• トイレが個室であることの幸せ


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    日常の、あたりまえに思っていることが、実は世界の視点、歴史の視点から見たら、とんでもなくすごいことであったりします。
    そのひとつが、日本のトイレ事情です。
    トイレが個室であるという、ほんのあたりまえの常識が、世界では非常識であったりするのです。

    20190528 家光公の厠



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    この記事は2016年にアップして以来、5年間、毎年、アップし続けている記事です。
    私達は、日常のほんの些細なこと、空気のようにあたりまえと思っていることに、実は先人たちのおもいやりや、やさしさ、あるいは小さな努力の積み重ねがあることを、忘れてはいけないと思うのです。

    馬上枕上厠上(ばじょうちんじょうしじょう)といって、良いアイデアが浮かぶ場所は、馬に乗っているとき、寝ているとき、厠(かわや)、つまりトイレにいるときだと、いいます。
    この言葉は、北宋の文学者・政治家であった欧陽脩(おうようしゅう)の『帰田録』にある言葉です。
    つまりチャイナ発の言葉です。
    けれど、現代チャイナに、馬上枕上厠上のゆとりはあるでしょうか。
    ゆっくりとトイレに入って考え事をしている、そのような余裕はあるでしょうか。
    逆に日本はどうでしょうか。

    日本人にとって、いまではトイレは清潔で、ゆっくりとくつろげる空間とされます。
    もちろん、そうでないトイレもあるでしょうけれど、すくなくとも、多くの日本人が、トイレを清潔で居心地の良い空間にしたいと思っていることは事実だし、実際に清潔にしているご家庭やオフィスも多いことと思います。
    けれど、そういうことが維持され、継続され、安定的に社会に溶け込むことができた社会というのは、世界を見渡したとき、非常に少ないのです。

    もちろん北宋がそうであったように、時代によっては、それが実現できた国もあったことでしょう。
    ちなみに北宋は、日本とたいへんに親交があった国で、商業が活発であり、チャイナの歴史のなかにおいては、たいへんに豊かな国を実現できた国として知られます。
    ただし、そんな北宋も、金儲けに走り、あまりに軍事を軽視したために、北方遊牧民によって、またたく間に滅んでしまいました。

    我々は、歴史からなにを学ぶのでしょう。
    ただ昔はひどかった、昔は遅れていた、昔は権力者が、まるで児戯のように、まるでおバカそのものように威張っていた、そんなことを子供たちに教育して、何のメリットがあるのでしょう。

    たとえば、徳川五代将軍といえば、徳川綱吉です。
    その綱吉といえば、生類憐れみの令という馬鹿げた法を出して、犬公方と呼ばれたというのが昨今の常識(?)です。
    そしてこの虚構をもとに、教科書が書かれ、また、さまざまなドラマが描かれたりしています。
    しかし綱吉は、ヒゲを伸ばして武威を張り、酒を飲んで腹を立てたら目の前の人を公然と斬り殺す、そのような文化というか、悪弊をいかになくすか、という壮大なテーマに挑んだ将軍であり、だからこそ生類憐れみの令は、綱吉以後も、歴代将軍によって繰り返し発布されています。

    武士は刀を常時携行します。
    酒を飲んで、腹がたてば、つい抜いてしまうことは、普通にあることです。
    それは世の中を殺伐とさせます。
    しかし同時に、世の不条理を刀は正す力を持っていますし、それこそが武士の役目です。
    この両者を、どこでバランスするか。
    世の平和と、社会の秩序という、相反する2つの政治課題を、実は綱吉は、見事に実現してみせた、後の世からみれば、まさに天才将軍といえる大将軍であったのです。
    そういうことを教えようとしない。

    だいぶ以前のことになりますが、テレビで埼玉県川越にある喜多院の徳川家光公誕生の間を紹介していました。
    番組スタッフが見学に行き、お寺のご住職が案内するのですが、驚いたのが「厠(かわや)」の案内です。
    それが↑の絵の厠(かわや)です。



     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク