• 日本だけじゃない、英国の現状


    ■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
    10月23日13:30より富岡八幡宮婚儀殿で第95回倭塾を開催します。
     詳細は↓で。
    https://www.facebook.com/events/1041364216516794
    ■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

    英国国民として過去40〜60年にわたって英国に貢献し、税を収めてきた英国民の5倍もの大金を、英国政府は不法移民に支払っているわけです。英国政府は、いったい誰のための政府なのでしょうか。
    移民優遇政策は、英国やEUだけではありません。
    米国も、日本もまた同じです。
    それは「世界がそうなのだから、日本も同じ」で良いのでしょうか。

    20221020 英国移民
    画像出所=https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211125/k10013360721000.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!


    友人から教わった話です。
    英国の現状です。
    日本だけじゃない。
    英国だけでもない。
    世界中、こんな感じなんでしょうね。
    酷い話です。

    *****

    次のことを知っていますか?

    英国政府は、次の財政支援を提供しています。

    英国の老人年金受給者
    (彼らが懸命に働き、所得税と国民年金を支払ったことを念頭に置いて
    勤続期間中の英国政府への保険料負担)
    週手当: £106.00

    英国に住む移民/難民
    (所得税・国民保険料は一切かかりません)
    週手当: £250.00

    英国の老人年金受給者
    毎週の配偶者手当: £25.00

    英国に住む不法移民/難民
    毎週の配偶者手当: £225.00

    英国の老人年金受給者
    追加の週ごとのハードシップ手当: £0.00

    英国に住む不法移民/難民
    追加の週ごとのハードシップ手当: £100.00

    英国の老齢年金受給者は、不法移民/難民と同じように苦労しているが、何も受け取っていない

    英国の老人年金受給者
    年間総利益: £6,000

    英国に住む不法移民/難民
    年間総利益: £29,900

    *****

    「£」は、スターリング・ポンド、つまり英国ポンドのことです。
    いま、1ポンド=168円ですから、上の記述を円に換算し、週給を月払いに換算すると次のようになります。

    英国の老人年金受給者
    (彼らが懸命に働き、所得税と国民年金を支払ったことを念頭に置いて
     勤続期間中の英国政府への保険料負担)
    月 8万0,136円

    英国に住む移民/難民
    (所得税・国民保険料は一切かかりません)
     月 18万9,000円

    英国の老人年金受給者
    月の配偶者手当: 1万8,900円

    英国に住む不法移民/難民
    月の配偶者手当: 17万0,100円

    英国の老人年金受給者
    追加の月ごとのハードシップ手当: £0.00

    英国に住む不法移民/難民
    追加の週ごとのハードシップ手当: 7万5,600円

    英国の老齢年金受給者は、不法移民/難民と同じように苦労しているが、何も受け取っていない

    英国の老人年金受給者
    年間総利益: 4,53万6,000円

    英国に住む不法移民/難民
    年間総利益: 22,60万4,400円

    英国の高齢者の年金が年間で450万円てことは、月額38万円ですから、それはそれでうらやましい限りですが、
    外国からの不法移民なら、年間2,260万円ももらえる!!

    英国国民として過去40〜60年にわたって英国に貢献し、税を収めてきた英国民の5倍もの大金を、英国政府は不法移民に支払っているわけです。
    英国政府は、いったい誰のための政府なのでしょうか。

    英国はEUを離脱したから、移民問題が起きているのではないかという見方は、半分正解で半分間違いです。
    EU圏内での人の移動は自由ですが、それは移民への各国の手当の増大にも繋がっているからです。
    つまり、EUでは、実施的経済的には、自分の国にいることよりも、国を捨ててどこかに移民した方が、はるかに得、という政策がとられているわけです。
    そんな馬鹿な!ということで英国はEUを離脱しましたが、その英国もまた、移民優遇の政策が取られているわけです。
    もうめちゃくちゃです。

    移民優遇政策は、英国やEUだけではありません。
    米国も、日本もまた同じです。

    それは「世界がそうなのだから、日本も同じ」で良いのでしょうか。

    ちなみにトップの写真は、ドーバー海峡における不法移民のボートの写真ですが、この写真のもとになっている動画は、いまではYoutubeから削除になっています。
    都合の悪い人たちがいる、ということです。


    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第95回倭塾 10/23(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮・婚儀殿2F
    第96回倭塾 11/20(日)13:30〜16:30 東京都千代田区神田佐久間町2-15 秋葉原加藤ビル 6階
    第97回倭塾 2023/1/21(土)13:30〜16:00 タワーホール船堀401室
    第98回倭塾 2023/2/18(土)13:30〜16:00 タワーホール船堀401室


                         

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク