• 平教経(たいらののりつね)と建礼門院(けんれいもんいん)


    ◆◆ニュース◆◆
    新刊『日本建国史』発売中。
    https://amzn.to/2LuOGgX

    Amazonベストセラー1位(古代日本史)


    琵琶法師の語る平家物語は、実に色彩が豊かで、まさにそれは総天然色フルカラーの世界。
    その口演が、一話2時間くらいで、12話で完結です。
    二時間分の話し言葉というのは、だいたい1万字ですから、法師の語る平家物語は、全部でだいたい12万字、つまり、いまならちょうど本一册分くらいの分量です。
    それだけの文学作品が、なんと13世紀頃にはできあがっていたというのですから、これまた日本というのはすごい国です。
    その平家物語から、壇ノ浦の戦いの平教経(たいらののりつね)の物語と、平家物語の最後の段にある建礼門院(けんれいもんいん)のお話をとりあげます。

    平教経(たいらののりつね)
    20210903 平教経
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%95%99%E7%B5%8C
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    源平合戦の締めくくりとなる壇ノ浦の戦いは、旧暦ですと寿永4年3月24日、西暦ですと1185年4月25日の出来事です。
    山口県下関の沖合で行われました。

    治承4(1180)年に源頼朝が平家打倒の兵をあげて以来5年、屋島の戦いで兵を引いた平家一門は、長門国引島(山口県下関市)まで後退していました。

    源氏と平家は、いろいろに対比されますが、戦い方の手法も、正反対です。
    平家は、弓矢を用いて離れて敵を討つという戦い方を得意としました。
    これは特に水上戦で有効な戦い方です。
    大量の矢を射かけ、敵を粉砕します。

    対する源氏は、馬を多用した陸上での接近戦が得意です。

    実は、こうした戦闘形態の違いは、近代戦も同じです。
    先の大戦での島嶼(とうしょ)部での戦いも、米海軍は艦砲射撃やら空爆やらで、あめあられと砲弾を撃ち込む戦いをしました。
    対する日本陸軍は、上陸した敵に肉薄して接近戦で敵を粉砕する戦い方でした。
    前者がが平家、後者が源氏の戦い方です。

    さて、だいぶ春めいてきた新暦の4月25日、平家一門は、関門海峡の壇ノ浦に、無数の船を浮かべて義経率いる源氏を待ち受けました。
    静かに夜が明ける。
    そして午前8時、いよいよ戦いの火ぶたが切って落されます。

    源氏は潮の流れと逆ですから、船の中で一定の人数は常に櫓を漕ぎます。
    平家は、潮の流れに乗っていますから、櫓を漕がなくても舵だけで船が前に進みます。

    潮の流れに乗る平家は、流れに乗って源氏の船に迫り、盛んに矢を射かけました。
    なにせ漕ぎ手が不要です。
    ですから総力をあげて矢を射続ける。

    一方、潮の流れに逆らう源氏の船は、平家の射る矢の前に、敵に近づくことさえできません。
    船を散開させ、なんとか矢から逃げようとする源氏、密集した船で次々と矢を射かける平家。
    こうして正午頃までに源氏は、あわや敗退というところまで追いつめられていきます。

    ところが、ここで潮の流れがとまる。
    追いつめられていた源氏は、ここで奇抜な戦法に討って出ます。
    義経が、平家の船の「漕ぎ手を射よ」と命じたのです。

    堂々とした戦いを好む坂東武者にとって、武士でもない船の漕ぎ手を射るなどという卑怯な真似は、本来なら出来ない相談です。
    ところが開戦から4時間、敵である平家によってさんざんやっつけられ、追い落とされ、陣を乱して敗退していた源氏の武士達も、ここまでくると卑怯だのなんだのと言ってられない。
    むしろ義経は、源氏の武者たちがそういう気分になるまで、待っていたのかもしれない。
    そのために朝の8時を開戦時間にしたのかもしれません。

    義経の命に従い源氏の兵たちは、平家の船の漕ぎ手を徹底して射抜きました。
    この時点で平家は、狭い海峡に無数の船を密集させて浮かべています。
    そこに源氏の矢が、漕ぎ手を狙って射かけられたわけです。

    船の漕ぎ手を失った平家の船は、縦になったり横になったり、回ったりして、平家船団の陣形を乱します。
    平家の軍団が、大混乱に陥いる。
    すでに潮の流れは、源氏側から平家側へと移り変わっています。
    まさに潮目が変わったのです。

    潮の流れというのは、一見したところあまりピンとこないものだけれど、まるで川の流れのように勢いの強いものです。まして狭い海峡の中となれば、なおのことです。

    勢いに乗った源氏は、平家一門の船に源氏の船を突撃させる。
    船同士を隣接させれば、船上の戦いとはいえ、源氏得意の近接戦です。

    一方、平家一門は、ここまで約4時間、矢を射っぱなし。
    すでに残りの矢が乏しい。
    それを見込んでの源氏の突進を矢で防ぎきれない。

    接近戦になれば、源氏武者の独壇場です。
    離れて矢を射かける戦い方に慣れた平家は、刀一本、槍一本で船に次々と飛び移って来る坂東武者の前にひとたまりもない。
    平家の船は次々と奪われ、ついに平家一門の総大将、平知盛の座乗する船にまで、源氏の手が迫ります。

    「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」で有名な平家物語は、このあたりから、まるで錦絵を見るような色彩豊かな描写をしています。

    迫り来る敵を前にした平教経(たいらの のりつね)。
    彼は、そのときすでに、部下ともども、矢を射尽くしていました。
    そこに源氏の兵が潮に乗って迫って来る。

    平教経(たいらの のりつね)は、今日を最後と肚に決めます。
    この日の教経(のりつね)の服装は、
     赤地の錦の直垂(ひたたれ)に、
     唐綾縅(からあやおどし)の鎧です。
     そして厳物作りの大太刀を腰にして、
     白木の柄の大長刀(おおなぎなた)の鞘をはずすと、
    波のように押し寄せる敵を次々となぎ倒していきました。

    その壮絶な戦いぶりに、総大将の平知盛(たいらのとももり)は、教経に使者をつかわし、
    「教経殿、あまり罪を作りなさるな。
     そんなことをしても相手は立派な敵だろうか」とたしなめます。

    ここ、大事なとこです。
    戦いの最中に、平知盛は、「雑兵を殺すことが、武将として立派な戦いでしょうか?」と伝えているのです。

    雑兵というのは、日頃はお百姓さんです。
    ということは、源氏だ、平家だと言う前に、彼らは天皇(すめらみこと)の大御宝(おほみたから)です。
    武門ならば戦いはやむを得ない。
    けれど、雑兵となっている民百姓(たみひゃくしょう)は、たとえそれが敵であったとしても、すこしでも守ってやり、命をながらえてやるのが、武将の勤めだ、と言っているわけです。

    おそらく今どきの人なら、「戦(いくさ)のさなかに、何を能書き垂れてんだ!」と思ってしまいそうです。
    けれど当時の貴族や武将にとって、このことは命を賭けるほどに大事な哲学であったのです。

    平知盛のひとことに、ハッと気がついた教経(のりつね)は、
    「さては大将軍と組み合えというのだな」
    と心得、長刀の柄を短く持つと源氏の船に乗り移り乗り移りして、
    「義経殿はいずこにあるか」
    と大声をあげました。

    残念なことに教経は、義経の顔を知らない。
    そこで鎧甲(よろいかぶと)の立派な武者を義経かと目をつけて、船をめぐらせたのです。

    義経は、まるで鬼神のように奮戦する教経の姿に、これは敵わないと恐怖を持ちます。
    他方、部下の手前、露骨に逃げるわけにもいかない。
    そこで教経の正面に立つように見せかけながら、あちこち行き違って、教経と組まないようにします。

    ところが、はずみで義経は、ばったりと教経に見つかってしまう。
    教経は「それっ」とばかりに義経に飛びかかります。

    義経は、あわてて長刀(なぎなた)を小脇に挟むと、二丈(およそ6メートル)ほど後ろの味方の船にひら〜り、ひら〜りと飛び移って逃げました。
    これが有名な「義経の八艘飛び」です。

    教経の周囲は敵兵ばかりです。
    すぐに続いては船から船へと飛び移れない。

    そして、今はこれまでと思ったか、その場で太刀や長刀を海に投げ入れ、兜(かぶと)さえも脱ぎ捨てて、胴のみの姿になると、
    「われと思はん者どもは、
     寄つて教経に組んで生け捕りにせよ。
     鎌倉へ下つて、頼朝に会うて、
     ものひとこと言わんと思ふぞ。
     寄れや、寄れ!」
    (われと思う者は、寄って来てこの教経と組みうちして生け捕りにせよ。鎌倉に下って、頼朝に一言文句を言ってやる。我と思う者は、寄って俺を召し捕ってみよ!)
    と大声をあげます。

    ところが、丸腰になっても、教経は、猛者そのものです。
    さしもの坂東武者も誰も近づけない。
    みんな遠巻きにして、見ているだけです。

    そこに安芸太郎実光(あきたろうさねみつ)という者が、名乗りをあげます。
    安芸太郎は、土佐の住人で、三十人力の大男です。
    そして太郎に少しも劣らない堂々たる体格の家来が一人と、同じく大柄な弟の次郎を連れています。

    太郎は、
    「いかに猛ましますとも、
     我ら三人取りついたらんに、
     たとえ十丈の鬼なりとも、
     などか従へざるべきや」
    (いかに教経が勇猛であろうと、我ら三人が組みつけば、たとえ身長30メートルの大鬼であっても屈服させられないことがあろうか)
    と、主従3人で小舟にうち乗り、教経に相対します。
    そして刀を抜くと、教経にいっせいに打ちかかりました。

    ところが教経、少しもあわてず、真っ先に進んできた安芸太郎の家来を、かるくいなして海にドンと蹴り込むと、続いて寄ってきた安芸太郎を左腕の脇に挟みこみ、さらに弟の次郎を右腕の脇にかき挟み、ひと締めぎゅっと締め上げると、

    「いざ、うれ、さらばおれら、死出の山の供せよ」
    (さあ、おのれら、それではワシの死出の山への供をしろ)

    と言って、海にさっと飛び込んで自害するわけです。
    まさに勇者の名にふさわしい最後を遂げたのです。
    このとき、教経、享年26歳です。

    このあたりの描写は、吉川英治の新・平家物語よりも、むしろ琵琶法師の語る原文の平家物語の方が、情感たっぷりに描かれていて、素敵です。
    激しい戦闘の中にも、愛や勇気、女たちの涙の物語などが盛り込まれている。

    こうして壇ノ浦の戦いで、平家は滅びました。
    平家物語は、壇ノ浦の戦いで命を救われた建礼門院(清盛の娘で安徳天皇の母)を、後白河法皇が大原にお訪ねになられて、昔日の日々を語り合う場面で、語りおさめとなります。

    この場所は、京都大原三千院のすぐ近くにある大原寂光院で、後白河法皇が御幸されて到着したとき、建礼門院は不在で、留守の尼僧がひとりそこにいました。
    「建礼門院はいずこへ?」との問いに、その尼が「山に花を摘みに」と答えます。
    後白河法皇が、
    「左様な事にお仕え奉る人もいないか。
     おいたわしいことだよ」仰ると、尼は
    「五戒十善の御果報つきさせ給ふによって、
     今かかる御目を御覧ずるに候へ。
     捨身の行に、なじかは御身を惜しませ給ふべき」と答えます。
    着ているものは絹なのか麻や木綿の布なのかの区別もつかないようなものを縫い合わせて着ている、その尼の答えのあまりの立派さから、あらためて名を問うと、
    「亡くなった少納言信西入道の娘で、
     阿波の内侍と申したものでございます。
     母は紀伊の二位。
     法皇様よりかつて深いご寵愛がございましたのに、
     私を見忘れなさったことにつけても、
     我が身の衰えてしまった程度が思い知られて、
     今さらもうどうしようもないこととかなしく思われます」
    と涙を見せる。

    そのうち戻ってきた建礼門院もまた深い黒染めの衣を着ているけれど、姿を見ても法皇にはそれが建礼門院とはわからない。
    あまりの代りばえに、法皇も涙にむせびなさる。
    そこに、阿波の内侍の老尼が女院のもとに参り、花籠を女院から頂いた・・・と続きます。

    さて、その大原寂光院には、建礼門院が日々経をあげられていたお地蔵様もそのまま遺されていたのですが、2000年(平成12年)5月9日の未明に放火に遭って全焼。いまは復元された本堂が建ち、焼け残って炭のようになったお地蔵様が展示されています。
    焼け跡からプラスチックの容器の燃えかすと灯油が検出されたことから、京都府警は放火と断定しましたが、結局犯人逮捕に至らず、いまは公訴時効となりました。
    滅多なことは言えませんが、当時、日本の文化遺産に、わざわざ外国からやってきて放火して本国に逃げ帰るという犯行が流行っていましたから、もしかするとこの事件も、そんな一連の犯行のひとつであったのかもしれません。

    さて、琵琶法師の語る平家物語は、実に色彩が豊かで、まさにそれは総天然色フルカラーの世界。
    その口演が、一話2時間くらいで、12話で完結です。
    二時間分の話し言葉というのは、だいたい1万字ですから、法師の語る平家物語は、全部でだいたい12万字、つまり、いまならちょうど本一册分くらいの分量です。
    それだけの文学作品が、なんと13世紀頃にはできあがっていたというのですから、これまた日本というのはすごい国です。

    平家物語は、歌舞伎や講談で、義経千本桜、熊谷陣屋、敦盛最期など、各名場面が興行され、多くの人の喝采を浴びました。

    日本は、ほんとうに古くて長い歴史を持った国です。
    その日本を、守り育み、取り戻す。

    私たちは、日本という国をご先祖から受け継いで生まれてきました。
    私たちにとっての日本は、ご先祖からの預かりものなのです。

    建礼門院・平徳子
    20210903 平徳子
    画像出所=https://www.1059do.com/sa-5-122.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE 日本の心をつたえる会チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    nezu3344@gmail.com

     最新刊
     

    《塾・講演等の日程》
    どなたでもご参加いただけます。
    靖国神社昇殿参拝 8月14日(土)14:00 靖国神社参集殿
    第86回倭塾 9月18日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿



    20200401 日本書紀
    ◆ニュース◆
    最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
    『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
    『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
    『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


                 

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク