• 藤堂仁右衛門と湯浅五助


    ※次回の倭塾は5月21日(土)13時半から富岡八幡宮・婚儀殿2Fです。
      https://www.facebook.com/events/1562897727462643


    ○最新刊
    4月11日発売縄文文明』 1万4千年の平和と繁栄、そして持続化社会を築いた縄文文明論
    4月8日発売 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
     日本の歴史にはモブキャラなんていない!すべての日本人必読の日本人偉人伝の嚆矢
    ○新刊『金融経済の裏側』 世界の裏側で起こっていることの本質を歴史から考える
    ○新刊庶民の日本史 日本の歴史は庶民が作ってきた!目からウロコの大作
    日本建国史 学校で教えない日本建国の歴史をわかりやすく解説


    権力を持つ人が偉い人なのではありません。
    権力に媚びて自己の利益を図ることが社会常識でもありません。
    どこまでも、民衆の仕合(しあわ)せを願って行動することが、政治権力や行政や司法の役割とする。
    そのために、権力よりも上位に天皇という存在を戴(いただ)き、その天皇によって民衆を「至上の宝」としていただく。
    これは、全世界が歴史を通じて築くことができなかった、そして日本だけが築くことができた究極の民主主義です。

    澪標(れいひょう・みをつくし)
    20220505 みをつくし
    画像出所=https://www.asahi.com/and/article/20170118/300004553/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!
       

    関ヶ原の合戦のときのことです。
    伊勢・伊賀32万石の大名であった藤堂高虎の家臣に、藤堂仁右衛門(とうどうにえもん)という人がいました。
    激しい戦いの中、藤堂仁右衛門が水を飲もうと谷川に降りたところ、敵の大将、大谷吉継の重臣である湯浅五助(ゆあさごすけ)に出会いました。

    勇名で鳴らした湯浅五助です。
    「いざや、尋常に勝負!」と手にした槍を持ちかえました。

    すると湯浅五助、
    「いや、待たれよ」という。「実はいま、主(あるじ)の大谷吉継の首を埋めているところでござる。勝負はするが、貴殿を見込んでお願いがござる。主人の容貌は腐りの病で見るに耐えぬほどになっている。首を晒されたなら天下に醜貌(しゅうぼう)を晒すことになろう。ついては首を埋めたこの場所を、どうか他言しないでもらいたい。我が願いを聞き届けとあらば、よろこんで槍を合わせよう。」というのです。

    主君を思うその気持ちに打たれた藤堂仁右衛門は、「委細承知」と答え、五助が首を埋め終わるのを待ちました。
    そして尋常に勝負し、見事、五助の首をあげました。

    関ヶ原の戦が終わり、大谷吉継の首探しが始まりました。
    ところが、どこをどう探しても、首が見つかりません。
    そこで家康は五助を討った藤堂仁右衛門を呼び出しました。
    「何か手がかりを知っているのではないか。」

    問われた藤堂仁右衛門は、家康に向かって言いました。
    「吉継殿の首の在処は存じております」
    「ではすぐにこれへ持ってまいれ」

    ところが藤堂仁右衛門、首を横に振ります。
    「それはできかねることにござる。
     湯浅五助殿に頼まれたのでござる。
     それゆえ、たとえご上意であっても、
     その場所をお答えすることはできませぬ」

    家康の近習たちは、色をなして怒りました。
    「殿の御前であるぞ。どうしても教えられぬと申すか」
    「たとえご成敗されても、申し上げられませぬ」
    「ならば成敗するぞ」
    「ご随意に」と、藤堂仁右衛門は、首を前に伸ばしました。

    その様子を黙ってじっと見ていた家康は近習に、
    「そこにある槍を持て」と命じました。
    一同に緊張が走りました。

    家康は、槍を手にすると言いました。
    「仁右衛門、その心がけ、いつまでも忘れるなよ」
    そう言って、その槍を藤堂仁右衛門に与えました。

    大谷吉継は、敵の大将です。
    その首を差し出せば、藤堂仁右衛門は大きな恩賞に預かれます。
    さらに勇猛で知られた湯浅五助の首さえもあげているのです。
    損得でいえば、藤堂仁右衛門は死んだ五助に自分が言った言葉を守るよりも、家康に首を差し出した方がはるかに「得」です。
    けれど、損得より、もっと大きなものを大切にしたのです。

    「身を尽くす」という言葉があります。
    かねて古代から大切にされてきた日本の概念です。
    自分のすべてを捧げるのです。

    この言葉が、そのまま海上交通の標識になっています。
    それを「澪標(みおつくし)」といいます。
    「澪標」は、浅瀬を通行する船に水深を知らせる目印の杭です。
    標識の向こう側は浅瀬で、そこを船が通行したら座礁してしまう。そういうところに立てられる標識です。
    大阪市の市標にもなっています。

    「れいひょう」と読めば良いものを、あえて「みをつくし」と読むのは、理由があります。
    船が進んではいけないところに侵入するのは、船が座礁の危険を伴う。
    これは人で言ったら、怪我をする、ということです。
    もしかしたら、それによって死んでしまうかもしれない。

    だから、日頃は、その標識の先には行ってはいけない。
    けれど、行かねばならないときが来たら、命がけでそこを進む。
    だから「澪標」は「身を尽くし」です。
    「澪(みお)」は「れい」とも読みます。
    「れい」は、「霊(れい)」でもあります。
    我が魂を賭けて、命がけで物事に取り組むから「みをつくし」です。

    藤堂仁右衛門は、家康の指揮する東軍の兵としてではなく、約束を守るという一点に命をかけたのです。
    それは、軍の中にあっては、まさに命がけのことでした。
    それでも彼は「みをつくし」たのです。

    こうした心得は、藤堂仁右衛門のような大名に限らず、下級武士たちにとっても、あたりまえに具わっていた観念でしたし、現代日本人にも備わっているものです。
    政治家として当選するためには、よく「地盤・看板・算盤」といいます。
    この3つが揃わなければ、政治家になれない。当選もしない。

    けれど何にもなくても、現状をなんとかして打破したい。
    既得権益にまみれて、国民不在となっている現在の政治を、いまいちど庶民の手に取り戻したい。
    そしてどこまでも、選挙も政策も、しっかりと学んだみんなの総意と合意によって形成していきたい。
    そういう心で、いま立ち上がった人たちがいます。

    これもまた、まさに「みをつくし」です。

    日本は、天皇のシラス国です。
    それは、天皇を絶対権力者として崇(あが)める政治体制ではありません。
    まして、天皇教でもありません。

    国家最高権威として、政治権力を持たず、また政治権力よりも上位の御存在である天皇が、民衆を「おほみたから」とする。
    そうすることで、権力の最大の使命を「民衆が豊かに安全に安心して暮らせるようにする」とした、これは究極の民主主義といえる国家体制です。
    それを日本は、7世紀という、いまから1300年もの昔に実現しています。

    権力を持つ人が偉い人なのではありません。
    権力に媚びて自己の利益を図ることが社会常識でもありません。
    どこまでも、民衆の仕合(しあわ)せを願って行動することが、政治権力や行政や司法の役割とする。
    そのために、権力よりも上位に天皇という存在を戴(いただ)き、その天皇によって民衆を「至上の宝」としていただく。
    これは、全世界が歴史を通じて築くことができなかった、そして日本だけが築くことができた究極の民主主義です。

    こうして保護された日本の庶民は、ただ自分が生き残るために、嘘や虚飾に走るのではなく、みずからの霊(ひ)に恥じない生き方を追求することを大切に生きることができました。
    そして人々がそういう生き方に、まさに「みをつくす」ことができる社会が構築されたことによって、我が国は、きわめて民度の高い社会を築き上げることができたのです。

    藤堂仁右衛門の行動も、これを赦(ゆる)した家康の行動も、ここに原点があります。
    家康の家臣たちにとっては、勝利の確定のために大谷吉継の首は欠かせないものです。
    けれど、組織の頂点にある家康にとっては、ひとりひとりが誇りを持って生きることができる組織そのものが大事なのです。

    これが日本の形の根本です。


    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    東京倭塾開催日程
    第91回倭塾 4/10 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第92回倭塾 5/21 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第93回倭塾 6/12 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第94回倭塾 7/17 1300-1630 富岡八幡宮婚儀殿2F
    いずれも
    開場 13:00
    開会 13:30
    終了 16:00
    です。


                      

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

  

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク