• 陰謀論について


    ◆次回倭塾は6月26日(土)開催です。
    13時30分講義開始、場所は東京江東区の富岡八幡宮婚儀殿です。
    https://www.facebook.com/events/469516267509745

    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    陰謀論は、多くの場合、陰謀をしているとされている人たちではなく、陰謀をしていると「言っている」人たちの側が、陰謀を働いていることが多いものです。
    ここでも「悪口は、悪口を言っている人が、はからずも自分のことを吐露している」という原則が働いています。
    惑わされないことです。

    20210623 世界人口
    画像出所=https://empowerment.tsuda.ac.jp/detail/48193
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    DSの陰謀だとか、ユダヤの陰謀だとか、大量殺戮だとか、ケムトレイルだとか、ネット言論を見ると、そのような話がてんこ盛り状態です。
    筆者はへそ曲がりなので、みんながそういうことを言っていると、逆のことを考えたくなります。
    だから述べるのですが、すこし冷静になって考えていただきたいのです。

    そうやって、西側諸国のトップレベルの人達が、あたかも悪意ある存在であるかのように言い立てることによって、いま、メリットを得られる国や支配者は、いったい誰なのでしょうか。
    寅さんが失脚することで、利益を得る国はどこなのでしょうか。

    歴史を振り返れば、大東亜戦争が始まる前の昭和13年、米国内に「日本の侵略に加担しないアメリカ委員会」という組織ができあがりました。
    そこには全米に影響力のあるVIPや、現職の大統領なども参加していました。
    そしてこの組織は、『日本の戦争犯罪に加担しているアメリカ』という80ページのブックレットを発行しました。

    そのブックレットが、6万部も印刷されて全米の有力者にバラまかれ、ルーズベルトは、これを世論だとして、日本への経済封鎖に踏み切りました。
    こうして、当時の多くの米国人が日本との開戦など望んでいなかったのに、日米は戦争になりました。

    いまでは、こうした委員会の作成や、ブックレットの配布などが、当時のチャイナを取り仕切っていた蒋介石によって世間の裏で、まさに陰謀として行われていたことが明らかになっています。
    そして、その目的は、米国やヨーロッパ諸国から、チャイナ国民党への援助金を引き出すためでした。

    蒋介石は、こうして米英仏露独から、いまで貨幣価値にしたら、数百兆円の資金と軍事物資を得ていました。
    要するに当時の蒋介石は、戦争ビジネスによって大儲けをしていたのであり、真面目な日本人や、真面目な米国人が、その大儲けのために殺し合いをさせられてしまったわけです。

    ほとんどの日本人が、現代の陰謀云々を知っているということは、それは世界全体が知ることであって、世界中の人たちが知っているなら、それはもう陰謀ではなく、常識化しているということです。
    けれど、その陰謀が、どこの誰から生まれているのか、誰がそのようなことを言い出しているのか等を、詳しく見ていくと、その先が霧に包まれているように判然としません。

    このことは、「日本の侵略」と言っていたかつての委員会の主張が、日本の行動のどこがどう侵略なのかを詳しく見ていくと、実は、まったく侵略でもなんでもなかったことに気付かされるのと同じです。
    逆に、日本が侵略したという前提で、その証拠となるものを調べていくと、それらがすべて捏造であったり、嘘であったりすることがわかる。

    そして当時から、嘘の吹聴のために、事態とはまったく関係のない、まったく別な写真が、侵略の証拠写真として出回っていたことにも気付かされます。
    いまと、まったく同じ展開です。


     最新刊
     

    続きを読む
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク