• 紫陽花(あじさい)の花


    ひとりひとりの人間には、小さなことしかできないかもしれないけれど、みんなが力を合わせることによって、そして最高の働きをすることによって、人は、大きな働きをすることができる。
    そして、みんなで大輪の紫陽花を咲かせる。
    それが日本であり、私達は、そんな日本に生まれた日本人であるということを学ぶ、万葉集の和歌をひとつご紹介します。

    20210702 アジサイ
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%B5%E3%82%A4#/media/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hydrangea_of_Shimoda_%E4%B8%8B%E7%94%B0%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%98%E3%81%95%E3%81%84_(2630826953).jpg
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!
       

    梅雨の季節といえばアジサイです。
    アジサイは、梅雨の間に七色に色を変えます。
    後に季節の風物詩になりますが、万葉の時代には、あちこちで咲いていたにも関わらず、アジサイを詠んだ歌は二首しかありません。
    そのひとつをご紹介してみたいと思います。

    そのひとつが、大伴家持の次の歌です。

    【万葉集4巻773】
    こととはぬ (事不問
    きもあじさいの (木尚味狭藍
    もろとらの (諸苐等之
    ねりのむらとに (練乃村戸二
    あざむききたる (所詐来

    一般の訓読は、
    「事(こと)とはぬ、木(き)すら紫陽花(あじさゐ)諸苐(もろと)らし、練(ねり)の村戸(むらと)に詐(あざむ)かえけり」
    というもので、訳は、
    「物事を問わない木や、色が七色に変わるアジサイの花のように、
     諸々(もろもろ)の弟たちが練り上げた策略に
     騙(だま)されてしまいましたよ」
    といった意味の歌だとされます。

    これですと、あたかもアジサイの花が七色に花色を変えることから、
    「うまいことを言われて、すっかり騙されてしまったぜ」と詠んでいるかのようなイメージになります。
    けれどこの歌は、もともと「恋の結果」ではなく、これから始まる恋への「恋文」として詠まれた歌です。

    どういうことかというと、後に従三位中納言に栄達する大伴家持(おほとものやかもち)がまだ若い頃のことです。
    後に妻に迎えることになる大伴坂上大嬢(おほとものさかのうえのおほひめ)に、家持は恋文として和歌を5首贈りました。
    この歌は、そのなかの一首です。

    しかし果たして、これから女性を口説こうというときに、果たして「私はあんたに騙された。女なんて詐欺師みたいなものだ」なんて歌を贈るでしょうか。
    詠むでしょうか。
    ものごとには常識というものがあります。
    ちょっと頭を働かせて考えたら、上の解釈がおかしいことは、誰にだってわかることです。

    歌の原文をもういちど御覧ください。
    大伴家持は「諸苐等(もろとら)」と書いています。
    「弟」ではなく、
    竹カンムリの「苐」です。

    「苐」という字は、弟(おとうと)を意味する字ではなくて、草木の「新芽」を意味する漢字です。
    そうであれば「諸苐等」は、「もろもろの新芽たち」といった意味になります。

    また「練乃村戸二( ねりのむらとに)」の「練」という字は、「良いものを選び出す(引き出す)」という意味を持つ漢字です。
    そうであれば「練乃村戸二」は、「村の戸から、最高に良いものを選びました」といった意味になります。

    問題は最後の句の「所詐来(あざむききたる )」で、「詐」という字は、作った言葉を意味する漢字で、そこから「言葉を作って来た→言葉をつくした」という意味になります。

    こうして歌に使われている漢字をもとに、歌を再解釈すると、この歌の意味は次のようになります。

    ******
    古代において、我が皇軍の最高司令官であった大伴家持が、最愛の女性を妻に迎えようとして詠んだ歌。
     様々な種類の木々や、
     七色に花色を変えるアジサイの新芽。
     その中から私は
     最高に良い女(ひと)を選びました。
     だからいま、
     言葉をつくして歌をお贈りします」

    大伴家持は、こうして想いを歌に託し、見事、意中の女性を射止めて、妻に迎えました。

    ******

    歌の解釈は、様々あって良いと思います。
    けれど、詞書(ことばがき)に、意中の女性にプロポーズのために贈った歌なのだと、ちゃんと書いてあるのですから、それはそのようにちゃんと解釈すべきと思います。

    万葉集の歌は、すべて漢字で記されています。
    それらの歌は、漢字を単に万葉仮名として用いているものもあれば、大和言葉に漢字の持つ意味を重ねることで、重層的に複雑な思いを表現しようとした文化の香り高い文字の使い方をしている歌もあります。

    そしてこした官製和歌集を編纂することで、わが国は、わが国を殺し合いによる権力闘争の国ではなく、教育と文化の国にしていこう、という明確な強い意志のもとに万葉集を世に出しています。

    なぜそのようなことを言うのかって?
    当然です。
    書かれたものには、すべて書いた目的があるからです。

    さて、紫陽花(あじさい)は、花の色が梅雨の間に七色に変わります。
    様々な色合いを見せる。
    とりわけ花の新芽は、上の写真にもあるように、さまざまな色合いを私達にみせてくれます。

    古代の大伴氏といえば、天皇側近の豪族の中の大豪族です。
    その跡取り息子であった若き日の大伴家持は、常に最高を求める人であったのだそうです。
    そしてその大伴家持が、わが国の古代における軍の最高司令長官となり、我が皇軍は当時の世界にあって、世界最高の装備と、世界最高の教練を受けた、世界最強の防人(さきもり)となました。

    歌の解釈もいろいろあります。
    「いろいろある」ということ自体は、それはとても良いことです。
    なぜなら、100人いれば、100人とも金太郎飴のようにみんな同じ解釈しかしないというのは、全体主義でありファシズムであるからです。

    極左から極右まで、様々な思想が許容される。
    それはとても良いことです。

    しかし、それらは、すべて、紫陽花の新芽と同じです。
    咲いてみれば、ひとつの幹から出た、同じ株の花なのです。
    だから、ひとつになるときは、本気でひとつになる。
    ひとつになって国を護る。
    それができるかどうかで、日本人なのか、日本に住む外人(外人というのは人の外と書きます)なのかが決まります。

    体の細胞と同じです。
    ひとつひとつの細胞は、ほんのちょっとずつの役割しか果たすことができないけれど、でも、みんなでまとまることで、皮膚になったり、内臓になったり、さざまな大きな働きをすることができる。
    細胞のひとつにだって、もしかしたら、様々な考え方をもっているかもしれない。
    けれど、つねに、みんなで一緒になって自分の役割を遂げて、一生を終わっていきます。

    ひとりひとりの人間には、小さなことしかできないかもしれない。
    けれど、みんなが力を合わせることによって、人は、大きな働きをすることができます。
    そして、みんなで大輪の紫陽花を咲かせるのです。
    なぜならここは、わたしたちの祖国だからです。


    ※この記事は2021年7月の記事を大幅にリニューアルしたものです。

    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第92回倭塾 5/21(土)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第93回倭塾 7/17(日)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
     8月 終戦の日・靖国神社昇殿参拝(日程後日)
    第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
    第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                      

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク