• 小麦のお話


      ◆◆ニュース◆◆
    最新刊『金融経済の裏側』11月24日発売。予約受付中
    最新刊庶民の日本史11月15日発売。予約受付中
    ○とら子先生との共演。
     11月23日の新嘗祭記念の特別講演(参加費無料です)
     https://ec.homoeopathy.ac/product/2821


    靖国に眠る236万柱の英霊は、世界に人種の平等を実現しただけでなく、世界を飢えから救い、戦後日本の平和と安全と繁栄を実現したのといえるのではないか。
    そうしたことを我々日本人が謙虚に学ぶとき、日本と世界は再び大いなる発展のときを迎えるのではないかと思います。
    そしてそれは、けっして居丈高なものではない、日本的なやさしさ、たのしさ、ゆたかさを育むものであると思うのです。

    20201112 小麦
    画像出所=https://news.1242.com/article/144259
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!予約受付中
     

    このお話を毎年掲載するようになって、もう11年目になります。
    よくあることですが、関わると未来が開けてくる相手もあれば、逆にあらゆることが悪しき方向に流れてしまう相手もいたりします。
    個人の人間関係でも、国家間の関係においてでも、です。
    前者の典型が日本、後者の典型がチャイナやコリアと言ったらわかりやすいでしょうか。

    日本は侵略国だと言われます。
    しかしその日本と関わった東亜の諸国はその後ことごとく植民地支配を脱して独立国となり、いまでは世界の経済の中で欠くことのできない重要な地位を得るに至っています。
    一方、チャイナと関わった国は、トルキスタンにせよ、チベット、内モンゴルにせよ、いずれも国民が悲惨な目に遭っています。
    要するに、ためになる相手と、そうでな相手があるのです。

    この両者の違いは、共生を重んずる相手なのか、自尊だけの相手なのかによる違いにあります。
    日本は間違いなく、共生を重んずる国です。
    そのために日本は、常に適合を心がけます。
    西洋は制圧、特亜国はこれにうぬぼれが入ります。

    さて、今日のお題の小麦です。
    小麦は、米、トウモロコシと並ぶ世界三大穀物のひとつとされます。
    なかでも世界でいちばん生産量(=消費量)が大きいのが小麦です。

    パンやパスタが主食となる欧米では、小麦は、国家の食糧自給のための最重要品目ですから、どこの国も小麦の生産は国が統括しています。
    これは当然のことです。
    国民あっての政府です。
    国民を飢えさせないように、自国の食を最優先して確保するのは、当然の責務だからです。

    「いざとなったら輸入すれば良い」、とんでもない意見です。
    それはいざとなったら、他国に依存する、つまり他国の言いなりになることを意味します。
    国家主権を否定しているのです。
    国家主権が否定されているということは、国民の権利が否定されるということです。
    国民の権利を否定する政府なんて、それはもはや国民の政府ではありません。

    ですから、世界中どの国においても国内で生産された穀物は、まず自国で消費備蓄する分を政府が優先して確保します。
    余った分だけが輸出にまわるのです。
    その証拠に、チャイナは世界最大の小麦の生産国ですが、小麦の輸出はしていません。
    すべては国内消費に回り、国内での備蓄に用いられます。
    あの、国民の生命や財産なんて、党幹部の金儲けの材料くらいにしか考えない(笑)といわれている虫狂でさえ、自国の小麦は、必死で確保しているのです。

    そんな大事な備蓄をちゃんと考えようともしない。
    食べられることがどれだけ幸せなことかを知らない。
    それで良いのでしょうか。

    現状を申し上げます。
    我が国では、戦前、全国どこにでもみられた麦畑は、いまではほとんど見かけません。
    自給率が百パーセントあった小麦は、いまでは年間消費量約600万トンのうち、90パーセントが輸入です。
    輸入先は1位米国、2位カナダ、3位オーストラリアです。
    要するに我が国は大東亜戦争の戦勝国から、なぜか小麦を「買って」いるのです。

    ただし我が国が連合国から小麦を「買えて」いるのは、彼らの国に余剰生産高があるからです。
    凶作となれば我が国に回される小麦は激減することになります。
    そしていま我が国が輸入している小麦は、実は日本生まれの小麦です。

    昭和20年、戦勝国として日本に乗り込んだGHQは、日本が開発し研究してた農作物の新種の種子を大量に収集して米本国に送りました。
    根こそぎ全部持って行きました。
    この動きの中心となったのが米国人農学者のS・C・サーモンです。

    彼はGHQの農業顧問として来日し、日本で開発された「農林10号」と名付けられた小麦を知りました。
    彼は自ら岩手の国立農業試験場に出向き、収穫前の「農林10号」を視察しました。
    そこで彼が見たものは、これまで世界の誰もが目にしたことのない新種の小麦でした。

    当時、世界で生産されていた小麦は、背の高い小麦です。
    収穫時の高さは120センチくらいになります。
    ところが「農林10号」は、背丈が60センチくらい。
    そのくせたわわに稔った実は、米国産の小麦の数倍の量があったのです。

    実はこのことは小麦の栽培にあたって、とても重要なことでした。
    背丈が半分ということは、地面から吸い取る栄養分が背の高い品種の8分の1で済むのです。
    葉や茎に要する栄養分が少ないからです。

    それまで米国で生産されていた小麦は、背が高く、大きくて、実が少なかったから、小麦の収量をあげるためには、とにかく密度を濃くして小麦を植えなければなりませんでした。
    そのために、苗から苗までおよそ15センチ間隔で植えたというからすさまじいです。

    稔る頃にはものすごい密度になります。
    ところがこれをやると、農地の栄養分が吸い取られ、またたく間に土地が痩せてしまいます。
    このため何年に一度は土地を休ませないといけない。
    つまり広大な農地を遊休地にしなければならなかったのです。

    ところが「農林10号」は、なんと50センチ間隔で植えることができる。
    しかも背が低く茎と葉が小さいから、余計な栄養分を地面から吸い取らないし、風害にあっても茎が倒れない。
    それでいて背の高い小麦より、はるかにたくさんの実を稔らせるのです。
    つまり土地を枯らさず、単位面積あたりの小麦の収穫量は、当時の米国産小麦の3〜5倍もあったのです。

    農学者のサーモンは驚愕しました。
    彼は「農林10号」の種子を残らず集めて東京に持ち帰り、米本国の農業学者たちにこの種子を「ノーリン・テン」の名前で送りました。

    このとき種子を受け取ったひとりが、ワシントン州のO・A・フォーゲルです。
    彼はサーモンから入手した「ノーリン・テン」を栽培し、量を増やし、新型小麦「ゲインズ」という名前で、全米の農家に売りに出しました。
    この種子は全米で大当たりしました。
    さらに全米で驚異的な出来高をあげ、小麦の収穫高を、一気に4倍に膨れ上がらせたのです。

    噂を聞きつけたのが、メキシコで農業研究をしていた米国人農学博士ノーマン・ボーローグでした。
    彼がどうしてメキシコで小麦の研究をしていたかというと、メキシコは高温多湿で地味が肥えていて、小麦の栽培に適していたからです。
    ところがメキシコには小麦にサビ病という風土病がありました。
    これが発生すると収穫が激減し、その都度メキシコは飢饉に見舞われていたのです。

    ボーローグは自らメキシコに出向き、サビ病に強い小麦を研究していました。
    そしてようやく病気につよい品種を完成していたのです。
    彼が完成した小麦は「背が高くて」、病気に強く、稔りが多いという小麦でした。

    これだけ聞くと完璧なようなのですが、稔りが多すぎて背が高いわけです。
    穂先が重いから、麦が収穫前に倒れてしまうのです。
    倒れた小麦は、育たず収穫できませんから、結果ボーローグの開発した新種の小麦は、肝心の収穫高がむしろ減ってしまうという結果を招いていました。
    そんなわけでボーローグは困り果てていたのです。
    そこに飛び込んできた情報が、背の低い「ゲインズ」の大成功だったのです。

    ボーローグは、メキシコに「ゲインズ」を取り寄せると、さっそく自らが開発した品種と掛け合わせ、ついに稔りが多くて、背が低くて収穫期に倒れず、土地を痩せさせず、病気に強い理想の小麦を完成しました。
    そしてこの功績でボーローグは国連農業機関員となりました。

    彼は、国連の機関員として、発展途上国各地の農業を視察するとともに、各国から農業研究者をメキシコに呼び寄せて技術指導をし、指導を受けた者たちに、この新種の麦の種子を持ち帰ることを許可するという制度を開始しました。

    制度を「新たに開始」したのです。
    冒頭申し上げたように、小麦は大切な国内食材だから、メキシコでも、米国以外への種子の持ち出しは厳禁だったのです。
    このことは逆にいえばS・C・サーモンが日本から種子を根こそぎ持って行ったということが、いかなる出来事であったかということでもあります。

     *

    さて、ボーローグがメキシコの法まで改正して、ようやく世界にむけて新種の小麦の普及が図られ出した昭和40年のことです。
    この年から翌年にかけて、インド、パキスタンで、冷害による大凶作が起こりました。
    数千万人が飢えて死亡するという事態になったのです。

    ボーローグは、インドに数万トン単位で、この新品種の種子を送り込みました。
    そしてこの種子が稔ると、なんとインドの小麦の収量は、全土で2倍になり、パキスタンでも自給自足が可能なレベルにまで食が安定したのです。
    この事件をきっかけにボーローグの小麦は「奇跡の小麦」と呼ばれるようになりました。
    そして世界に普及し、世界の小麦収量を激増させました。

    いま世界全体で生産される小麦は年間6億トンです。
    けれども、農地(作付)面積は1960年から変わっていません。
    1960年の世界の小麦生産高は2億トンです。
    つまりボーローグの「奇跡の小麦」は、世界の小麦収量を3倍に増やしたのです。
    これが「緑の革命」です。

    今から200年ほど前、英国の経済学者トマス・ロバート・マルサスは、
    「世界の人口は
     まもなく食糧栽培能力を上回り、
     人口はそれ以上に増えることはない」
    と論じました。
    ところが「奇跡の小麦」は、世界の食糧事情を好転させ、おかげで世界の人口は、200年前の3倍に増えています。
    小麦の収量が増えた分だけ世界の人口が増えたのです。

    ボーローグは世界の食糧不足の改善に尽くしたとして1970年には、ノーベル平和賞を受賞しました。
    けれども長い間、ボーローグの「奇跡の小麦」がなぜできあがったのかは謎に包まれたままでした。
    それがある日、ボーローグの口から「奇跡の小麦」は、実は日本で生まれた「農林10号(ノーリン・テン)」が親の品種であると語られました。

    いま世界の人類の生存を支えている小麦の品種は数百種類に及んでいます。
    それらはことごとく日本で開発された「農林10号(ノーリン・テン)」の子供たちです。

    「農林10号」を開発したのは、日本人農学者の稲塚権次郎博士です。
    ちなみに稲塚権次郎博士は「農林1号」も開発しています。
    「農林1号」は、コシヒカリ、ササニシキの親です。

    いま小麦の生産高はチャイナが世界第一位です。
    しかしチャイナはもともと世界第一位の生産国だったわけではありません。
    戦時中に「農林10号」を開発した稲塚権次郎博士が、北京の華北産業科学研究所に農業指導のために招かれ、小麦の改良と指導を行った結果、そのようになったのです。

    稲塚博士は、終戦後も国民党政府から「帰らないでくれ」と懇願され、終戦後2年もチャイナに留まっています。
    本土に復員したのは昭和22年になってからです。
    おかげでチャイナの小麦収量は3倍となり、当時5億だったチャイナの人口は、いまでは15億、つまり3倍になっています。

     *

    さて、ここから先は、こうした経緯を振り返って感じたことです。
    あくまでも感じたことなので、失礼があればお赦しください。

    先の大戦で、日本が前半戦において、まさに破竹の快進撃をしたのはご存知の通りのことです。
    当時の帝国陸海軍は、まさに神に近い強さを持っていました。
    米英濠仏、いずれも日本軍に敵う軍隊はなかったのです。
    フィリピンを守っていたマッカーサーも、強大な陸軍力を誇示しながら、我が陸軍の前にまるで歯がたちませんでした。

    しかもその戦いを為す我が軍はハーグ陸戦条約を遵守(じゅんしゅ)し、あくまで戦地の民間人が退去するまで、その地への攻撃をしかけていません。
    攻撃も敵の軍事施設のみでした。
    それでいて勝利を連続させていました。
    まさに日本軍は世界最強であり、神にも通じる皇軍だったのです。

    ところがある日を境に、我が軍は敗退につぐ敗退となりました。
    それはまるでツキが落ちたかのようで、打つ手打つ手が裏目にでました。

    そこで思うのです。
    もしかすると日本の八百万の神々は、未来を見据(みす)えていたのではないか。
    もし日本があの戦争に勝つか、あるいは昭和18年の時点で米英と講和条約を結んでいたらどうなったか。
    おそらく米英との政治的軍事的敵対関係は継続されています。
    インドもパキスタンも、英国領のままです。

    日本にはすでに「農林10号」はありましたが、三大穀物の種子は親善国以外輸出禁止です。
    そうであれば、昭和40年に起こったインド、パキスタンの凶作時、英国領である同国に「農林10号」は行き渡ることはありません。
    つまり同国では、おそらく億単位の餓死者を出したであろうことが容易に想像されるのです。

    日本が戦争を終わらせ、GHQが日本で開発された「農林10号」を米本国に持ち帰ったことから、米国の小麦収量は劇的に上がり、メキシコで病気に強くなり、奇跡の小麦が誕生し、それが世界に普及し、世界の人口が3倍以上に増えて、いまや70億となり、インド、パキスタンも、餓死者を最小に止めることができました。
    今ではインドは小麦の輸出国になっています。

    一方戦の序盤から中盤にかけて日本が勝利を連続させなければ、その後の東亜諸国の独立はなかったであろうし、世界の人種の平等も確立されてなかったことでしょう。

    八百万の神々の御心は、我々凡人には計り知れません。
    しかし、以上の事実を、もし未来を知ることができる八百万の神々なら、どう判断し、どう行動したであろうかと思うのです。
    日本を最後まで勝たせて世界の飢餓を招くのでしょうか。
    それとも日本を敗戦に導いてでも、世界の民衆の幸福を図ろうとするのでしょうか。

    おそらく後者であろうと思うのです。
    これは、あくまで筆者の想像です。
    しかし日本で開発された小麦はたしかに世界を飢えから救ったし、世界の人口を3倍に増やしました。
    そしてかつて日本が掲げた人種の平等、植民地支配の終焉という壮大な目的も、いつのまにか達成しました。

    しかも焼け野原となったはずの日本は、終戦直後の世界の最貧国状態から、わずかな期間で世界有数の富める国にまで成長しています。
    おかげで国を守るべき政治家までが「平和ボケ」するくらいの平和と繁栄を手に入れています。

    言い換えれば靖国に眠る236万柱の英霊は、世界に人種の平等を実現しただけでなく、世界を飢えから救い、戦後日本の平和と安全と繁栄を実現したのといえるのではないか。
    そうしたことを我々日本人が謙虚に学ぶとき、日本と世界は再び大いなる発展のときを迎えるのではないかと思います。
    そしてそれは、けっして居丈高なものではない、日本的なやさしさ、たのしさ、ゆたかさを育むものであると思うのです。


    ※この記事は2010年6月の記事のリニューアルです。
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE 日本の心をつたえる会チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    《倭塾の日程》
    2121年11月27日(土)13:30 第88回倭塾(於:タワーホール船堀研修室)
     https://www.facebook.com/events/819411838658553
    2022年1月22日(土)13:30 第89回倭塾(於:東大島文化センター第一研修室)
     https://www.facebook.com/events/269497751756033
    2022年2月23日(水・祝)13:00〜16:30 第89回倭塾 タワーホール船堀4F401号室
     https://www.facebook.com/events/579487736653084

    ※第89回倭塾の日時場所が変更になっていますのでご注意ください。


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


                   

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク