• 未来への責任


    ※次回の倭塾は5月21日(土)13時半から富岡八幡宮・婚儀殿2Fです。
      https://www.facebook.com/events/1562897727462643


    ○最新刊
    4月11日発売縄文文明』 1万4千年の平和と繁栄、そして持続化社会を築いた縄文文明論
    4月8日発売 子供たちに伝えたい 美しき日本人たち
     日本の歴史にはモブキャラなんていない!すべての日本人必読の日本人偉人伝の嚆矢
    ○新刊『金融経済の裏側』 世界の裏側で起こっていることの本質を歴史から考える
    ○新刊庶民の日本史 日本の歴史は庶民が作ってきた!目からウロコの大作
    日本建国史 学校で教えない日本建国の歴史をわかりやすく解説


    決してあきらめない。
    どこまでも戦う、いつまでも戦い続ける。
    それが日本人です。
    それが、いまを生きる日本人の、未来への責任です。

    20220511 責任
    画像出所=https://www.irasutoya.com/2015/05/blog-post_462.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!
       

    GHQの「せい」にする。
    戦後左翼の「せい」にする。
    政治の「せい」にする。
    国際金融資本の「せい」にする。
    ディープステイトの「せい」にする、等々、
    近年、現状を何者かの「せい」にすることが流行しています。

    誰かの「せい」にしてしまえば、自分は被害者でいられる。
    そして不思議なことに、被害者でいることで、安心を得ているかのようです。

    まず、冷静に考えていただきたいのですが、自分の給料が安いことや、なかなか出世できないことなどは、会社の「せい」だったのでしょうか。
    自分に彼女ができないのは、誰かの「せい」でしょうか。

    いま起きている様々な事象について、「なぜそうなったのか」を考えることは、とても大切なことです。
    けれど、「だから仕方がない」とあきらめるのは、日本的ではありません。

    我々は「いま」をしか生きることができないのだから、「いま」できる精一杯の誠実を尽くすことで、より良い未来へとシフトしようと考えてきたのが日本人です。
    そして実は、こうした日本人の古くからの思考は、立体的です。

    どういうことかというと、川が上流から下流へと流れるように、時間は未来から過去へと流れます。
    だから「未だ来ず」と「過ぎて去る」です。
    それは、「いま」によって、流れてくる未来が変わる、ということです。
    船で昇れない激流を選ぶのか、大河のようなおだやかな川を選ぶのかは、自分次第だという思考です。

    給料が安い、出世できないという過去があった。
    だからといって将来をあきらめたら、それで終わりです。
    将来は「将(まさ)に来る」ものなのです。
    だから心を入れ替えて努力する。
    そうすることによって、給料があがるように、出世できるように努力する。
    繰り返しますが、あきらめたら終わりなのです。

    あるいはこれまで彼女ができなかった。
    だから女性に惚れられる男になろうと決意した。
    その人には、きっと素晴らしい彼女が、未来にきっと待っていてくれることでしょう。

    GHQや戦後左翼や政治や国際金融やディープステイトと呼ばれる者が、何をやってきたのかを知ることは大切です。
    けれど、そこで必要なことは、事実を知る、学ぶということであって、被害者になることではありません。

    たとえば、GHQです。
    なるほど、GHQが、日本を占領統治するために、様々な国際法上の違法を繰り返していたことは事実です。
    日本的思考の解体のために、彼らが様々な事柄を、強い意思と決断と実行力をもって推進してきたことも、事実です。
    けれど同時に彼らが、食材の不足した日本に大量の小麦や芋を持ち込んでくれたことで、当時の日本人が食いつなぐことができたのも、また事実です。
    もしそれがなければ、当時の人口8千万人のうち、食糧不足によって2千万人くらいが餓死したかもしれません。
    そうであれば、いま生きている日本人の4人にひとりは生まれていなかったことになります。
    私たちの命は、GHQからいただいたともいえるのです。

    日本がいまでも占領下にあるという人もいます。
    筆者もそう思います。
    日本に自主権がなく、結果平成以来30年の不況が続き、所得も上がらず、気がつけばあの貧乏だったチャイナにさえ個人所得が及ばなくなっている。
    それが事実です。

    そこまでわかって、そこで被害者になるのでしょうか。
    被害者になって愚痴を云うだけで終わるのでしょうか。
    それでは未来の子たちにとって、なんとも無責任極まりないのではないでしょうか。

    このままではいけないと思うなら、そうでない未来を築くのは、いまを生きている私たちの役割です。
    私たち一人ひとりが、歴史の当事者なのです。

    「そんなことを言ったって、個人の力なんて知れている」と考えるのも、違うと思います。
    なぜなら、いつの時代にあっても、時代を動かし、時代を変えるのは、その個人の力です。

    決してあきらめない。
    どこまでも戦う、いつまでも戦い続ける。
    死んでも魂魄となって戦う。
    七度生まれ変わって戦い続ける。
    それが日本人です。
    それが、いまを生きる日本人の、未来への責任です。


    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第92回倭塾 5/21(土)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第93回倭塾 7/17(日)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
     8月 終戦の日・靖国神社昇殿参拝(日程後日)
    第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
    第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                      

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

  

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク