• 論と書いて「あげつらふ」


    ※次回の倭塾は5月21日(土)13時半から富岡八幡宮・婚儀殿2Fです。
      https://www.facebook.com/events/1562897727462643


    幕末の維新の志士たちのみならず、武士はよく泣きました。
    彼らは筋道を立て、道理を重んじ、互いの尊厳を認めあい、互いに高め合おうとする強い意志を共有していたからこそ泣いたのです。
    日本的な「論」、すなわち「あげつらふ」ことを、私達はもういちど見直すべきことだと思います。
    なぜならそれこそが、欧米におけるディベートの精神そのものであるからですし、我が国の十七条憲法の教えでもあるからです。

    20200517 涙
    画像出所=https://www.irasutoya.com/2015/09/blog-post_716.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!
       

    十七条憲法の原文には、不思議なことに「論」という字が三度も出てきます。
    以下のとおりです。

    一曰。以和為貴。無忤為宗。人皆有黨。亦少達者。是以或不順君父。乍違于隣里。然上和下睦。諧於「論」事。則事理自通。何事不成。
    十七曰。夫事不可独断。必與衆宜「論」。少事是輕。不可必衆。唯逮「論」大事。若疑有失。故與衆相辨。辞則得理。


    要点だけを抜き出すと、
    第一条 
    上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて
    事を論(あげつら)ふに諧(かな)うときは
    すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。

    第十七条
    必ず衆とともによろしく論(あげつら)ふべし。
    大事を論(あげつら)ふに逮(およ)びては、もしは失(あやまち)あらんことを疑う。


    漢文では、基本的に同じ文字を繰り返し使うことをきらいます。
    ですから二度、同じ字が繰り返されていれば、それは重要語ということになりますし、それが三度となれば、最重要語ということになります。
    そして十七条憲法では、「論」と書いて「あげつらふ」と読んでいます。

    漢字で書けば議論の「論」ですが、大和言葉は一字一音一義です。
    「あげつらふ」というのは、
    「あ」=生命を感じ取ること
    「け」=放出
    「つ」=集う、集まる
    「ら」=場
    ですから、現代語にすれば、「場に集まってそれぞれの思いを出し合い、それを互いに感じ取ること」を「あげつらふ」というということになります。
    さらに「あげ」は、「言挙げせず」という言葉にもあるように、相手の言葉や思いを「上げる」、すなわち相手の主張を大切に扱うことでもあります。

    また「つら」は「面(つら)」であって、顔の事を言います。
    つまり議論を交わすときには、相手の顔を見て、相手の言葉を尊重してよく相手の思いを聞き取る。
    また自分の意見も、相手の議論を尊重しながらこれを行うということですから、互いに相手の議論を否定し合うのではなく、どこまでもお互いの議論を尊重しあって、よりよいものにこれを昇華していくことが「論(あげつらふ)」ことの意義であると理解していることになります。

    この「あげつらふ」を、
    第一条では「上に立つ人はやわらかく、下の人も互いに仲良く、お互いにその思いを「あげつらふ」。
    第十七条では、「上に立つ人が何かを決めようとするときは、必ず人々と議論を交わしあう。特に大事なことは必ず互いに議論を重ねることで、事理は必ず成し遂げられる」といったことが述べられているわけです。

    よく、日本人は「和」の民族だから、欧米人のような議論を嫌うなどと言われますが、十七条憲法のみならず五箇条の御誓文さえも「広く会議を興し万機公論に決すべし」とあります。
    全然、議論を嫌っていないのです。
    むしろ論議を交(か)わすことをすることを奨励しているのです。

    欧米では、ディベート(debate)といって、異なる立場からの議論を大切にします。
    このディベートについて、勘違いされている方が多いのですが、ひとつの事柄について、A案、B案と分かれて議論を交わす(ディベート)というのは、互いに相手の議論を否定し合うことではありません。
    ましてや感情的になって罵り合ったり、詰(なじ)りあうことでもなければ、匿名で悪口を言い合うことでもありません。
    そうではなくて、相手の論に自分の論を重ねて行きながら、より高い次元の議論(もしくは解)に至るのがディベートの特徴です。
    ですからディベートにおける最良の結果は、A案、B案のどちらかが相手を論破して勝利することではなく、最終結果としてABのどちらもが有効な学びを得ることであり、さらに場合によってはディベートの結果、C案に至るということも歓迎されるわけです。

    欧米でこうしたディベートが奨励されるようになったのは、やはり市民革命以降のことで、それまでは王や貴族のひとことですべてが決したのに対し、市民革命以降は、市民同士の議論によって意思決定が行われるようになったわけで、そこで自らの意思を集団の中で通すための技術としてディベートが広がったとされます。

    学校の勉強と違って、世の中の事柄には、正解となる結論が決まっていません。
    その正解となる結論を築いていくのが社会人としての仕事であって、そこが学校の試験と大きく異なる点です。
    しかも学校で学ぶことは、過去の知識であり、社会人の仕事は、そうした知識に基づいてこれからの未来を築くことです。
    そうした中にあって、大勢の人たちと力をあわせて新しい未来を築くための技術としてディベートが研究されるようになったのです。

    ですからディベートの語源はフランス語の「戦う」です。
    戦は、必ず敵味方双方に正義があるのです。
    その正義、つまり正論と正論とがぶつかりあって、討論して、よりよい結果を導き出すのがディベートです。

    そして欧米ではそうしたディベートが重要視されるようになった市民革命は、17世紀の英国の革命、18世紀末の米国やフランスの市民革命に端を発します。

    ところが21世紀になったいまでも、チャイナやコリアのような上意下達型社会では、今でも議論は拒否されます。
    なぜなら上意下達型の社会では、無理難題を押し付けた側が議論を挑まれれば、敗北することが明らかだからです。
    それでは上位者の権威がなくなります。

    では日本ではどうかというと、十七条憲法が世に出されたのが西暦604年、つまり7世紀のはじめであって、英国の市民革命に先んじること千年の昔です。
    その十七条憲法は、「憲法(いつくしきのり)、十七条(とおあまりななのち)と読み下します。
    「条」を「ち」と読んでいます。
    この場合の「ち」は、知恵や知識と同じ意味です。
    「いくつしき」は、「齋(いつき)」と同じ大切なことであり真実のこと。
    「のり」は「則」や「糊」と同じで、いちどぴったりくっついたら離れないもの、つまり離れてはいけないものという意です。
    つまり十七条憲法は、十七の万古不易の守らなければならない大切な知恵であり、真実の知識という意味です。

    そしてその十七条憲法は、第一条の論にはじまり、第十七条の論に終わります。
    つまり討論にはじまり、討論に終わっているのです。
    そしてその論は「あげつらふ」ことであり、お互いを尊重して、互いの意見をよく聞き、これによって論の内容を高め合うことなのだと記しています。

    十七条憲法といえば「和を以て貴しとなす」であり、議論するよりも和することを大事にしているような印象操作が行われていますが、もう一度、冒頭の条文をお読みになってください。

    《原文》
    一曰。以和為貴。無忤為宗。人皆有党。亦少達者。是以或不順君父。乍違于隣里。然上和下睦。諧於「論」事。則事理自通。何事不成。

    《読み下し文》
    一にいわく。
    和を以(も)って貴(とうと)しとなし、忤(さから)うこと無きを宗(むね)とせよ。
    人みな党あり、また達(さと)れるもの少なし。
    ここをもって、あるいは君父(くんぷ)に順(したが)わず、また隣里(りんり)に違(たが)う。
    しかれども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて
    事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは
    すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。

    《現代語訳》
    和を大切にしなさい。相手を呪詛(忤)してはいけません。人には誰でも主張があるものです。一方で真理に達している人はすくない。そのために上司や父にしたがわずに争ってみたり、隣村といさかいを起こしたりすることが起こるのです。
    けれども、上に立つものが意図して態度を軟化させ、下の人たちも心を開いて互いに問題を討論していくならば、互いの心の思いは必ず通じるものです。そうなれば、どんな難問だって解決できます。


    あらためてお読みいただくとわかると思いますが、どこにも議論がいけないとは書いていません。
    それどころか文意からすれば、ここで言わんとしていることは、心を開いて「議論しなさい」ということが主題になっています。
    さらに十七条です。

    《原文》
    十七曰 夫事不可独断 必與衆宜論 少事是輕 不可必衆 唯 逮論大事 若疑有失 故 與衆相辨 辞則得理

    《読み下し文》
    十七にいわく
    それ事(こと)は独(ひと)り断(さだ)むべからず。必ず衆とともによろしく論(あげつら)うべし。
    少事はこれ軽(かろ)し。必ずしも衆とすべからず。
    ただ大事を論うに逮(およ)びては、もしは失(あやまち)あらんことを疑う。
    故(ゆえ)に、衆とともに相弁(あいわきま)うるときは、辞(ことば)すなわち理(ことわり)を得ん。

    《現代語訳》
    (上に立つ者は)物事(ものごと)を独断で決めてはなりません。かならずみんなとよく討論して物事を決めなさい。
    些細な、手軽なことまで討論しなさいと言っているのではありません。そういうことはみんなと決める必要がない。
    しかし大事なことは、必ずみんなと討論して決めるようにしなければなりません。なぜならもしも大事な意思決定に誤りがあっては取り返しがつかないことになるからです。
    そしてこのときのみんなとの討論(議論)にあたっての言葉は、かならず筋道を建てることを大切にしなさい。そうすることによってはじめて道理が立つのです。


    ここでいう「辞(ことば)」というのは、互いの鋭利な議論のことを言います。
    また「ことわり」というのは筋道を立てることです。
    議論がいかに白熱しても、そこで感情的におちいるのではなく、どこまでも筋道を立てることを大切にしていけば、必ず道理がたち、よりよい意思決定をなすことができると述べているわけです。

    つまり、十七条憲法は、心を開いて議論しなさいから始まって、その際には筋道を立てて議論しなさいという言葉でシメているのです。
    どれだけ議論を大切にしてきたかということです。

    昨今では、議論を「人の意見の足を引っ張ること、評論し評価すること」と勘違いしている風潮があると言われています。
    そうではないのです。
    それらは「評価、評論」であって、「議論」ではない。
    たいせつなことは、場に集まってそれぞれの思いを出し合い、相手の言葉や思いを「上げる」、つまり互いに高め合うこと(これを昇華と言います)が大事であり、これこそが十七条憲法の精神なのです。
    「和が大事だから議論してはいけない」などという、軟弱なものなどでは決してないのです。

    幕末の維新の志士たちのみならず、武士はよく泣きました。
    彼らは筋道を立て、道理を重んじ、互いの尊厳を認めあい、互いに高め合おうとする強い意志を共有していたからこそ泣いたのです。
    日本的な「論」、すなわち「あげつらふ」ことを、私達はもういちど見直すべきことだと思います。
    なぜならそれこそが、欧米におけるディベートの精神そのものであるからですし、我が国の十七条憲法の教えでもあるからです。

    そして議論にはルールがあります。
    そのルールとは、あくまで主題について論を戦わせること。
    決して、相手への人格攻撃をしないこと。
    そのこともまた、十七条憲法に書かれていることです。
    それが、
    「忤(さから)うこと無きを宗(むね)とせよ」です。

    「忤」という字は、呪詛のための道具の象形です。
    つまり、相手を呪ってはいけない。
    呪うといことは、言葉を変えれば、相手への人格攻撃です。

    だから十七条憲法は、
    「人みな党あり、また達(さと)れるもの少なし」と書いています。
    つい言葉が乱暴になってしまったり、相手への人格攻撃をしてしまうことがある。
    あるいは、人格攻撃されてしまうことがある。
    人間なんて、ある意味、弱いものだからです。

    だからこそ、
    「上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて
     事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは
     すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん」
    なのです。

    これはとても大事なことです。
    けれど残念なことに、戦後の学校では、「十七条憲法には、和をもって貴しとなす」と書かれているとしか教えません。

    日本人が強くなる、かっこよくなるということは、ただいたずらに、仲良くすれば良いということではありません。
    ちゃんと議論できるようになる。
    そういう日本を復活させること。
    それがまさに、日本を取り戻すということなのではないかと思います。


    ※この記事は2020年5月の記事に若干の加筆をしたものです。

    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第92回倭塾 5/21(土)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第93回倭塾 7/17(日)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
     8月 終戦の日・靖国神社昇殿参拝(日程後日)
    第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
    第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                      

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク