• 日々是新(ひびこれあらた)


    ◇◇◇告知◇◇◇
    本日および1月30日に予定していた倭塾は、講演が入ってしまったため開催中止です。
    (Facebookのイベントページは削除したのですが、画面が出てしまうようですが、中止です)
    次回倭塾は、2月23日になります。


    ○最新刊『金融経済の裏側』11月24日発売。
    ○最新刊庶民の日本史11月15日発売。
    1月9日八重洲ブックセンター伊勢雅臣先生&小名木善行トークイベント開催(要・事前予約)


    日々是新(ひびこれあらた)に。
    毎日が研鑽の積み重ねです。
    それはとっても面白くて楽しいことです。

    20190129 神話
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!
     

    日進月歩のことを、別な言葉で「日々是新(ひびこれあらた)」と言います。
    Chinaの『三国志演義』には、
    「男子、三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ」
    という言葉があり、これはいまではすっかり日本語の慣用句になっていますが、もともとは、
    「士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし」
    という記述から生まれている慣用句のようです。

    要するに、日々成長だということです。
    ですから自信をもって世に出した自説であっても、それを世に出した時点で、そこが新たな出発点になります。
    そこから出発して、さらに奥深くに研究を重ねていくのです。
    すると、もっと深い事実がわかったりします。
    そうなれば、過去の自説は、捨てざるを得ない。

    はじめから全部わかっている人などいないのです。
    みんな誰もが、わからないことを、いま、一生懸命知ろうとし、すこしでも成長しようとしています。
    およそ学問に、これで完成、などというものはないのです。

    クルマのデザインと同じです。
    昔、ハコスカと呼ばれたクルマがありました。
    当時はもう、ため息が出るほどかっこいいと思ったものです。
    けれどいま見れば、やはりかなりデザインが古い。

    おそらくいま、これが完成形だろう、これ以上かっこいいクルマなんて、きっと出ないに違いないと信じているクルマでも、あと30年もしたら、もう古臭いデザインのクルマでしかなくなっているかもしれません。

    学ぶことも同じです。

    とりわけ日本文化に関わる学問は、学べば学ぶほど、どんどん深い底があらわれてきます。
    金田一君の「ナゾはすべて解けた!」なんてないのです。
    すべて解けたと思ったところが新たな出発点となって、そこからさらに深掘りができる。
    これが日本文化の底知れない魅力です。

    日本文化は、間口が広くて奥行きが深いのです。
    お茶を飲むだけなら、離乳のはじまった赤ちゃんにだってできます。
    けれど茶道を極めようとすれば、一生かかっても追いつかない。
    剣術などの武道に至っては、剣聖の域に達することができるのは、何百年にひとり、あるかないかです。

    このことは、古典文学になると、さらに一層はげしいものとなります。
    とにかく奥行きが深い。

    それもそのはずです。
    人類が猿と違って言語を発達させてきたのは、集団の規模が大きくなったからなのだそうです。
    だいたい50頭未満の集団だと、「ウッキー」とか「キーキー」で意思疎通ができてしまうのです。
    ところが百人くらいの集団になると、集団を維持するために男たちが何日も狩りに出かけるようになります。
    そのと村に残された女性たちにとって、一番のきがかりが旦那の浮気なのだそうで、そのために井戸端会議の情報交換が進み、結果、複雑な情報交換のための言語が生まれたのだそうです。
    おかげで現代社会にあっても、女性の方が言語能力に長けていて、口喧嘩で男性は、まず女性に勝つことができません。

    さらに集団の規模が150人を越えるようになると、どうして自分たちが集団をなしているかというアイデンティティの共有が必要になるのだそうです。
    これがつまり、神話のはじまりです。

    集団の規模がこのレベルに達すると、集団の内部で職業的分業が行われるようになる・・・ニワトリが先が卵が先かみたいな議論ですが、逆の言い方をすると、職業的分業を行うためには、食料を得る人、食事を作る人、食料を得るための道具を作る人などのような社会的分業を行うためには、集団の規模が150人以上にならないといけないのだそうです。

    こうして自然石を利用するだけだった人類が、人の手によって使いやすいように加工した磨製石器を用いるようになります。
    つまり、磨製石器の登場と、神話の登場は、ほぼ時期をひとつにするといわれています。

    その磨製石器の登場は、西洋ではおよそ8千年前のことであったとされています。
    ですから西洋の神話は、だいたい8千年の歴史があるわけです。

    ところが日本における磨製石器の登場は、なんと3万年前にさかのぼります。
    つまり日本神話は、3万年という途方もない歳月を生き延びてきた、様々な知恵が込められているのです。

    言い換えれば、日本神話を研究する、学ぶということは、日本人3万年の歴史の知恵を学ぶことになります。
    しかもその多くが、いまや断片になっている。
    その断片を、ジグソーパズルを作り上げるように、調べ上げ、その知恵を学んでいく。
    人の一生なんて、しょせん、7〜80年です。
    その短い一生の中で、どこまで神話を深掘りしていくことができるか。

    そのように考えれば、一度示した自説にこだわり、それ以外に目をそむけることは、実にもったいないことです。
    まだまだいくらでも深堀りができるのです。
    本当なら千メートル掘れるのに、自分はまだ数メートルしか掘れていない。
    まだまだこれから、どれだけ掘れるかわからない。
    けれど、掘れば掘れうほど、そこから宝が次々と湧き出てくるのです。
    そうなれば、むしろ、掘らないほうがもったいない。

    そしてこのことは、あらゆる支配に打ち勝つ信念になります。
    世の中には、権威よりも権力を指向する人達がいます。
    そういう人たちは、人を支配し収奪しようと企(くわだ)てます。

    そして、支配しようとする人たち、あるいは支配しようとする人の下請けとなって民衆を支配しようとする人たちにとって、民衆が主体性を持つようになることは、たいへんに都合が悪いことです。
    なぜなら民衆が、支配に屈しない信念を持つからです。

    そういう信念を抱き続けてきたのが、日本の歴史であり、その信念の元になるのが、神話です。
    だから「元々を本(もと)とす」といいます。
    それは、自己が生きる信念をもたらすのです。

    ゆるぎない信念は、別な言い方をすれば自己肯定感です。
    けれど、その自己肯定感は、個人主義という、ただのワガママではない。
    他社とつながり、むすびを大切にして生きることへの肯定感です。

    そのゆるぎない信念を持つことができる宝の山が、日本の歴史の中に、神話の中に埋もれています。

    日々是新(ひびこれあらた)に。
    毎日が研鑽の積み重ねです。
    それはとっても面白くて楽しいことです。


    この記事は2019年1月の記事の再掲です。
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    《倭塾の日程》
    【開催を予定しておりました1月22日(土)の倭塾は、都合により2月に延期になりました】
    2022年2月23日(水・祝)13:00〜16:30 第89回倭塾 タワーホール船堀4F401号室
     https://www.facebook.com/events/579487736653084


    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


                   

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

  

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク