• 直指人心、見性成仏


    次回倭塾は7月17日(土)13時半から富岡八幡宮婚儀殿、テーマは「幻の極東共和国と古代の日本」です。
    詳細は→https://www.facebook.com/events/884676452313311


    何もかもがつながっている。
    自分ひとりだけではない。
    そのことの持つ意味の深さに、彼はそこではじめて、本当の気付きを得たのです。
    日本を取り戻す。
    その動きは、見性成仏を得て、いま、しっかりと新たな炎をあげつつあります。

    20160603 達磨図 白隠筆
    画像出所=http://rupe.exblog.jp/tags/%E9%81%94%E7%A3%A8/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    絵は「達磨図」で、江戸時代中期における臨済宗中興の祖と言われる白隠慧鶴(はくいんえかく)禅師が描いたものです。
    実に見事なこの図は、縦が2メートル以上もあります。
    絵には「見性成仏」と書かれています。

    これは臨済宗の本義である「直指人心、見性成仏」という言葉からとったものです。
    「直指人心」とは、文字や言葉によらず、自分の心の奥底にある仏性を把握することを言います。
    「見性成仏」は、自身の心底にある仏性と自分を一体化させることです。

    二つは禅の教えの根幹にある言葉なのだそうです。
    もっとも、この言葉の持つ意味は深く、このようにあっさりまとめてしまうと本格的に禅の修行をされている方から叱られてしまいそうです。
    言葉の意味を理解することと、言葉の奥底を解することはまるで違います。
    ですので、上に書いた言葉の意味は、単に言葉の持つ意味を書いたにすぎません。

    この絵は、達磨大師が、まるで図を見る人に、
    「お主はそれで直指人心、見性成仏を理解したつもりかの?」と問いかけているかのようです。
    あるいは、達磨大師自身が、「ワシは生涯をかけて直指人心見性成仏を求めているが、まだ修行中じゃ」と述べられているかのようにも見えます。
    とても凄味のある絵です。

    さて、今日のお話は、この絵を描いた白隠慧鶴が、まだ修行中の若い頃のことです。

    その頃の白隠は、若気の至りで、自分がある種の悟りを得たと思っていました。
    そして様々な禅宗のお寺をめぐり、論争を行い、どの寺においても並み居る禅僧たちとの問答に打ち勝っていました。
    若かったし、向こう気が強かったし、頭も良かったし、弁もたったし、だから自信満々だったのでしょう。
    あちこちの禅寺を訪ね歩き、次々と論破し、打ち破っていました。

    そしてついに、この時代の臨済宗で最高峰と呼ばれた長野県飯山市にある正受庵にいる最長老の道鏡慧端(どうきょうえたん)老師を尋ねたのです。
    この道鏡慧端、なんと真田幸村の子孫でもあります。

    ところが老僧は、白隠が何を問うても、座って後ろを向いたまま、返事もしなければ、こちらを振りむきさえもしない。
    居眠りしているのか、話を聞いていないのか。
    ただ知らん顔をして背中を向けているばかりです。

    なんだかひとり芝居みたいで、だんだん腹がたってきた白隠は、そこで慧端禅師に
    「喝っ!」と大音声の一喝をあげました。
    修行した禅僧のこの一喝というのは、おそろしく気合のこもったもので、我々素人などは、びっくりして腰を抜かしてしまうほどのものです。

    すると禅師は振り向きもせずに、
    「それはお前が
     学んで得たものか?
     自分で見たものか?」
    と枯れた声で、やっと口を開いて問うてきました。
    さあ、禅問答のはじまりです。

    白隠は、これまで数々の問答で相手を打ち破ってきた自信満々で、
    「もちろん自分が見たものである」と堂々と答えました。
    すると老師はひとこと。
    「ならば吐き出せ」

    ・・・これで「勝負あった」です。
    白隠は「俺は禅の極意を見た」と言っているのです。
    禅の極意を「見た」と答えたのです。
    慧端老師は、「自分で見たものなら吐き出せるだろう?」と問うたのです。

    けれど、相手は高僧であり、最長老でありながら、いまだ真実を求めて修行を重ねている老師です。
    その老師の前で、若い白隠が自分で体得した極意を出してみせよ、と言われたわけです。
    現実は、白隠は、まだ若い学僧でしかありません。
    つまり、自分で会得したというのは、ただの錯覚でしかなくて、実は、先輩諸氏から学んだ、いわばお仕着せのものでしかなかったのです。
    それを白隠は、「俺は見た、俺の力で悟りを得た」と大見得をきってしまったのです。
    こうなると白隠は、嘔吐の真似でもしてその場を誤魔化すくらいしか手がなくなってしまっています。

    老師は言いました。
    「お前のような穴蔵禅の坊主は
     自分一人でわかったつもりでいる糞坊主じゃ。
     ここにいてしばらく叩かれよ」
    老師が「叩かれよ」というのは、ここに逗留して修行せよ、という命令です。
    白隠は正受庵に滞在しました。

    ところが老師は、講義に呼んでくれない。
    何も教えてくれない。
    それどころか作務をする白隠に、些細なことをつかまえては怒鳴り続けました。

    ある日、托鉢に出た白隠は、ある家の門前で経を唱えていました。
    なかば呆然となって、経を唱えていた白隠は、そのとき自分を待つために、わざわざ表にまで出てきてくれていた老婆に、まったく気付かずに、門前でただ、経を読んでいました。

    せっかく出てきてあげたのに無視するとは何事かと腹をたてた老婆は、
    「さっさと消えちまえ!」
    と、白隠の腰を打ち据えて、白隠を追い払いました。

    このとき、白隠の頭のなかに、何かひらめくものがありました。
    寺に戻った白隠に、事情も聞かずに老師は一言。
    「汝、徹せり」
    と言ったそうです。

    少し解説します。
    人とは何か、生老病死とは何かなど、禅の奥底を極めようとしていた白隠は、学んだ知識を頭の中で整理して、たくさんの引き出しの中から、常に相手をやりこめるだけの知識を得ていたわけです。
    だから、老師のもとを訪れるまで、常に論争に勝ち続けました。

    その得意の絶頂で訪問した老師は、そんな白隠に、「お前の学問など、ただの上っ面で、お前自身には何の真実もないではないか」と、若い彼の鼻っ柱をへし折ったわけです。
    ところが、この男見込みあり!と思った老師は、白隠を寺に置き、白隠を無視し、怒鳴り、白隠の精神を厳しく追い込んでいきました。
    すでに学はなっているのですから、講義になんて呼ぶ必要はない。
    それよりも、鼻高になっている白隠を、精神的に追い込んで行ったのです。
    いまなら「精神的迫害を受けた。賠償するニダ」などと言い出す人がでかねないような話ですが、見込みがあればこそ、必ずそこから立ち上がれる男と見ぬいたからこそ、老師は白隠に厳しくしたのです。

    その結果、ボーッとなってしまった白隠は、老婆の怒りによって、
    「自分が自分だけで生きているのではなく、
     常に周囲との関係の中で生かされているのだ」
    と気付くわけです。

    それを、白隠の表情ひとつで見ぬいた老師は、
    「汝、徹せり!」
    と、白隠の気付きに見事なタイミングで烙印を入れてくださったわけです。

    人は生まれたときに、何も持たない丸裸で生まれてきたのではない。
    実は今生で必要なものを、全部持って生まれてきたのだそうです。
    しかも実は生きているのではない。生かされている。
    そして生きとし生けるすべてのものは、そのすべてが実は、奥底でつながっている。

    白隠は頭が良くてできの良い学僧でしたが、自分一人が突出して成った気になっていたのです。
    何もかもがつながっている。
    自分ひとりだけではない。
    そのことの持つ意味の深さに、彼はそこではじめて、本当の気付きを得たのです。


    「ウヨクもサヨクもない。
     たいせつなことはナカヨク」です。

    日本を取り戻す。
    その動きは、見性成仏を得て、いま、しっかりと新たな炎をあげつつあります。


    ※この記事は2016年6月のリニューアルです。


    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE 日本の心をつたえる会チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    nezu3344@gmail.com

     最新刊
     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク