家の子供たちは全員、寒中であっても毎晩、井戸水を石鉢に汲み入れ、翌朝、氷が張って冷たくなったその水で、家の中の拭き掃除をしていました。
    いまどきなら、子供への虐待行為とか言われそうです。
    けれど、昔の武家では、そうやって子供を厳しく育てていました。
    その厳しさのせいで自然と威厳が備わり、素裸で風呂に入っていても、ひと目で武家と分かったそうです。
    男も女もです。

    逆に、甘やかされたらろくな人間になりません。
    体罰はいけないとか、過度な躾がどうのこうのとか、そういうカタチの問題ではないのです。
    カタチの問題ではなく、大切なのは、厳しさのなかに相手への思いやりの心があるかないかです。

    厳しくも愛情ある教育のおかげで、権兵衛は正義感が強く、弱い者には優しい少年に育ちました。
    しかも三歳くらいから、武術を叩き込まれています。
    だからめちゃくちゃ強くて、年上の少年たちが四、五人でかかっても、権兵衛にかなわなかったそうです。

    いじめっ子たちが、他の子をいじめているところに権兵衛少年が現れると、いじめっ子たちは、
    「権兵衛が来たぁ!」
    と言って、一目散に逃げだしたそうです。
    「栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳(かんば)し」といいます。
    権兵衛は少年の頃から、みんなから一目置かれる存在だったのです。


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク