• 彼を是し我を非し、我を是し彼を非す


    ■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
    3月の倭塾は、3月26日(日)13時半から開催です。
    場所は今回から富岡八幡宮の婚儀殿です。
    テーマは「日本精神を築いた十七条憲法」です。
    参加自由で、どなたでもご参加いただくことができます。
    皆様のふるってのご参加をお待ちしています。
    https://www.facebook.com/events/458686826358362
    ■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

    円錐は、真横から見たら三角で、真上から見たら円形です。
    これを互いに「三角だ、円だ」と言い合うのは馬鹿げています。
    それどころか、そんなつまらないことで、互いにどっちが正しいと感情的に対立しあい、闘争に発展し、ゲバルト(暴力)まで行わる。馬鹿な話です。
    「三角だ、円だ」と言い合っている限り、永遠に真実にたどり着けないのです。

    20210216 聖徳太子
    画像出所=https://toyokeizai.net/articles/-/118796?page=2
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    日本をかっこよく!

    !!最新刊!!
     

    明日、3月21日の春分の日が、卯年の卯の月の卯の日であるということから、明日から世界が大きく変わる、といった話があります。
    貨幣経済による資本主義が、いまや一部の富裕層による傲慢へと取って代わり、真の民主主義に向けて、経済体制そのものから世界がこれから変わるのだ、といった話もあります。

    世界は変わると思います。
    けれどそれは、10年前の日本や世界と、いまの日本や世界が大きく変わっているのと同様、実は、世界は常に変わり続けているのです。

    泥棒にも三分の理という言葉がありますが、高市大臣を責める野党や朝日にしても、彼らにはそんな泥棒と同じ程度の理屈があるのだし、大量の食料を廃棄していながら、食糧不足だからコオロギを食べろというおかしな理屈もまかり通っています。
    こんな日本に誰がした!と怒ることも必要でしょうけれど、より良い日本、明るい日本に向けて私達は一歩を踏み出していく必要があります。

    聖徳太子の十七条憲法の第十条に、次の言葉があります。

     ひとにはたれも こころあり   人皆有心
     おのがこころに まもりあり   心各有執
     かれをぜし   われをひし   彼是則我非
     われをぜし   かれをひす   我是則彼非
     われかならずも きよからず   我必非聖
     かれかならずも ぐにあらず   彼必非愚
     ぜひのことわり よくさだむべき 是非之理能可定
     あひともに   けんぐなり   相共賢愚
     たまきのごとく はしはなし   如鐶无端

    現代語に訳すと、次のようになります。

    「人には誰にでも、思うところや心があります。
     そして心には、誰にでも何がしかの執着があります。
     そんななかにあって、
     彼が正しくて、俺が間違っている、
     俺が正しくて、あいつが間違っているなどと言い合っても、
     自分が必ずしも聖(きよ)いわけではありませんし、
     彼がかならずしも、バカ者ということでもありません。
     だいたい何がただしくて、何が間違っているのかなど
     誰が定めるというのでしょうか。
     人は、ともにかしこくもあり、またおろかでもあるのです。
     結局のところ、良いも悪いも、正しいも正しくないも、
     まるで環のように、端がないのです。」


    要するに、何が正しくて、何が間違っているのかなど、互いにひとつの物事を別な角度から見ているだけのことでしかないのです。

    円錐は、真横から見たら三角で、真上から見たら円形です。
    これを互いに「三角だ、円だ」と言い合うのは馬鹿げています。
    それどころか、そんなつまらないことで、互いにどっちが正しいと感情的に対立しあい、闘争に発展し、ゲバルト(暴力)まで行わる。馬鹿な話です。
    「三角だ、円だ」と言い合っている限り、永遠に真実にたどり着けないのです。

    学校であれば、テストの答案に、正しい、間違っているは、これははっきりと存在します。
    ただし、テストというのは、出題する側には、答えがあらかじめ明確に定まっています。

    しかし実社会に、あらかじめ定まった正解はありません。
    議論になれば、どちらが正しくて論理的かよりも、声の大きいほうが勝ったりするし、停まらなければならないはずの赤信号だって、みんなで渡ればこわくなかったりします。

    いま騒がれている世界の金融支配にしたところで、もし、自分が金融マンなら、会社を儲けさせるのが仕事です。
    それによって、戦争が起き、どれだけの人命が失われようが、会社にとっては儲かれば勝ちだし、会社を儲けさせた金融マンは当然高評価となって、特に海外企業の場合ですと、給料が劇的にあがり、人生の成功者となります。

    刑事事件にしても、なるほど殺人を犯せば、刑法199条「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。」という条文によって、殺人罪に問われることになります。
    けれど、娘を乱暴されて殺害された父親が、犯人を殺害することは是か非か。
    このことをテーマにした東野圭吾の小説『さまよう刃』は、寺尾聰主演で同名で映画化されました。
    衝撃作であったように思います。

    そこまでシリアスな問題でなくても、日々目の前に立ちふさがるさまざまな問題や課題、あるいはいま世の中に起こっていることなど、それらすべては、学校のテストの答案用紙のように、「○かバツか」とか「正しいか間違っているか」など、実は《あえて言うなら》何の意味もないのです。

    大切なことは、どちらが正しいかではなく、どちらもが正しいと主張していることを相互に「むすんだ」先にある。
    正しい答えは、Aにあるのか、Bにあるのかではなく、AとBを結んだ先にあります。

    A 顧客は画面の大きなテレビを求めている。
    B 顧客は美しい映像のテレビを求めている。
    C 顧客は価格の安いテレビを求めている。

    どれが正しい答えでしょうか。
    どれが間違った答えでしょうか。
    もし、会社の商品企画会議で、A案、B案、C案が、互いに自分だけが正しいと言い張り、互いを間違っている、愚かだと罵りあったら、それで良い商品はできるのでしょうか。

    むしろこの三者を結び合わせることで、三者に共通することはなにかと考えてみる。
    すると、顧客が求めているのは、もしかすると「手軽さと没入感」であるのかもしれないという仮説が成り立ちます。
    そうであれば、音声の抜群にきれいなVRゴーグルで、4Kや8Kレベルの映像で低価格なモデルが新商品になるかもしれません。

    要するに、あれが正しい、これが間違っているという議論は、多くの場合、学生どまりの思考でしかないのです。
    大人であり、社会人であれば、異なる議論を結びつけて、より豊かで安全で安心して暮らせる明るい未来を開拓する。
    それが、新しい時代に求められる姿勢です。

    世界はいま、大きく変わろうとしています。
    こんにちの世界は、巨大な経済集団が、自分たちの利益のためにだけ公然と不正をはたらくものことが露呈した社会です。
    不正競争なら、勝つのは寅さんでもなければ売電さんでもない。
    より悪質な者(たとえば中凶)が勝利者となります。
    目下その方向に世界は向かっている。
    けれど、その勝利は、世界中から猛反発を被ることになります。
    なぜなら世界はバカではないからです。

    そうすると、世界が求めるものは、「より悪質でないもの」、つまり不正の反対、つまり公正です。
    そして世界で唯一、歴史を通じて世界に対して公正であり続けた国は、日本だけです。
    つまり、日本の時代が、すぐそこまでやってきています。

    問題は、その日本に住む日本人が、ただただ「正しいか、間違っているのか」と、小学生の宿題プリントの採点の意識から、いまだ抜け出せていないこと。
    いつまでも、小学生ではいられないのです。
    日本は、いま、本気で変わるときです。


    この記事は2021年3月の記事のリニューアルです。
    日本をまもろう!

    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。

     

    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第99回倭塾 2023/3/26(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
    第100回倭塾 2023/4/23(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
    第101回倭塾 2023/5/14(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
    第102回倭塾 2023/6/25(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
    第103回倭塾 2023/7/22(土)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F


                           

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ぜんこうのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク