• お富さんの物語と人情話


    ■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
    新年最初の倭塾は、1月21日(土)13:30から江戸川区タワーホール船堀 401号室で開催です。
    参加自由で、どなたでもご参加いただくことができます。
    皆様のふるってのご参加をお待ちしています。

    https://www.facebook.com/events/458686826358362
    ■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
    『Renaissance サミット 2023』本日13時開催。
    ダイレクト出版ルネサンス編集部主催のビッグ・セミナー。
    登壇は東京大学特任教授有馬純氏、元内閣官房参与加藤康子氏、キャノングローバル戦略研究所主幹杉山大志氏、および私です。みなさまのふるってのご参加をお待ちします。

    https://in.renaissance-sk.jp/skrss_2211_sk3?cap=onagi
    ■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

    修身教育の復活を警戒する人たちがいますが、一体何を警戒しているのでしょうか。
    人生は判断の連続です。
    そして人は、情報に基づいて判断を行いますが、判断に際して必要なことが、価値判断のモノサシとなる価値観です。
    その価値観が、儲かるか儲からないか、自分にとって利益があるかないか、といったモノサシしか持たないのでは、損得勘定しかない人間ができあがってしまいます。
    損得勘定がいけないとか、ダメだとか言っているのではありません。
    損得勘定だけではいけないと申し上げています。
    人には、損得では図りきれない愛とか、友情とか、魂の響きがあるのです。

    お富さんを映画化した『切られ与三郎』(日活)主演:市川雷蔵、淡路恵子
    20230114 お富さん



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
    小名木善行です。

    !!最新刊!!
       自信作です!


    春日八郎のヒット曲で「お富(とみ)さん」という歌があります。
    古い歌ですが、覚えておいでの方もおいでになるものと思います。

    ♪粋(いき)な黒塀(くろべい)
     見越(みこ)しの松(まつ)に
     仇(あだ)な姿(すがた)の 洗い髪
     死んだはずだよ お富さん
     行きていたとは お釈迦さまでも
     知らぬ仏の お富さん
     エーサオー 源治店(げんやだな)

    実はこのお富さんのお話は、江戸時代の歌舞伎で大ヒットした『与話情浮名横櫛(よわなさけ うきなの よこぐし)』という人情物がもとになっています。
    通称が『切られ与三(きられよさ)』、『お富与三郎(おとみよさぶろう)』、『源氏店(げんやだな)』などです。

    歌舞伎がもととはいえ、戦前は講談や落語でも数多く扱われ、なんと戦前の修身教科書でも紹介されたお話です。
    つまりそれだけ「お富さん」は、世間的に誰もが知る常識の物語であったわけで、春日八郎は昭和29年にこの歌で大ヒットを飛ばしています。

    昭和29年といえば、サンフランシスコ講和条約によって日本が主権を取り戻して2年目にあたります。
    日本人であることに、あらためて誇りを持つ人々が増えてきたときに、戦前には誰もが知っていた「お富さん」を歌にすることで、昔をなつかしむ多くの人々の心を捉えたわけです。

    では、この物語がどのような物語かというと、江戸の大店の若旦那の与三郎が、ある日、木更津で美しいお富さんに出会い、一目惚れしてしまいます。
    ところがお富さんは、このとき地元のヤクザの親分の赤間源左衛門のお妾(めかけ)さんです。
    情事が露見し、怒った親分の赤間源左衛門は、手下に命じて与三郎をめった斬りにして、海に投げ捨てます。
    眼の前で愛する与三郎を殺されてします。
    お富さんは、入水自殺を図るのです。

    ところが・・・!!
    幸いなことに二人とも命をとりとめました。

    その後お富さんは、大手質屋である和泉屋の大番頭の多左衛門に引き取られ、源氏店(げんじだな)と呼ばれる妾宅で何不自由ない暮らしをします。
    一方、与三郎は実家を勘当されて流浪の身となり、いつしか三十四箇所の刀傷を売り物に、「切られの与三郎」として悪名を馳せていきます。

    ある日与三郎が、ごろつきの蝙蝠安(こうもりやす)とともに、豪商の番頭宅に強盗に入りると、そこにお富さんがいます。
    片時もお富さんを忘れることができなかった与三郎です。
    お富さんを見て驚くと同時に、またしても誰かの囲いものになったかと思うと情けなく、そこで決めの名台詞が入ります。

    「イヤサ、これ、お富、ひさしぶりだなア…」
    「そういうお前は」と問いかけるお富さん。
    「与三郎だ」

    名乗った与三郎は、手拭いで隠していた顔を見せ、着物の袖をまくって総身に受けた傷を見せます。
    ハッと胸に手を当てるお富さん。
    「死んだと思ったお富よォ、
     おメエが生きていたたァサ、
     お釈迦様でも気が付くめエよ」

    そこに主(あるじ)の多左衛門が帰宅します。
    多左衛門は落着き払った態度で、与三郎に「誰か」と尋ねます。
    お富さんはとっさに「兄(あに)さんです」と言いつくろう。
    与三郎に向かって多左衛門は、
    「お富を囲っているが男女の関係はない」といい、適当な商売でも始めるようにと、与三郎に相当な金を受け取らせます。

    金をもらった蝙蝠安と与三郎が引き上げたあと、店から迎えがきたので、多左衛門はお富さんに自分のお守袋を渡して店へ戻って行きます。
    お富さんが、そのお守り袋を開くと、中に臍の緒書が入っている。
    そして、なんと!
    多左衛門がお富さんの実の兄であったと知るのです。

    そこにそっと戻ってきた与三郎。
    お富さんは多左衛門が実の兄であったと知らせ、二人は多左衛門に感謝する・・・。

    とまあ、こんな物語が「お富と与三郎」のお話です。
    修身教科書では、この物語を通じて、人情の大切さ、兄弟の絆の深さ、そして嘘はバレると子どもたちに教えました。

    修身教育の復活を警戒する人たちがいますが、一体何を警戒しているのでしょうか。

    人生は判断の連続です。
    そして人は、情報に基づいて判断を行いますが、判断に際して必要なことが、価値判断のモノサシとなる価値観です。
    その価値観が、儲かるか儲からないか、自分にとって利益があるかないか、といったモノサシしか持たないのでは、損得勘定しかない人間ができあがってしまいます。

    損得勘定がいけないとか、ダメだとか言っているのではありません。
    損得勘定だけではいけないと申し上げています。
    人には、損得では図りきれない愛とか、友情とか、魂の響きがあるのです。

    愛すること、人を大切に思うこと、損得を超えた友情など、そうした幾重にも重なる深い価値観を根本に持つのが人というものです。
    損か得かだけなら、動物や昆虫と何のかわりもありません。
    そのような価値観しか教えることができないものは、教育の名に値(あたい)しません。
    いまの日本の教育現場が荒廃するのもあたりまえです。

    日本は、政治権力よりもはるか上位にある天皇によって、すべての民衆が「おほみたから」とされてきた国柄を持ちます。
    根底に、すべての民が「おほみたから」であるという認識があるのです。
    ひとりひとりが「たからもの」です。
    だからお互いを尊重しようとすることが、当然の文化となっていきました。
    そしてその尊重する心を、人情と呼び、人情こそが人として最も大切なものとされてきた歴史を持ちました。

    諸外国には天皇の存在がありません。
    ですから、国の最上位にあるのは、常に政治権力者です。
    そして権力は人を支配します。
    こうして国中のすべてが、支配と被支配、つまり隷属の関係になっていきました。
    人は、人情よりも、「どっちが上か」が常に問題視される、そういう社会になっていきました。

    およそ人間として生まれて、常に上か下かと競争して生きることしかできない競争と支配の社会と、根底においてお互いを尊重し合うことを軸とした調和社会と、どちらから人として幸せな社会といえるのか。
    答えは、考えるまでもないことであろうと思います。
    そしていま、世界が、そして日本中が求めていることの根幹が、まさにこの調和にあるのです。


    お読みいただき、ありがとうございました。


    ※この記事は2019年1月の記事のリニューアルです。
    日本をかっこよく!
    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。



    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第96回倭塾 11/20(日)13:30〜16:30 東京都渋谷区代々木2-4-1 THビル2F Aルーム
    ※11月20日は開催会場が変更になっていますのでお気をつけください。
    第97回倭塾 2023/1/21(土)13:30〜16:00 タワーホール船堀401室
    第98回倭塾 2023/2/18(土)13:30〜16:00 タワーホール船堀401室
    第99回倭塾 2023/3/26(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
    第100回倭塾 2023/4/23(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
    第101回倭塾 2023/5/14(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
    第102回倭塾 2023/6/25(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
    第103回倭塾 2023/7/22(土)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F


                          

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ぜんこうのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク