ハリウッドではみんな日本人のマネをしている



人気ブログランキング←はじめにクリックをお願いします。

ハリウッドではみんな日本人のマネをしている
(講談社プラスアルファ新書) [新書]
ハリウッドではみんな日本人のマネをしている


この本は、日本人有数のハリウッド映画プロデューサーであるマックス桐島氏が書いた本です。

マックス桐島さんは、いまは宮崎にお住まいなのだそうです。

ハリウッドというところは、映画を通じて世界に情報を発信するところです。

そのハリウッドでいま、日本化が進んでいるのだそうです。

注目しているのは、日本の寿司などの和食やニンジャ、サムライ、アニメなどというものではありません。

この本のまえがきをすこし引用します。

~~~~~~~~~~~~~
「いま日本では何が流行ってるの?」
「こんな時、日本人ならどうする?」

そんな言葉をハリウッドの映画人から投げかけられるのは、僕にとってもはや日常茶飯事だ。
ホラーやマンガ・アニメといったコンテンツはもちろん、CGや特撮部門のスタッフとしても、日本人の活躍は著しい。

いや、映画の世界だけではない。
村上隆がルイ・ヴィトンのデザインを手がけ、ヒロ・ヤマガタの絵画がコレクターの熱い視線を浴びるアート界。
アパレル業界では「ハラジュク」や「マルキュー」がファッション用語として定着している。

あらゆる分野のメイン・ストリームで、日本人と日本文化は、オリジナリティを高く評価されているのだ。

そしてオリジナリティは必然的に模倣される。
いま、アメリカの各業界では「日本を真似ろ」「日本に追いつけ、追いこせ」がキーワードになっているといっても大げさではないくらいの状況だ。

バラク・オバマ大統領のキャッチフレーズにならっていうなら、いまのアメリカは日本を目指して「CHANGE]しようとしているのだ。


~~~~~~~~~~~~~~

この本が語るのは、そうした外形上の日本模倣だけではありません。

たとえばWBCの野球チーム。

アメリカ式の野球の典型は「俺がヒーローになってチームを勝利に導く」というものです。

ところが日本野球の真骨頂は、「仲間がヒーローになれるお膳立てをすることで勝利へ近づく」というもの。
いわゆる「つなぎの野球」です。

もうひとつ引用します。
~~~~~~~~~~~~~
日本の学校では、自分たちの教室を自分たちで掃除するのが当たり前。
これは、
「自分たちの使うものだから」という理由だけでなく、「次にこの教室を使う後輩たちに、綺麗な状態で教室を空け渡したい」という気持ちも込められているはずだ。

また図書館で借りた本などを汚さず、借りた状態のままで返却することも体にしみ込んだマナーだといえるだろう。

知り合いのアメリカ人は、日本に留学し、レンタルビデオショップでアルバイトをしていたそうだ。
その時、印象に残ったのは、借りたビデオテープを巻き戻して返却する客がほとんどだったことだと彼は言う。

「こういうところにも、日本人の特徴が出るんだなって思ったよ。『次に見る人のために』ってことなんだろうね。
アメリカでもビデオを巻き戻して返すのがマナーだけど、守らない人が本当に多いんだ」

まるでリレーのバトンタッチのように、円滑に次へとつなぐ。
それが日常生活においても、そして仕事の場でも、日本人にとっては当然のことなのだ。
そのことが海外では高く評価される。

~~~~~~~~~~~~~~

ごく日常的な、日本人として普通の振舞や行動、わたしたち日本人にとって、ごくあたりまえと認識される、集団生活をしていくうえでの心得や、その裏側にある日本的な心が、まさに、学ぶべきもの、真似ぶべきものとして、非常に高く評価されているというのです。

たとえば、心を清めて本番に臨む姿勢「洗心」、「和を持って勝ち、勝って和を高める」という心、そんな日本人的な心が、いま、世界に情報を発信するハリウッドの最先端で、広く受け入れられている。

~~~~~~~~~~~~~~
自国が震源地となって巻き起こした世界的経済危機や、奴隷や劣等市民として蔑視していた黒人を大統領に迎えたことで、いまアメリカ、そしてアメリカ人は、BOLD(大胆)よりも、MODEST(質素)な生きざまに、建国以来初めて目覚めている。

「ME,ME(私が、俺が)」と絶叫する個人主義文化から、人に譲る、人を案じる、人を思うという和やかな文化への移行は、一朝一夕ではなしえないが、ハリウッドのシビアな会議の場でも、両サイドがプラスになるWIN-WINシチューション(両方とも勝者になれるシチューション)という究極の和を求める人が増えていることは確かだ。

~~~~~~~~~~~~~~

日本では、ME,ME政権である民主党が政権を盗り、マスコミや日教組が個人主義をしきりに吹聴し、日本的和の精神や礼儀正しさ、規律正しさは、まさに地に落ちようとしています。

ところが世界の最先端のハリウッドでは、その日本で滅びようとしている和の精神が、いま、新しい世界を切り開くもの、世界に受け入れられるまさに世界標準の究極の美風として、高く評価されている。

欧米では、古来ユートピア思想というのがあって、そこでは争いはなく、人々は互いに助け合い、協力し合って、互いを高めあう理想世界だと言われています。

そして、まさにそのユートピアを実現していたのが、日本であり、その素晴らしさに、世界一クリエイティブな町であるハリウッドが、ようやく気付いて見習いはじめた。

現代日本人にとって、やはり日本を取り戻すことこそが、日本にとっても、そして世界にとっても最も素晴らしい選択になる。

この本を読んで、ボクはそんな感想を深くしました。

「ハリウッドではみんな日本人のマネをしている」
この本、お勧めです♪
 ↓クリックを↓
人気ブログランキング



日本人は心優しき侍/世界から感謝される日本【独立アジアの光】


日本の心を伝える会 日心会
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
宮崎に住むマックス桐島さんは今回の赤松山田口蹄疫テロをどう思ったんでしょうね・・・

日本は魂の国

No title
「史実を世界に発信する会」というのがあります。 
会長: 加瀬英明氏〔外交評論家)
 
 http://hassin.sejp.net/

英文:
[Society for the issemination of Historical Fact]
  http://www.sdh-fact.com/index.html

ぜひ、ご覧になってください。

tiamat

No title
ねずきち様、
いつも拝読しています。
面白い記事をありがとうございました。

ハリウッドが日本化するというのはこの記事に書かれているのと別の意味で歓迎されることです。過去数十年間にハリウッド映画が描いた日本人は彼らが抱く勝手な偏見(カミカゼ、ハラキリ、ゲイシャ等々)、ステレオタイプに歪曲されていて日本に対して変なイメージを抱く外国人を大量生産する元凶でした。さらに、日本人役の大半も映画「ミッドウェイ」のように三船敏郎以外は日系人を使えばまだしも、大抵は、中韓人(映画の最後のクレジットの役者の名前を見ればわかります)で彼らの言う台詞は訛っていてかなりおかしな日本語です。極最近の「カラテ・キッド」のリメイク版も師匠の「ミスター・ミヤギ」役がジャッキー・チェンで、やっていることはカンフーそのもの。「カンフー・キッド」にすればよかったのにと思ったくらいです。もっとも、ハリウッドは同じことをアメリカ以外の全ての国に対してしていますが。

例外的に「トラ・トラ・トラ」を除けば、ハリウッドが日本人俳優を大量に起用するようになったのは最近の「ラスト・サムライ」や「硫黄島からの手紙」からでしょうか。

ぜひ、日本化して正しい日本像を世界に発信していただきたいものです。

今回、このコメント欄には多くの有益な意見を拝見します。このブログを呼んでいる方々は日本中のレベルの高い方々なのだと実感します。
中・朝のプロパガンダ戦に対抗するため、同ブログの記事を英語にして配信するというのは大名案だと思います。将来的に是非実現できればと思います。
日心会は「日本の心を伝える会」ですよね。海外に日本の心を伝えても良いのではないでしょうか。

ただ、それだと翻訳する字数が多いので、それこそ翻訳家を雇わなければならなくなり、ボランティアでやるには現実的ではないでしょう。

今の段階では、例えばこのブログで合わせて紹介している名動画の英字幕版をつくる方が作業量は少なくしかも動画という手軽に見れて、訴える力がより強いのでより現実的だと思います。字幕を翻訳する人と動画を作ってアップする人が同じである必要は有りませんし、それぞれ個人ができる事を少しずつ持ち寄ればよいのではないでしょうか。

それから、
まさか、右翼と呼ばないで!
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-689.html
という方の最近の記事によれば、
その方は、日本の歴史等ウィキペディア外国語版の作成をするそうです。
中共の主張そのままの「南京大虐殺」が平気で載っているウェキペディアの編集を手掛けると。
ウィキペディアはネット上の世界数十ヶ国語の辞書です。そして、それは原則「誰でも」編集可能です(自国に有利なように編集することも可です)。
そして、その危険性は読んだ世界の大半の人間は、日本人の大半がマスコミの発表を間に受けるように「ふうん。そうだったんだ。」とあっさり信じてしまいます。

比呂

No title
ねずきち様
興味深い内容です。それでもそのもとになったのは日本のアニメだと思います。アニメなどのコンテンツを輸出したつもりが、実質日本的考え、日本精神の輸出にほかならなかったのではないでしょうか?昔なら何を考えているか分からない日本人というイメージでしょうが、最近はアニメを見て日本人の考え方が自然と身についてきたのではないかと思います。面白い現象です。(どこかの国は精神侵略とわめくかも知れませんが・・・)

-

日本の「コンテンツ敗戦」は近い!?
今回の記事と少し関係がありそうなものがあったので貼っておきます。やっぱり日本政府は無策ですね。
貼っておくのは一部なのでご興味がおありの方は全文目を通してください。そんなに長い記事ではありませんので。

これらの恒常的な知的財産権の保護を目的として、国際的な枠組みをつくろう、という動きもようやく本格化しはじめた。模倣品・海賊版拡散防止条約(ACTA)がようやく立ち上がろうかという段階であるが、すでに「やられ放題」となっている中国・韓国のパクリ問題に歯止めをかけるには、遅きに失している感もある。おまけに海賊版の本拠地と名指しされておかしくない中国を含め、韓国、南米はこの枠組みになんと含まれていない。

 仕方なく、民間レベルの業界単位、企業単位でどうにか対処しようという動きが散見される程度で、ゲーム業界でいうならば、任天堂やコナミといった法務に強い企業が個別に独自の動きで頑張っているにすぎない。本来なら行政が外交のなかで解決していく性質のこの問題は、政府が後回しにすればするほど「日本はコンテンツ立国」だの「クール・ジャパン」だのといってきたお題目とは裏腹に、文字どおり「コンテンツ敗戦」という結果となって返ってくるのだ。
http://voiceplus-php.jp/archive/detail.jsp?id=348

楠公忠烈

No title
英語版、フランス語版、ドイツ語版などの「ねずきちのひとりごと」が通訳案内士の実務本になれば国益の観点から相当なプラス作用があります。通訳案内士の内部に「日心会」のようなグループができて通訳案内士ひとりひとりが国益を意識して仕事ができるような環境ができれば素晴らしいです。

ヤタガラス

マシオカさん!
英語はもちろん、日本語も堪能なマシオカさん。

HEROSでオタク役を演じ、活躍されています。

彼のことをもっと知りたいし応援したい。日本のことも伝えたいのですが…、ファンレターなど受け付けてくれますかね?

親日な映画やドラマが増えて、彼の活躍が日本でももっと見られるといいなと思っています。

ゆりっく

No title
よく読ませて頂いています。

私は海外在住の間に、色んな国の人に、いかに日本がすばらしい国かを「教えて」もらいました。
仕事や趣味を通じて知り合った人から、旅先ですれ違っただけの人まで、本当に多くの人から色んな話を聞きました。「日本人を尊敬します」とそのものズバリを言ってくれた人もいました。

日本オタクの友達に、日本に対する中韓朝の陰湿さについて話したところ、「そりゃそうだよ、彼らは、日本が立派な国なのを妬んでいるだけ」とサラリ。実際は、そんなに簡単な話じゃないものの、そんな風に見られているんだ、と意外に思いました。

また、自分が日本人だとウソをついている人間も、世界中に少なからずいることを知りました。本当に日本が好きで憧れているのならまだ良いのですが・・・。

見た目だけでは区別がつかないことから、私は、街中ですれ違いざまの他人に、何百回と「シナ人め」と言われたりもしました。買い物をしていると、必ずと言ってよいくらい、店員に「韓国人か?中国人か?」と蔑んだ目で聞かれました。「日本人だ」と答えると、皆、一瞬激しく動揺し、態度が豹変したものです。
私は、そこまで嫌われ低く見られている中韓朝の人々を気の毒にすら思っていました。

数年前に帰国し、久しぶりに見る日本のテレビの酷さに衝撃を受けました。世界の常識と真逆のことばかり。
これからの日本を担う、若い人たち、子どもたちには、「本当のこと」を伝えないといけないですね。

ノーリスト

いつも拝見しています。
ねずきち様

突然のご連絡失礼します。
ブログのクチコミおすすめサイト「BloGuide」を運営しておりますノーリストと申します。

私達は下記の様な人達が楽しめるようなサイトを目指して運営しています。

・おもしろいブログ/twitterを探している
・自分のブログの読者を増やしたい
・人に薦めたいブログ/twitterがある

今回は、ねずきち様のブログが多くの方に楽しんでもらえるブログと思い、誠に勝手ながら当サイトに登録・紹介させていただきました。

ご迷惑でしたら削除させて頂きますので、ご連絡頂ければと思います。


また、よろしければ、ねずきち様のブログにて下記のバナーを貼っていただき、読者の方にレビューを書いて頂ければ幸いです。


<a href="http://bloguide.me/modules/weblinks/singlelink.php?lid=2912"><img src="http://bloguide.me/images/banners/microbanner.gif" border="0"></a>
ねずきち様のブログへの直リンクが設定されています。

それでは、長くなりましたが、今後のねずきち様のご発展をお祈り申し上げます。

ブログ/twitterクチコミおすすめサイト BloGuide
http://bloguide.me/

運営団体 ノーリスト
mail@bloguide.jp

おれんじ

No title
素敵な記事ありがとうございます。

日本人が嫌われる時代がくるかもしれない

→それはもう、日本の教育にかかっているのではないでしょうか。立派な日本人を育てればどんなに特定アジアが反日を煽り立てても騙しとおせることはできません。日本人の美徳と正しい歴史認識、その教育に尽きるのではないかと思います。

そら

こんなの見つけたのですが?
民主駆逐さんからの拡散希望メッセ頂きました。

-------------------------------------------

【緊急拡散】尖閣諸島 中国が最後通告「中央政府尖閣諸島を強制的に奪う方針を決定」

沖縄がやばいです。
拡散してください!
以下、すべて転載
______________________________

http://blog.goo.ne.jp/jiritsukokka/e/3d53017a60b60e6a8ce3...

本日も鳴霞さん(*ジャーナリストです)より、
中共内部の動きに関する貴重な情報をいただきました。

◎9月18日から日本製品の不買運動が予定されている。

◎10月1日に日本大使館に対する抗議デモを予定している。
 そのために、ネットで投げつけるための石やレンガ、卵などの募集が行われている。

両方ともネット確認されたそうです。

今後、反日感情を煽るプロパガンダが広がっていく可能性が出てきました。

そして、最も重大の情報、尖閣諸島に関する中国人民解放軍の本音に関する情報もいただきました。

下記に訳文と原文を記載いたしました。

文中は、度々「私の見解によると」という文言が記載されていますが、鳴霞さんによるとこの記事は、

人民解放軍の内部情報を入手できる立場にいる人が書いたと思われ、かなり信憑性の高い情報とのことです。

その記事によると、12日未明の丹羽宇一郎中国大使への抗議は、実質最後通牒だったとのことです。

その裏事情は次のように趣旨が書かれています。


「11日の夜に、南米から帰国した梁光烈国防部長がその日の夜、緊急作戦会議を開催しました。」

「その会議で、中央政府尖閣諸島を強制的に奪う方針を決定したため、深夜にもかかわらず、

国務大臣に命じて、日本大使へ最後通牒を告げました。」


「現時点では既に、例え日本が人(船長・船員)を釈放しようが、勾留を続けようが中国中央政府が

尖閣諸島を強制的に奪うという方針が変わる事はありません。」


「釈放した場合は、尖閣諸島のみを奪回し、東シナ海の共同開発を停止し、

釈放しない場合は、カイロ宣言を根拠に琉球へ直接出兵し、琉球群島を取り返します。」



上記の要約でも鳥肌の立つ内容です。

民主党の新総裁がきまり、日本政府が混沌とした隙に中国共産党が動く可能性が高くなっています。

日本国民は、国内で派閥争いをしている場合ではありません。

挙国一致で尖閣諸島、沖縄を守るために立ち上がる時です。

まずは、中国の沖縄侵略の意図が明確にある事を伝えなければなりません。

そして、日本国民が声を上げて、尖閣諸島防衛のために自衛隊の緊急配備を実行しなければなりません。


訳文は、鳴霞さんのアドバイスをいただきながら私が機械訳をいたしました。

この情報は100%正しいと断定できるワケではありません。

誤報である事を願うばかりですが、誤報である事を願うばかりですが、中国語のネットでは出回っている情報であり、

鳴霞さんが信憑性が高いと判断した情報です。

日本政府が早急に自衛隊を出動できる体制をとるためにも、政治家、防衛庁、マスコミへこの情報を拡散をお願いします。

(JSN代表 仲村)

------------【訳文】------------

<梁光烈(国防部長)土曜日に帰国し作戦会議を開き 中央対日最後通牒を出した>
 http://www.milchina.com/2010/0913/4866.htm



梁光烈国防部長


解放軍のニュースによると梁光烈国防部長は、9月8日ブラジルの国防部長に会見した

時間からすれば、メキシコとコロンビアの訪問の両方で基本的に3日間です。

それは、納得できる事と理解します。


梁光烈国防部長は、9月10日に正しいブラジルの訪問を終わって、

遅くても9月11日には帰国しました。(11日夜に作戦会議)


新華社通信によると、9月12日未明、戴秉国国務委員は、

釣魚島海域で日本が不法に中国の漁船と船員逮捕したことに対して、

緊急に日本の駐中国大使丹羽宇一郎を呼びつけ、中国政府の厳正な立場と重大な関心を表明し、

日本政府が状況判断を誤る事なく、賢明な政治決断をし、即、に中国の漁師や漁船を返すよう

求めました。


私個人の分析では、梁光烈国防部長は帰国後、

即軍事委員会を招集し作戦会議を開催しました。

それから、政治局に審議を通すように申請しました。

中央政府は、強制的に魚釣島を取り戻すことを決定しました。

会議を終了すると、外交を担当する国務委員は、中央政府の委託を受け、日本への最後通牒を出しました。

これは、本人の公開情報に基づいて分析した事です。

手薄な所はどうぞネットの友達から証拠を指摘して頂きます。

しかし、私の関心は今、日本が漁船と漁民を釈放した場合、中国がこの問題を終わらせるかという事にあります。

しかし日本は、楊外務大臣の警告を顧みずに、船長の抑留期間の延長を執行する事を決めました。

だから言います。

日本が今、釈放するかしないかにかかわらず、中国は大きな面子を失いました。

これは、私の個人的な見解ですが、日本が人(船長、船員)を釈放するかどうかにかかわらず中国が、

この機会を利用して魚釣島を奪い返す方針が変わることはありません。

釈放した場合、現在、釣魚島だけを奪回してと東シナ海で共同開発を停止します。

釈放しない場合、カイロ宣言を根拠にして、琉球へ直接出兵して琉球群島を取替します。

この一戦どちらかで強いかわかります。

中途半端はいらない、最後まで徹底して戦え!



------------【原文】------------

<梁光烈周六回国开作战会议 中央对日发最后通谍>
http://www.milchina.com/2010/0913/4866.htm

根据解放军消息,梁光烈防长9月8日与巴西国防部长会唔时间上来看,由于对墨西哥、哥伦比亚的访问都基本是三天,那么据此同理分析,梁光烈在9月10日应该结束对巴西的访问,最迟在9月11日回国。

新华社消息,9月12日凌晨,戴秉国国务委员就日方在钓鱼岛海域非法抓扣中国渔船和船员紧急召见日本驻华大使丹羽宇一郎,郑重表明中国政府的重大关切和严正立场,敦促日方不要误判形势,作出明智的政治决断,立即送还中国渔民和渔船。

我个人分析认为,梁光烈回国后军委连应该就召开了作战会议,然后提请政治局审议通过,中央决定强行夺回钓鱼岛。会议开完,分管外交的国务委员戴秉国受中央委托向日本发出最后通谍。

此上是本人根据公开资料进行分析,不足之处请网友们指证。但我现在关注的是,如果日本现在放了人和船,难道中国就不了了之。这可是日本不顾杨外长的警告,执行决定拘留中国船长后来又将拘留期延长十天。所以说,无伦日本现在放不放人,中国现在面子都丢大了。

因此,我个人建议,无论日本放不放人,中国趁这此良机夺回钓鱼岛方针不变。日本放人,我们目前只夺回钓鱼岛和在东海停止共同开发;日本不放人,就直接发兵硫球,按开罗宣言收复硫球群岛。

是英雄还是狗熊,就在此一战,请中央外事领导小组成员这次一硬到底,不要中途而泄。

______________________________


尖閣諸島はアメリカ軍にも守る義務があります。
ミンスは分かってんだろうか(*ノノ)

-

油断は出来ません!
日本が日本的なやり方で世界から賞賛されると、必ず韓国が真似をしようとします。
現在、日本やアジア諸国で無理やりに起こそうとしている韓流ブームも、90年代に東南アジアで流行った日本ブームのパクリです。

それからミルさんの「10年後日本が嫌われているかもしれない」という件ですが、ありえない話ではないです。
アメリカにしろカナダにしろ中国人や韓国人がどんどん移住してその国の政治家に献金しながらデタラメな日本人観を吹聴すればその危険があります。
南京大虐殺や従軍慰安婦なんかもそうやっていつの間にか世界中で信じられている御伽噺になってしまいました。

日教組や民主党は国内問題なので、気概のある日本人が頑張れば何とか解決できるかもしれませんが、国際的な日本人観になるとさらにハードルが上がり、しっかりとした保守政権が成立した上で、きちんとした日本のブランド化あるいは名誉回復政策を実施してもらわなければなりません。
道のりは長く大変ですが、少しずつ出来ることからやっていきましょう。

福寿草

今日もありがとうございます。
ねずきちさん、こんにちは。初めてのコメントです。
一年以上ずっと拝見してきました。今日も心温まる記事をありがとうございました。

さて、本日のNihonjinXさんのコメントに、記事を英文で!というご意見がありました。
少し話題はそれますが現在深刻となりつつある尖閣諸島での中国漁船問題について、ニューヨークタイムズ
http://kristof.blogs.nytimes.com/2010/09/10/look-out-for-the-diaoyu-islands/

ワシントンポスト
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/09/20/AR2010092000130_Comments.html

というように記事が出ています。WP記事コメント欄にはアメリカ在住【隼速報】でご存知の方も多いと思われる伊勢じいさまのご意見もあります。

NihonjinXさんのご提案のように私も英文などで歴史の真実を発信することの重要性をひしひし感じます。と同時に、このような海外の記事において日本の主張に賛同している意見に「recommend] を押して応援することも大事だと思います。また自分で書くとしても英文の記事やコメントはそんなに難しいものではなく、また読み取りもカーソルを単語に合せると意味表示してくれるのでおおよその意味はつかめます。エキサイト辞書のように英文翻訳の便利なツールもあります。
コメントをしたり賛同のポチをするには読者登録が必要ですが、これも何年も英語学習している日本人にはそんなに難しいものではありません。

日本に味方する意見は日本人らしき方のコメントも多いですが以外の国の方のものもあります。驚くことにこういった日本が話題になるニュースでは必ずと言っていいほど日本を悪しざまに罵る意見が(恐らく特アの国の人だろうと思われるパターンが多く)投稿され、少なくない賛同ポチを得ています。主に直接テーマに関係なくても大東亜戦争中の日本の【悪行】に結び付けて、あることないこと言いたい放題のコメントも多く、本当に腹が立ちます。このような貶日行為、貶日コメントは本当に素早く、多く、周到で、一位団結して?理屈も理性もない攻撃をしています。この執拗さは日本人にないメンタリティで驚くばかりです。
でも、このようにあちこちから今まで散々貶められてきた日本人の私たちでも、今に至ってはたとえ英語が流暢ではなくても断固反撃しなくてはいけないと思います。例えばWPの iseheijiro さんのコメントを応援する、というのは誰でも出来ます。「賛成」にクリック投票したらいいのです!
あるいは、ほんの一行二行の日本擁護の英文だって誰でも書いて投稿できます。是非、上述のニュースサイトに登録して日本擁護意見を書いたり、擁護コメントを応援して下さい!

ちなみに私はCNNによるバンクーバーオリンピックのキムヨナ選手の金メダルニュースに対して、イカサマ(らしき行為)やスポーツマンシップに甚だしく欠ける韓国のやり方に対して疑義を唱えるちょっと長い、でもちゃんとしたコメントを書いたところ、少ししてコメント禁止処置を取られました。案外真実を突いていたのでしょうか・・・でも消されるそれまでに40人の人の賛同ポチを得ました。

小さなことですが、出来る方、ぜひぜひご協力ください!
ねずきち様、皆様、長文、申し訳ありませんでした。

一般人

難しいことはわからないので政治家に対する要望は単純に日本国民の日本国民による日本国民のための政治を心がけていただきたいものですね。

現在の政権与党は明らかに日本国民ではなく外国人のための政治に向かっていますから。

-

いい話です
いい話です
http://blogs.yahoo.co.jp/yaninattyauyo/archive/2010/9/19?m=lc#61713814
左翼の巣窟・千葉県我孫子市を清めた!外国人
参政権反対の請願可決!嬉しいニュースです。
ひょんなことから知り合った、我孫子市に住む男性
に、保守の仲間を紹介したところ、そこから色々と
縁がつながり、左翼の巣窟のやうな同市に、保守
運動を巻き起こす機運が生じました。
そして外国人地方参政権付与法案に反対の請願
運動を起こし、我孫子駅前でも署名活動を実施。
合計で一千筆以上の署名を集め議会に付託。
その結果、僅か一票差でその請願が採択され
たのです!

詳細は【屋根の上のミケ 】左翼の巣窟・千葉県我
孫子市を清めた!外国人参政権反対の請願可決!
をカッチとね
いい話です、日本全国各市町村で立ち上がろう
日本、がんばれ日本人

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。


いっちゃん

映画といえば
高峰譲吉の映画を観ました.
こういう偉人がいたんだなぁと感動しました.
日本は,明治~戦前の偉人をないがしろにしていますね.

通行人

No title
こんにちは ねずきちさん
エントリー
「自分の口臭、足の臭いはやっぱり自覚できない!?」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-73.html
にコメントしたら消されたのですけど何が問題なのですか?

:No title
:すばらしい記事です
:2010/09/19(日) 19:55 | URL | 通行人 #mQop/nM.[ 編集]

「コメントをくださる皆様へ
発言には互いに尊敬と互譲の心をもって。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントは、管理人の権限で削除の対象とします。 」
にひっかかるのですか?

「すばらしいとか」書いてはいけないのですか?
そうならばはっきり書いていただきたいものです

トラ

ミルさんへ
>今の韓国人よりも世界中から嫌われる民族に成り果てるのかもしれません...<

強姦魔、連続強姦殺人事件とかがめずらしい事件でもない畜生の住む韓国、または、強姦殺人事件を日本で起こし日本人の名前でニュースに出て成り済ます、在日。
こんな事は、ほんの一例、そんな韓国人といくら日本人の風紀が悪くなったとはいえ、一緒にしないで欲しい。

悲しいです!!なんて言ってないでその原因である 『必ず、日教祖は解体する、マスゴミの悪を暴く』 何故そう思えないのですか??

祖国日本が鬼畜外人等に浸食され危機にせまっているというのに、何故、肯定するような言い回しをするのですか?

何でも差別、差別と言われると、『思考停止に陥る日本人』 こんな詐欺言葉はもう通用せず 『65年間の日本人の呪縛』を解く時が来たんですよ。

このまま国を盗らせる訳にはいかない!負ける訳にはいかないんですよ!!

        ”民主党菅政権打倒”

明子

国際やぶさめ大会 的が日の丸
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2009/20090921192852.asp?fsn=eb33f76037153e93cde084f7e764
4d6f

上の写真をご覧下さい。
的が日の丸です。

ミル☆

まったく、その通りだと思います!
いまの日本は本来もってきた”日本らしさ”を投げ捨てる
方向へどんどん突き進んでいますよね。  まるで自ら
破滅の道へ突き進んでいるかのような感じさえします。
10年先には、今の韓国人よりも世界中から嫌われる民族に
成り果てるのかもしれません・・・それだけ、日教組やマスゴミ
の洗脳は予想以上の効果を上げていたということなのでしょう
ね・・・・悲しいです!!

共通一次世代

No title
昨日の朝はねずきちさんのブログを読んで、じ~~んとしながら仕事に出かけました。今朝も同じ面持ちで出掛けます。

一昨日の土曜日は中学生の次男坊の体育会がありました。最後の種目、女子のダンスと男子の組体操は結構感動しました。組体操は先生たちがほぼ総動員で、「タワー」の成功と子供たちが地面に無事着地するまで傍で見守っていました。

中3女子はダンスの演技が終わった後、クラスごとに工夫してみんなで先生にお礼を言い、男子は先生を胴上げしていました。

教師という仕事は日頃「生意気な中学生相手に大変だ」とよく思いますが、こういった場面を見ると「先生」という職業は子供たちから喜びを与えて貰える幸せな職業だなぁとつくづく思います。
そして、子供たちが照れながらも感謝の気持ちを先生たちに伝えるところを見ていると、日本の子供たちの未来を明るく感じられ嬉しくなりました。

今の子供達には日本人であることの誇りを持って欲しいと心から思います。ここ数日のねずきちさんのエントリーを読んで、是非このような日本人の素晴らしさや頑張りをを学校の道徳の時間に子供たちに伝えて欲しいと心から思いました。
日本人としての誇りと自信を持てば、ずいぶんと変わってくると思います。

神戸では今年の春頃と、つい最近も大麻所持で中学3年の女子が逮捕されました。ニュースを聞いたときは大きなショックを受けました。「なんて恐ろしい」という思いに加えて「悔しい」思いが募りました。

なんでそんな大麻なんかが蔓延る社会になったのか。
拉致事件を知り、政治を見ていけば、何が危険であるのか解るはずなのにと思います。
今の政治への無関心、というか、年金問題や子ども手当に見るような、大人の「自分さえよければいい」的思考が、結局は自分たちの子供の危険にまで直結するのだということを、早く気付いかなければ、ますます危険が身近に迫ってきてしまいます。どうか、全ては繋がっているのだということを気付いて欲しい、馬鹿げた洗脳から目が覚めて欲しいと思います。

自分も岡崎トミ子の国家公安委員長就任に耳を疑い、無茶苦茶落ち込みましたが、中学生の笑顔と、ねずきちブログで、また、明るい気持ちになれました。ありがとうございました。

スレ違いですが、春風さんと名無しさん、ご心配かけてしまいました。すみませんでした。また、ありがとうございました。とても嬉しかったです。i-265

-

No title
×黒人を大統領に迎えたことで、
○ハーフの黒人を大統領に迎えたことで、

NihonjinX

お願い
ねずきちさんのブログ記事(特に歴史や伝統文化について)は英訳して世界に向けても発信・拡散すべきです。
日本の真実の過去と現状を海外の方々に正確に理解してもらうためにも英訳版が必要だと考えます。
特に日本の文化に興味を持っておられる多くの外国の方々に知ってもらえれば、時間は掛かるでしょうが、結果的にそれが大きな壁となって反日策動家を包囲することに繋がると思います。

名無し

No title
「日本人は嘘をつかない」これは、昔ワーホリでオーストラリアの免税店で働いていた時もボスに言われたよ。「だからっていきなり何十万もしそうなダイヤ持たせて外出させるなよ!襲われたら怖いだろ!」って当時思った。

きあら

No title
そうそう、三橋さんが講演会で「経済的にも政治的にも影響力がなくなった日本だけど、かつて世界がアメリカの文化に憧れたように、世界が日本の文化に憧れるような運動をしていけばいい」とおっしゃってました。

きあら

クール・ジャパンは最強のツール
この本、私も読みましたv-10
今、ハリウッドでは家で靴を脱ぐようになった人が多いそうです。最初「なんで日本の習慣に合わせなあかんねん」と抵抗を覚えた人も「その方が外のわけのわからないばい菌を家に持ち込まないでいいでしょ」と説明すると合理的なアメリカ人は納得するそうです。

読者

世界に発信
日本人として、人間として胸が熱くなる
ねずきち様の記事を
世界に発信して頂けたら、
日本人に対する誤解が解け理解が深まるのではないかと思いました。

愛国志民

世界史的に日本を見ると
かのマルコ・ポーロが「黄金の国ジパング」として西欧に紹介して以来、
彼らは「ジパング」を求めて大航海時代に突入、
熾烈な帝国主義競争においては人道無視の奴隷制、植民地政策を推し進めていきました。
そうした過程で生まれたアメリカとの数奇な出会い。
際どいところで目覚めた日本は奇跡的な発展を遂げてアジアを救う指命をになうことに…。
そして、米英蘭を敵に回した大戦争に突入。
武士道にもとる卑劣な民間人虐殺や無差別攻撃を受けながら、
究極の自己犠牲精神の発露たる「特攻隊」で抵抗。
世界史的に見れば、つくづく日本は凄い国だと思います。
まさに「神が作った国」としか言いようがありません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク