• 部下たち二千人の命を守った警察官・・・廣枝音右衛門物語


      ───────────────
    8月15日発売!最新刊
    この活動をはじめて13年目。
    やっと靖國の英霊に感謝と鎮魂の本を出すことができました。

    『後世へ語り継ぎたい 美しく猛き昭和の軍人たち』
     https://amzn.to/3zcoD3a
      ───────────────

    「諸君。
     諸君らは、よく国のために戦ってきてくれた。
     しかし君たちは、軍の命令通り犬死することはない。
     なぜなら祖国台湾に、
     諸君らの帰りを心から願って待っている家族がいるからだ。
     私は日本人だ。
     だから責任はすべて私がとる。
     全員、米軍の捕虜になろうとも生きて帰ってくれ」

    20210830 廣枝音右衛門
    画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%A3%E6%9E%9D%E9%9F%B3%E5%8F%B3%E8%A1%9B%E9%96%80
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!
        

    もう随分と前から、警察官のことをマッポとかポリ公とか言って、やたらに警察官を敵視するような、おかしな文化(といえるかどうかもあやしい)もどきが日本に蔓延しています。
    もちろん刑事ドラマなどで、真面目な警察官は相変わらず人気だし、警察24時のようなドキュメンタリーも高視聴率です。
    けれど、その一方で、私達の生活や治安を守ってくれていて、そのために日々訓練を欠かさない警察官を、なにゆえにか敵視する人たちがいて、それは日本だけでなく米国においても(主に民主党支持層を中心に)同様の思想を持つ人達がいて、なぜか警察官の給料さえも支払いを拒否しようとしているといいます。
    実におかしな話だと思います。

    台湾は、いまでも戦前戦中までの日本の文化を色濃く保っているところがある国(あえて”国”といいます)ですが、なかでも台湾の高砂族のあいだでは、警察官は、いまでも地域の守り神のようにして慕われているといいます。
    これは、もともと明治に現行の警察制度が始まったとき、警察官になったのが旧士族(武士)であった人たちであったこと、このため戦前戦中まで、日本では警察官がエリート中のエリートとされていたことに起因します。

    高級警察官僚は別ですが、現場の警察官は、まさに元武士でしたから、強いし、優しいし、筋道を通すし、不正不義を一切許さないし、教養があるし、子どもたちにやさしい。
    だから派出所に住み込みで勤務する駐在さんは、町や村で、ある意味一番信頼される存在でもありました。

    そんな次第でしたから、戦前に警官になるのは、現代の東大に合格するよりむずかしいとさえ言われていました。
    このことは日本領だった台湾も同じで、台湾における警察官は、それだけ名誉ある職業であり、人々から尊敬されてもいたのです。
    私はそういう社会こそ、健全な社会であると思います。

    さて、その台湾で、いまでも「神」として祀られている警察官がいます。
    名を「廣枝音右衛門(広枝音右衛門)」といいます。

    廣枝音右衛門は、明治38年に神奈川県小田原市で生まれ、逗子の開成中学、日本大学予科へと進み、昭和3年、23歳のときに、佐倉歩兵第57連隊に入隊して陸軍軍曹になりました。
    そして任期満了で除隊したあと、湯河原の小学校教員などを勤め、昭和5年、台湾にわたって、なんと当時、競争率100倍という超難関の台湾総督府の巡査を受験して合格、台湾警察の巡査となり、台湾・新竹州勤務となりました。

    この時代の台湾警察は、治安活動だけでなく、台湾の人々を「内地の日本人と同等の教育、文化水準に引き上げる」という行政上の役割も担っていました。

    昭和17年5月、廣枝音右衛門は、警部に昇進し、新竹州竹南の郡政主任となり、大東亜戦争の戦線拡大にともなって台湾で結成された総勢二千名におよぶ海軍巡査隊・総指揮官を拝命しました。
    海軍巡査隊は、昭和18年12月8日、高雄港から特務艦「武昌丸」に乗り込んで、フィリピンのマニラに向かいました。

    マニラでは厳しい訓練の日々が続きました。
    音右衛門は、隊長として常に部下の先頭に立厳しい訓練を率先して受け、部下たちひとりひとりを励まし続けました。

    そんな廣枝隊長を部下たちは、とても慕いました。
    なにせ人柄が良い。真面目。思いやりがある。

    巡査隊の任務は、物資の運搬、補給などの後方支援でした。
    戦況は刻々と悪化し、ついに昭和20年2月、マニラ市近郊に米軍が上陸してきました。
    米軍と戦闘すること3週間、ついに弾薬も尽き、玉砕やむなしの情況に至りました。

    海軍巡査隊にも、フィリピン派遣軍司令部から棒地雷が支給されました。
    それは、「この棒地雷を手に敵戦車に体当たりし、全員玉砕せよ」という意味の支給でした。

    音右衛門にも家族がいました。
    台湾に、妻と3人の子たちがいました。

    音右衛門は苦慮したうえで、巡査隊の小隊長を務めていた劉維添(りゅういてん)を伴って、米軍にひそかに交渉を行いました。

    翌日、整列した二千人の部下たちを前に、言いました。

    「諸君。
     諸君らは、よく国のために戦ってきてくれた。
     しかし君たちは、軍の命令通り犬死することはない。
     なぜなら祖国台湾に、
     諸君らの帰りを心から願って待っている家族がいるからだ。
     私は日本人だ。
     だから責任はすべて私がとる。
     全員、米軍の捕虜になろうとも生きて帰ってくれ」

    二千人の部下たちは、一同、言葉もなくすすり泣きました。
    音右衛門の気持ちが痛いほどわかったからです。

    音右衛門は、部下たちへの訓示のあと、ひとりで壕に入りました。
    そして拳銃をみずからの頭に向けると、頭部を2発撃って、自決しました。
    昭和20年2月23日午後3時頃のことでした。
    廣枝音右衛門、享年40才でした。

    音右衛門の決断によって、海軍巡査隊の台湾青年ら二千名は、生きて故郷の台湾に帰還することができました。
    この恩を忘れない台湾巡査隊の面々は、戦後、台湾新竹州警友会をつくって、台湾仏教の聖地である獅子頭山にある権化堂に、廣枝音右衛門隊長を祀りました。

    さらに廣枝隊長から受けた恩義を末永く語り継ぐべく、茨城県取手市の弘経寺に広枝隊長の「顕彰碑」を寄進し健立しています。

    弘経寺 広枝隊長 顕彰碑
    弘経寺広枝隊長顕彰碑


    以下は、その「顕彰碑」に彫られた文です。

    「泰然自若として所持の拳銃を放ちて自決す
     時に2月24日なり
     その最後たるよく凡人のなしえざるところ。

     せんなるかな戦後台湾は外国となりたるも
     この義挙により生還するを得た数百の部下達は

     吾等の今日あるは、
     あのとき、隊長の殺身成仁の義挙にありたればこそと

     よろしく称讃し、この大恩は孫々に至るも忘却することなく
     報恩感謝の誠を捧げて慰霊せんと

     昭和51年9月26日隊長ゆかりの地、
     霊峰獅子頭山権化堂にてその御霊を祀り、
     盛大なる英魂安置式を行う。

     この事を知り得て吾等日本在住の警友痛く感動し、
     相謀りて故人の偉大なる義挙を永遠に語り伝え
     その遺徳を顕彰せんとしてこの碑を健立す

       元台湾新竹州警友会」

    昭和58年5月、小隊長をつとめた劉維添(りゅういてん)氏は、かつての隊長の自決の地であるフィリピンを訪れました。
    そこで彼は、隊長終焉の地の土を集めると、茨城県取手市に住む、ふみ未亡人に、その土を手渡しました。
    (ふみさん平成元年2月、76歳で永眠)
     
    こうして廣枝音右衛門は、獅頭山の権化堂に神様として祭られ、鬼籍の人となったふみ夫人も、広枝隊長の位牌とともに、かつての部下だった新竹警友会の人たちの手によって台湾・権化堂に祭られました。

    自らの命に代えて、二千人の部下の命を守った廣枝音右衛門。
    こうした歴史を、私たち日本人は、これからもしっかりと語り継いでいきたいと思います。


    ※この記事は2010年1月3日の記事のリニューアル再掲です。

    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第92回倭塾 5/21(土)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
    第93回倭塾 7/17(日)13:30~16:30 富岡八幡宮婚儀殿2F
     8月 終戦の日・靖国神社昇殿参拝(日程後日)
    第94回倭塾 9/10(土)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
    第95回倭塾 10/23(日)13:30~16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F


                        

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク