• 大江山酒呑童子と日本の心


    ■□■━━━━━━━━━━━━━■□■
    5月の倭塾は、5月14日(日)13時半から、場所は富岡八幡宮の婚儀殿です。テーマは「徳川家康と未来の日本」です。参加自由で、どなたでもご参加いただくことができます。皆様のふるってのご参加をお待ちしています。
    詳細 → https://www.facebook.com/events/1063170144348232
    ■□■━━━━━━━━━━━━━■□■

    艱難辛苦を神々の助力によって、ようやく酒吞童子と相まみえた頼光らは、鬼たちに持参した酒を飲ませ、スキを見つけて鎧に着替えると、まずは頼光が酒吞童子を倒して、その首を掻き斬りました。
    すると酒吞童子の首は、眼をカッと見開いて頼光に噛みつこうとしました。
    けれどそのとき、頼光の兜(かぶと)の前立てが光って、鬼が眼をくらませました。
    頼光はすかさず、二太刀、三太刀と刃を浴びせ、ついに酒吞童子を倒しました。

    20220508 大江山酒呑童子
    画像出所=http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/vm/jl2016/2016/11/a01.html
    (画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
    画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



    人気ブログランキング
    応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

    日本をかっこよく!

    平安中期、第66代一条天皇の御時に、都で子どもばかりを狙った人さらい事件が起こりました。
    しかもたびたび、です。
    あるとき、池田中納言の一人娘まで、さらわれてしまいました。
    両親は心配して、安倍晴明に占ってもらいました。
    すると娘は、他の子供たち同様に大江山の鬼に連れて行かれたとわかりました。

    鬼たちは、都の西北にある大江山に住んでいました。
    大将は赤鬼で、なんと身長3メートル。
    名を酒吞童子(しゅてんどうじ)と呼ばれていました。
    鬼たちは、さらっていった娘や子たちをさんざんこき使った挙げ句、最後には食べてしまうと噂されています。

    心配した中納言は、天子様のもとにあがりました。
    情況を詳しく申し上げて、子らや娘の無事と一日も早い鬼退治をと、お願い申し上げました。

    天子様はたいそう気の毒に思召(おぼしめ)され、
    「たれか武士のうちに、大江山の鬼を退治する者はないか」
    と大臣にお尋ねになられました。
    すると大臣が
    「源氏の大将の頼光がよろしい」と言う。
    一条天皇も「それが良いであろう」と思召(おぼ)しめられ、源頼光を呼んで大江山の鬼退治をお命じになられました。

    依頼を受けた源頼光は考えました。
    鬼たちを退治するのに大江山に大軍を繰り出せば、鬼たちが逃げてしまいます。
    そこで頼光は、四天王と呼ばれた配下の、
     渡辺綱(わたなべのつな)
     卜部季武(うらべのすえたけ)
     碓井貞光(うすいのさだみつ)
     坂田公時(さかたのきんとき)と、友人の
     平井保昌(ひらいのやすまさ)の6人だけで、大江山に向かうと決めました。

    けれど、鬼たちは神通力を使うといいます。
    そこで神々の助力を得るため、
    頼光と保昌で男山の岩清水八幡宮へ、
    綱と公時で住吉明神へ、
    貞光と季武で熊野権現に
    お参りをして御加護を祈り、山伏の姿で大江山へ向かいました。

    艱難辛苦を神々の助力によって、ようやく酒吞童子と相まみえた頼光らは、鬼たちに持参した酒を飲ませ、スキを見つけて鎧に着替えると、まずは頼光が酒吞童子を倒して、その首を掻き斬りました。
    すると酒吞童子の首は、眼をカッと見開いて頼光に噛みつこうとしました。
    けれどそのとき、頼光の兜(かぶと)の前立てが光って、鬼が眼をくらませました。
    頼光はすかさず、二太刀、三太刀と刃を浴びせ、ついに酒吞童子を倒しました。
    他の鬼たちは、てんでに鉄棒をふるって打ちかかってきましたが、平井保昌と四天王らが果敢に戦って一匹残らず倒しました。

    こうして鬼を倒した頼光らは、池田の中納言の姫様や、他のさらわれた子たちを助けて、めでたく都に帰りました。
    都の人々はたいそうよろこび、一条天皇からもたくさんのご褒美をいただいきました・・・と、これが「大江山酒呑童子」の伝説です。

    この鬼退治で源頼光が用いた刀が「童子切安綱(どうじぎりやすつな)」の名刀で、この日本刀は、現存する日本刀の中でも最上級の「天下五剣」の中にあって、最も古く、最も価値の高い日本刀とされて、現在、国宝となっています。

    「童子切安綱」は、伯耆国(ほうきのくに)の刀工、大原安綱の作の刀で、安綱の最高傑作とされる刀です。
    安綱は、あまりに素晴らしい刀が出来たので、これを征夷大将軍坂上田村麻呂に献上しました。
    坂上田村麻呂もまた、あまりに素晴らしい刀なので、これを伊勢神宮に奉納しました。

    そして後年、源頼光が伊勢神宮に参拝すると、天照大御神からのお告げがあって、この刀がなぜか源頼光に授かるのです。
    これは、天照大御神は、その後に源頼光が鬼退治をすることをあらかじめ知っていて、頼光にこの刀を授けたのだと言われています。
    この刀で、源頼光は大江山の酒吞童子を倒したのです。

    「童子切安綱」の切れ味については、こんな逸話があります。
    江戸時代、津山藩の松平家で、この刀の試し切りを行いました。
    すると「童子切安綱」は、積み上げた6体の遺体を一刀のもとに両断したのみならず、さらに遺体の下にあった台座まで、真っ二つに切り裂いたそうです。
    現在「童子切安綱」は、東京国立博物館に所蔵されています。
    吸い込まれるような美しさのある名刀です。

    大江山酒呑童子の物語は、何が悪であるかを教えるものです。
    酒吞童子の一味は、女性や子供を誘拐し、拉致し、奴隷として使役していました。
    それは、子や娘をかどわかされた親に悲しみを与えるものであるし、拉致された子や娘の悲しみです。

    このように申し上げますと、「そんなことはあたりまえじゃん」と思われるかもしれません。
    けれど世界に目を向ければ、女性や子供を誘拐し、拉致し、奴隷として使役するということは、ある意味、世界の常識であり、世界中であたりまえのように行われていたことです。
    そして現代日本においても、女性や子供の拉致誘拐は、現実に起きていることです。

    そういうことがない社会を築く。
    万一、そのようなことがあれば、断じてこれを許さず成敗する。
    我が国において、刀剣とは、そのためにあるものです。

    そしてこのことは、現代における警察や自衛隊の心得であり、また旧帝国軍人の基本となる心得でもありました。
    もちろん武器は刀剣から銃へと変化しています。
    けれど、とりわけ自衛官において、銃を持つことの重大さは、自衛官の最大の心得として、いまも大切にされている日本の武人の心得です。

    武と暴力は違います。
    英語なら「武」は「マーシャル(martial)」です。
    「マーシャル(martial)」の語源は、古代ローマの軍神である「マーシャル」の名が由来です。
    そしてこのことから、赤い星である火星のことを「マース(Mars)」と呼びます。
    「マース」も「マーシャル」も、勇ましさ、軍人らしさを象徴します。

    「暴力」は英語なら「バイオレンス(violence)」です。
    「バイオレンス(violence)」は、ラテン語で「不敬、冒涜、傷害」を意味する「violationem」が語源です。
    そんな「バイオレンス」に立ち向かう力が、「マーシャル」であり、それは神の力です。

    我が国では、大和言葉の「たける」に、戈を止めると書く「武」の字が与えられました。
    「たける」は、「竹のように真っ直ぐにする」という意味の言葉です。


    ※この記事は2022年5月の記事のリニューアルです。
    日本をまもろう!

    お読みいただき、ありがとうございました。
    YOUTUBE
    日本の心をつたえる会チャンネル
    むすび大学チャンネル


    人気ブログランキング
    ↑ ↑
    いつも応援クリックありがとうございます。


    講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
    info@musubi-ac.com

    『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
    登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


    【次回以降の倭塾】
    第101回倭塾 2023/5/14(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
    第102回倭塾 2023/6/25(日)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F
    第103回倭塾 2023/7/22(土)13:30〜16:30 富岡八幡宮 婚儀殿2F


                           

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    \  SNSでみんなに教えよう! /
    \  ぜんこうのひとりごとの最新記事が届くよ! /

    あわせて読みたい

    こちらもオススメ

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年1月生まれ
国司啓蒙家
静岡県浜松市出身。上場信販会社を経て現在は執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。
ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。Youtubeの「むすび大学」では、100万再生の動画他、1年でチャンネル登録者数を25万人越えにしている。
他にCGS「目からウロコシリーズ」、ひらめきTV「明治150年 真の日本の姿シリーズ」など多数の動画あり。

《著書》 日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、『庶民の日本史』、『金融経済の裏側』、『子供たちに伝えたい 美しき日本人たち』その他執筆多数。

《動画》 「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク