• 「この国」ではなく「我が国」


      ───────────────
    次回の倭塾開催は7月17日(日)13時半から。場所は富岡八幡宮・婚儀殿2Fです。
    テーマは「我が国のアイデンティティと日本の政治」です。

      ───────────────

    このブログでは、書きはじめて14年ですが、その間「この国」という書き方は、誰かの言葉の引用や特別な場合を除き使用していません。なぜなら「この国」という言葉は、私達の心から、実は国への愛を失わせる、たいへんに冷たい無機質な言葉ではないかと思うからです。
    これからも、「我が国」と書き続けようと思っています。

    20190619 江戸の遊び
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!
       

    司馬遼太郎さんの大長編である『この国のかたち』は、昭和61年から平成8年まで、まる10年、『文藝春秋』の巻頭に連載されたエッセイです。
    この時代は、日本がバブル経済の真っ只中にあった時代でした。
    日本人がエコノミック・アニマルと呼ばれ、夜の繁華街ではタクシーがフル稼働。
    「24時間働けますか?」なんていうCMコピーが流行し、若い女性たちがワンレン・ボディコン姿でジュリアナ東京で踊り明かしていました。

    そんな時代背景にあって、文藝春秋の「この国のかたち」の連載は、あらためて日本を客観視しようという取り組みで大人気となり、いつしか私たち日本人は、自分たちの祖国のことを「この国」と呼ぶようになっていました。

    自分たちの祖国を「この国」と呼ぶことは、自国を客観視してみようという意味を持ちます。
    その意味では、言葉自体は、決して悪い言葉ではありません。
    しかし本来は、自分たちの祖国のことは、「我が国」と呼ぶものです。

    英語なら、「この国」は「This Country」です。
    けれど、自分の祖国のことは「My Fatherland」と使い分けます。
    そして「Fatherland」という言葉には、親子関係や血縁関係という熱い意味が込められます。

    この国(This Country)や、あの国(That Country)という言葉が無機質に、それぞれの国を自分の外側の国として見ているのに対し、祖国(Fatherland)、我が国(our country)には、自分の内側にある国という語感があります。

    このことは、LOVEとLIKEの違いにも似ています。
    英語でLOVEは、自分の内側にあるもの、といった語感があります。
    LIKEは、自分の外側です。
    「あなたを愛している」というときのLOVEは、あなたは私の内側にあるとても大切に想う人である、という強い想いといった語感があります。
    「あなたが好きです」というときのLIKEは、他の人のことを好きであるように、あなたのことも好きですよ、といった、いわば平均的な思いといった語感になります。

    これと同様に、日本語の「我が国」には、自分の国のことを祖国であり、故郷と感じていとしく想う気持ちがこもります。
    一方、「この国」という表現は、どこまでも客観的で、諸外国のあの国やこの国を指すのと同じ程度の語感となります。

    私たち日本人にとって、日本は祖国です。
    父祖が命をかけて護り、育んでくださった国であり、素晴らしい伝統や文化を、私達自身が、今度は子孫に繋いでいかなければならない、大切な国です。
    そうであれば、私たちにとって日本は、自分の内側にある「我が国」です。

    そんなことから自分は、意図して「この国」という言葉を使わず、平素から「我が国」という言葉を用いるようにしています。
    自分は日本人であり、日本を大切にしたいからです。

    およそどの国のどんな人であっても、自分が生まれた郷里には愛着があるものです。
    親の子への愛、自分が所属する学校や会社など社会への愛、郷里への愛、国への愛、愛は、すべてに通じるものです。
    そして愛が、自分の内なるものとしてのいとしい思いなら、自国への愛は、人が持つごくあたりまえの感情です。
    だから「よその国」と区別して、「我が国」というのです。

    「この国」という言葉は、客観的であるがゆえに、「我が国」という言葉が持つ情愛を失わせます。
    ひらたくいうなら、血の通わない「冷たい言葉」です。
    「我が国」は、血の通った「暖かな言葉」です。

    このブログでは、書きはじめて14年ですが、その間「この国」という書き方は、誰かの言葉の引用や特別な場合を除き使用していません。
    なぜなら「この国」という言葉は、私達の心から、実は国への愛を失わせる、たいへんに冷たい無機質な言葉ではないかと思うからです。

    これからも、「我が国」と書き続けようと思っています。

    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第92回倭塾 5/21(土)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第93回倭塾 7/17(日)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
     8月 終戦の日・靖国神社昇殿参拝(日程後日)
    第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
    第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                      

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 第93回 倭塾開催のご案内


    倭塾のお知らせです。
    7月17日(日)13時半から開講します。
    場所は、東京・江東区の富岡八幡宮・婚儀殿2Fです。

    20220717 満洲紙幣
    画像出所=https://mr-coins.com/archives/14516
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    倭塾のお知らせです。

    7月17日(日)13時半から開講します。
    場所は、東京・江東区の富岡八幡宮・婚儀殿2Fです。

    7月の倭塾のテーマは
    「我が国のアイデンティティと日本の政治」
    です。

    いま日本は立ち上がるときに来ました。
    それは、一部の指揮者が立ち上がるのではない。
    民衆が、庶民が立ち上がるときです。

    かなり内容の濃い、そして熱い倭塾になります。
    万障お繰り合わせの上、ぜひとも、お越しください。


    《第93回 倭塾開催のご案内》
    1 日 時
      令和4年7月17日(日)
      13:00 開場
      13:30 開講
      16:00 終了
      16:30 撤収終了
    2 場 所
      富岡八幡宮・婚儀殿2F
      〒135-0047 東京都江東区富岡1丁目20−3
      電車 東京メトロ東西線 「門前仲町」駅より徒歩3分
         都営地下鉄大江戸線「門前仲町」駅より徒歩6分
    3 テーマ 「我が国のアイデンティティと日本の政治」
    4 講 師 塾長 小名木善行
    5 定 員 25名
    6 参加費
     ☆参加費
      (1) ご新規      2500円
      (2) 倭塾参加経験者  2000円
      (3) ご夫婦で参加 お二人で2000円
      ※事前振込は必要ありません。当日会場でお支払いください。
      (4) 未成年者       無料
      (5) ご家族お友達招待特典
       これまでに一度でも倭塾にご参加されたことのある方が、倭塾初参加となるご家族・ご友人などをお連れの場合、そのお連れの方を人数に関わりなく初回参加のみ無料とします。
    7 参加方法
      直接会場にご来場ください。
    8 Facebook参加ページ
      お手数ですが下のURLの「参加」ボタンをクリックしてください。
    https://www.facebook.com/events/672317283963305

    9 主催 小名木善行
      協力 日本の心をつたえる会

    【次回以降の倭塾】
    第93回倭塾 7/17(日)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
     8月 終戦の日・靖国神社昇殿参拝(日程後日)
    第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
    第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F



    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第92回倭塾 5/21(土)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第93回倭塾 7/17(日)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
     8月 終戦の日・靖国神社昇殿参拝(日程後日)
    第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
    第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                      

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 紫陽花(あじさい)の花


    ひとりひとりの人間には、小さなことしかできないかもしれないけれど、みんなが力を合わせることによって、そして最高の働きをすることによって、人は、大きな働きをすることができる。
    そして、みんなで大輪の紫陽花を咲かせる。
    それが日本であり、私達は、そんな日本に生まれた日本人であるということを学ぶ、万葉集の和歌をひとつご紹介します。

    20210702 アジサイ
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4#/media/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hydrangea_of_Shimoda_%E4%B8%8B%E7%94%B0%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%84_(2630826953).jpg
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!
       

    梅雨の季節といえばアジサイです。
    アジサイは、梅雨の間に七色に色を変えます。
    後に季節の風物詩になりますが、万葉の時代には、あちこちで咲いていたにも関わらず、アジサイを詠んだ歌は二首しかありません。
    そのひとつをご紹介してみたいと思います。

    そのひとつが、大伴家持の次の歌です。

    【万葉集4巻773】
    こととはぬ (事不問
    きもあじさいの (木尚味狭藍
    もろとらの (諸苐等之
    ねりのむらとに (練乃村戸二
    あざむききたる (所詐来

    一般の訓読は、
    「事(こと)とはぬ、木(き)すら紫陽花(あじさゐ)諸苐(もろと)らし、練(ねり)の村戸(むらと)に詐(あざむ)かえけり」
    というもので、訳は、
    「物事を問わない木や、色が七色に変わるアジサイの花のように、
     諸々(もろもろ)の弟たちが練り上げた策略に
     騙(だま)されてしまいましたよ」
    といった意味の歌だとされます。

    これですと、あたかもアジサイの花が七色に花色を変えることから、
    「うまいことを言われて、すっかり騙されてしまったぜ」と詠んでいるかのようなイメージになります。
    けれどこの歌は、もともと「恋の結果」ではなく、これから始まる恋への「恋文」として詠まれた歌です。

    どういうことかというと、後に従三位中納言に栄達する大伴家持(おほとものやかもち)がまだ若い頃のことです。
    後に妻に迎えることになる大伴坂上大嬢(おほとものさかのうえのおほひめ)に、家持は恋文として和歌を5首贈りました。
    この歌は、そのなかの一首です。

    しかし果たして、これから女性を口説こうというときに、果たして「私はあんたに騙された。女なんて詐欺師みたいなものだ」なんて歌を贈るでしょうか。
    詠むでしょうか。
    ものごとには常識というものがあります。
    ちょっと頭を働かせて考えたら、上の解釈がおかしいことは、誰にだってわかることです。

    歌の原文をもういちど御覧ください。
    大伴家持は「諸苐等(もろとら)」と書いています。
    「弟」ではなく、
    竹カンムリの「苐」です。

    「苐」という字は、弟(おとうと)を意味する字ではなくて、草木の「新芽」を意味する漢字です。
    そうであれば「諸苐等」は、「もろもろの新芽たち」といった意味になります。

    また「練乃村戸二( ねりのむらとに)」の「練」という字は、「良いものを選び出す(引き出す)」という意味を持つ漢字です。
    そうであれば「練乃村戸二」は、「村の戸から、最高に良いものを選びました」といった意味になります。

    問題は最後の句の「所詐来(あざむききたる )」で、「詐」という字は、作った言葉を意味する漢字で、そこから「言葉を作って来た→言葉をつくした」という意味になります。

    こうして歌に使われている漢字をもとに、歌を再解釈すると、この歌の意味は次のようになります。

    ******
    古代において、我が皇軍の最高司令官であった大伴家持が、最愛の女性を妻に迎えようとして詠んだ歌。
     様々な種類の木々や、
     七色に花色を変えるアジサイの新芽。
     その中から私は
     最高に良い女(ひと)を選びました。
     だからいま、
     言葉をつくして歌をお贈りします」

    大伴家持は、こうして想いを歌に託し、見事、意中の女性を射止めて、妻に迎えました。

    ******

    歌の解釈は、様々あって良いと思います。
    けれど、詞書(ことばがき)に、意中の女性にプロポーズのために贈った歌なのだと、ちゃんと書いてあるのですから、それはそのようにちゃんと解釈すべきと思います。

    万葉集の歌は、すべて漢字で記されています。
    それらの歌は、漢字を単に万葉仮名として用いているものもあれば、大和言葉に漢字の持つ意味を重ねることで、重層的に複雑な思いを表現しようとした文化の香り高い文字の使い方をしている歌もあります。

    そしてこした官製和歌集を編纂することで、わが国は、わが国を殺し合いによる権力闘争の国ではなく、教育と文化の国にしていこう、という明確な強い意志のもとに万葉集を世に出しています。

    なぜそのようなことを言うのかって?
    当然です。
    書かれたものには、すべて書いた目的があるからです。

    さて、紫陽花(あじさい)は、花の色が梅雨の間に七色に変わります。
    様々な色合いを見せる。
    とりわけ花の新芽は、上の写真にもあるように、さまざまな色合いを私達にみせてくれます。

    古代の大伴氏といえば、天皇側近の豪族の中の大豪族です。
    その跡取り息子であった若き日の大伴家持は、常に最高を求める人であったのだそうです。
    そしてその大伴家持が、わが国の古代における軍の最高司令長官となり、我が皇軍は当時の世界にあって、世界最高の装備と、世界最高の教練を受けた、世界最強の防人(さきもり)となました。

    歌の解釈もいろいろあります。
    「いろいろある」ということ自体は、それはとても良いことです。
    なぜなら、100人いれば、100人とも金太郎飴のようにみんな同じ解釈しかしないというのは、全体主義でありファシズムであるからです。

    極左から極右まで、様々な思想が許容される。
    それはとても良いことです。

    しかし、それらは、すべて、紫陽花の新芽と同じです。
    咲いてみれば、ひとつの幹から出た、同じ株の花なのです。
    だから、ひとつになるときは、本気でひとつになる。
    ひとつになって国を護る。
    それができるかどうかで、日本人なのか、日本に住む外人(外人というのは人の外と書きます)なのかが決まります。

    体の細胞と同じです。
    ひとつひとつの細胞は、ほんのちょっとずつの役割しか果たすことができないけれど、でも、みんなでまとまることで、皮膚になったり、内臓になったり、さざまな大きな働きをすることができる。
    細胞のひとつにだって、もしかしたら、様々な考え方をもっているかもしれない。
    けれど、つねに、みんなで一緒になって自分の役割を遂げて、一生を終わっていきます。

    ひとりひとりの人間には、小さなことしかできないかもしれない。
    けれど、みんなが力を合わせることによって、人は、大きな働きをすることができます。
    そして、みんなで大輪の紫陽花を咲かせるのです。
    なぜならここは、わたしたちの祖国だからです。


    ※この記事は2021年7月の記事を大幅にリニューアルしたものです。

    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第92回倭塾 5/21(土)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第93回倭塾 7/17(日)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
     8月 終戦の日・靖国神社昇殿参拝(日程後日)
    第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
    第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                      

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

  • 最善の「今」を築く


    左右の対立とか言いますけれど、東西冷戦はとっくに終わっています。
    いまは日本人に幸せを取り戻す。そのための戦いをすべきです。
    愚痴るのではない。
    文句を言うのでもない。
    おかしいことを、おかしいと、ちゃんと言える世の中を築くときです。
    そして、多くの人のために役立てるように、自分にできることをする。一隅を照らす。
    日本のかつての偉人たち、その偉人たちを支えたのは、誰でしょう。
    いっぱんの人たちです。
    こんどは私たちの番です。

    20220701 蓮
    画像出所=https://hananokotoba.com/t07/
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!
       

    当ブログでも何度もご紹介しています。
    昔がんばった人のご紹介ですが、いずれも、ものすごく過酷なところまで追い詰められ、何もかも失い、それでも歯を食いしばってまた立ち上がってきた人たちです。
    そんななかのひとりが、この「木村屋のあんぱん」の木村安兵衛です。

    どうしてこのような記事を書くのかというと、理由は3つあります。
    1 生きる勇気を得る
    2 あきらめない心を養う
    3 幸せは遠い未来にあるのではなく、いまの努力の向こう側にある
    いずれも、あたりまえのことです。
    けれど、あたりまえがあたりまえでなくなっているのが、いまの日本ではないでしょうか。

    昨今では偉人伝を学校で教えないし、書店に行っても偉人伝が売られていません。
    代わって置いてあるのが、新作ものの絵本で、そのほとんどが左系の絵本です。
    ちなみに右系の絵本(たとえば軍人さんを扱ったような絵本)は、そもそも書店さんに置いてさえもらえません。

    けれど我が国の偉人伝には、あるひとつの共通項があります。
    それは、西洋のヒーローのように、最初から何もかも持っているような人物がいない、といことです。
    歴史を振り返れば、おそらく最初から何もかも手に入れていたような人物といえば、源為朝くらいなものです。
    けれど、そうした人物であれば、その後、必ずたいへんな目に遭い、最期はたいてい破綻しています。
    逆に、努力はしたけれど、たいした能力があるわけではない。
    けれど、多くの人々のためにと、何度もくりかえしたいへんな目に遭いながらも、そこから立ち上がって、立派な業績を成し、多くの人から慕われた・・・そんな人物が、我が国では偉人とされています。

    それって、人に勇気を与えるものではないでしょうか。
    誰もが、辛かったり凹んだり悲しかったり、苦心惨憺しています。
    でも、そこからまた立ち上がる。
    それこそが勇気といえるのではないでしょうか。

    昨今では、凹んだときの逃げ場がたくさん用意されています。
    その逃げる先が、たとえばネットだったりすることもあります。
    ハンドルネームで本名を隠して、ひたすら他人の悪口を言う、中傷する。
    政治の悪口を言う。批判する。馬鹿にする。
    それが嵩じて、国や政治家が悪いことをしなように監視するのが野党議員の役目だ、などと言いながら、ひたすら与党議員や閣僚をコケにすることが政治であると勘違いしている人たちまでいます。

    そんなものばかり見せられたら、国民の多くは、選挙なんて馬鹿らしくて行かなくなります。
    実際、国会選挙ですら、投票率は50%前後、地方議会や市長選挙になると、なかには10%程度の投票率しかないことさえもしばしばです。

    でも、逃げちゃいけないと思うのです。
    もういちど、政治の本質に帰る。
    「おほみたから」である民衆が、豊かに安全に安心して生きることができる日本を目指す、地方を目指す。
    そのために歯を食いしばって、何度でも立ち上がる。挑戦し続ける。
    民衆の心に火を付ける。

    一般に、選挙は組織票の食い合いだと言われています。
    その結果、選挙に受かった政治家たちによって、いまの日本がどうなっているか。
    かれこれ30年、経済成長ゼロです。
    たいせつな森や水の資源が、外国人に買われています。
    物価が上がり、消費税もあがり、その一方で日本人の所得が下がっています。
    それでいいのでしょうか。
    だから、これまで通りの選挙をしている方々には、これまで通り頑張っていただければよいのです。
    そうではなく、これまでの与野党とは違う、まったくの第三極。
    右でもなければ左でもない。
    日本のど真ん中に柱を立てて、日本人の日本人による日本人の政治を取り戻すのです。

    偉人たちは、どんなに辛くても、苦しくても、あきらめずに頑張ってきました。
    日本の偉人伝は、そういうことを学ばせてくれます。
    今度は私達ががんばる番です。

    また、毎度申し上げていますように、日本では、時間軸は未来から過去へと流れます。
    これは西洋とは真逆の時間の概念です。
    未来から過去へと流れる時間だとどうなるのかというと、過去は「過ぎ去った」のです。
    過ぎ去ったものに、いつまでも、「もりそばがいいか、かけうどんがいいか」などとぐずぐずいっても詮無いことです。

    左右の対立とか言いますけれど、東西冷戦はとっくに終わっています。
    いまは日本人に幸せを取り戻す。そのための戦いをすべきです。
    愚痴るのではない。
    文句を言うのでもない。
    おかしいことを、おかしいと、ちゃんと言える世の中を築くときです。
    そして、多くの人のために役立てるように、自分にできることをする。一隅を照らす。

    日本のかつての偉人たち、その偉人たちを支えたのは、誰でしょう。
    いっぱんの人たちです。

    トップの画像は、蓮の花です。
    蓮の根は泥土の中にあります。
    その泥だらけの中から、一本の茎を伸ばし、水上に見事な花を咲かせます。
    私たち日本の蓮を咲かせましょう。

     世の人は 我を何とも 言わばいえ
     我がなす事は 我のみぞ知る
       坂本龍馬

     身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも
     留め置かまし 大和魂
       吉田松陰

    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第92回倭塾 5/21(土)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第93回倭塾 7/17(日)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
     8月 終戦の日・靖国神社昇殿参拝(日程後日)
    第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
    第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                      

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク